和歌山市は21日、新型インフルエンザに感染した市内の女性(85)が細菌性肺炎で今月19日に死亡した、と発表した。女性は肺気腫の基礎疾患があり、インフルエンザワクチンを接種していなかった。新型インフルエンザ感染による患者の死亡は県内で初めて。

 市によると、女性は昨年12月21日に38度の発熱などで市内の医療機関を受診。簡易検査でインフルエンザA型陽性反応が出たため、別の病院に入院し、タミフルなどの治療を受けた。24日に新型インフルエンザ感染が確認された。翌25日に細菌性肺炎を併発し、今月に入り病状が悪化していたという。

 永井尚子・市保健所長は記者会見で、「女性の新型インフルエンザの症状は回復に向かっていた。死因の細菌性肺炎との因果関係はないとみている」と説明した。

【関連記事】
新型インフル 欧州でワクチン解約相次ぐ
新型インフル 宮崎の17歳男子高生が死亡 基礎疾患はなし
センター試験 敵は不況と新型インフル
新型インフル 米当局、死者最大1万6000人と試算
新型インフル 輸入ワクチンを承認 大量在庫の懸念も 

ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)
全国初摘発!サクラばかりの出会い系サイト 詐欺容疑で11人逮捕 mixi使って勧誘 警視庁(産経新聞)
「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)
日韓外相会談 北朝鮮問題で連携を確認へ(産経新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
AD