不況になると口紅が売れる

~遊びゴコロで、世界を救おう!~

経験デザインのアプローチで、新製品・新生活・新社会を妄想するブログです。

存在しない商品・サービス・イベント・制度等々をでっちあげますが、空想・妄想系の企画ですので、笑い飛ばしてください。
なお詰将棋についても時々、なにやら書いております。


テーマ:
2.将棋の教育効果を科学的に証明し、その知見をもとに教育機関を通じた普及アプローチを本格化させる
 
プロ棋士の中には「人生で必要なものはすべて盤上から学んだ」と言い切れる人も多いはずだ。
確かに将棋の教育効果は大変に大きいものがあるし、それに異論を唱える人はほとんどいないであろう。
海外でもアルメニアなんかでは、小学校2年生から4年生全員がチェスの授業を受けているという話もある。
 
将棋の学習を通じて得られる能力、というと、いまざっと思いつくだけでも…暗算力、集中力、決断力、構想力、創造力、論理的思考法、負ける体験、相手の側に立って考える思考法、礼儀作法、感情コントロール術、自信などなど。
高齢化社会の中で、ボケ防止に良い、友達作りに最適、といった生涯教育効果も期待されるところである。
また、「感想戦」という日本棋道独自の文化は、共同学習のユニークな形態として着目されることもある。
 
しかしこれらのほとんどは経験的な指摘であり、実証的な研究が進んでいないのも事実だ。
日本将棋連盟では学校教育課を発足させたが、なかなか教育現場への将棋の導入が進まないのは、教育効果に対する実証がきちんとできないからではないかと思う。
 
むろん教育学や心理学系の研究者で、こうしたテーマを進めている人たちもいるのだろうけど、研究者任せにするのではなく、公募したり助成したりと、連盟が研究プロジェクトを積極的に仕掛けていくべきと感じている。
国や企業からの研究助成を獲得するのも、さほど難しいことでもないだろう。

なぜ改めてこんな当たり前のような指摘をするのかといえば、ここにも一連の「事件」が関わってくる。
これまで日本将棋連盟は「将棋は競技であり、その専門家がプロ棋士である」という立場にあった。(その典型が「将棋年鑑」だ。ここに記載されているのは、ひたすらプロの棋譜と勝敗結果のみ…である)
しかしながら上位者含めてコンピューターに勝てなくなった現在、将棋の勝ち負けという結果よりも、将棋を学ぶというプロセスに比重を置いたプロモーションに、戦略的に切り替えていくべきだからである。
 
つまり将棋を道、あるいは習い事と位置づけ、そうした学習を重ねてきた習熟者としてのプロ棋士のポジションを再確立させていく。
もっというと、プレイヤーとしての棋士よりも、トレーナーとしての棋士の意味合いを強めていく。
さらには将棋界において一番重要視されるのは、プロとアマをつなぐ指導的立場にある人たち、ということになってくるのだが、この点については後述したい。

ただ、一口に「教育効果」といってもさまざまなテーマがあろう。例えば、
  • 将棋の教育方法による上達度
  • 囲碁やチェスなど他の盤上ゲームとの教育効果の違い
  • 感想戦の持つ教育効果
  • 教育年齢による習熟度や教育効果の違い
  • 初心者と有段者における教育効果の違い
  • 対局によって学ぺることと、独学で学べること
  • 将棋で培った能力の他の分野への応用性 …などなど
また、手放しで礼賛するのではなく、対局経験を通じて生まれる反教育的な要素にも目を向けなくてはいけない。例えば勝ち負けのみに圧倒的にこだわる、などだ。
 
筆者の大学(東京富士大学)でも、次年度秋から「将棋」を正規科目として取り入れる予定である。
大学生初心者における将棋の教育効果について、ささやかながら研究を進められればとも考えている。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1.「プロ棋士の生活を支える団体」から「アマチュアによる将棋へのファン行為を支える団体」へとシフトチェンジする
 
のっけから唐突だが、ハーレーダビッドソン、クラブツーリズム、スノーピークといった企業のマーケティングは、「ファンによる自発的行為を支援する」ことに軸足を置いている。
それぞれ、顧客が自発的につくりあげたバイクコミュニティ、旅行コミュニティ、キャンプコミュニティを支援し、あるいはそのコミュニティに社員(社長も!)自らが参加することで、熱狂的でロイアルティの高いブランドを育てていった。
 
昨年優勝した広島カープの緒方監督によるインタビューへの第一声が「ファンの皆さま、おめでとうございます」であった(実は2001年のヤクルト・若松監督が端緒なのだが)。
これはおかしい表現ではないか、という考え方もあるが、そうではない。
「ファンによる応援行為」こそ、プロ野球界の主役であって、それを支えるのが選手のプレイであり、球団のサービスだという意識の表れなのだ。
むろんここでいう応援行為とは、「球場に来て声を出すこと」に限らず、カープファン専用居酒屋のオープンからグッズ購入、テレビ視聴まで、多種多様である。
 
将棋界もこれに見習うとしたら、どうすべきだろうか?
 
「プロの対局」が主役ではなく、「ファンによる将棋愛好行為」こそが主役、という観点を持つべきだということである。
例えば、地方で開催される小さな将棋大会、子供教室、学校でのサークル活動、将棋関係のミニコミ誌の編集…などなど。
これらは、人材なし予算なしノウハウなし…という条件において、一部のアマチュアの熱意だけで推進されているのが常で、キーマンがいなくなったらあっという間に消えてしまう運命にある。
支部会員として傘下に入れば支援するという元締めビジネスの感覚じゃなくて、こうした活動を"そっと支える"というスタンスを持つべきだ。
具体的には、機関誌やwebサイトで紹介する、メールでいいから応援メッセージを送る、何らかの表彰する、といったレベルでも構わない。
むろんこうしたマイナー普及活動を発掘し、正当な評価を下す「目利き広報」担当が必要だが、アマチュア活動を支える仕組みの強化は、組織としてもっと取り組んでもいいのではないかと思う。
 
かつて将棋連盟は、アマ連、詰パラ、LPSAなどを普及の同志としてではなく、商売敵としてみなしていた、ともいわれる(現在でも、あれだけ熱い大会である「社団戦」についての記事が「将棋世界」に載ることはない)。
恐らく、一定のマーケットのパイを食い合うライバルだから潰せ、という戦闘精神(体質①)がその背景にあったのではないか?
しかし、パイそのものを広げる仲間とみなせば、それらを支えるほうが遥かに大人であり、理にかなっているのである。
 
一方で、今日のファンのニーズは多様化している。
「指す将」だけでなく、「観る将」「解く将」「読む将」「グッズ将」などなど。
好きな棋士の昼食の注文に習う「食べ将」、タイトル戦とともに全国旅行する「旅将」なんかも出てくると思う。
ついでに「詰め将」もここに入れてもらおう(笑)。
こうした多様なファン行為を満足させる仕組みづくりは、これからの大きな課題である。
 
例えばだが、タイトル戦終了後に、宿泊施設・新聞社とタイアップして「タイトル戦追体験イベント」を開催する。
参加したファン同士で手合いをつけ、午後からプロと同じ和室で対局、希望者は「封じ手サービス」も受けられる、とか。
将棋は指さなくても、温泉や散策、展示会、即売会などで楽しんでもらえるようにする。
夜は祝賀パーティーと交流会、そこに退役棋士や指導棋士が参加してもいいだろう。
翌日はファンイベントで、ゲスト講演会やサイン会なども入れ込む。
陣屋旅館、1泊2日@¥98,000くらいで、いかがだろうか?
 
「真のプレイヤーはアマチュア」という立ち位置から、見えてくる地平はいくらでもある。
棋士や連盟がファンのためにいろいろやってあげるのもよいが、アマが自分たちでやりたいこと、すでにやっていることをさり気なく支援する、という方が賢明であり、長続きする。
 
もちろん「プロの対局」の商品価値を高めるのは基本であり、それを怠ってはならない。
ただ「プレイヤーは自分たちだけではない」という意識を高めることが今は大切な気がするし、今が変身へのチャンスだと思う。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三浦事件でいま、将棋界は揺れに揺れている。
 
理事は全員辞任しろ、外部から招聘しろという声もあるが、理事を変えたところで職員が変わらなければ、組織としての改革などありえない(まあ、筆者も同じような境遇にいるのでよくわかる)。
また処分者をこれ以上増やしたところで、さらに連盟のイメージ、ファンの支持率は落ちるだけで、負の連鎖の拡大にしかならない。
 
誰が悪いか、悪くないかを問うのではなく、将棋連盟(というか、実はこれは将棋を指す人たち全員)の体質そのものに問題があるのだ、と考えなければならない。
 
では今回、問題になった将棋連盟の「組織としての体質」とは何だろうか?
私見では以下の3点にある。
 
結果至上主義=勝ち負け(だけ)にこだわる。もっというと、「カンニングしてまで勝ちたいと思う者が仲間内に存在するだろう」という推測する気持ちがあった、ということ。
強者至上主義=将棋の技術が高い人は、見識や人望、組織運営能力が高いだろうという幻想。歴代会長人事もそうだし、今回の理事によるヒアリング対象も名人・竜王経験者であった。
プロ頂点主義=自分たちが棋界の頂点にあり、アマチュアは「普及」や「啓蒙」の対象であるという考え方。これは、プロの世界で起きた事件は外部に干渉される必要はなく、身内で解決すればいいという発想にも繋がる。
 
特にここで問題としたいのは「③」である。
プロ棋士130名が棋界のピラミッドの頂点にあり、そこからの「トリクルダウン」で普及が成立するであろうという考え方は、もう根本的に改める必要がある。
ソフトに制圧された現在、「高い技術を示していればそれでいい」という態度が時代遅れなのは、誰の眼にも明らかだろう。
棋界の主役はプロ棋士ではなく、「将棋好きのアマチュア」であり、そうした人たちがどう楽しめるかを必死になって提案し、奉仕するのが公益社団法人・日本将棋連盟の役割なのである。
今回の事件も、事実関係がどうあろうと、「ファンがどう思うか」を考えての裁定を下していれば、こうしたことにはならなかったように思う。
 
こうした視点をもとに、7つの連盟改革案をここに捧げる。
いずれも、マーケティング視点からすると「常識」の範囲内にある話だが、将棋の世界では取り組まれていない課題である。
佐藤新会長が取り組むべきは「処分」だの「名誉回復」だのという目先の話ではなく、こういうことが本質なのだと思う。
 
1.「プロ棋士の生活を支える団体」から「アマチュアによる将棋へのファン行為を支える団体」へとシフトチェンジする
 
2.将棋の教育効果を科学的に証明し、その知見をもとに教育機関を通じた普及アプローチを本格化させる
 
3.「人間同士の闘い」を表現・伝達する多様な方法を考案し、実践する
 
4.プロと素人との間に立つ無名の人々の意見に耳を傾け、またその人たちの社会的地位の向上に努める
 
5.将棋会館を「指す」「買う」以外の楽しみ方を提供できる場所にしていく
 
6.他の伝統遊戯と連携し、クールジャパン文化の一環として海外普及予算を獲得する
 
7.棋士の個人的な広報活動に関するガイドラインを設けるとともに、広報についての研修や勉強会などを定期的に実施する
 
 
あくまで、外部からの勝手な提案にすぎないが、これらについて明日以降、ぼちぼちと記していこうと思う。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんとこのたび、谷川賞を頂戴いたしました。
ありがとうございました。
 
これは「将棋世界」詰将棋サロン入選作を対象とする選考の中から、優秀作群とは別枠で谷川浩司九段の判定によって表彰する作品のこと(だと思います)。
2016年9月号に掲載された拙作は、月間優秀作にも選ばれていなかったので、最初大学の先輩(すごいいい人だけど、早とちりが多い!)からメールが届いたときは何かの間違いだろう、としか思わなかったのですが…。
 
そもそも配置図の1筋の2枚銀が重すぎて、投稿しようかどうかも迷ったくらい。
「初手の味の良さと、そして玉方の桂が2回跳ねる感触が抜群」という谷川九段からのご講評を頂きまして、ホント有り難いやら申し訳ないやらです。
 
谷川先生は一連の事件で会長を辞任され、いまは入院静養中とのことですが、どうせなら入院中に凄みのある詰将棋を10作くらいまとめて創作していただき、ぜひ詰パラに投稿してくださいね。
 
 
▼谷川賞受賞作(2016.9「将棋世界」詰将棋サロン)
 
 
 
さて、今回の詰将棋サロン、最優秀作受賞者は武島宏明氏です。
スマホ詰パラ住人にとっては、われらが「名無し名人」(現在は「大橋宗角」と改名)です。
しかしこの「最優秀作」という無機的なネーミングは何とかならないものかと思いますが、ね。
「二上賞」という名称はいかがでしょう?
ネーミング代タダにしておきますから(笑)、関係者はご検討ください。
 
いま、14歳でプロ入りした藤井聡太くんが天才だと話題になっています。
しかし棋界全体、詰将棋界も含めてみたら、藤井くんよりも、鈴川優希と武島宏明のほうが天才なのです。
このお二人はともに20歳そこそこですが、ここ数年のうちに発行されるであろう両者の作品集(詰将棋100作品を収納)は、21世紀の「将棋無双」「将棋図巧」になると、私は勝手に期待しています。
今から本を予約したいくらいです。
 
将棋ファンで、詰将棋のことをあまりご存知ない方、憶えておいてください。
鈴川と武島ですよ!!
 
 
 
<詰将棋解答>
34と、同桂、13角、同玉、23金、同玉、25香、同銀、32歩成、24玉、46角、同桂、33龍、
まで13手詰
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「5why」という手法で、桃太郎の「犬」「鳥」「猿」に代わるお供を考えてみよう。


まず、「なぜ鬼たちは盗みや人さらいをするのか」という問いに対して、

「鬼が島は人口が減少し、慢性的に人手不足だから」という答えを想定する。

そして次に「なぜ人手不足なのか?」という問いを発する。

つまり、原因の原因をつきつめるわけだ。

これこそが、ジャーナリストの姿勢といえるだろう。

しかし、このレベルの掘り下げ方ではまだ足りない。

 

人手不足の原因は「土地の魅力が乏しく、若い人(鬼?)たちが島を離れるから」だとしよう。

そこでまた、「なぜ土地の魅力がないのか」を追究してみよう。

このようにして5つのwhyを繰り返し、原因の本質はどこにあるのかを探っていくのである。

もちろん問いそのものが昔話の設定なので、この部分は想像力で補うしかない。

 

こうしてwhyを繰り返していくと、

「なぜ土地に魅力がないか」→「鬼が島にはリゾート施設や観光地がないから」

「なぜ観光地にできないのか」→「観光化へのノウハウに欠けているから」

「なぜ観光化のノウハウがないのか」→「優秀な観光プランナーがいないから」

…というように、原因の原因の原因の原因の原因が見えてくる。


ここまで考えたうえで、3つのお供を(ユーモアを交えて)提案するのである。

仮にであるが…こんな「お供」はどうだろうか?

①星野リゾートの社長

②大江戸温泉物語の企画書

③立教大学観光学部のパンフレット

 

ユニークなアイデアを出すためには、ヨコに広げるだけ広げて考えてみるイメージがあるが、このように徹底して理由や原因をタテに掘り下げて考えてみるプロセスも必要である。

トヨタ自動車が業務改善で用いた手法ともいわれている。

もちろん「3why」でも「7why」でもいいのだが、問題の原因を納得いくところまで追究することが根本的な問題解決につながるわけだ。

 

「5why」、あるいはラダリングという方法は、ひとりで自分の頭の整理にも役立つので、ぜひご活用いただければと思う。

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。