えらいこっちゃど。

テーマ:

パイプ煙草のストックをば、ぜいんぶ吸い切ってしまいましたのや。

 

思い起こせば○○年前(もうすっかり忘れてしもたです)、パイプ煙草に目覚めてよりこのかた、一度たりともなかった事態です。

 

こんなの初めてェ。

 

ちゅやっちゃぁ。

 

実は、二年以上前に買い求めし『桃山Ⅱ』があるんでっけど、これはストックには勘定しいひんねん。

 

なぜなれば、既に廃止銘柄となったからやデ。

 

ただしこないなモン、将来的にプレミアがつく気遣いないわナ。

 

ジェーテーはんが昔に作ってた『初代桃山』ならまだしも、なあんしマックバレテキ製やよってね。

 

そうは言うモノの、もう手に入らんとなると、生来のせちべん野郎であるワタイの場合、「ここは一番吸わんと、とっといたほうがええかもなあ」と思うてしまうのや。

 

多分、ちょっとも美味しいことないと思うし。

 

「あっ。ついにゆうてまいよったこのガキ」

 

別にええやろ。ジェーテーからも、マックバレテキからも、一銭たりとも、じぇじぇこもろてへんど。

 

ここんとこ消費量が激減しとうとはいえ、やっぱしパイプ煙草がないとさみし。

 

けど、新しい銘柄を買いに行く暇も、買うじぇじぇこもない。

 

まさにでったいでつめい、クリフハンガー状態のワタイが考えたのが、次なる作戦なのや。

 

「我がライフスタイルが原因で、ちょっとも減らん葉巻ストックをバラして、パイプに詰めて吸うたげよ」

 

ワタイのバヤイ、フルボデーすぎて、こらもしかして葉巻かいなと錯覚するような『ヒーヒーゆわんなん系パイプ煙草』がすっきゃさかいね。

 

ほんなら、最初から葉巻バラして吸やあええがナ。

 

この完璧なロジックたるや、どないぞ。

 

で。これでんねんけど、惨殺死体やなぶっちゃけ。

 

 

生前の姿はこれです。

 

 

『ボルケーノ』

 

しっりゃいが、ハワイ旅行のミヤゲにくれたやっちゃ。

 

コロナサイズで、立派なカッコしてまっしゃろ。チューボやし。

 

ところが、惨殺死体にして初めて分かったんですけど、ドライシガーやったのやこれ。

 

なあんし、フィラーが屑々やねんモン。

 

バニラ着香ベタベタちゅう時点で気ィつくべきやったナ。

 

パイプで吸うと、バニラの甘みがほどようて、わりかた美味いねんけどね。

 

 

 

AD

祇園精舎のタバコの煙

テーマ:

諸行無常の香り有り

 

堂々のワンカートンを連れ帰ってきた中国シガレット『利群』なのでございますが、十箱もあるさかい、ゆっくり紹介したらええワと安心しとう間ァに、残すところあとしと箱とあいなってしまいました。

 

こら急いで紹介しとかんとならんど。

 

 

ぎょうさんあると思うても、いつしか無くなってしまうのがタバコのさびしところでナ。

 

どっかに、吸うても吸うてものうならん、夢のタバコないかしらん。

 

そんなんあったら、よしんば一万五千八百円でも安いんとちがう?

 

「どっから出てきたんや。その一万五千八百円ちゅう、ビンボ臭い金額は?」

 

ちゅうワケで『利群』なんですが、ぶっちゃけ美味しいことも不味いこともなく、なんかヘンな味です。

 

さすがは中国四千年。煙草葉以外になんか別の植物が混ざってるようでっせ。

 

中国四千年のガキ、なんぞゆうたら、シガレットにワケの分からんハーブ混ぜよりまんの。

 

我が国でも取り扱われてます、『中南海』がそうでっしゃろ。

 

この『利群』にはね、あのね、西瓜汁おまっしゃろ、西瓜汁。

 

西瓜の切り身を入れたお皿に溜まる、あのほのかにピンクがかった汁ですワ。

 

かすかな甘さを覆い隠す植物性の青臭さ。

 

あんなもん啜ったかて、美味しいこともなんともおまへんやろ。

 

あの味がするんですワ、この『利群』はね。

 

煙草葉自体もグレード低そうですが、それをごまくらかしてるのが、通常のキングサイズシガレットより五ミリ程度長いフィルターです。

 

あかんワこれは。

 

『中華』がハイソサエチー銘柄とすりゃあ、この『利群』は大衆向け銘柄ちゅうとこでっかナア。

 

こんなモン、ワンカートンも買い込んで損したワ。
 

こんど渡比したおりは、『マーベルス』『ダラス』をワンカートンずついったんねん。

 

AD

なんとま

テーマ:

ちょっとバタついてたら、あっちゅう間ぁに二週間以上経ってくさるデ。

 

おかげさんで、なに書いてたか忘れてしもたがナ。

 

ええっと、せやせや。

『モエナ燃えない煙草』数ある中で、将来シガレットに取って代わる可能性がいっちゃん高い、フィリップ・モリテキの『iQOS(アイコス)』のご紹介をしかけてたのやったワイ。

 

まずこの絵を見てちょうだいんかい。

 

 

「またぞぉろ、下手糞な絵を貼り出しよったナ」

 

もう、なんとでもお言い。

 

これはね、iQOSの仕組みをめちゃ簡単に表した図や。

 

要するに、電熱器の力で熱うなったセラミックの板がやね(図やと細い棒みたいでっけど、これは真横から見たとこでナ、ホンマはひらべっちゃい板なんです)、周囲の煙草葉を加熱して、ニコチンやみなの、ありがたぁい成分を気化させまんの。

 

これがまた、上手い仕掛けになってましてナ。

 

まずiQOSポケットチャージャーを充電しときまっしゃろ。それへさしてiQOSホルダーを差し込んでおきますと、勝手に一回分給電されますのや。

 

 

実際に吸うおりは、ポケットチャージャーからホルダーを抜き、スイッチを長押しすると、セラミックブレードの加熱が始まります。

 

加熱中は赤ランプがチーカチカ点滅してまして、スタンバイ状態になると、ランプがつきっぱになります。

 

待ち時間は、約十秒ほどかナ。


ここでおもむろにヒートスティックをプチュッと突き刺し、いよいよ吸うワケでんナ(別に加熱前に突き刺しててもべっちょおまへん)。

 

取り扱い説明書には『十四回吸える』ちゅうて書いてまして、最初に吸うたおりなんぞ、ホンマに十四回吸うたらランプが消えて吸えんようになったので、「なあんと精密なる造りなんでっか」と感心するやらビッツラするやら大騒ぎでしたデ。

 

ただし今では、十回吸うたら終わってしもたり、二十回以上吸うたかて、ランプが消えんようになってまいましたけどナ。

 

まあ世の中、えてしてそういうもんや。

 

で、吸い終るとこのようにダシガラが出るわけですが、これはもう、どこへ出しても恥ずかしゅうない『吸殻』でっせ。

 

 

なんぼ燃えてないんで危険が危なくないちゅうたかて、さすがにその辺のゴミ箱に捨てるのは気が引けるワ。

 

あとね、セラミックブレードの周りに煙草のダシガラが付着しますので、どうしてもクリーニングは必要で、ワタイが考える夢の電子煙草には程遠いですワ。

 

けどナ。

 

やっぱし、ヒートスティックが、よこまちのコンビニで簡単に手に入るちゅうのがホンマに大きいです。

 

さすがは世界最大手の煙草メーカー、フィリップ・モリテキ。販売戦略の勝利ですナ。

 

おかげさまで、その辺にiQOSユーザーがゴロゴロいてます。

 

いったいいつ頃ご紹介できるのか、さっぱり分かりまへんけど、ジェーテーの『プルームテック』も、販売戦略さえ誤らんければ(予想を大きく上回る注文がきたもんやさかい、本体の生産が追いつかんくなってしもて、ジェーテーはんがパニクってしもてからに、ローソンでカートリッジを扱うちゅうハナシがあったけども、それまで吹っ飛んでしもた)、こうまでiQOSに天下獲らせることもなかったろうにと思う今日この頃なんです。

 

 

AD

さあて、いよいよあんた、

テーマ:

将来、燃焼式シガレットにとって代わるやしらん、ハーバルヴェポの最右翼をご紹介させてもらいまひょかいに。

 

これでんねや。

 

『iQOS(アイコス)本体』

 

フィリップ・モリテキ製。メーカー希望本体設定価格は九千九百八十円ですが、誰もそんな高銭払うて買うしとおらへんのであって、実売価格はもっと安いです。

 

なんじゃらかんじゃらちゅうて名目つけて、メーカーのフィリップ・モリテキがキャムペイン値引きしとるさかいナ。

 

その値引き額がちょいちょい変わるので、現在ただいまナンボで本体を売っとうのか、さぱ分かりまへん。

 

そもそも品薄で、入手困難ちゅう噂も小耳に挟んどりますし。

 

「ちょ、ちょっと待ちぃナ実装者はん。フィリップ・モリス製やのに、JTもいっちょ噛んでんねんナア。グローバルプロジェクトやねんね」

 

なに寝言ゆうとんあんた。

 

「しゃあかていっちゃん右の箱……。メビウスて書いてあるデ」

 

アホやナあんた。これは、iQOSの大きさのけんとつけてもらお思うて、横ちょから連れてきた、ほんまのメビウスでんが。

 

あっ。

 

もしかしてあんた、この記事で、ウスラトンカチ極まる質問投げかけてきた人物やナ。

 

「真ん中の黄色い箱のやつが知りたい」ちゅうて。せやろ?

 

てんごばっかしゆうとう御仁はほっといて、続きいきまっせ続き。

 

ワタイが買い求めたのは、細かい日時までは忘れましたけれど、あれは忘れもせん昨年の七月……。いや待て六月? ありゃりゃ。

 

ま、それぐらいの時期で、価格は四千六百円引きの五千三百八十円でした。

 

本体がええ加減な価格設定なのに対し、『マールボロ・ヒートスティック(iQOS専用)』は、登場当初から不動の四百六十円ですナ。

 

びた一文まかりまへん。

 

カテゴリ的には『煙草』やさかいね。

 

値引いて売ったりしたらあんた、おかみから、きつうお叱りを受けまんの。

 

ヒートスティックは以下の四種類で、登場当初からいっこも増えてまへん。ええ加減新しいヴァーリエ・ションテキを追加投入しても、バチ当たらんと思うけどね。

 

・レギュラー:レギュラー味。
・バランスド・レギュラー:まろやかレギュラー味。
・メンソール:ビンビコメンソール味。
・ミント:まろやかメンソール味。

 

当然まあ全種類試しましたけれど、『バランスド・レギュラー』が一番のお気に入りです。

 

メンソール系は、もともと好かんのもおますが、何本か吸うたら、味に飽きてくるねんナア。

 

そもそもあんた、なんでミント味とメンソール味に分かれとうの?

 

植物である“ミント”に含まれるスカッとした成分がメンソールなわけやろ。いっしょながなそんなん。

 

「それはナ実装者はん。“ミント”はあくまで植物やさかい、メンソール以外の雑味が混ざってんのや。それに対して“メンソール”は、ミントの中のスカッと成分のみを抽出しとうよって、ビンビコなんとちがう?」

 

そういうことなんかナア。まあ“ミント”と“メンソール”の違いはどうでもよいとして、もっといろんなフレーバーがあったほうが楽しいやろナ。

 

蒸し煙草は、フレーバーがついてたほうが美味しいからね。ちゅうか、煙草葉だけやと、吸えたモンやないと思う。。

 

『レギュラー』にしても『バランスド・レギュラー』にしても、なんぞ味付けしてまっしぇ。

 

さて。

 

それではいよいよ実際に吸うてみまひょか。

 

……次回に続くんですけどね。

 

 

『モエナ燃えない煙草』シリーズですけど、ちょっと休憩させてもらえまっしゃろか。

 

なあんしこの日誌をやっとう目的には、自分が吸うた銘柄を記録しておくというのもおますからナア。

 

早いこと記録してしまわんと、忘れてまうよって。

 

煙草なんぞ吸うてしもたら仕舞いで、よっぽどの嬉しがりでない限り、パッケージもぽぉいっと景気ようほかしてまうさかいね。

 

シガレットにしろパイプ煙草にしろ葉巻にしろ、長年の歴史を誇るご長寿銘柄もおますが、たいがい生まれては消え、消えては生まれしまっしゃろ。

 

消えてもたら、もうそれで終わりでやっさかいね。

 

しとびとの記憶の中にしか存在しやへんようになるんや。

 

こんな日誌にでも記録しときゃあ、後世に残ります。

 

後々のしとが気まぐれにもこの日誌を見てからに、

 

「ふぅん。こないにケッタイな銘柄があったんかいナ」

 

ちゅうて、しみじみできますやん。

 

実際に自分自身、なんぞのおりに昔の日誌を読み返したおり、「ほっほぉ。そうゆや、こないな銘柄あったなあ」と感心することおますモン。

 

ちゅうことで本日は、ふたあつほどシガレット銘柄をご紹介しときたいのや。

 

まずこれです。

『メビウス・プレミアムメンソール・オプション・レッド・8』

 

JT製。キングサイズ二十本入り、四百四十円。

T8mg、N0.5mgちゅうスペックです。

 

なあんしメンソールでやっさかい、自分から進んで買い求めたワケやないです。

 

サンプルとして、豪気にしと箱もろたモンや。

 

基本メンソールで、カプセルをぷちゅっと潰すと、アポォ系フレーバーが加わるやっちゃけど、このメンソールがまたエゲツないですワ。

 

「しょせんメビウスでやっさかい、まあたいしたことなかろ」

 

ちゅうて、油断してちゅーと吸いこんだらあんた、あまりの強烈メンソールに、むせ返ってしまいました。

 

ワタイなんぞ思わず、

 

「く、KOOLでっかあんた!」

 

と、しとめ憚らず叫んでしまいましたデ。

 

まあ。ただそれだけの煙草です。

 

お次はこれです。

 

『マーベルス』

 

比国で購入してきた、百二ペソトリオの最後の銘柄や。

 

開封した途端、ラム酒のカザが、もわわぁんとしてきました。

 

俗にいう、『ラム酒漬けおげしん系シガレット』やナ。

 

「なにが『俗にいう』やねん。そなしてカテゴリ分けしてんの、おまはんだけじゃ」

 

ちゅうかですナ、モロ『ハイライト』です。

 

と、最初は思うたんですが、五本目にさしかかったおり、突然オリエントのステンレス味が顔出しよりましたのや。

 

これホンマ不思議やナア。

 

せんにご紹介した『ダラス』も、五本目にしてやっとオリエントの存在に気づいたさかいね。

 

とにかくあれです。

 

「煙草はきつうてエグうて、その下品さをラム酒でごまくらかしたついでにステンレス味がしてナンボ」ちゅう銘柄の存在が許された、古き良き昭和の時代を髣髴させます。

 

カザかて、しゃれならんぐらい臭いけど、なあんか懐かしいワ。

 

茶の間で、むつかし顔して新聞なと読みながら、テテ親が灰にしてたタバコやナ。

 

あんたアレやデ。

 

今では、『メビウス・プレミアムメンソール・オプション・レッド・8』みたいのしか、新製品として登場でけへん時代やさかいね。

 

煙草葉本来の味なんぞ、ちょっともしいひん。

 

そんなん関係ない時代になってしもたのや。

 

挙句の果てに、ニコチンだけ摂取でけりゃええ。いや、なあんとなくケブリみたいなのがぶわっとでてくりゃそれでええ(ニコチンフリーVAPEのことゆうてます)ちゅうて、モノゴトちょっとも分かっとらんガキが大量発生しとう時代なのや。

 

嘆かわしいこっちゃないかあい。

 

ちゅことで、対極にあるふたあつの銘柄として、今回これらをご紹介させていただいた次第です。

 

ようこそご辛抱。

 

またおこし。