タクシーに無賃乗車したとして、詐欺罪に問われた千葉県香取市の無職男性(52)に対し、東京高裁が1審の有罪判決を破棄し、無罪を言い渡していたことが分かった。金谷暁(かなやあきら)裁判長は「1審は精神障害を考慮せずに詐欺の故意を認めた点で誤りがある」と指摘した。検察側は控訴期限の26日までに上告せず、男性の無罪が確定した。

 男性は08年3月、千葉県成田市でタクシーの運転手に「今持ち合わせがない。目的地に着いたら、おじさんが払ってくれる」と虚偽の説明をして乗車、同県香取市まで移動し、料金1万7710円の支払いを免れたとして起訴された。

 千葉地裁判決(09年11月)は「(男性は)支払いの確実なあてがないことを認識しながら虚偽説明をした」と詐欺の故意を認定。そのうえで「男性は統合失調症を患っており、事件への影響は極めて大きい」とした精神鑑定を踏まえて心神耗弱だったと認め、懲役1年6月、執行猶予5年を言い渡した。

 これに対し、高裁は今月12日の判決で、男性が実際にタクシーでおじの家に立ち寄ったことや、他の親せきにも肩代わりを依頼して断られた経緯から「支払いを免れようとする行動は認められない」と指摘。障害があることを前提に男性の行動を検討した結果、詐欺の故意は認められないと結論付けた。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
結婚詐欺:女性から3000万円だまし取る 容疑で男逮捕
岡本倶楽部:出資者の弁護人、破産手続きの開始を申し立て
詐欺:ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発
詐欺:小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で8900万円
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査

<雑記帳>田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)
「情報管理不徹底の原因は…」 鳩山首相会見(産経新聞)
月の探査計画 5年後にロボットで着手 政府懇談会(毎日新聞)
口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
シーシェパード元船長 傷害を否認 調査捕鯨妨害初公判(産経新聞)
AD