弊ブログにようこそ。


ぼくがブログを始めた動機は冒険をやってみようという一篇に集約されています。「冒険をやってみよう」が当ブログの核であり、他の記事は核に対する周辺部分にすぎず、極論すれば、読まれなくてもぜんぜんかまいません。その意味でタダの駄文にすぎない。だから、他の記事は読まれなくてもプロフィール欄にある「冒険をやってみよう」だけはぜひご覧になっていただければと思っております。

そこでの主張を要約すれば、まさに光陰矢のごとし。ポール・フレッスの、主観的時間経過は年齢の3乗に反比例して進行するから、人生とは、加速をつけて猛スピードで地上という死に向かっている隕石にたとえられよう。あるいはジャネの法則(注1)でもいいだろう。人生とはことほどさように短い。その短い限られた人生をいかに生きるべきか。おカネのための人生なのか。

衣食が足りて礼節を知るというではないか。衣食が足りればそれ以上のことは望まないことだ。では何をやるべきか。

サミエル・ウルマンの有名な詩「青春」の一節を、あえて引用しておきましょう。

「青春とは人生のある時期のことでなく、心のありようをいう。強い意志、豊かな想像力、燃えあがる情熱、ひるまない勇気、あくなき冒険心、そういうありようが青春なのだ。年を重ねただけで人は老いない。夢を失ったとき、初めて老いる。歳月は皮膚のシワを増すが、情熱を失ったとき、精神はしなびる」


(注1)「ジャネの法則」ウイキペディアより
ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

  • 28 Jul
    • 休車損害で、損保は人件費を変動経費扱いにしたがるが・・・

      休車損害における人件費の扱いについて、運送会社と損保でトラブルになりやすいものの中のひとつ、それも大きなひとつです。そのことについて記事にしました。 有給休暇の扱いについては下調べがまだ十分でなかったかもしれず、書いた内容にやや不満がないわけでもありませんが、どこがどう問題なのかうまく表現できなかったため、とりあえず現状で公開しました。何かが足りないとは思っているのですが、足りない部分があったらあとで継ぎ足せばいいとおもったしだいです。こちらです。

      3
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 交差点の事故かそうでないかの見極めに関して記事を書いた

      判例タイムズの過失割合本において、車両同士の事故では、まず最初に交差点の事故かそうでないのかで事故を2大別している。したがって、当該事故が交差点の事故なのかそうでないのかその見極めが過失割合にも大きく影響するため、たいへん重要なことである。別ブログでその問題をとりあげた。こちら。

      3
      テーマ:
  • 21 Jul
  • 19 Jul
    • 事故被害者から調査するとき

      新しい記事を公開しました。特に調べたわけでなく、ふだん思っていることを書いただけなので、書くのに要した時間は1時間くらい。かんたんにできた記事ですが、内容はけっこう深刻だとぼくは思っています。事故被害者の側から調査しようとするときの問題点についてです。こちらからはいってください。

      3
      テーマ:
    • 今月注文した本

      今月注文した本 脱・日本語なまり―英語(+α)実践音声学 (大阪大学新世紀レクチャー)2,160円Amazon 日本語音声学入門2,160円Amazon 口の後遺障害の中に言語機能障害がある。自賠責の認定基準では以下のようになっている。 子音を構音部位に分類すると、次の4種類となる。 (イ)口唇音 ま行音、ぱ行音、ば行音、わ行音、ふ(ロ)歯舌音 な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ(ハ)口蓋音 か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん(ニ)喉頭音 は行音 この子音分類をもとに、以下のように等級格付けを行っている。 ●3級の2 「言語の機能を廃したもの」とは、4種の語音(口唇音・歯舌音・口蓋音・喉頭音)のうち、3種以上の発音不能のものをいう。 ●6級の2 「言語の機能に著しい障害を残すもの」とは、4種の語音のうち2種の発音不能のもの又は綴音機能に障害があるため、言語のみを用いては意思を疎通することができないものをいう。 ●10級の2 「言語の機能に障害を残すもの」とは、4種の語音のうち、1種の発音不能のものをいう。 等級格付けに用いられているこの子音分類。はたして正しいのだろうか。上記子音分類どおりになるのかどうか自分で発声してみた。どの器官をどのように使っているのか検証してみたのだ。が、なんか違う。みなさんも実際にやってみたらどうだろう。どこがどう違うのかを音声学の本で調べてみた。以前買った「日本語音声学入門」で調べたが、もっと本格的に説明してあるらしい「脱・日本語なまり―英語(+α)実践音声学」を注文することにした。調べた結果についていずれ記事にできたらと思う。  パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い2,592円Amazon 評判になっていた本で、中古価格が手ごろになったので買った。堺利彦が戦前の「冬の時代」を生き抜くための設立した「売文社」時代について掘り起こした労作。  憲法と国家―同時代を問う (岩波新書)756円Amazon  自由と国家―いま「憲法」のもつ意味 (岩波新書)842円Amazon  「日本国憲法」を読み直す (岩波現代文庫)1,123円Amazon 憲法学者・樋口陽一さんの著書。買う予定になかったけれど、年内にやるつもりらしい憲法改正のための国民投票に備えて、それまでに何冊か読んでおきたかった。マスコミ報道では経済の建て直しが先だという論調が多いけれど、経済の建て直し? そんなの関係ないよ。安倍氏にそんなつもりはまったくないと思う。断言してもいい。 経済の建て直しをやらないで憲法改正に進んだら国民は黙っていないというけれど、海外報道ではアベノミクスはすでにとっくに破綻しているという報道のほうが多い(というか、その逆の、成功したという報道などみたことがない。あるなら教えてほしい。)立て直すもクソもないのだ。先に延ばせば延ばすほど、破綻が誰の眼にも明らかになるからである。 今回の選挙で圧勝したのも、経済がよくなると言われると、半信半疑ながらも、それに賭けてしまう人々の欲深さが、アベノミクスを支持したのだろう。経済立て直し論は、その幻想をまだまだ維持したいための論である。 ぼくが安倍氏の立場なら、こんな千載一遇のチャンスを逃すはずがなく、一気呵成にがむしゃらにやる。やりとげる。あっちががむしゃらなら、こっちもがむしゃらになって対抗しないといけない。・・・のだけれど。 日本では報道されないが、IMFのデータでドル換算での各国のGNPを示しておく。日本がここ数年で極度に落ち込んでいることがわかるだろう。中国の半分以下である。2011年当時の日本と比べても3分の1も減っている。このままだとさらにどれくらい落ち込むのだろうか。   人類の地平から―生きること死ぬこと2,160円Amazon 文化人類学者・川田順造の自伝。  この厄介な国、中国 (WAC BUNKO)1,008円Amazon お前でも右派論陣の1人のこんな本を読むのかと言われそうだが、この人の本は異説ばかりだが、目からうろこのところがある。   

      テーマ:
  • 15 Jul
  • 13 Jul
  • 12 Jul
    • お知らせ

      自賠法に関する記事を公開した。こちら。まちがっていたら、ご指摘を。

      2
      テーマ:
  • 11 Jul
  • 08 Jul
    • どこに護憲勢力が存在するのか

       選挙前だというのに選挙を話題にする人が非常に少ない。欧米では考えられないことだろう。政治を口にするとソンをするという風潮が日本では蔓延している。とくに、政府に批判的な意見などもってのほかというこのいやらしい空気。どっかの独裁国じゃあるまいしと言いたいところだが、そうもいえない空気がこの国にはとてつもなく充満している。自民、単独過半数うかがう=改憲勢力3分の2微妙-参院選終盤情勢【16参院選】時事通信7月3日(日)19時23分配信 今回の参議院選挙のいちばんの争点は改憲勢力が3分の2に達するかどうかだと言われているし、そういう論調のマスコミ報道も多いが、これもその類のひとつだ。でも、護憲勢力というのは、どこを指して言うのだろう。護憲勢力にいれられているらしい共産党も社会民主党も、いずれも新9条論に親和的だ。「新」という修飾語をつけるとなんとなく9条を守る護憲派のようにもみえるらしいが、新9条論は「現実」にあわせて9条の2項を変えるべきだというのだから、あれはどう考えても改憲の主張のひとつであり、それに親和的な共産党も社民も改憲勢力だと考えざるを得ない。一昔前なら当然にそう思われていたはずである。したがって、全政党が改憲で一致しているわけだ。国民の世論って、全部が改憲賛成なわけないのだから、いかに政党政治が民意を反映していないかを示す例証である。 今回はどこにいれようか。今までは鼻をつまんで「より最悪でない選択」として、どっかにいれていたけれど、今回はそんなのではすみそうもなく、棄権したい気分だ。でも、そういうわけにもいくまい。鼻に洗濯ばさみでもさして、投票するしかなさそうだ。 まあ、こうなったらどうにでもしてください。やりたいようにやったらいい。とことん、落ちるところまで落ちないとわからんのだという意見もある。それは竹内好の有名な論文の一節に通じるものがあると思う。 私は敗戦を予想していたが、あのような国内統一のままでの敗戦は予想しなかった。アメリカ軍の上陸作戦があり、主戦派と和平派に支配権力が割れ、革命運動が猛烈に全国をひたす形で事態が進行するという夢想をえがいていた。国内の人口は半減するだろう。統帥が失われ、各地の派遣軍は孤立した単位になるだろう。パルチザン化したこの部隊内で私はどのような部署を受けもつことになるか、そのことだけはよく考えておかなければならないが、などと考えていた。(「屈辱の事件」) 竹内好セレクションI 日本への/からのまなざし (〈戦後思想〉を読み直す)2,160円Amazon  「正しい」目的のためには「人口の半減」も厭わない清算主義。そして、「人口の半減」する中に、なぜだか自分自身をその犠牲者に算入しない楽天主義。あるニート評論家の放った「希望は戦争」主義もその変種だろう。 ぼくは自分が真っ先に犠牲者になるだろうと思っているから、「人口が半減」した中に常に自分がはいっていると考えるので、こういう論にはどうしてもついていけない。だいいち、目先の損得でしか動かず、個として確立してもいない大多数の日本人が、たとえ人口が半減しても、悔い改めるとはぼくにはとても思えない。 政治について語るのがいやになってきた。ぼくもこれを潮に、周回遅れもいいところだけれど、遅ればせながら勝ち馬に乗ろうかなあ。    

      1
      テーマ:
  • 07 Jul
    • しばらくは、自賠法についての記事をメインに書いていきたい

      後遺障害を知るためには自賠法の理解が不可欠だと言われる。自賠法についてまじめに勉強した記憶がないので、ちゃんと調べた上で、ここしばらくは自賠法をメインにして記事出しを行ってみたい。被害者の方がもっとも知るべきことを、わかりやすく説明できたらと思う。なおかつ、ネット上あまり知られていない情報についても公開していきたい。おかしいと思うところがありましたら、ご指摘のほどお願いいたします。 まだ完成していませんが、公開した自賠法の記事はこちら。不足分はできるだけ早く加筆したい。

      3
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 記事出し再開のお知らせ

      記事出しを再開した。半年くらいネット接続を控えるつもりだったが、事情が変わった。毎日の記事出しは無理だけれど、無理しない程度で記事を書いていきたい。その記事も、批判精神を失わないものを心がけたい。ぼくから批判精神をとったら何も残らない。存在価値はゼロに等しい。ぼくの書くものに腹を立てている人もいるかもしれないが、共感してくれる人もいる。きっといるはずだ。勝手にそう思い込んでいる。 警察提出用の診断書の問題点について、別ブログに記事を書いた。当該診断書は警察が量刑を判断するための資料になり、2週間の加療見込みなどと書かれているのがふつうだが、実際は半年以上の治療を要する場合も少なくない。にもかかわらず、その診断書の記載を盾に、治療打ち切りを主張する損保も少なくない。いや、損保だけではなく、民事交通裁判でも事情は変わらないらしい。これって問題だろう。大いに問題ありだろう。

      4
      テーマ:
  • 21 Jun
    • ネット接続を当分の間やめることにした

      明日から当ブログの更新を控えたいと思っています。別ブログについてもそうです。いつまでかはわかりませんが、なるべく早く復帰できればと思います。また、ぼくが読者になっている方へのアクセスも基本的には一切しないつもりです。ネット接続自体を控えたいからです。事情については話せませんが、当分のあいだご無沙汰になりそうです。すいません。

      4
      テーマ:
    • 「絶望の裁判所」(瀬木比呂志著)からいくつかメモした

      このところいろいろ考えるところがあって、何人かの方にご相談させていただいた。まだ結論が出たわけではないが、二兎追うものは一兎も得ずになっていた。どっちともはダメなのだ。どちらかひとつに専念しないといけない。本日、福井県の士業の方とお会いすることになっているが、自分が置かれている現状がどうなっているのかを正直に話して、今後どうするかをもうそろそろ決めないといけないと思っている。 昨晩、「絶望の裁判所」(瀬木比呂志著)を読了した。感想と、交通事故裁判に関するメモを記事にした。こちら。

      5
      テーマ:
  • 17 Jun
  • 14 Jun
  • 13 Jun
    • 調査報告書はどこまで信頼がおけるのか

      調査会社の調査報告書。過失割合でも人身事故の後遺障害でも示談時に重要な役割を果たしているにとどまらず裁判でも書証として扱われる。だが、どこまで信頼性があるのだろうか。ぼくの体験したことを記事にしてみた。こちら。

      5
      テーマ:
    • 娘の結婚式があった

      ここ3日間、仕事を休んで京都に行っておりました。長女の結婚式のためです。その京都ですが、ずいぶん変わりました。20年ほど前にも行ったことがあるのですが、そのときはまだかつての面影が残っていたものの、今はまったくの別世界でした。 ぼくがかつて住んでいたのは河原町丸太町高倉通りです。その後下鴨神社近くに移るなどしましたが、一番長くいたのは、御所の前、裁判所の近くのここでした。なつかしくなったので下宿先がまだあるのかGOOGLE地図で検索したら、まだありました。門構えも表札もそのままです。お花の師匠をされていて、上品そうで、根っからの京都人で気位が高く、ぼくのような田舎者をどこか見下しているところがありそれで反発を感じていたおばさんのお宅でしたが、今も健在のようです。 でも、それ以外はまったく変わってしまいました。婚礼バスで通りかかったのですが、近くにあった古本屋街は20年前ならまだあったのに、今はそこにはでかいビルがいくつも建ち並んでいて、こじんまりした古本屋は1軒もなくなっていました。 長女の結婚式が終わり、ようやく、ひとり片付いたなあとほっとしています。しかし、小学生の次女がいるので、まだまだ引退するわけにもいかない。でも、やはり歳をとったなあという思いが強い。とりわけ視力の衰えはひどいように思います。10年前なら本を読むのもたいして苦労しなかったのに、今は30分も読むと目がひどく疲れます。めがねをかけることも検討しないといけないです。 それと、加齢臭です。ぼくはもともと風呂嫌いで、最長半年間風呂に入らなかった記録があります。これは海外で旅行中のことです。風呂に入ろうと思えば入れなかったわけではありませんが、乾燥地帯だったからか、体臭がそれほど気にならなかったというのがいちばん大きいです。まあ、ずぼらなだけなのです。若い時はそれほど体臭がしません。ところが今は、1日風呂に入らないだけで臭いがきつい。 でも、それ以上に困っているのは肉体の衰えに精神が追いついていないことです。大病でも患ったことがあるならともかく、ぼくは生まれてからこのかた、軽度のぜんそくで薬をもらいに行ったことがあるのを除くと、病気をしたことがありません。風邪は何度かしたことがありますが、いずれも軽度のものだったし、風邪では病院には行きません。健康診断も受けない主義です。だから、病気で病院に行った記憶がほとんどありません。肩こりもしないし、薬も基本的に飲みません。胃腸薬など一度も飲んだことがありません。 このように肉体の衰えをしらないままここまで来たのですが、ここ数年、肉体の衰えを感じるようになりました。若いとき、ぼくははやく老人になりたいと思っていたことがありました。肉体の衰えにしたがって欲望もそれに比例してなくなるのではないか、煩悩から解放されるのではないかと思っていたからです。枯れ木みたいな、仙人みたいになりたいなあと思ったこともあった。あるいは、孔子が晩年に振り返って言ったことば「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」です。 ぼくには、名誉欲というのもあまりないし、お金持ちになりたいという欲も若い時からまったくない。おいしいものを食べたいという欲望ももともとない。海外の一人旅のとき、自分の行きたいところが多少危険でも行きたい、それで命を落としたならそれも運命だと思っていたくらいですから、元来、生に対する執着心もあまりありません。 しかし、歳をとればそれに比例して他の欲望もふくめ一切から解放される――ということはただの幻想なのだということを最近になって悟りました。残り数年もしくは十数年の命なのに、70、80になっても物欲、名誉欲、色欲にとりつかれている政治家をみてもわかることです。年齢を重ねても、そういう欲望から解放されることがないのでしょう。しかし、自分はあのような老醜だけは曝したくはありません。年齢を重ねればそれに比例して経験値も増えるはずです。それが若者にないぼくたちの利点です。ぼくたちの役割はそこにしかないのではないでしょうか。 ぼくはこれまで政治にかかわったことが一切ありません。政治的発言も一切したことがありません。学生時代だって、いわゆるノンポリで通しました。同級生からデモに参加してほしいと呼びかけられたことが何度かありましたが、ぼくは一切無視してきました。 しかし、東北での原発事故以降、やむにやまれず発言をするようになりました。「50にして天命を知る」の、ぼくなりの実践です。「60にして、耳順う、70にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」。そうなれたらいいなあと思っていますが、さて、どうなるでしょうか。     

      6
      2
      テーマ:
  • 09 Jun
  • 07 Jun

プロフィール

リュウタ×2

性別:
男性
自己紹介:
HNの「リュウタ×2」は中国語の溜达溜达【liūdaliūda】から借用した。「ぶらぶらする」とか「...

続きを見る >

読者になる

AD
【ご利用上の注意】

当サイト内の情報を利用したことにより何らかの損害が発生しても、一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。とりわけ注意を要するのは、記事の日付です。記事を書いた後に、法律が変わったり、過失割合の虎の巻本が改訂されたりした場合、それを反映していないことです。その後の改正等については記事に追記していきたいのですが、まだ十分にその作業を終えておりません。ご注意ください。



【コメントについてのご注意】

コメントは承認制をとっています。ぼくが承認するまでコメントは表に反映されませんのであしからずです。

ハンドルネームは必ずつけてください。固定でお願いします。通りすがり・通行人といった類の捨てハンドルはご遠慮下さい。

記事に関する感想・質問・疑義・批判・ご教示を歓迎します。とりわけ、批判やご教示はぼくの蒙を啓いてくれるきっかけになりますので、むしろ望むところです。限られた経験と限られた知識に基づいて書いているため枝葉末節な間違いは避けられそうにありませんが、基本にかかわる間違いだけはやらかさないよう努力するつもりです。それでも間違えていたらご指摘・ご指導お願いいたします。

なお、当ブログと無関係と思われるコメント、誹謗・中傷の類は基本的にはぼくの一存で表に出しません。それ相応の扱いを受けることをご了承下さい。

ところで、当ブログに個別の相談をされてこられる方がおられます。以前はそのような相談にもできるだけ応じておりましたが、メールだけの対応では、何か疑問があってもその場で聞き返せないし、資料の精査もできず、明らかな限界があるため、自信を持って回答することは不可能だということがわかりました。簡単な相談事ならともかく、複雑なものについては今後一切応じられませんので、ぼくのような無資格者よりも有資格者の方に直接お会いして事情を詳しく説明しご相談されてください。

最後に。現在、アメンバー登録については当ブログでは受け付けておりません。ぼくの書く記事にアメンバー限定のものは過去にひとつもなく、すべて「全員に公開」です。したがって、これまでアメンバーという制度を利用したことが一度もありません。将来的にはたとえば後遺障害とか休車損害とか、有志を募って意見交換をできればいいかなあ、その場合はアメンバーだけに限定するのがいいのかもと思いつつ、今のところそのような有志の方もおられないので、その必要性も感じておりません。そのため、アメンバーの募集はしていないのが現状です。将来的にはアメンバーを利用するかもしれませんが、現状はこのようなので、登録をご希望される方には申し訳がありませんが、現在、募集をしていないことをご了承願います。


(小出裕章)
私は単に原子力の専門家にすぎません。その私はもちろんみなさんに対して原子力に対する専門的な知識を出来る限り提供するというのが、私の役割だと思いますけれども、原子力の問題というのは、単に原子力発電所という機械のテクニカルな問題だけではないのです。地域の問題であったりするわけですし、労働者の問題であったりもするわけですし、もちろん健康の問題でもあったりする。
「私たちがどのような社会を作りたいのか」という、むしろ一番根本的にはそれがあるわけですから、どなたにとっても「自分にとって本当に切実な問題」として関わってくる場所があると思います。そういうところにお一人お一人が関わって下さって、そしてそれが横に繋がっていくというやり方がいいのだと思います。


たかしズムのたかしさん作成




3・11。あれからまだ4年しかすぎていないというのに、原発事故はまるでなかったかのようだ。ぼくは期待した。あの日から日本が少しは変わるのではないかと。しかし、何も変わっていないように思える。停電が嫌だ? 電気料金の値上がりが嫌だ? そんなことが命よりも大切なんかい!子供の未来がどうなってもいいんかい!いい加減にせいよ。

のど元すぎると熱さを忘れるとはよく言ったものだ。もう忘れちゃたのか。原発を推進してきた連中は、国民のこの度しがたい忘れっぽさにきっと安堵していることだろう。これならまた原発を再開できる。また同じような事故が起こっても、次も自分たちの責任は追及されることなどないだろうときっとタカを括っていることだろう。

そうさせないためにも、反原発の流れを止めてはいけないと思う。







AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近のコメント

ランキング

総合ランキング
15423 位
総合月間
15158 位
法律・裁判
19 位
政治・経済
71 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。