QLOOKアクセス解析
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-18 15:18:16

看護師国家試験合格前祝い♡

テーマ:■使える勉強・参考書・国家試験対策
いつも、ありがとうございます。
ローザン由香里です。
 
 
第106回看護師国家試験、いよいよ明日ですね。
 
 
合格、おめでとうございます♡
 
 
おかしいですよね。日本語が。
 
 
なりたい自分になる、一番の近道は、なりたい自分をイメージすることだそうです。
 
 
こうなりたいなぁ、ではなく、「こうなってる私」を想像する。
 
 
看護師国家試験は、すべての実習を乗り越えられた方に受験資格があります。
 
 
すべての実習を乗り越えることができた、ということは、看護師として務める準備ができている証。
 
 
大丈夫。
 
 
明日の準備をして、今日はゆっくり休んでくださいね。
 
 
憧れの白衣を着て仕事をしている自分をイメージして、上質な眠りについてください。^^
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-06 20:00:52

【募集中】効率よく看護過程を展開する方法

テーマ:■お知らせ
いつも、ありがとうございます!
ナースの先生、ローザン由香里です。




看護過程 看護実習


領域別実習を控えた方へ、
「おさらい看護過程講座」のご案内です。



領域別実習準備として、実習で、ムダに時間をかけすぎずに、看護過程を展開する方法について、合計10回にわたり、ステップバイステップで、解説します。


本講座は、領域別実習を目前にして、
*看護過程の展開を復習したい方、
*看護を学ぶ実習にするために、
効率の悪い方法を見直したい方
対象の講座です。

*看護過程の基礎を学ぶ講座ではありません。
*正看学生さん向けです。



領域別実習の目標の多くは、「患者さんの特徴を踏まえて、患者さんに適した看護ができる」です。


手術を受ける、という特徴であったり、
慢性的な疾患を持っている、という特徴であったり、
老年期、という特徴であったり、
それらの特徴を踏まえて、患者さんに適した看護ができる。


「看護がわかる」ではなく、「看護ができる」


つまり、できるところまで、たどり着くことが、目標を達成する=実習に合格する、最低条件だということです。


どれだけでも時間を使って良いのであれば、なにも、看護過程の効率をはかる必要はありません。


ていねいに、ゆっくりと考えて、実践をすれば良いです。


が、実習時間は限られています。


その限られた時間の中で、課題をクリアする必要があります。


というわけで、記録に振り回されることなく、効率よく患者さんに必要な看護を見極める=効率よく看護過程を展開する方法、についてまとめました。


参加者さんからのご感想です。

講座を受ける前よりも、今の方が看護過程ができる自信がつきました。
そうなると、おのずと精神的にも不安が減った気がします。

この学びを生かして、現在の患者さんが健康と言う側面において、
より望ましい状態になるように、実習に取り組んでいこうと思います。

ありがとうございました!



特に発見が大きかったのは、実習において看護過程を展開するうえでの、事前学習の活かし方です。

看護過程に活かすための事前学習の方法・内容を知り、活かし方を知ることで、
自分の中で実習記録の書き方や実習の進め方をイメージしながら講義を聞くことができました( ゚Д゚)!
また、そのイメージができたことで、自分の中の不安が徐々に軽くなっていく感じがしました(*´ω`)
ちょっと実習を前向きにとらえられるようになりました。



情報収集のコツを知ることで、必要な情報を集められるのだと思いました。
記録を埋めることに力を注いでいると思っていたのですが、
なにを集めたら良いのかわからないのだということがわかりました。



目的をもたずに情報収集していたことが、
非常に効率が悪かったのだと気がつきました。
アセスメントの準備をする大切さを学びました。



今、こんな風に、説明できることが嬉しくてなりません。



目的をもたずに情報収集していたことが、
非常に効率が悪かったのだと気がつきました。
アセスメントの準備をする大切さを学びました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-02-05 10:00:01

【販売終了】看護アセスメントマニュアル

テーマ:■お知らせ
いつも、ありがとうございます!
ナースの先生、ローザン由香里です。


*看護アセスメントマニュアルの販売を終了いたしました。今までのご利用、ありがとうございました。心より、感謝いたします。




アセスメントがわからなくて、
何時間も、何もしないまま、時間だけが過ぎていく。


できない自分を責めて、できない自分に落ち込んで、
ますますアセスメントができなくなる。


アセスメントマニュアルが、そんな悪循環を断ち切ります。


何をすればいいのかがわかる。
情報がそろってから、文章としてできあがるまでの、あらゆるアセスメントの作業を手順にして、まとめました。



ゴードンアセスメント



アセスメントがわからない
アセスメントができない
アセスメントが書けない



アセスメントは、技術です。


ベッドメイキングと同じです。
やり方があって、そのやり方で何度も何度も練習して、それで、できるようになるものです。


ポイントは、「やり方がある」という点。


看護技術の教科書には、かならずベッドメイキングの手順って載ってますね。
その通りにやれば、ベッドが出来上がります。


最初は、かどの三角が上手にできません。シーツもピンっとしていません。
でも、何度も何度も練習すると、段々ときれいな三角になっていきます。
シーツもピンっと張るようになっていきます。


ベッドなんて、誰でも知っているものなので、見よう見まねで、なんとかそれっぽく作ることもできるかもしれません。


でも、そういう練習ではなく、「やり方」を学んで、それをもとに練習をします。
なぜか?


自宅のベッドをつくるのではなく、患者さんが休まれるベッドをつくるからです。
ベッドをつくることは、患者さんへのケアなのです。看護技術なのです。


アセスメントも同じです。


「やり方」があります。
患者さんに必要な看護を見極めるために、患者さんの状態を判断する方法があるのです。


実際、お仕事をされている、ナースのみなさんの、アセスメントの方法は、基本的には同じです。
それが、患者さんに必要な看護を見極めるために、患者さんの状態を判断するのに、適した方法だからです。


その方法を、看護の経験が浅い、技術も未熟な学生さんにわかるように、作業として行う順番にまとめました。その名も、看護アセスメントマニュアル、です。


アセスメントの記録用紙を目の前にして、何をしていいのかわからない、という人に、ぜひ使って欲しい教材です。


今回、ゴードンバージョンと、ヘンダーソンバージョンをつくりました。



くわしくは、こちらから。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-02-05 09:02:54

【販売終了】看護過程ができる実習記録の書き方ガイド

テーマ:■サービス一覧
ユアナーシングのローザン由香里です。


看護過程ができる実習記録の書き方ガイドの販売を終了いたしました。これまでのご利用、ありがとうございました。心より、感謝いたしております。




看護過程を展開する実習で、実習記録の書き方がわからず、睡眠時間がどんどんけずられて、ツラい実習を送っている学生さんへ。



ゴードンで看護過程を展開する実習記録の書き方について、学生さんの「そこが知りたかった!」を詰め込んだ、【看護過程が展開できる 実習記録の書き方ガイド】のご案内です。



「とにかく考える」だけでは、実習記録は書けません。


看護実習では、「自分で考える」という場面が多くあります。


これから、看護師として活躍するために、「自分で考える、自分で判断する」ということは、とても重要です。


ただ、「書き方を知らない」ことが理由で書けない実習記録を、目の前にして、「考える」ということをしても、実習記録は書けません


書き方を知らないために、実習記録が書けないのであれば、書けるようになるための解決策は、ただひとつ。


実習記録の書き方を知ること、です。


SOAP



実習記録の書き方ガイドは、看護過程、実習記録の書き方の、参考書テキストです。


看護過程を展開する実習で扱う代表的な実習記録について、
その記録には、何を書くのか、それを書くためには何が必要なのか、

具体例をあげて、解説しています。


できあがりのアセスメントや、看護計画を、「お手本」として載せているのではなく、
結果として、お手本のようなできあがりにするためには、何をどうしたらいいのか、具体的な方法をお伝えしています。


実習記録の書き方ガイドを使っていただくことで、どの記録用紙に、何を書けばよいのかわからず悩む、という時間が減ります。


しかも、何を書けばよいのかわかるだけでなく、それを書くために、何をすればよいのかまで、示しているため、行動も起こしやすくなります。


教えてもらえれば、カンタンに解決することを、
「自分でなんとかしないといけない」という思い込みを打ち消して、
ムダに悩む時間も、実習記録への苦痛も、減らしてみませんか?


実習記録



【実習記録の書き方ガイドの特徴】
■意図的な情報収集ができるようになる
■効率よく、情報を集めることができるようになる
■必要な情報を集められるようになる
■使えない情報がわかるようになる
■情報に埋もれることがなくなる
■とった情報をながめて、どうアセスメントしてよいのかわからず、
途方に暮れることがなくなる
■アセスメントの結論が見える
■アセスメントができる
■アセスメントの書き方がわかる
■患者さんにあった看護問題をあげられる
■看護問題を文章化できる
■評価できる看護目標をたてられる
■患者さんにあった看護目標をたてられる
■患者さんにあった看護計画をたてられる
(観察項目がうかぶ、ケアの内容がうかぶ、指導内容がうかぶ など)
■看護計画に個別性を出すことができるようになる
■意図的なケアをおこなうことができるようになる
■ケア中の観察ができるようになる
■ケア実施後の記録が、情報の羅列にならない
■評価の内容が、自分の技術の振り返りにならない
■アセスメントとプランを、きっちり分けられるようになる
■次回のプランが浮かぶようになる 
■理由もわからず、何度も書き直しをすることがなくなる
■アドバイスの内容・意味を理解できるようになる
など

※実習記録の書き方ガイドは、PDFファイルです。
(ダウンロードをして、コンピューター上で閲覧いただけます)
※ご希望者には、冊子版もご用意できます。
(冊子版は、PDF版ご購入のオプション商品です)

 
【こんな方におススメ】

学びたい方
・実習記録の書き方がわからない
・実習記録の書き方を教えてもらう機会が少ない
・実習記録の書き方について、誰に聞けばいいのかわからない
・実習記録の書き方について、自分で勉強したい
・実習記録の書き方について、やさしい言葉で解説してほしい
・看護過程の参考書の解説に、「なぜそうなるのか知りたい」といつも思う
など

教えたい方
・看護過程について、わかりやすく教えたい
・看護過程と実習記録の関係を復習したい
・実習記録の書き方、およびポイントを再確認したい
・看護過程の教え方を学びたい
・学生さんがつまづきやすいポイントを知りたい
など


くわしくは、こちらからご覧ください。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-01-29 21:00:00

根拠のある看護計画と思い込みな看護計画

テーマ:|-看護計画、看護目標
いつも、ありがとうございます。
ローザン由香里です。
 
 
・なぜ、その状態なの?
・なぜ、その症状が出ているの?
・なぜ、その治療をしているの?
 
 
看護のアセスメントをするとき、「なぜ、なぜ?」を、しつこいほどに確認されます。
 
 
何がそんなに大事なわけ?
 
 
その理由をわかっていないと、「なぜ?」と聞かれるのがストレスになりかねません。。。
 
 
看護のアセスメントをするときに、「なぜ?」を確認する理由は、それがわかることで、患者さんにあった個別性のある看護計画を立てることができるからです。
 
 
もし、あなたの立てた看護計画が、
・ずれている
・個別性がない
 
内容になっているのだとしたら、考えられる理由は2つ。
 
 
*看護アセスメントで、正しく「分析」ができていない
*看護アセスメントで分析した内容を、看護計画に反映できていない
 
 
 
 
 
 
ずれている、個別性がない、と指摘を受けた看護計画、分析ができている場合は、分析内容を反映させる方法を、分析自体があいまいな場合は、分析の見直しをしてみると良いです。^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>