Palawan ⑤~ El NidoⅡ

前回までのお話→ Palawan①~ Puerto Princesa  Palawan ②~ Roxas   Palawan③~Taytay   

Palawan ④~ El Nido

懐かしい... 一年前のお話です。




フィリピン プエルトプリンセサ の 北部 エルニド での宿探しをしていました。

ビーチを歩きながら発見したお宿...



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  





















このテラスの先はビーチです~ 素敵やんか~


ビーチに面していないお部屋も有ります。

レセプションの女性はいくつかお部屋を見せて下さいました。


でも、やっぱりテラスに面しているお部屋で...波の音を聞きながら...が いいかな~

ってことで...

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan








木の門をかんぬきで開けます。


くつろげるようにテーブルと椅子も有りました。




お部屋はというと...

木材とレース使いですね。

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan


素敵なお部屋に... (水シャワー、トイレ、扇風機、蚊帳付き スイートルームです)


お代は素泊まりで オフシーズン料金で1000ペソくらいだったと思いますが、

値切ってみましたら あっさりOK。 750ペソ(1500円弱くらいかな?)で泊まったかな~?


なんでも... 今日は私しか宿泊客がいないらしい。

オフシーズンですからね。 


明日のバスの時間は早朝なので、朝ごはんを注文しておきました。(別料金です)


そして、バススタッフの兄ちゃんに テキストメールで宿を知らせました。

明日は迎えに来てくれます。



さ、宿も決まったし、腹ごしらえ~麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  

























ガイドブックにも載っている有名店で...

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  












フィッシュカレーとか食べました。 はは。 当時マニラに住んでいた私はカレーとかにめちゃめちゃ

飢えてました。(自分で作ったらええやん? って? はは...)



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan

カレーだけ食べてないよ~
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan




















名物の


スタッフド

スクイド


イカのお腹にトマトとかお野菜が詰まってます。


さすが...



マサラップ~


奥のお皿はトマトとオリーブとオニオンのサラダです。



一人でどんだけ食べてるねん~!



ビールを飲みながらチンタラつまんでいる感じですけどね。



そのうち50歳くらい?の外国人オーナーがお店に入ってきました。 奥さんはフィリピン方だそうです。


ああ、この人が... フランス人らしいけど... すごいよなあ~ こんなメニューを当地人に教えてお店で

出してるんだもんなあ~



そしてオーナーはお店の女の子に、優しく優しくお説教していました。

時間とか約束を守らなければならないよ...というお話だったと思います。


女の子はニコニコ照れ笑いしながら うんうんと聞いていましたが...

理解してないっぽいです。


価値観とか文化背景の違いか... 


そしてオーナーもいい加減なところで、あきらめて出て行かれました。


またオーナーが戻っても私は座っていましたので...


「おお~ 君は誰かを待っているのではなく、ビールを待っていたんだね~」


なんてコメントを頂きました。 昼下がりから飲んでいる私は寂しげに見えたのかしら。


さ、いい気分になったので ひとまずお宿へ帰ろうっと。

路地にはかわいらしいお店が何軒か連なっています。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  



夕方になってくると、海で遊ぶ人が増えてきます。

真昼は太陽が大きすぎますもんね。


私も遠浅の海にぷかぷか寝転びながら遊びました。


そして、しばし休憩... 夕方から寝てしまいました。


食べすぎと飲みすぎ...連日バスでの長距離移動で...疲れてます~



夜中に目覚めた私は... 急に不安な気持ちに襲われます。


だって、この部屋... 鍵っていうか、木のかんぬきだけで、壁もなくレースのカーテンだけで

外から誰か入ってきても防ぎようがない... 


確かに波の音がささ~ってして、自然の真ん中にいるんだけど...


ベッドは蚊帳に包まってるので、虫の進入は防げるけど...


ここって マニラと同じフィリピンやんなあ... マニラなんて窓に鉄格子まではまってるで...


昼間にバスのスタッフに宿を教えた事にも 後悔...


怖いー 生きてる人間も、生きてない何かも...


ああ~


ビールも無いし、朝早いのに...寝られへん... しょぼん


そういえば、レセプションの女性が、初めに奥の部屋を薦めてくれたのも...安全のためだったのかも。

誰かと一緒(特に男性と一緒)だったら この部屋はいいと思うけど、女一人には向いてなかったかも~

(しかも奥の部屋は安かったなあ)


台湾時代の友人T子ちゃんが、ダイビングにアジアのビーチに出かけたとき、鍵のない宿が困ったと

言ってたなあ~


まさしく... 怖い。


人の声とか聞こえてる間はいいけど、波の音だけになって...恐怖~


しかも時々誰かがテラスを歩いてる! 誰もいてないはずやのに~ ミシミシ木がしなる音がする~


怖い~


えい、見てやれ~ 思い切ってカーテンを開けました。


そこには、男の子がいました。



「マァーム、明日は4時に朝食でよかったですか?」


ほっ... 宿の人だった。


「うん、扇風機が壊れてるので 交換して~」






ああ、マニラと同じフィリピンかしら...


ここって、本来のフィリピンなのかしら...



朝までまんじりともせず、起床時間ギリギリになって眠けが...


朝食ができました~ と宿の男の子が起こしに来てくれましたので、用意をして2Fのテラスへ。


真っ暗な海しか見えへん。


ああ、この宿...オンシーズンはにぎわって楽しいんやろうなあ~



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-El nido


部分的に空に突き出たバルコニーはゴロンと寝転べるスペースになってるし、ほのかに点ってる明かりが

雰囲気の良さをかもし出してます。


人が他にも泊まってたら、さぞかし楽しかったやろうなあ...





麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-El nido   少年が作ってくれた朝ごはんです。


ご飯大急ぎでいただき、出発の用意をしてたら、バスのスタッフが来ました。
早いよ~ 待って~


少しですが、少年にチップを渡して、私は宿を出ました。


バスでお迎え? かと思ったら 歩きでお迎え...


一緒にえっちらおっちら坂道を登って...やっとバスに到着しました。


私のほかに、リッチそうなおばさまがお一人。 


まだ、外は青く暗く、バスのスタッフも外で涼みながら出発時間を待ちます。


眠い...


今頃になって眠い...今から何時間かかるんやろう~







また 続きます。 


AD