環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。ベスーン被告は、「傷害については否認。いかなる人にも傷害を負わせる意図はなかった」と述べ、調査捕鯨船団の乗組員(24)にけがをさせた傷害罪のみ否認した。

 SSの一連の妨害行為が初めて裁かれる公判のポイントは傷害罪の成否に絞られる。公判は28、31日にも開かれ、6月中にも結審する見通し。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に向かって酪酸入りのガラス瓶を放ち、異臭を拡散させて業務を妨害、乗組員1人にけがをさせた。同月15日には、第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り船内に不法侵入するなどしたとされる。

【関連記事】
調査捕鯨はそもそも何を調べてる? 将来の食料確保のための生態把握
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議
「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害
虐待が子供に与える「傷」とは?

学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設(毎日新聞)
<普天間移設>民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし(毎日新聞)
内閣不信任案、28日以降に判断=自民・大島氏(時事通信)
AD