弊ブログにようこそ。


ぼくがブログを始めた動機は冒険をやってみようという一篇に集約されています。「冒険をやってみよう」が当ブログの核であり、他の記事は核に対する周辺部分にすぎず、極論すれば、読まれなくてもぜんぜんかまいません。その意味でタダの駄文にすぎない。だから、他の記事は読まれなくてもプロフィール欄にある「冒険をやってみよう」だけはぜひご覧になっていただければと思っております。

そこでの主張を要約すれば、まさに光陰矢のごとし。ポール・フレッスの、主観的時間経過は年齢の3乗に反比例して進行するから、人生とは、加速をつけて猛スピードで地上という死に向かっている隕石にたとえられよう。あるいはジャネの法則(注1)でもいいだろう。人生とはことほどさように短い。その短い限られた人生をいかに生きるべきか。おカネのための人生なのか。

衣食が足りて礼節を知るというではないか。衣食が足りればそれ以上のことは望まないことだ。では何をやるべきか。

サミエル・ウルマンの有名な詩「青春」の一節を、あえて引用しておきましょう。

「青春とは人生のある時期のことでなく、心のありようをいう。強い意志、豊かな想像力、燃えあがる情熱、ひるまない勇気、あくなき冒険心、そういうありようが青春なのだ。年を重ねただけで人は老いない。夢を失ったとき、初めて老いる。歳月は皮膚のシワを増すが、情熱を失ったとき、精神はしなびる」


(注1)「ジャネの法則」ウイキペディアより
ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

  • 03 Dec
    • 調査員を目指すAさんへの回答など

      昨日と今日で、新しい記事を2本書いた。1本は別サイトで「ブックマークしているサイトの紹介記事」。もうひとつが、「有能な弁護士と無能な弁護士、そして有能な調査員と無能な調査員」。よろしかったらどうぞ。

      NEW!

      テーマ:
  • 30 Nov
    • 車の追越しに関する記事を公開した。

      新しい記事を公開しました。追い越しについて、ネット上いろんな説明があったので、ぼくが調べてみた結果を記事にしました。まだ書いてないところもあるのでいずれ追記するつもりです。こちらです。

      3
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 後遺障害認定の際に注意すべきことをいくつか書いた

      新しい記事を公開した。 自賠責に後遺障害認定を否定された場合の、症状固定後の通院の重要性など、おもいつくことをいくつか記事にした。こちら。あとでもう少し加筆するつもりだけれど、もう時間がなくなってきたのでとりあえず公開することにした。いいかげんですみません。

      5
      テーマ:
  • 25 Nov
    • CRPSの後遺障害認定基準について、現状、ぼくの思うことを勝手気ままに書いた。

      CRPSの医療調査を何度しただろうか。たぶん回数は両手(あるいは片手かも)で数えられるくらいしかやっていないと思う。だからこの分野の記事を書くのはどこか躊躇するものがあった。 読者にこの傷病で苦しんでいる方もおられる。それで、いずれ記事にしたいと思っていた。ただ、記事にして読み返してみたら、ぼくの偏見もかなり入っているjかもしれないと思った。ぼくの無知もあるかもしれない。もし間違い等がございましたら、どなたかご教示のほどを。こちらです。

      4
      テーマ:
  • 21 Nov
  • 20 Nov
    • 踏切内の衝突事故の記事をとりあえず公開した

      保険調査員の仕事は車が絡んだ事故だけに限らない。火災もやるし、盗難や殺人事件だってやる。今回は踏切内で発生した列車とトラックの衝突事故を取り上げてみた。まだ書き足りないためいずれ追記するつもりだが、とりあえず、現状、こちらで公開した。 年内はこの調子で、1日1記事を目標にしたい。 

      2
      テーマ:
  • 17 Nov
  • 16 Nov
  • 14 Nov
    • 両者の言い分が違っているとき、裁判所はどのようにして決着するのか

      新しい記事を公開した。半分以上が教科書からの引用なのでもっと書き加えてから公開しようかとも思ったが、その余力もなく、はっきり言って疲れた。本日はこれくらいにしたい。 新しい記事の内容は、事故当事者の言い分が違っているとき、裁判所は、判例タイムズの過失相殺率の認定基準本をどのように使って解決にまで導いているのか。すごく重要なことが教科書に書いてあったのでみなさんにぜひ読んでいただければと思い、記事にしたしだい。こちら。

      5
      テーマ:
  • 10 Nov
  • 09 Nov
    • 椎間板ヘルニアが外傷性であることを迂回路から立証してみる

      椎間板ヘルニアは変性疾患、つまり老化の一種だとふつう思われている。その場合に、どうやったら外傷性であることを立証するのか。外傷性の要件は存在するし、相当に厳しいので、そちらからの立証ではなくて、迂回路からの立証である。こちら。

      2
      テーマ:
    • 案内標識をみて、かえって混乱したことがありませんか

      新しい記事を昨夜公開しました。もともとこちらにあった記事をネタにしたものですが、加筆したというよりも、原型をほぼとどめないほど全面的に書き改めたものです。こちらにあった元記事はどこか独りよがりのところがあって、いずれ書き改めたいと思っていました。説得力ゼロ。 今回もあいかわらずぼくの偏見満載ですが、それでも説得力の点ではかなり改まったと思っております。少なくとも、読みやすくなったことは間違いないと思います。道路標識や案内標識の中にはわかりづらいものがある。どうしてわかりづらいのか。こちらです。

      2
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 退屈な記事ですが、よろしかったら

      過失割合に関する記事というのは、書いていてあんまりおもしろくない。なぜおもしろくないかというと、教科書からの引き写しと判例集からの引き写しが大部分だからである。そんな記事なら、ぼくが書かなくてもだれかが書いているから書く必要がないといってしまえばそれまでなのだけれど、それでも書いてしまうのは、この手の記事はアクセスアップが望めるからである。教科書からの引き写しはだれでもやっていることだが、判例を多く掲載している方はほとんどいない。とりわけ非典型事故に関する判例はそうである。そこに独自性があるといえばいえないこともない。 書いたのは交差点内の直進車と対向右折車の事故についてである。調査員時代はこの種の事故調査をたくさんやった。いわゆるサンキュー事故なんてのもその部類である。この種の事故に遭われた方にとっては切実な問題だが、そうでない方にとっては退屈な記事である。それでもかまわないと言う方には、こちらです。 年末までもう少し。いつもだと日曜日は記事をできるだけ書かないことにしていたが、年内にできるだけ多くの記事を公開したいので、ちょっと頑張ってみようかと思う。

      1
      テーマ:
  • 04 Nov
  • 01 Nov
    • 保険調査員をもっと正当に評価したらどうか

      保険調査員は正当な評価をされていないと、ぼくは常々思っています。損保担当者からは使い走りにみられ、弁護士からも慇懃ながらやはり軽くみられる。じゃ、ぼくらの代わりができるかといったら、そういう能力がありますかね。 あえて挑発的な言い方になりましたが、ぜひ正当に評価していただきたいものです。そういう思いをこめて記事を書きました。こちらです。

      3
      テーマ:
  • 31 Oct
  • 29 Oct
  • 27 Oct
    • 停止中だったからといって、必ず過失ゼロになるわけではない

      新しい記事を書いた。こちら。 停止中だったことでゼロ主張の相談者がおふたりいる。メールで書くよりも記事にするほうが広く知れるので、個別でないとまずい場合以外は記事で回答したいと思っている。 停止車両への衝突事故は基本というか、原則過失ゼロである。しかし、停止中なのかどうかという問題があるし、停止したとしても衝突のほんのわずか前だったら停止していたとは評価されないばあいもある。また、完璧に停止していたとしても過失が問われる場合だってある。 そのあたりがどうなっているのか判例を検討することにした。いまのところ3つしか紹介していないが、順次、追加するつもりである。

      2
      テーマ:
    • ”乳がん検診(マンモグラフィ)と過剰診断~H Gilbert Welch氏の最新論文より~”

      ぼくがプログをやっていることを家族は知っているが、どこでやっているかは知らないと思っていた。しかし、知っている可能性があるのなら、女性にとって、とくに若い女性にとってNANAさんの下記記事は必読だと思う。いや、身内の女性だけでなくて、日本中の女性、それと妻や娘や恋人のいる男性にも必読だろう。読んだ男性は、ぜひこの記事のことを妻や娘や彼女に教えてやってほしい。 ぼくの穏やかでないコメントもあるが、怒りにまかせて書いてしまった。でも、自分のおいしい生活を維持したいために、女性を死においやることもいとわない奴って、やはり最低だろう。世の中には本当に悪賢い奴がいるものだ。人よりも恵まれている生活をしているくせに、まだ飽くことをしらない。餓鬼そのものだ。 もっと怒ろうよ。怒るべきだよ。怒り、それを表現しようよ。そうでないと、世の中、ちっともよくならないよ。われわれの「怒り」は「社会変動の起爆剤」だからだ(E.フロム「自由からの逃走」)。奴らに思い知らせてやろうよ。 

      4
      テーマ:

プロフィール

リュウタ×2

性別:
男性
自己紹介:
HNの「リュウタ×2」は中国語の溜达溜达【liūdaliūda】から借用した。「ぶらぶらする」とか「...

続きを見る >

読者になる

AD
【ご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。とりわけ注意を要するのは、記事の日付です。記事を書いた後に、法律が変わったり、過失割合の虎の巻本が改訂されたりした場合、それを反映していないことです。その後の改正等については記事に追記していきたいのですが、まだ十分にその作業を終えておりません。ご注意ください。



【コメントについてのご注意】

コメントは承認制をとっています。ぼくが承認するまでコメントは表に反映されませんのであしからずです。

ハンドルネームは必ずつけてください。固定でお願いします。通りすがり・通行人といった類の捨てハンドルはご遠慮下さい。

記事に関する感想・質問・疑義・批判・ご教示を歓迎します。とりわけ、批判やご教示はぼくの蒙を啓いてくれるきっかけになりますので、むしろ望むところです。限られた経験と限られた知識に基づいて書いているため枝葉末節な間違いは避けられそうにありませんが、基本にかかわる間違いだけはやらかさないよう努力するつもりです。それでも間違えていたらご指摘・ご指導お願いいたします。

なお、当ブログと無関係と思われるコメント、誹謗・中傷の類は基本的にはぼくの一存で表に出しません。それ相応の扱いを受けることをご了承下さい。

ところで、当ブログに個別の相談をされてこられる方がおられます。以前はそのような相談にもできるだけ応じておりましたが、メールだけの対応では、何か疑問があってもその場で聞き返せないし、資料の精査もできず、明らかな限界があるため、自信を持って回答することは不可能だということがわかりました。簡単な相談事ならともかく、複雑なものについては今後一切応じられませんので、ぼくのような無資格者よりも有資格者の方に直接お会いして事情を詳しく説明しご相談されてください。

最後に。現在、アメンバー登録については当ブログでは受け付けておりません。ぼくの書く記事にアメンバー限定のものは過去にひとつもなく、すべて「全員に公開」です。したがって、これまでアメンバーという制度を利用したことが一度もありません。将来的にはたとえば後遺障害とか休車損害とか、有志を募って意見交換をできればいいかなあ、その場合はアメンバーだけに限定するのがいいのかもと思いつつ、今のところそのような有志の方もおられないので、その必要性も感じておりません。そのため、アメンバーの募集はしていないのが現状です。将来的にはアメンバーを利用するかもしれませんが、現状はこのようなので、登録をご希望される方には申し訳がありませんが、現在、募集をしていないことをご了承願います。


(小出裕章)
私は単に原子力の専門家にすぎません。その私はもちろんみなさんに対して原子力に対する専門的な知識を出来る限り提供するというのが、私の役割だと思いますけれども、原子力の問題というのは、単に原子力発電所という機械のテクニカルな問題だけではないのです。地域の問題であったりするわけですし、労働者の問題であったりもするわけですし、もちろん健康の問題でもあったりする。
「私たちがどのような社会を作りたいのか」という、むしろ一番根本的にはそれがあるわけですから、どなたにとっても「自分にとって本当に切実な問題」として関わってくる場所があると思います。そういうところにお一人お一人が関わって下さって、そしてそれが横に繋がっていくというやり方がいいのだと思います。


たかしズムのたかしさん作成




3・11。あれからまだ4年しかすぎていないというのに、原発事故はまるでなかったかのようだ。ぼくは期待した。あの日から日本が少しは変わるのではないかと。しかし、何も変わっていないように思える。停電が嫌だ? 電気料金の値上がりが嫌だ? そんなことが命よりも大切なんかい!子供の未来がどうなってもいいんかい!いい加減にせいよ。

のど元すぎると熱さを忘れるとはよく言ったものだ。もう忘れちゃたのか。原発を推進してきた連中は、国民のこの度しがたい忘れっぽさにきっと安堵していることだろう。これならまた原発を再開できる。また同じような事故が起こっても、次も自分たちの責任は追及されることなどないだろうときっとタカを括っていることだろう。

そうさせないためにも、反原発の流れを止めてはいけないと思う。







AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

ランキング

総合ランキング
28650 位
総合月間
20441 位
法律・裁判
55 位
政治・経済
87 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。