前原誠司沖縄担当相は23日夜、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県名護市辺野古周辺とする方針を示したことについて、「朝鮮半島は非常に不安定な状況にある。日米安保は日本のみならず、(北東アジア)地域の安定の公共財だ。沖縄の皆さんに真摯(しんし)にお願いし続けることが大事だ」と述べ、地元の理解を得るよう努める方針を示した。静岡市内で記者団に語った。
 前原氏は「日米関係がぎくしゃくすると、為替や金利など経済の数値にも波及する」と指摘。社民党が県内移設に反対していることに関しては、「大所高所から考えてもらいたい」と述べた。首相の政治責任については「鳩山さんを代表に選んだのは民主党、首相に選んだのは与党3党で、共同責任だ。日本のトップがころころ代わるべきではない」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)
<光ケーブルカルテル>5社に排除命令、課徴金161億円(毎日新聞)
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
民主「現実的な対応」 普天間共同声明 社民離脱見込む(産経新聞)
AD