コミュニケーションで生き辛さ(苦手意識・経験不足)を抱えている人たちへ…イイトコサガシ・ワークショップ!

イイトコサガシはコミュニケーションに生き辛さ(苦手意識・経験不足)を抱えている人々のためのワークショップ団体です。
一般の方、ご家族&支援者の参加は大歓迎です。
43都道府県(都内46区市)で1000回以上開催実績があり、多数の研修実績があります。


公式HPはコチラ→「コミュニケーション・コミュニティ・イイトコサガシ」



【お問い合わせフォーム ご依頼・不満・意見等】


イイトコサガシ・イベント日程一覧表

お問い合わせの場合は
staff(at)iitokosagasi.com
((at)を@に変えて下さい)
までよろしくお願い致します。



対象:基本どなたでも大歓迎!コミュニケーションで生き辛さ(苦手意識)を抱えている人たち。(対人経験不足、うつ病、発達障害、引きこもり等)コミュニケーションを楽しく試行錯誤したい人たち。


モットーはコミュニケーションを楽しく試す、気付く、創り上げる!

「試した時点で大成功!」

【強調】基本、生き辛さを語り合ったり、情報交換をする会ではありません(イイトコサガシ・ディスカッションを除く)

東京都46区市、全国43都道府県
1000回以上のワークショップ開催実績がございます。

※ 当ブログ上の情報およびコンテンツの著作権は全て筆者(冠地 情)に帰属します。
 
が、そのノウハウは前運営スタッフの皆さん、ファシリテーター&参加者の皆さんのご協力あってのものです。
皆様に心より御礼申し上げます。


イイトコサガシは今後も生き辛さを抱えている人たちが楽しくコミュニケーションを試せる機会創出(ピアサポート)を進めて行きます。
 
大前提として、イイトコサガシはイイトコサガシの価値観を押し付けません。

色々な価値観、考え方、方針があってよい、そしてそれが保証されるべきという立場です。


【重要】山田裕一さん障害学生パートナーシップネットワーク理事長)に辞めて頂いた件(3年の参加禁止)

NEW !
テーマ:

 

伊東副編集長と色々お話させて頂きました(礼)

 

障害・障害を強調し過ぎると

 

「自分とは関係のない世界」

 

と解釈されてしまうし、

 

身近・身近を強調しすぎると

 

「そんな話は聞きたくない」

 

となってしまうジレンマ。

 

週刊現代さんとしては、基礎編と言うか初心者向けと言うか…

 

とにかく、理解・啓発の第一歩と考えている様子。

 

なんにせよ、かなり大々的に取り上げて下さっているので、ぜひぜひご覧になってみてください。

 

イイトコサガシ:冠地情(かんちじょう:本名)

 

 

斉藤由貴、青春の恋人-話題のドラマやCMに出演し、再ブレイク中
◆     斉藤由貴、撮影・齋藤清貴
週刊現代(2017/03/04), 頁:5
現代の逸品/桐葉菓-もちもちの皮とこしあん+粒あんの豊かな風味が自慢
◆     フリーアナウンサー・山中秀樹/広島県「やまだ屋」、桐葉菓
週刊現代(2017/03/04), 頁:13
5分でできる「認知症テスト」書き込み式-あなたの肌年齢がわかります
◆     篠原菊紀・諏訪東京理科大教授、結晶性知能、流動性知能
週刊現代(2017/03/04), 頁:17
豊洲より築地がいいこれだけの理由-築地市場改修プランを提案
◆     建築エコノミスト・森山高至、人類学者・中沢新一
週刊現代(2017/03/04), 頁:25
秘境探訪「神様の棲む場所」/第三回-鬼が運んだ伝説の立石は実在
◆     撮影・小澤忠恭、文・増田明代、国東半島、猪群山
週刊現代(2017/03/04), 頁:33
トランプが進める金正恩政権「転覆計画」の全貌
◆     近藤大介/東京新聞編集委員・五味洋治、トランプ米大統領
週刊現代(2017/03/04), 頁:36
「小池百合子はいつ総理になるのか」-60人の政治部記者に聞いた
◆     東京都知事・小池百合子、都民ファーストの会、都議選
週刊現代(2017/03/04), 頁:42
アマゾンとセブンイレブンとヤマトがなくなる!-このままでは持たない
◆     吉祥寺総合物流・二瓶直樹社長、アマゾン、佐川急便
週刊現代(2017/03/04), 頁:48
今の時代「ほんとに捕まる」軽犯罪-松本伊代と早見優は他人事じゃない!
◆     松本伊代、早見優、鉄道営業法違反、軽犯罪法、追随等の罪
週刊現代(2017/03/04), 頁:52
日本テレビ「イッテQ」はなぜここまで勝てるのか-激戦の日曜夜8時
◆     日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」、イモトアヤコ
週刊現代(2017/03/04), 頁:56
東芝はもう死んでいる-なんでこんなことになったのか
◆     ジャーナリスト・磯山友幸、小野展克・嘉悦大教授
週刊現代(2017/03/04), 頁:60
自宅で、夫を介護する/家族を見守るということ
◆     曽野綾子/三浦朱門、認知症、末期医療、間質性肺炎
週刊現代(2017/03/04), 頁:64
曽野綾子さんのケースから終末医療を考える
◆     作家・曽野綾子、三浦朱門、間質性肺炎、終末医療、肺線維症
週刊現代(2017/03/04), 頁:66
明日を知る/アメリカからも「ダメ出し」されて稲田防衛相の大ピンチ
◆     稲田朋美防衛相、安倍晋三首相、マティス米国防長官
週刊現代(2017/03/04), 頁:70
明日を知る/総理の妻が名誉校長、「愛国小学校」に不穏な疑惑
◆     私立塚本幼稚園、学校法人森友学園、瑞穂の國記念小學院
週刊現代(2017/03/04), 頁:70
事情通/山口組の二人のタカヤマ
◆     山口組・高山清司若頭、淡海一家総長・高山義友希、京都府警
週刊現代(2017/03/04), 頁:71
明日を知る/ヨドバシカメラが「あの高級住宅地」で土地を買いあさる理由
◆     渋谷区松濤、旧能楽堂、ヨドバシカメラ創業者・藤沢昭和
週刊現代(2017/03/04), 頁:71
週刊テレビオヤジ/最近はすっかり「いい人キャラ」に・・・
◆     日本テレビ「母になる」、沢尻エリカ、北川景子、石原さとみ
週刊現代(2017/03/04), 頁:72
明日を知る/無名の「苦労人」、ヤクルトのドラ6が新人王候補に名乗り
◆     ヤクルト・菊沢竜佑、評論家・若松勉、立教大学野球部
週刊現代(2017/03/04), 頁:72
ドクターZは知っている/文科省の天下りあっせん問題
◆     松野博一文科相、人事課OB・嶋貫和男、国家公務員法改正
週刊現代(2017/03/04), 頁:73
霞が関24時/受動喫煙対策が猛反発
◆     受動喫煙対策、塩崎恭久厚労相、東京五輪
週刊現代(2017/03/04), 頁:74
明日を知る/結婚式場で大騒動、福岡「重婚」警官の素顔
◆     福岡県警、小倉北署交通2課、不倫、結婚詐欺
週刊現代(2017/03/04), 頁:74
今週のへぇ~、そうなんだ/ヴェルサイユ宮殿の舞踏会は便器持参だった
◆     プランニングOM「トイレで笑える雑学の本」
週刊現代(2017/03/04), 頁:75
それがどうした/なぜ私は上京せねばならんのか
◆     伊集院静
週刊現代(2017/03/04), 頁:76
アースダイバー・築地市場編/日本橋魚河岸(2)
◆     中沢新一/森孫右衛門、佃島、三田村鳶魚、大和屋助五郎
週刊現代(2017/03/04), 頁:80
私の地図/防衛大を受験し見事合格、ところが反対した母が勝手に取り消しを
◆     国際弁護士・八代英輝/防衛大学、札幌地方裁判所
週刊現代(2017/03/04), 頁:82
また楽しからずや/(二百八十回)徳光正行さんの巻
◆     タレント・徳光正行/新宿「大木戸矢部」、蒲田「ヨネ家」
週刊現代(2017/03/04), 頁:86
気付くのが遅すぎて/「愛され」卒業世代
◆     酒井順子
週刊現代(2017/03/04), 頁:88
社長の風景/当社のスローガンは「NEVER・SAY・NEVER」
◆     ロート製薬社長・吉野俊昭/スキンケア「Obagi」
週刊現代(2017/03/04), 頁:90
三角でも四角でもなく/歌が下手なら人間をさらけ出す
◆     六角精児/シンガーソングライター・下田逸郎、桑名正博
週刊現代(2017/03/04), 頁:92
カネ学入門/カネは作家を動かすか
◆     藤原敬之/作家・プルースト、樋口一葉、夏目漱石
週刊現代(2017/03/04), 頁:93
サウダージ/一九七一年-二月二〇日~二月二六日
◆     日本赤軍、重信房子、舞台「放浪記」、細川護煕、桂文枝
週刊現代(2017/03/04), 頁:94
「大鮃」/世界を旅する写真家・作家のメッセージ的小説
◆     著・藤原新也、評・小林紀晴
週刊現代(2017/03/04), 頁:119
書いたのは私/大阪への深い思い入れと人々の何気ない姿への愛が滲み出す
◆     作家・岸政彦、著書「ビニール傘」
週刊現代(2017/03/04), 頁:120
「バスを待つ男」/路線バス散策にハマった元刑事が出会う東京の歴史と謎
◆     著・西村健、評・吉野仁
週刊現代(2017/03/04), 頁:122
特選エンタメ/「アフロ仏」の理由は・・・
◆     本田不二雄「ミステリーな仏像」
週刊現代(2017/03/04), 頁:122
「国税局査察部24時」/体を張って脱税を暴く「ナサケの男」の仕事とは
◆     著・上田二郎、評・田中周紀
週刊現代(2017/03/04), 頁:123
特選ミステリー/早くも年間ベスト級
◆     関口苑生/シャルロッテ・リンク「失踪者」
週刊現代(2017/03/04), 頁:123
わが人生最高の10冊/活字に触れているだけで、心が安らぐ
◆     俳優・辰巳琢郎、新田次郎、藤原正彦「孤愁-サウダーデ」
週刊現代(2017/03/04), 頁:124
リレー読書日記/「遊廓」の過去と現在を追って湿った路地裏をさまよう
◆     中島丈博/前田豊「玉の井という街があった」
週刊現代(2017/03/04), 頁:126
名著、再び/第二十七回-後知恵上手が出世する?「哲学の巨人」読解法
◆     佐藤優/廣松渉、加藤尚武編訳「ヘーゲル・セレクション」
週刊現代(2017/03/04), 頁:128
ラグビー・男たちの肖像/難病との戦いに屈した英雄
◆     藤島大/ユースト・ファン・デル・ヴェストハイゼン
週刊現代(2017/03/04), 頁:136
ゴルフが好き!/あの一打がなかったらゴルフを続けていなかった
◆     野球指導者・初芝清、ロッテ皆吉台カントリー倶楽部
週刊現代(2017/03/04), 頁:142
なんでもランキング/第27回-もっとも強くて美しかった「銀盤の女王」
◆     解説者・佐野稔、作家・飯星景子、フィギュアスケート
週刊現代(2017/03/04), 頁:146
ナンバートリビア/36本-故アントン・イェルチンが出演した映画本数
◆     映画「グリーンルーム」
週刊現代(2017/03/04), 頁:150
今週の映画監督/探偵と示談屋、マジなのか、ふざけてるのか
◆     井筒和幸/映画「ナイスガイズ!」、ラッセル・クロウ
週刊現代(2017/03/04), 頁:150
妻の目を盗んでテレビかよ/ついにオレにも文春砲が!
◆     福田雄一/小泉今日子、堤真一
週刊現代(2017/03/04), 頁:151
ジャーナリストの目/拙速な「働き方改革」がこれからもたらす深刻な問題
◆     岩瀬達哉/働き方改革実現会議、三六協定、産経新聞
週刊現代(2017/03/04), 頁:153
熱討スタジアム/プリンセス・プリンセスの「M」を語ろう
◆     SMEシニアプロデューサー・河合誠一マイケル、奥居香
週刊現代(2017/03/04), 頁:154
男と女のオルタナティブ・ファクト/清水富美加-スッポかした仕事は・・・
◆     清水富美加、幸福の科学、レプロエンタテインメント、花王
週刊現代(2017/03/04), 頁:158
男と女のオルタナティブ・ファクト/松野頼久-美人妻に切り出した離婚話
◆     民進党・松野頼久、松野未佳
週刊現代(2017/03/04), 頁:160
男と女のオルタナティブ・ファクト/香里奈-アドラー学会に猛抗議受け困惑
◆     フジテレビ「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会
週刊現代(2017/03/04), 頁:161
男と女のオルタナティブ・ファクト/村主章枝-「すんごい裸」を見たか
◆     元フィギュアスケーター・村主章枝、写真集「月光」
週刊現代(2017/03/04), 頁:162
江夏豊が言う「巨人・小林は正捕手の器ではない」を考える
◆     巨人・菅野智之、吉川光夫、森福允彦投手、小林誠司捕手
週刊現代(2017/03/04), 頁:164
<裏ワザガイド>予約の取れない人気グルメ店、こうすれば入れる
◆     吉祥寺「肉山」、グルメブロガー・フォーリンデブはっしー
週刊現代(2017/03/04), 頁:168
性器巡礼-女体こそ最高のパワースポットである
◆     咲江レディスクリニック・丹羽咲江、胎内巡り、三東ルシア
週刊現代(2017/03/04), 頁:172
性器巡礼-女体こそ最高のパワースポットである2
◆     AV女優・春原未来、小島みなみ、作家・今戸悠
週刊現代(2017/03/04), 頁:172
ちゃんと知っておきたい「大人の発達障害」
◆     ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉スペクトラム症
週刊現代(2017/03/04), 頁:180
ちゃんと知っておきたい「大人の発達障害」2
◆     漫画家・さかもと未明、Kaien代表取締役・鈴木慶太
週刊現代(2017/03/04), 頁:180

イッセー尾形「人生は上々だ」-深い人間観察に基づく「一人芝居」
◆     イッセー尾形、映画「沈黙-サイレンス-」、遠藤周作
週刊現代(2017/03/04), 頁:189
無法地帯!中国のエロ動画が過激すぎる-規制されてもどんどん・・・
◆     動画再生ソフト「快播」、情報検閲システム「金楯」
週刊現代(2017/03/04), 頁:197
脊山麻理子、生尻見せた!-36歳の肉感的ボディを大胆に披露する
◆     元日本テレビアナウンサー・脊山麻理子、撮影・熊谷貫
週刊現代(2017/03/04), 頁:205
推川ゆうり-恵比寿マスカッツのメンバーとしてデビュー、豊満ボディで悩殺
◆     セクシー女優・推川ゆうり
週刊現代(2017/03/04), 頁:211
人生の相棒/肥後克広-いたずらっ子から急成長した今
◆     ダチョウ倶楽部・肥後克広、ラブラドール・レトリバー
週刊現代(2017/03/04), 頁:215
女優・佐藤寛子、完全ヘアヌード-衝撃の写真集から一挙掲載!
◆     佐藤寛子、撮影・笠井爾示
週刊現代(2017/03/04), 頁:216
鉄道の「記憶」/ランプ小屋-鉄道黎明期を物語る煉瓦の建物
◆     ランプ小屋(京都市伏見区)、JR奈良線稲荷駅
週刊現代(2017/03/04), 頁:225
私のベスト3/衣の中から、香りや旨みがふわっとあふれる
◆     野球解説者・江本孟紀/広尾「わ田」
週刊現代(2017/03/04), 頁:226

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

 

埼玉県ふじみ野市で、冠地情・俊子の 「大人の発達障害:親子講演会」

 

ふじみ野市は行政さんの本気度が高いです。
(6名も参加…取り組み方がとっても真剣)

 

最近、ようやく疲れが抜けてきました。

 

一昨年くらいからペースを落としてきた効果が出てきた、というか。

 

その結果、講演での気負いが減りました。

 

以前は

 

「新ネタを頑張らなきゃ」

「絶対にこのことは伝えなきゃ」

「この生き辛さを言語化しないと」

「チャンスを無駄にしてはいけない」

 

というような、意識が強すぎた…

 

決して悪いことじゃないんですけどね。

 

今は昔のネタを簡潔に使いこなせているというか、そこに罪悪感がなくなったというか(笑)

 

 

 

これはDVDで話しているしな…とか、コラムで書いたしな…とか、気にしたらきりがないんですけど、やっぱりアンケートに

 

「前の講演と内容がかなり重なっていた」

 

と書かれたことがあって、あれがトラウマになっていたのかもしれません。

 

後は試すことにこだわり過ぎていた、限界を超えようとしすぎた感じですね。

 

これも全然悪いことじゃないんですが(汗)

 

今は余裕を持って講演するのが楽しい感じです。

 

余裕がインスピレーションに繋がる流れになったと言いますか。

(手を抜くようになったらだめでしょう、気を付けます)

 

今日は最後の質疑応答も内容が濃かったですね。

 

意識的に今回は簡潔に答えられたので、自分にイイトコサガシ(笑)

 

そうそう、今回の講演依頼のきっかけが、こんぼさんの講演会(DVDにもして頂きました)に来て下さった支援者さんなんです。
 

というか凄く真剣に見て下さっていたので、覚えていたんですよ、私…その支援者さんの顔!
(錯覚かもしれませんが)

 

まあなので、オファーって5年くらいの年月がかかったりするのだな、と思いました。

 

そんなすぐにわかりやすい成果にならない一例でしょう。

 

種まきし続けてきたことが報われた、というわけです。

 

イイトコサガシ:冠地情(かんちじょう:本名)

 

 

2017年2月18日(土)ふじみ野市こころの健康講座「大人の発達障害」
親の視点・子の視点~生活のしづらさって何だろう・冠地親子の場合~


日時/2月18日(土)午後1時30分~4時30分(受け付けは1時から)
場所/保健センター健診室(フクトピア1階)
講師/冠地情さん、冠地俊子さん(東京都発達障害当事者会代表)
対象・定員/市内在住・在勤の人、50人(申込順)
申込方法/2月1日(水)~15日(水)に窓口か電話で申し込む
申込先/障がい福祉課(TEL262・9032)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【拡散希望 告知協力をよろしくお願い致します(礼)】

2017年3/17(金)発達障がい者と企業人交流会「発達障がい者の就労 話すことから始めよう」

「発達障がい」についてメディアでもよく取り上げられますが、実際に当事者のかたに会う機会はあまりありません。このワークショップは、このことに関心を持つ企業人が当事者と少人数ワークによって交流する中で、この問題についての理解を深めるために市民団体連携で開催します。就労に直接かかわらないかたも関心のある方は歓迎します。尚、この会は当事者と企業人の相互理解の場であり、就職のマッチングを目的とした場ではありません。

■共同主催
・イイトコサガシ
・株式会社サポートケイ
・株式会社ヒューライフコーポレーション
・NPO学生キャリア支援ネットワーク
・ファシリテーター:冠地情(イイトコサガシ代表)

■協力 JCDAE2研究会
NPO若者キャリア研究所

■目的
・企業人が相互交流を通じて発達障がいの実際について学ぶ。
・当事者と企業人がともに発達障がい者の就労支援のあり方を考える.
尚、この会は当事者と企業人の相互理解の場であり、就職のマッチングを目的とした場ではありません。

■開催日時:3月17日金曜日19:00-21:00 毎月金曜に定期開催

■会場:ヒューライフ キャリアセンター
東京都東京都文京区本郷2-4-7 3階
地図のホームページ

■参加対象:

発達障がいに関心のある企業人、支援者、教育関係者、当事者のいずれかで
このイベント開催中、発達障害特性や生き辛さ、二次障害について、主催者や参加者が当事者の期待する理解・配慮・支援できない可能性がある(約束できない)というルールに納得できる方。

■定員20名 先着順

■参加費:1000円

■交流会のポイント
・発達障がい者就労について考える当事者と企業人との相互交流の機会。
・最初に緊張をほぐすためにアイスブレイクを行う
・まずは、じっくり相互理解することを重視し、結論を急がない。
・ワークショップ進行を主催団体スタッフが行う。

■当日のタイムテーブル
19:00 主催者挨拶(進め方)
ゲストスピーカーの話題提供
アイスブレイク(ファシリテーターにより進行)
20:00 企業人が当事者に質問、当事者が答える。その後はフリートーク

■参加申し込み・問い合わせ方法 下の申し込み専用サイトでお願いします。


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。