岡田克也外相は16日午前、来日中の韓国の柳明桓外交通商相と、都内のホテルで会談した。北朝鮮問題では核、ミサイル開発や日本人拉致などに対して、米国を加えた3カ国が緊密に連携し対処していく方針と、北朝鮮に6カ国協議への復帰を強く求めることを改めて確認する見通しだ。

 両国間関係では、岡田氏は18日召集の通常国会に法案を提出する方針の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関して説明、経済連携協定(EPA)締結交渉についても取り上げるとみられる。首脳同士が年1回程度相互訪問する「シャトル外交」の一環として、李明博大統領の来日時期についても調整する。

 岡田氏はさらに、地球温暖化対策やアフガニスタン・パキスタン支援などで韓国側の協力を求める意向だ。

【関連記事】
北朝鮮の平和協定案に慎重 岡田外相
北朝鮮入国に“横ヤリ”の大臣、過去にもマラドーナ拒否
ハニートラップも?小沢訪中団を狙う中国の危険な“ワナ”
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」
冷静装う米、普天間の深追い避けたが…外相会談の思惑は

新警視総監「正しい人の力に」(産経新聞)
「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも-市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)
首相動静(1月19日)(時事通信)
顔見える本屋、売り上げ2倍 東京・丸善本店の「松丸本舗」(産経新聞)
足利事件 許すことはできない、永久に…菅家さん怒り込め(毎日新聞)
AD