コミュニケーションで生き辛さ(苦手意識・経験不足)を抱えている人たちへ…イイトコサガシ・ワークショップ!

イイトコサガシはコミュニケーションに生き辛さ(苦手意識・経験不足)を抱えている人々のためのワークショップ団体です。
一般の方、ご家族&支援者の参加は大歓迎です。
43都道府県(都内45区市)で1000回以上開催実績があり、多数の研修実績があります。


公式HPはコチラ→「コミュニケーション・コミュニティ・イイトコサガシ」



【お問い合わせフォーム ご依頼・不満・意見等】


イイトコサガシ・イベント日程一覧表

お問い合わせの場合は
staff(at)iitokosagasi.com
((at)を@に変えて下さい)
までよろしくお願い致します。

会員にならなくても参加は可能ですが…

【イイトコサガシは2016年度正会員(イイトコサガシ・ファシリテーター研修含む)&準会員(ヤング)、お試し会員を募集中】


※ イイトコサガシ・ファシリテーターになりたい方は、正会員になり、会員限定の長時間ワークショップを研修として受けて下さい。



対象:基本どなたでも大歓迎!コミュニケーションで生き辛さ(苦手意識)を抱えている人たち。(対人経験不足、うつ病、発達障害、引きこもり等)コミュニケーションを楽しく試行錯誤したい人たち。


モットーはコミュニケーションを楽しく試す、気付く、創り上げる!

「試した時点で大成功!」

【強調】基本、生き辛さを語り合ったり、情報交換をする会ではありません(イイトコサガシ・ディスカッションを除く)

東京都45区市、全国43都道府県
1000回以上のワークショップ開催実績がございます。

※ 当ブログ上の情報およびコンテンツの著作権は全て筆者(冠地 情)に帰属します。
 
が、そのノウハウは前運営スタッフの皆さん、ファシリテーター&参加者の皆さんのご協力あってのものです。
皆様に心より御礼申し上げます。


イイトコサガシは今後も生き辛さを抱えている人たちが楽しくコミュニケーションを試せる機会創出(ピアサポート)を進めて行きます。
 
大前提として、イイトコサガシはイイトコサガシの価値観を押し付けません。

色々な価値観、考え方、方針があってよい、そしてそれが保証されるべきという立場です。


【重要】山田裕一さん障害学生パートナーシップネットワーク理事長)に辞めて頂いた件(3年の参加禁止)


テーマ:




2016年9/10(土)10時~17時
東京都大田区かまた生活支援センターの地域交流事業として「ギャラリー喫茶」を開催。
ミニコンサートや軽食、展示等、沢山の催し。
https://t.co/pv1dZJkmkK


 お問い合わせ先

http://www.koujiya-center.com/kamata.php#

〒144-0051 大田区西蒲田4-4-1
事業専用電話:03-6411-1885
【月・火・水・木・金】10:00~17:30
*担当者は事業所不在のことが多くなっております。お手数ですが『地域生活安定化支援事業についての問い合わせ』と言って頂きご連絡先をお伝えください。折り返しご連絡させていただきます。


 
※ まだ、イイトコサガシが駆け出しだったころ、ワークショップ等の取り組みを含めて、初めて連携して下さった支援機関さんです(笑)
打ち合わせも難しい、返事すらもらえない中…
今でも覚えています。
「大田区か、遠いな。
どうせここもだめなんだろうな」
と思いつつも、頑張って勇気を振り絞って電話したら、二つ返事でOKだったんです。
その時の担当者の二村さんは今ではセンター長だったりします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





■『わくわく☆チャレンジ祭2016』
  イイトコサガシ代表の冠地情が関連教育団体とシンポジウム!
  その他、多彩なプログラムがいっぱい。
  9/18(日)10時~16時
  埼玉県さいたま市浦和区大原3-10-1
主催:わくわくチャレンジ祭 実行委員会
共催:ゴーシュ自立支援&相談所/NPO法人おやじりんく/株式会社明知舎
後援:埼玉県教育委員会/埼玉県社会福祉協議会/さいたま市/さいたま市教育委員会


午前中にホールでは、トーク&琵琶ライブを開催。
これは、8月27日の日本テレビで、21時頃から放映される24時間テレビ愛は地球を救うで放映されるドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生 ~光を失って心が見えた~」の作者でもあり、主人公の新井淑則先生による琵琶演奏ライブもあります!

また、講演としては、特定非営利活動法人おやじりんく 代表理事 金子訓隆氏が「岡山県総社市が取り組む障がい者千人雇用について」と題して講演。
他にはシンポジウムを開催。
シンポジストとしてさ いたま市 障害者総合支援センター所長 山口 明美氏や埼玉県福祉部福祉政策課の猪野塚主幹がパネラーとして参加され、埼玉県やさいたま市で行っている、障がい者就労への課題と取り組みについて懇談し ます。

また、別の講演では、「障害ある子のための 親もかがやく人生の作り方」として、NPO法人サポートひろがり代表の山田由美子氏のお話しや、特性のある子の就学・進学懇談会として、東京都成人発達障害当事者会イイトコサガシ代表の冠地情氏が関連教育団体と懇談します。

また、催し物として、演奏・お笑いライブや、障害児・者、および高齢者向けパズル療法の体験コーナー、障害者アート作品展の展示。
他にもさいたまパパネットワーク「さいぱぱ」さんの縁日や、阿佐美冷蔵さんからご提供された氷を使った、天然かき氷の販売、グルメコーナー、授産品販売など内容がかなり盛りだくさんとなっています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


※ 新企画のため、文章の修正・削除・加筆が頻繁にあると思いますが、あらかじめご了承ください。

『可視化構造化ワークショップとは?』

イイトコサガシ・ワークショップの内容をビデオ撮影し、直後にノートパソコンで自己チェックし、それを踏まえてもう一回試してみる、というワークショップです。
(ビデオ撮影しない、という選択もあります。絶対に無理はしないで下さい)
自分がどういうコミュニケーションをしているのか?
案外、自分で客観視するのは難しいものです。
しかし、他人に色々と指摘されたり、助言されたり、批評されたりされたらから理解・受容できるというものでもありません。
一番は自分にとって理想のコミュニケーションを目指すこと。
そのために、ビデオを活用する、ということです。
この方法は特に珍しいことではなく、色々な研修で取り入れられている手法であり、一定の成果を上げています。
もちろん、ビデオの中の自分に強いショックを受けてしまい、やる気が削がれてしまうケースも少なくありません。
ワークショップの途中でも、ビデオ撮影なしを選択することは可能ですので、「無理のない範囲で」試行錯誤して下さい。


開催日時・場所のお知らせ

日時:2016年10/9(土)10時~17時(開始15分前より受付を開始します)。


参加費:7000円
※ お試し参加の方、ビデオ撮影なしの方は5000円。
(お試し参加でビデオ撮影なしの方も5000円)

※ SDカード(8G以上)を持参した方には無料でデータを差し上げます。

※ SDカードを持参していない方で、SDカード(自分のビデオデータの入っている)を持って帰りたい方は+1500円

※ DVDとして郵送してほしい方は、+3000円
(住所をイイトコサガシに教える形となります)

※ このワークショップのために先行投資として、イイトコサガシは約10万円かけました…ご理解とご納得をよろしくお願い致します(礼)

※ 基本的にデータは当日、削除します…残しませんのでご安心下さい。
(DVD化する場合は、郵送後に視聴確認ができた後、削除します)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。