宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題が、夏の甲子園を目指す球児たちにも影響を及ぼしている。感染拡大が続けば「無観客試合」や「開会式中止」もあり得る状況で、同県高野連(猪股整理事長)は、全国高校野球選手権宮崎大会(7月10日開幕)の運営について、難しい判断を迫られている。

 5月18日発令の「非常事態宣言」を受け、県高野連はシード校を決める県大会の中止を決定。5月27日には終息宣言が出るまで、県内外での対外試合中止も決めた。さらに今月10日に宮崎市の養豚農家で感染疑いが確認され、市は予選会場の一つに予定の球場を当面閉鎖すると発表。県高野連には「夏の県予選は本当にやれるのか?」といった問い合わせも数件寄せられているという。

 猪股理事長は「努力してきた子供たちや見守ってきた親のことを考えると、最大限の防疫対策をしながら何としても従来通り実施したい」と話している。

 今春のセンバツに出場した宮崎工高(宮崎市)。夏の予選を控えたこの時期は、通常なら毎週末のように県外チームと練習試合をこなしていた。今は紅白試合しかできない。

 岩切隆公(たかひろ)監督は「レギュラーを絞り込む時期だが、選手の調子が測れない」と困惑気味。「うちはまだいい方で、紅白試合もできないチームはかわいそう」と気遣う。

 また、感染地の一つ、西都市の西都商高の佐々木典彦監督は「部員18人で紅白試合もぎりぎり。だが、被害農家の苦しみはもっと大きい。野球ができることに感謝して日々練習に励むしかない」と話している。【川上珠実】

【関連ニュース】
口蹄疫:飛び火で抗体検査実施へ…専門家委が了承
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌

ガス田、早期交渉入り確認=日中首脳が電話会談(時事通信)
皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
AD
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、抗がん効果を発揮することも確かめた。がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)で発表した。

 リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの渡会(わたらい)浩志・上級研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせてNKT細胞由来のiPS細胞を作った。これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

 生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、がん移植後平均約1カ月で死んだ。

 チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させてがん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、従来の治療法より高い効果を確認しているが、もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

 渡会上級研究員は「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。【須田桃子】

【関連ニュース】
肝臓幹細胞:皮膚から作成…国立がん研究センター成功
京都大iPS細胞研究所:公開…分散していた研究拠点集約
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:京大の特許管理会社がライセンス契約
ヒト生殖細胞研究

民主、国新が党首会談=連立めぐり協議(時事通信)
<山岳遭難>千葉県浦安市の男性と連絡取れず 北アルプス(毎日新聞)
<はやぶさ>帰還確定 13日深夜、豪州の砂漠へ(毎日新聞)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
<脅迫容疑>記事に不満?朝日記者脅した医師逮捕 茨城県警(毎日新聞)
 前原誠司沖縄担当相は23日夜、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古周辺とする方針を示したことについて、「朝鮮半島は非常に不安定な状況にある。日米安保は日本のみならず、(北東アジア)地域の安定の公共財だ。沖縄の皆さんに真摯(しんし)にお願いし続けることが大事だ」と述べ、地元の理解を得るよう努める方針を示した。静岡市内で記者団に語った。
 前原氏は「日米関係がぎくしゃくすると、為替や金利など経済の数値にも波及する」と指摘。社民党が県内移設に反対していることに関しては、「大所高所から考えてもらいたい」と述べた。首相の政治責任については「鳩山さんを代表に選んだのは民主党、首相に選んだのは与党3党で、共同責任だ。日本のトップがころころ代わるべきではない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)
<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
民主「現実的な対応」 普天間共同声明 社民離脱見込む(産経新聞)