Palawan ⑤~ El NidoⅡ

前回までのお話→ Palawan①~ Puerto Princesa  Palawan ②~ Roxas   Palawan③~Taytay   

Palawan ④~ El Nido

懐かしい... 一年前のお話です。




フィリピン プエルトプリンセサ の 北部 エルニド での宿探しをしていました。

ビーチを歩きながら発見したお宿...



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  





















このテラスの先はビーチです~ 素敵やんか~


ビーチに面していないお部屋も有ります。

レセプションの女性はいくつかお部屋を見せて下さいました。


でも、やっぱりテラスに面しているお部屋で...波の音を聞きながら...が いいかな~

ってことで...

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan








木の門をかんぬきで開けます。


くつろげるようにテーブルと椅子も有りました。




お部屋はというと...

木材とレース使いですね。

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan


素敵なお部屋に... (水シャワー、トイレ、扇風機、蚊帳付き スイートルームです)


お代は素泊まりで オフシーズン料金で1000ペソくらいだったと思いますが、

値切ってみましたら あっさりOK。 750ペソ(1500円弱くらいかな?)で泊まったかな~?


なんでも... 今日は私しか宿泊客がいないらしい。

オフシーズンですからね。 


明日のバスの時間は早朝なので、朝ごはんを注文しておきました。(別料金です)


そして、バススタッフの兄ちゃんに テキストメールで宿を知らせました。

明日は迎えに来てくれます。



さ、宿も決まったし、腹ごしらえ~麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  

























ガイドブックにも載っている有名店で...

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  












フィッシュカレーとか食べました。 はは。 当時マニラに住んでいた私はカレーとかにめちゃめちゃ

飢えてました。(自分で作ったらええやん? って? はは...)



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan

カレーだけ食べてないよ~
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan




















名物の


スタッフド

スクイド


イカのお腹にトマトとかお野菜が詰まってます。


さすが...



マサラップ~


奥のお皿はトマトとオリーブとオニオンのサラダです。



一人でどんだけ食べてるねん~!



ビールを飲みながらチンタラつまんでいる感じですけどね。



そのうち50歳くらい?の外国人オーナーがお店に入ってきました。 奥さんはフィリピン方だそうです。


ああ、この人が... フランス人らしいけど... すごいよなあ~ こんなメニューを当地人に教えてお店で

出してるんだもんなあ~



そしてオーナーはお店の女の子に、優しく優しくお説教していました。

時間とか約束を守らなければならないよ...というお話だったと思います。


女の子はニコニコ照れ笑いしながら うんうんと聞いていましたが...

理解してないっぽいです。


価値観とか文化背景の違いか... 


そしてオーナーもいい加減なところで、あきらめて出て行かれました。


またオーナーが戻っても私は座っていましたので...


「おお~ 君は誰かを待っているのではなく、ビールを待っていたんだね~」


なんてコメントを頂きました。 昼下がりから飲んでいる私は寂しげに見えたのかしら。


さ、いい気分になったので ひとまずお宿へ帰ろうっと。

路地にはかわいらしいお店が何軒か連なっています。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan  



夕方になってくると、海で遊ぶ人が増えてきます。

真昼は太陽が大きすぎますもんね。


私も遠浅の海にぷかぷか寝転びながら遊びました。


そして、しばし休憩... 夕方から寝てしまいました。


食べすぎと飲みすぎ...連日バスでの長距離移動で...疲れてます~



夜中に目覚めた私は... 急に不安な気持ちに襲われます。


だって、この部屋... 鍵っていうか、木のかんぬきだけで、壁もなくレースのカーテンだけで

外から誰か入ってきても防ぎようがない... 


確かに波の音がささ~ってして、自然の真ん中にいるんだけど...


ベッドは蚊帳に包まってるので、虫の進入は防げるけど...


ここって マニラと同じフィリピンやんなあ... マニラなんて窓に鉄格子まではまってるで...


昼間にバスのスタッフに宿を教えた事にも 後悔...


怖いー 生きてる人間も、生きてない何かも...


ああ~


ビールも無いし、朝早いのに...寝られへん... しょぼん


そういえば、レセプションの女性が、初めに奥の部屋を薦めてくれたのも...安全のためだったのかも。

誰かと一緒(特に男性と一緒)だったら この部屋はいいと思うけど、女一人には向いてなかったかも~

(しかも奥の部屋は安かったなあ)


台湾時代の友人T子ちゃんが、ダイビングにアジアのビーチに出かけたとき、鍵のない宿が困ったと

言ってたなあ~


まさしく... 怖い。


人の声とか聞こえてる間はいいけど、波の音だけになって...恐怖~


しかも時々誰かがテラスを歩いてる! 誰もいてないはずやのに~ ミシミシ木がしなる音がする~


怖い~


えい、見てやれ~ 思い切ってカーテンを開けました。


そこには、男の子がいました。



「マァーム、明日は4時に朝食でよかったですか?」


ほっ... 宿の人だった。


「うん、扇風機が壊れてるので 交換して~」






ああ、マニラと同じフィリピンかしら...


ここって、本来のフィリピンなのかしら...



朝までまんじりともせず、起床時間ギリギリになって眠けが...


朝食ができました~ と宿の男の子が起こしに来てくれましたので、用意をして2Fのテラスへ。


真っ暗な海しか見えへん。


ああ、この宿...オンシーズンはにぎわって楽しいんやろうなあ~



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-El nido


部分的に空に突き出たバルコニーはゴロンと寝転べるスペースになってるし、ほのかに点ってる明かりが

雰囲気の良さをかもし出してます。


人が他にも泊まってたら、さぞかし楽しかったやろうなあ...





麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-El nido   少年が作ってくれた朝ごはんです。


ご飯大急ぎでいただき、出発の用意をしてたら、バスのスタッフが来ました。
早いよ~ 待って~


少しですが、少年にチップを渡して、私は宿を出ました。


バスでお迎え? かと思ったら 歩きでお迎え...


一緒にえっちらおっちら坂道を登って...やっとバスに到着しました。


私のほかに、リッチそうなおばさまがお一人。 


まだ、外は青く暗く、バスのスタッフも外で涼みながら出発時間を待ちます。


眠い...


今頃になって眠い...今から何時間かかるんやろう~







また 続きます。 


AD

サプライズ

テーマ:

またまたサボってしまった更新... おかげさまで、ちゃんと生きておりますよ~にひひ


最近はと言うと...


3月にやっと職をゲットしたんです。

有難い事に、海外生活で学んだ事や過去の経験が活かせる職に就けました。 

新規事業ですので、いろんな事がバタバタで、毎日を過ごすのが精一杯というか... はは。

ヘバッてしまう日々ですね。


日本に帰ってきて、仕事も見つかりにくく、また海外に出なくちゃいけないのかな...と思ったりもしましたが

このご時世に私を雇用してくれた太っ腹な会社に感謝です。

バタバタ...と言っても、結構プライベートも充実していますよ。

パートナーのP氏もお休みが取れれば長期で遊びに来てくれますので、遊びに行ったり、旅行に行ったり。


帰国してから半年以上になりましたが、すっかり日本の生活に馴染んだかな~ はは。




職場の話なんですが、色んな年齢層の方が居ます。それぞれ経験もいろいろ。

お若い方が多いんですが、刺激になりますね。 やっぱりパワーが有りますし。


私より上の年代の方はすべて男性ですが、転職してから新しい職場ややり方に慣れないのかで、いつも怒っていたり不満を持っているような感じを受けます。 新規事業なのでいろんな不備とか改善点が有りますから...


日本の方はサプライズが嫌いな方が多いですが(当たり前や!って怒られそう)、まさしく自分の知らない所で

話が決まっていたり、知らなかったりした事実に突き当たると、すごく嫌~みたいで、中には他の事もこれを理由にきちんとしてくれなくなる人もいます。 あちゃ~ 


確かに知らない事が勝手に決まっていたら... ほんとに嫌ですし、腹も立ちます。

ただ、どうしてそうなったのかとか突き詰めて考えて、改善を要求すればいいのに...アイディアも出さないで

文句ばかり言ってスネているのは... 若い人達から見てとても尊敬できないそうです。(私から見ても)


まあ... 俺を立ててないとかそんな風にも思っているのかもしれませんが...



フィリピンではアメリカ系の企業に居ましたが、しょっちゅうでしたね。 サプライズは...


で、私達日本人は怒って抗議するんですけど、(もちろん日本人に限らず怒る...)


日本人はサプライズが嫌いなんだね~ そんなに怒ることでもないでしょ~ ってな感じでした。


(サプライズってかなり プラスイメージな言葉で... 誤魔化してますね~)


確かに... そんなに怒らんでもいいか。 って思わされてしまったのですが...



そういう時は柔軟に受け入れるようになりました。 (優先順位を考えて行動しました)

ちゃんと聞いてない!っていう事実はもちろん訴えましたけどね。 


でもこういうのは 貸し1 って感じで

担当者や上司に恩を売れる(やらしーですね...) 機会ですから。 有効利用すれば... はは。べーっだ!

と言うか、お互いミスは付き物ですから... Sama Samaですよね。


それに、普段から職場でいろんな人とコミュニケーションをちゃんと図っておけば、

どんな人からでも軽く見られる事も減ると思います。(忘れられやすい存在になりにくい)

誰かが気が付いてくれて、もしかしたら知らないかもしれないから...って教えてくれるでしょ~


えらそうな事は言えないですが、

私は台湾とかフィリピンで 自分の思い通りにならないとか、信じられないシチュエーションは何度も経験しましたので、びっくりするくらいいい加減に仕事する人に当たっても...そんなにびっくりしなくなりました。はは。

(海外で働く日本人はこの点を克服されている方が多かったと思います)


日本にはこういうタイプの人は多くないですが、外国だと...想像を超えますよね...

価値観とか文化背景も違いますので...当然と言えばそうですかね。

(昨今の日本でも、年代が違うと...価値観が違いますね...)


こうして、なぜそうなったのか原因を考える...ようになりましたし、どうしたらその人のいい加減な

習慣とかが軽減されるか...とか考えるようになりました。(ひゃ~ えらそうです)

 マネージメントを学んだ意味が少しは生きているのかな... 




さて... 職場の雰囲気がこれ以上悪くならないように...手立てが必要かな... 難しいです~












AD

Palawan ④~ El Nido

前回までのお話→ Palawan①~ Puerto Princesa  Palawan ②~ Roxas   Palawan③~Taytay   


いつもちょっと前の思い出話を公開してしまって ゴメンナサイ~

私の思い出話にお付き合いくださるあなた様に ラッキーな事がありますよ~に! へへ。


さて、フィリピン・パラワン島のプエルトプリンセサ~ロハス~タイタイ とVANやバスで移動して

来ましたが、タイタイからパラワン北部エルニドまでもやっぱりバスです。


3~4時間くらいの距離だったかな?と思います。


タイタイのバスターミナルで、一人のフィリピン人女性と出会いました。

彼女は他のフィリピンの女性とは違ったファッションで垢抜けていましたので、外国帰りの人なんだと

第一印象で思いました。 


とてもおしゃべり好きな人だったので、車中で退屈しないで済みました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan














 彼女は香港で7年間メイドとして働いて、この最近フィリピンへ戻ってきたばかりなのだそうです。

香港の家庭ではとても楽しい日々だったと言っていました。 いい雇用先だったようです。

残念なことに、この家族はカナダに移民する事になったのでお別れしたそうです。


その後、パラワンに戻ってプエルトで韓国人のご主人の家庭でメイドをしたらしいのですが、

嫌な事があったらしく、仕事を辞めて実家に帰る途中で私とバスが一緒になったとか。


私のフィリピンでの仕事とか、ビザはどうなってるとかいろんな事を聞かれました。 

どうやったら香港へまた戻れるかとか相談も受けました。それは知らんなあ~ お姉さんは香港人に嫁いでいるそうなんですが、親戚ビザとかで行っても、果たして就労していいのかどうかなあ。



海外の仕事のあっせん業者には悪徳な業者も多く、ビザも偽だったりしてトラブルに巻き込まれることが

多いのだそうです。 手数料とかだまされて取られて終わり...とか、変なところで就労させられたりする事もあるそうです。 


昔は海外就業の手続きとかパスポートの発給は マニラでしかできなかったそうなので、

船に乗って一週間くらいマニラに滞在しなくてはならないし、早朝からオフィスの前で行列したのだ

そうです。

この最近はプエルトでもできるようになったので良かったと言っていました。

(今でもマニラではどっかの大使館の前とかすごい行列みたいですけど)


そして、私が向かっているエルニドの情報を教えてくれました。

レストランとかお土産屋さんとか... 


あと、私はこのパラワンで耳にする言葉がタガログなので、とても助かったという話をしましたら、

語源の流れについてとかも教えてくれました。 はは、内容はわすれちゃったけど、セブのとか

南のビサヤ地方とは違うルーツがあるのだそうです。 パラワン各地で地方の言葉は有るらしいですが、村によって少しずつ違うらしいので、それこそ彼らは標準語であるタガログを使うのだそうです。


彼女はエルニドの手前の山の中の村までの乗車でした。

バスからは彼女の家が見えました。 家から家族の人が出迎えていました。

はは、道沿いに家がならんでるので、みんな自分の家が他の人にバレてます。


同時にバスに乗ってやってくるお米や野菜などの物資も待っている人が受け取りに来ます。

バスは人も運ぶけど、宅急便の役割もしています。 屋根の上から物資を下ろす係りの少年も同乗して

います。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan

これは彼女のお家ではないです。



ご主人様が帰るのを待っているワンコたち。


いじらしいです。














そうこうしているうちに、山間に海が見えてきました。 

山の感じもこんな風に大理石?です。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan
































残念ながら、エルニドは曇りで小雨がパラパラ。

でもバスに乗っているとき、大雨に降られましたのでそれよりはマシかな。


バスを降りると トライシケルドライバー軍団(バイクにサイドカーが付いてる乗物)

 が私を熱烈歓迎してくれましたが...


どうやら、貸切でどっかまで行かないか?とかそんなお誘いです。

30分くらい行ったところにホットスプリングが有るらしいのですが、値段を聞くと高い...

値切っても500ペソくらいだったかな。 往復だと700とか言われてどんどん高くなります。

往復で行かないと行けないでしょ~   私にとっては高いと思いました。

 ドライバーを横目に温泉に入るのもなんか恥ずかしいです。


それは、うーん と思ったので、お金が無いですから。って言ったら


トライシケルドライバー軍団の よっぱらい親方(海賊のジャックみたいな人)から、


なんで金ないのに旅行なんかしてるねん? 家にじっとしとき。


とつっこまれました。 ごもっともですけどね。


エルニドって高級リゾートもあるので、外国人見ると お金を持ってるイメージなのでしょうね。

私は持ってないです。 はは。

サントラ/パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドト
¥2,500
「なんで金ないのに旅行なんかしてるねん? 家にじっとしとき~」  にひひ


小雨も降ってるし、とにかく街の中心に向かうためにトライシケルに乗りました。


やっぱり、少しの距離なのに... 道がわからない為にお金を使ってしまいました。

ちょっとだけの距離やし歩けたわ~


バスターミナルの下ですから、下り坂ですし、歩けますよ。  


トライシケルのお兄ちゃんは、何度も誘ってくれました。 


いくらだったら 出せるんだ?

ホットスプリング行こうよ~ って。 明日は? どう/どう?


せっかく来たのになんで遊ばん? って感じで心配してくれたのでしょうか。


うーん、ごめんね。 気が乗らん... 露天のホットスプリングは興味有るけど、

温泉入浴はマニラでもできるし。 もう一人連れがいたら行ったかもね。




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan

























空を見ると曇りですけど、山がとてもエキゾティックでした。

岩肌。 


ちょっと台湾の東部を思い出しました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan





























麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan






























街の観光案内所は閉まっていました。 土曜日はお昼までだったかな。

翌日も日曜日なので開いてないそうです。


エルニドから今度は 有名なアンダーグランドリバー国立公園のある サバン という所まで

移動したいので、バスを探します。


明日は早朝出発...ということでチケットを購入しました。

アンダーグラウンドリバーに行く途中のジャンクションまでです。


でも、お金と引き換えにもらったチケットが微妙だったので不安になりました。(いくらか忘れました~)

これ有効? 騙されてないかしら? なんて。


私があまりにも疑っているので、チケット係の男性はバスのドライバーに会わせてくれました。

チケット売り場のまん前にバスが停まっていましたので、まあ。


出発場所を確認すると、ここではない場所らしいのです。

ええ~ 不安~


するとチケット係が私の宿を聞いてきました。 迎えに来てくれるらしいのです。

でも、まだ宿を決めていなかったので、とりあえずその彼の携帯番号を教えてもらい、後で私から

テキストメールすることになりました。


なんで外国人の旅行者が携帯を? と思ったみたいですが、私はマニラに住んでるのっ って

説明しましたが、それでも???みたいでした。


んんん~ みんな微妙に酔っ払ってない?


とにかく宿を探すことにして、そこを離れました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan


砂浜を歩いていたら 不思議な建物を発見しました。



エルニド編は 続きます




AD

台湾で5年、フィリピンで2年 計7年を海外で過ごしてしまった私が帰国後に受けたカルチャーショック...

についてです。 はは。


今では、帰国して5ヶ月目なので、そろそろ大丈夫なのですが、最初は少し大変でしたね。


今でも時々???だったりします。


たとえば、郵便局以外のお店だと、どこで切手を購入していいのかわからないだとか、ポストが探せなかったり。 まあ実家とは違う地域に暮らしているせいも有るかと思いますが、なんか不便に感じました。

→ 今はコンビニで扱ってるんですね。  (昔は近所のタバコ屋さんで...)


携帯電話にワンセグとかいう機能が付いてたり、同じ携帯会社の間でのテキストメールと、そうでない場合のテキストメールの存在... わかりにくかった... 得意げ


だってフィリピンとか台湾では携帯サービスの会社に関係なく、電話番号があればテキストメールできましたので... 


これは外国人のP氏にとってもすごく複雑だったようで... 私もよくわかっていない時に説明を求められたので困りました。 日本人なのになんでわからんの?みたいな。

そりゃあ7年も日本にいなければ 結構いろんな事が変わってたりしますからね。 


こういうのを リエントリーカルチャーショック というらしいです。 


帰国して間もない当時の私の身分証明はパスポートと免許証だけだったのですが、新しい住所の記載が無かったため、いろんな手続きができなかったんです。 

なので、お役所へ行って住民登記カードなるものを作ろうとしましたが、証明写真の撮り方が悪くて却下されてしまいました。 

旧式の撮影マシンだったので、丸の中に顔を入れるという支持どおりに写したら、それだと

髪の毛が切れて写ってしまったので...ダメ!でした。 700円もしたのに。返して~むっ


そんなの知らなかったし、お役所がくれた説明書きにもそのような注意事項はありませんでした。 とほほ。

(これはドンくさい話でしょうか。はは。)


銀行の窓口で口座開設の手続きをしていたら、担当してくれた人がどうも慣れていない人だったらしく、いちいち他の人に聞いてました。

アルバイトにしろ、なんでもいいけど、どうしてそんな基本的な案内ができないのか不思議でした。

サービスの質が落ちているなあと感じました。


それから、これもリエントリーカルチャーショックと言えるのか?どうかですが、


P氏と一緒に過ごして気が付いたのですが、日本の商品って英語の表示が無いものが多くて、商品名の英語表示だけでは用途がわからないのですよ。

(P氏とは... 台湾時代から付き合っている外国人の彼です。)


洗剤についてだと、どれが台所用、風呂掃除用、床掃除用、洗濯用(洗濯機の絵が有るが、ハイターとか柔軟剤の区別もつかない)、そしてスカッとするシャンプーがどれなのか?とか ちんぷん かんぷん で 最初は怖くてなにも買えなかったらしい。(P氏の住む都市にはトニックシャンプーが売っていないようです?) 


P氏はこれらを夏休みに行ったカナダとアメリカでわざわざ購入したらしい。 かわいそうに。

こういうのって、実際外国人の目線にならないと気が付かないですね~

それもだけれど、男性だから特に日用品なんかの商品知識に疎いのかなあ。

そういえば、P氏は過去に台湾で、卵とピータンを間違って買ったくらいドンくさい節はありますね。はは。にひひ

ピータンで目玉焼きは作れませ~ん。


外国人目線で商品の表示とか、お店での案内に役立てたら売り上げ少しは上がるかもですね。

特に薬店さんなんかでは是非お願いしたいです。



それに、P氏が愛用しているフットパウダーが売ってない!と あせっていましたが、

日本で多く使われているらしい足のデオドラントスプレーを紹介したら、そっちの方が使い勝手が良くて

喜んでいました。良かった。


フットパウダーだと、下に新聞紙を敷いて...とか面倒ですからね。 

逆にスプレーを海外でも売り出せばいいのに~


それとP氏は英字新聞をかかせないのですが、私の住んでる大阪南部では駅のキオスク以外ではなかなか

探せません。 都心部だと書店にも置いてますけどね。 まあ、需要を考えるとね...


コンビニで唯一扱っていたのは近所のファミリーマートでした。(デイリーヨミウリのみ) ナイス!

ローソンには無いです。 関西空港内のローソンにすら無いです。 

関空では国内線の入り口付近の売店に有りました~ どんなけ探したか! 

ちなみに、2Fの本屋さんにも無かったです。

国際線出発のフロアでも探せなかったよ~ どうせ飛行機の中に有るからってことかな )

AMPMとか他のコンビニは確かめてないのでちょっとわからないですね。 


台湾のコンビニだと、結構田舎でもちゃんと英字新聞有りましたね。 需要があるって事ですね。


ま、こんな感じですが、ドンくさい話とか、日本は便利なんだか、不便なんだか...と思わせる事、また思い出したらUPしまっせ~~





前回までのお話→ Palawan①~ Puerto Princesa  Palawan ②~ Roxas   


 

いつもちょっと前の思い出話を公開してしまって ゴメンナサイ~

私の思い出話にお付き合いくださるあなた様に ラッキーな事がありますよ~に! へへ。


 

さて、物資をたくさん積んだバスに乗り込んだ私は しばしの車窓の旅を楽しみました。


まっすぐに伸びた舗装された道路をUp-Downを繰り返しながら進みます。

道路の先には青い空が広がっている感じです。


両脇には民家が ポツポツと現れて 島民の生活が垣間見れます。 



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan


時折道の真ん中に現れる ASO(犬) 思いっきり肢体を伸ばして 寝てます。


そして バスに気づくのが遅い~  慌てて 飛び上がって逃げてます。 でも彼らはとっさに

横に行けないのか、進行方向に逃げてしまって、バスに追いかけられる羽目になります。はは。にひひ


巨大トカゲ?小さいワニ?みたいな爬虫類も横断途中にバスに気づいて大慌てで逃げていきます。

私もかなり興奮しました。 うわ~ ジャングルサファリかいな~ パラワンすごいわ!

助手席に乗ってた小さい女の子もケラケラ笑って大喜びです。 なんか笑えますよ~


まっすぐな道路をどんどん進むと、山道に入ります。 Taytayまで大部分の道が舗装されていないので、

雨季はバスが走れない為、少し前までだとバスも乾季しか走ってなかったそうです。


案の定...



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~


 途中でぬかるみから抜けられなくなりましたので

 お年寄り、赤ちゃんとお母さん...などを除いた全員が

 バスから降りました。


 みんな慣れているのか、誰も文句ひとつ無いです。 はい。







麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~
少し先の比較的大丈夫な場所まで移動です。


軽くなったバスはぬかるみを脱出しました。 ぱちぱち。合格











ロハスからタイタイまでは... 多分 3時間くらいだったと思います。

朝の9時くらいにロハスを出発しましたので、ちょうどお昼時にタイタイに到着です。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~


  タイタイのランドマーク?



   


  





とにかくなんか食べやな~ お腹すいたよ~



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan
  魚市場?の片隅にあったカウンターだけのお店で














麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan  ご飯、ゴーヤチャンプル(?)、粘土細工のようなスパゲッティ(笑)

スープも頂きました。 

うん、とってもおいしい! 冷たいお水も無料で用意してくれてて、サービスもなかなか良いです。


さて... どうやってエルニドへ行くのかな? 私は船が出ているかなと思い、船着場を目指しました。


でも、トライシケルドライバーが連れていってくれたのは、バスターミナル(って行ってもバスは一台だけど)

ここからバスに乗ってエルニドへ行けと... 午後から一便有るしって。


え~ なんでぇ~ 港って言うたやんか~ と 港に行ってもらいました。



いつも思いますが、トライシケル(バイクタクシー)とかぺディキャップ(自転車のサイドカーつき) で行ける所は

歩いてもたいした距離ではない事が多いです。 ただ、道がわからないので、仕方なく乗ります。

それに道を尋ねてもみんなとにかくトライシケルに乗れってしか言ってくれないしね~


ガイドブックには詳しく書いて無かったんですが、タイタイは結構見所があります。

ちょっとだけ?でもブラブラするのにはいい距離ですよ。


残念ながら、エルニドまでのボートなんて無いみたいです。チャーターすれば行ける?でも

危険みたいです。結構距離があるのかも。


ここから、バンカーボートなどをチャーターすると プライベートアイランドになっているリゾートへ

行ける?んかな?とは思います。 このタイタイの沿岸には たくさん隠れ家高級リゾートが存在してるみたい。


クラブ ノア  とか 小型飛行機チャーターだったっけ。 宝くじが当たったら行ってみます。にひひ


とにかく、そんな大それた所へはいけませんが、海の美しさはまあ... 

それこそ天が平等に楽しませてくれますので、満足ですよ~ 



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan



きれいな海に テンション上がりました。



うわ~~~



きれー





そして 傍らには...



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan   麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan


  










麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan



残念なことに 門がしまっていましたので、この要塞の中にはは入れませんでした。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan





























Fort Isabella スペイン時代の名残ですね。

イザベラ王女様の島ですからね~ このパラワンは~


残念。中に入れず。


紹介していたHPがありました! http://www.millionmiler.com/travelogue/Palawan/Taytay/Taytay.html



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan




























麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan






























すてきですよね~

サンタモニカ教会というらしいです。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan















 お昼時はみんな食事が済むとお昼ねしてるみたいです。


静か。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan


このような夜も楽しそうなお店もありました。




さて、バス乗り場へ再び戻ってみたらちょうど人が集まってきてました。

いい感じの時間で次の目的地 エルニドへ出発です。




台湾が恋しいとき

テーマ:
最近は台湾から遠ざかってしまってますが、時々恋しくなります。かお

食べ物もそうだし、好きな歌手なんかの情報にも疎くなっていますので 焦ります~


とりあえず加入しているひかりTVなどで 華流ドラマなんかは目にすることができてますけどね~ 


日本語の字幕が入ってるのが、少し困ります。  (おっ 偉そうですね~ はは)


私個人と語感も違うし、日本語と中国語の語順の差が字幕に現れてしまって 自分の中で


画面と台詞の運びが逆になってくるので、混乱してしまうのです。 

終いにはめんどくさくなってしまうねん~


説明しづらいですが、 私の場合中国語や英語を聞くと すべて大阪弁になって私の頭の中で

理解されるからなのかな。 はは。


それに、キャラクターによって言葉遣いに差がでますので、そういうのが日本語訳に反映されていない時なんかは 面白さが少し逃げてしまうような気がします。 (私は翻訳に関してはど素人ですので偉そうですっ)


訳に対しても まれにですが ええ~ そう訳すん!? と思ってしまうこともあります。

(ひゃ~偉そうですねべーっだ!


とは いえ、


便利な場合も有りますよ... 新しい表現とか知らない単語をゲットできますので。


でも字幕をつけてくれるなら中国語の字幕がいいな。 はは。 それだと日本で放送は無理ですねっ


残念なのは 台湾のバラエティー番組なんか好きですけど、辛口のマダムがたくさん登場して赤裸々な事を語るトーク番組とか...などは観れないですね。 少しは有りますが... あまり好きではないタイプのですね~ 


中国の総合電視台をオプションで入れると、ちょっと高いです。 

それにあまり好きでない従軍関係の番組が多い(・_・;) 他国の戦車とか軍の話に興味は無いです。

あと、自慢話もね。(愛国心の表れなのか、私のひがみ?なのか 自慢に聞こえてしまいます~)

旅の紹介番組なんかは興味深かったりしますけどね。 少数民族の村とかすっごくエキゾチックです。


あと~台湾とか香港以外の番組の中国語は硬いように思うし、表現があまり好きではないかもっ。 はは。べーっだ!

マンダリン 南方の普通話 が好きですね~ どうしてもね~ 台湾で学びましたからね~

     同じ北京語ですが R化 がきつい言葉だと聞きづらいです~)

なんだかんだと講釈をたれてしまいますが、要は内容だと思います。 ドラマなんかだと OK ですから。



とりあえず、一年に一度発売される JAYのCDは何とか友達に頼んだり、自分で台湾に行ってみたり、時には通販で購入してます。

(JAY とは... 映画イニシャルDの主人公を演じた台湾のシンガーソングライターです)

 


今回のは 中国楽器の二胡ビジネス(銘龍園 )をしている友人の訪台に便乗し、お願いして買ってきて

もらいました。 

私の好きな 豆乾トウガン という 古典的な中華スナックと凍頂烏龍茶のお土産も... 

ううっ うれしすぎです。やった~ 

魔杰座 CAPRICON (鐵盒酷炫版)(台湾盤)特典カレンダー付き/周杰倫(ジェイ・チョウ)
¥2,467
Amazon.co.jp


フィリピンに居た時は... チャイナタウンでゲットできました。 ありがたかったです。


ジェイ 2007 ザ・ワールド・ツアーズ [DVD]/ジェイ・チョウ
¥4,389
Amazon.co.jp

あと、下のはサウンドトラックですが、映画のDVDは フィリピンにいた時 中国から遊びに来てくれた日本人の友人が買ってきてくれました。


少林サッカーのバスケ版みたいなのです。 もちろん主役は JAY です。 

香港流のお笑いが満載。 吉本みたいに お約束な感じ です。

「カンフー・ダンク!」オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付)/ジェイ・チョウ
¥3,128
Amazon.co.jp


カンフー・ダンク! コレクターズ・エディション 【初回限定生産2枚組】 [DVD]
¥4,811
Amazon.co.jp


これは2007年に台湾に遊びに行った時に CD店のオバサンに薦められて買いました。

ちょっと切ないラブストーリーです。 台湾らしいアンティークな情景です。

不能説的秘密 通常版(台湾盤) [DVD]
¥3,570
Amazon.co.jp

台湾を離れてしまって2年半経過してしまいましたので、


今では中国語を話すって... 

 パートナーのP氏と電話... 会ってるときも話すけど

あとは銘龍園の二胡の老師やお風呂屋さんで仲良くなった台湾人の奥様... くらいですね~ 

しかも彼らは日本で生活してる人たちなので、半分は日本語だったりします。


極めて少ないですね~ こりゃあ アカンわ~   (゜д゜;)


DVDでも観て勉強しなおし!  



Palawan ②~ Roxas



Palawan①~ Puerto Princesa
  ←前回まで


いつもちょっと前の思い出話を公開してしまって ゴメンナサイ~


私の思い出話にお付き合いくださるあなた様に ラッキーな事がありますよ~に! へへ。



さて、フィリピンで4番目にでかい島 パラワン の旅行記パート2 です。


マニラから セブパシに乗って プエルトプリンセサで降りたった私は、次の目的地を目指すために


長距離バスターミナルの有る サンホセ マーケット から ロハス まで VANに乗りました。


せまいVANに他の人たちとぎゅうぎゅうで乗り込んで... 

他の人たちは親子や家族で町に買出しに来ていた風です。


そして5時間も山道を... 走る走る。はは。


日も暮れてきたので、山道は真っ暗闇。


正直... こんなとこ、同じところをぐるぐる回っててもわからんやん~


なのに、同乗の人たちは あ、ここで降ります とか言ってて、わかってるみたいです。


降りるときにお金を渡すので、しばし停車して彼らを見送ります。


え、こんな真っ暗な山道で降りるの... 電気がないねんけど... 


と不思議なことばかりです。 


そして、ロハスの中心地に有る村にたどり着きました。


ここまで来ると、まあ多少の明かりは点っていますね。

そして一人一人のお家までVANは送って行きます。


竹垣の中に可愛いお家が並んでる集落でした。 道は舗装されていないし、狭いのですが

マニラの住宅とは違って 窓に鉄格子なんかははまっていません。 田舎は安全なのでしょうか。

電気もあったりしてまあ、文明的な暮らしをしていそうな感じでした。


夜8時過ぎくらいだったかな。

でも全ての住人は眠っているかのように静まりかえっていました。




いよいよ 私は最後の一人になってしまいました。


マァ~ム どこに行くのですか? 知り合いが居るのですか? あなたはチャイニーズですか?


と、あんまり関係ないことも聞かれ...


え~ あ~ どこか、ペンシオネ(民宿) があればそこへ お願いします。


彼らはちょっとごにょごにょと相談して、


オッケイ~ チャイニーズ レイディ♪


はは。 ま、いつもの事なので。


それにしても ここは、思ってた以上に田舎やなあ。 と不安になりました。


旅人なんか来そうにないので、本当に心配です。 宿なんて存在するんかな?


VANに乗っていた少年二人が、あるペンシオネの中へ案内してくれました。


あ、この子達もやっぱりコミッション取るんだろうな...


なんて思いましたが、私をフロントへ案内すると、速やかに去っていきました。 俗社会に毒されてる

自分を恥ずかしく思いました。 本当にただ親切にしてくれただけなんですよね。


そこは...  


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas Palawan              


  部屋は二人部屋でした。


  長細い部屋にはたてにベッドが並んでいました。


  
  エアコンなしの 扇風機つき、共同トイレ&シャワーで

  素泊まり 一泊 350ペソくらいだったかな と記憶してます。

 

750円くらいですかね。  清潔でしたよ。

 



     鍵も素朴ですね。     麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas Palawan

   













麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan   疲れていたので 部屋はすぐぐちゃぐちゃになりました。 はは。



お腹がすいたのですが、宿の食堂はすでにしまっていましたので、外に出て適当なお店でインスタントラーメンとかビールとか買って、部屋で食しました。
缶ビールが無いので、ビンビールでしたが、お店で栓をあけてもらって
持って帰りました。 ビン代を払いましたけどね。 また返しに行けば返してくれます。
本当はおかずとご飯が食べたかったのですが、お腹を壊しそうな感じのメニューしかなかったので、あきらめました。 この後も旅は続くし、結構ハードな日程なので。


共同シャワールームはもちろん、男女別です。 
私の他の宿泊客は見ませんでした。 なんかちょっと寂しいっていうか、怖い気もする~ 
もちろん水シャワーです。  ぶるぶる。


貧乏旅行の宿の場合は、シャワー室が外なので、サロンが役に立ちます。一枚の布です。
狭い室内で服を脱いだり着たりも大変だし、着替えもぬれやすいので、これを体に巻いてシャワー室にGOです。

麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Palawan  
これはその昔バリ島で購入したものだと思います。 何枚か持っていますが、必ず一枚は持って行きます。
ぬれてもすぐ乾くし、寒いときは羽織れるし、もちろんビーチでも大活躍ですね~
フィリピンの女性はサウナでもよく身に着けてますよ~

同じ布一枚でも、まさかバスタオルで廊下は歩けませんから、これだとOKでしょ~



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas



 




翌朝撮った写真です。 なかなか快適そう?へへ。






このお宿は中庭も有ってとても感じがいいです。


お部屋のタイプも部屋からのビューもいろいろです。トイレシャワー付きのお部屋もちゃんと有りますよ~



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas




 二階の廊下です。 いい感じでした。








    
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas              麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas  私が宿泊したお部屋は2階です。 最上階です。

階段を降りて1階へ行くとそこにはまた素敵なPatio(中庭)が有りました。



 


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas








麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-palawan




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas    表通りのビルになっていて、その奥にこんな素敵な中庭が有るので、

外から見たら、どこに有るのかわかりにくいです。 ROVER'S PENSION HOUSE 


でも小さい町なので、聞けばすぐわかると思いますよ~

フロントの女の子いわく、オーナーはプエルトで旅行社も経営されてるとか。 



朝早く起きて、朝ごはんを食べに行きました。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas



  素朴な道をてくてく。 人も少ないし、トライシケルも少ない。










麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas   まあ、早朝だしかな。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas

こんな感じの食堂を発見。 ペンションからすぐ。













麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas     麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas


朝ごはんは BEEF TAPA と 目玉焼き。  さすがにストレスフリーの有機卵はおいしいです。


これにご飯と ネスカフェをいただきました。 多分 60ペソくらいだったかな。150円しないくらいです。


熱いお湯が入ったコップにスプーンとフォークを入れて出してくれました。 消毒してるのね。


でも、ハエがぶんぶんすごいで~ ここ。


私の他に一組の若者カップルが食べてました。


その彼氏が ずーっと私を見るんです。 本当にぶしつけな感じ。 


外国人を生まれて初めて見たん? くらいの勢いでした。 はは。 (本当にそうかも)


この村に後2日もいたら、町で私を知らない人はいなくなるのではと思いました。

すぐ有名人になりそうです。 みんな~ 勘弁してください。 


そして、チェックアウト後は、どうやって次の目的地に行くのか...聞いたら、ペンションの前の通りにバスが

来るとの事。

次の目的地はさらに北の港町 TAYTAY です。


バスを仕切っている親父さんに挨拶して、バスを待ちました。





麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas   バスが来て私は目が点になりました。

ノーエアコンで窓が無いのは別に問題ではありません。 マニラと違って空気がいいので。かえってその方が

うれしいです。


ただ、すごい人が中から降りてきたのと、またバスに乗り込もうとたくさんの人が待っていたので、

ええ~ 私乗れるんかな~? と心配になりました。  昔の中国みたい...(イメージです)


しかも、バスの屋根の上にはてんこ盛りの荷物。

通路にも米とか穀物の袋が詰まれています。 人々はその上を歩きます。 いや~ん お米を踏んで行くなんて。ガーン


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas  麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Roxas


私が不安な面持ちでバスに乗り込むのを待っていると、

なんとバスの親方が私のバックパックを持って、中にいる少年に窓から渡して、私の席を確保するように指示してくれました。  じーん。 なんて親切なの。 


バスの中はぎゅうぎゅうですが、一応席につけました。 そしてお米の袋に座らなくて済みました。得意げ


さあ、バスの旅の始まりです。 


続く

前回のお話→ Cebu 宿霧 セブ~①    Cebu 宿霧 セブ~②   Cebu 宿霧 セブ~③

  

        Cebu 宿霧 セブ~④    Cebu 宿霧 セブ~⑤  Cebu 宿霧 セブ~⑥


        Cebu 宿霧 セブ~ ⑦



なんとも...時間が飛んでしまった。  Cebu 宿霧 セブ~①  のアップは 2007年です。

ひゃー もうすっかり様子が変わってしまったセブだと思います~


とりあえず 記憶をたどって、このシリーズは終わります。




私とP氏は セブシティに一週間ほど滞在して、そして空港のあるマクタン島で3日くらい過ごしました。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Buffet   麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu

ある日の マクタン島では... 

Buffetのレストランで夕食を食べました。

とても種類が多く、お安かったと記憶してます。 

すみません。あいまいです。




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu









  このお店の名前は TONGS だったかな。

  メリエンダ(軽食)のBuffetだとたった 75ペソ...   

だって。日本円で200円しないんだ~


夕食は... もっとするでしょうが、

でもお安かったと思います~











前回紹介したラプラプ像の近くに有る 

ノープロブレムレストラン では

塩辛すぎた味付けに... まいってしまいましたが、こんな感じ↑のレストランだと 

まあそこそこ標準的で安心できますね。







でも、

ノープロブレムレストランの名誉のために...



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu  こんな素敵な飾りつけが有った事は言うべきですね~


窓にかわいく貝のデコレート。(窓といっても、ガラスがはいってるわけではないですが)


その場で調理してもらう場合は... 塩辛くしないでと予めリクエストするべきですねっ











あれから、2年以上時が流れました。

①ではセブパシフィック航空の日本への就航は無いと紹介しましたが、現在は大阪-マニラ間の就航が有ります! Cebu Pacfic


やっぱりよく遅延するらしいですが、お安いのでお許しを... (・・;) 

時期とか条件によっては東京から新幹線で来てもお得だとか... 時間が有ってもお金に余裕が無い人とか節約したい人、それに大阪で遊んでから行きたい人なんかは、深夜バスで大阪まで来ちゃえば... ね? 







麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu


機内でゲームなどして盛り上げてくれる

セブパシのフライトアテンダント













麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu



話はセブシティに戻りますが、私たちの泊まったペンシオネは

本当にお勧めですよ~  (何度も言いますが)
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu PALAZZO PENSIONNE CEBU


私たちが泊まったときよりも値上がりしていますが、

2人で1045ペソ~なのでまあリーズナブルではないかな。

ファミリールームも有るって~


しかもこんな朝食付きだしねっ

(あ、でも内容が変わってるかもしれませんね)









夜のフロントにいたKUYA(お兄さん)はSANT NINO(サントニーニョ・幼きイエス)に雰囲気が似てたので、

なんか可愛かったです。くりくりパーマでお目目もくりくりで。


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu


私たちは部屋に置いていた空きペットボトルを廊下

に並べて遊んでみました。



フロントのサントニーニョにこれをジグザグに歩いてほしくて、

私はルームサービスの注文電話をしましたが、P氏が慌てて止めました。 私は酔っ払っていたんですよね。 はは。

















そして印象的だった観光スポットのひとつですが、その教会の名前は忘れました。

ガイドブックには紹介されていますので、そちらをご覧になってくださいね~ へへ。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Cebu Charch


セブシティにある教会です。マクタン島からタクシーで行きました。 結構近かったですね。



最後の晩餐の様子が再現されています。麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-Last dinner




麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu  

 この時ちょうど神父さんがお話をされていましたが、係りの人に中に入ってもいいよと

案内されましたので...お言葉に甘えてお邪魔しました。 

小学生の子供たちがたくさん... いい子にしてお話を聞いています。


みんなが私たちの方を見ますので、とても恥ずかしかったです。





麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu
マクタン島で私たちは ACE pensione という所に泊まりました。

近代的なホテルです。


日本食のレストランが1Fにあるのでとてもうれしかったです。

日本語の本がたくさんあったので、一人でも退屈しないで済みそうです。






そして、ホテルの前の通りを出て右に進むと 対面側に こんな

マッサージのお店がありました。


 タイマッサージのサロンです。 シャワーとか何にも無いですが

とてもリーズナブルですよ~ 腕もよかったです。 2Fに有るお店です。 

今もまだ営業されてますように。




私とP氏はマニラに帰る日も ひつこく通いました。 

マニラではなかなかこんなにも丁寧でお安いサロンは無いですから。

それに私が前日に忘れたアンクレットをちゃんと保管しておいてくれました。 




生まれて初めてマッサージを体験した人に三日連続で足もみ、タイマッサージをさせてしまって、

P氏はマニラへ帰る飛行機の中で、体調が悪くなってしまいました。 もみおこし?ですね。

ブルブルふるえが止まらなくなったのです。  デトックス効果? 





麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu
ACE pencioneのブレックファーストです。

ルームサービスしてもお安いので、贅沢気分を味わいました。

(コーヒーはネスカフェですが... ま、硬いこと言わずに~)



あ、でも一日はお向かいに見えてるマクド(マクドナルド)から

朝マックの出前を取った日も有りました。

考えてみると便利なフィリピン。














麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu セブシティでは毎日のように通ったイタリアンレストラン


 同じ系列でプチホテルも経営しているようです。



 もちろん、イタリア人オーナーです。







麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~     麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu


麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu

アヤラタウンセンターの1Fですので

有名店なんでしょうね。



麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu









 




←ビバリーヒルズの中国寺院の屋根です。
















サントニーニョのカレッジ?

サントニーニョ教会の隣に有ったかな。


スペイン語やんか、おもいっきり。
麗しの寶島生活のその後 ~台湾~フィリピン~大阪~-cebu























今回のセブでは リゾートっぽく海で遊んだり、カジノへも行かなかったのですが、

少しは歴史と現地の生活に触れる事ができたかな~ 



スペインルーツを持つ彼らはラテン系でとても明るく、そして中国の影響も色濃く受け、

まさにサリサリ(混ぜこぜ)文化なのですね~


現地の人たちとのやりとりで、彼らはP氏のタガログ語は聞いてわかるのですが、返してくる言葉がセブアノ語なので、ちんぷんかんぷんだったそうです。 そういう場合は英語に切り替えるとスムーズだったそうです。 はは。




さずがにショッピングモールなんかも洗練されてるし、タクシーもちゃんとしてるし(マニラではよくケンカになります) さすが...セブです。 


今度はいつ行けるかな~~~


セブ旅行の思い出はこれにて終了です。  おそまつさまでした。



*2008年の8月に私は最後のフィリピンを楽しむために

マニラからスーパーフェリーで24時間かけてセブに行きました。セブは一晩のみで、

その後、ボホール、シキホール、ドゥマゲティを船で巡りました。

またこのお話はアップしようと思っています~


ご無沙汰してます

テーマ:

ご無沙汰してま~す(・・。)ゞ 2009年ですね!


2008年の9月に吉方である日本へ帰国しましたが、なかなかアップできておりません。


フィリピンでの旅行記など、まだまだ完結していないまま... お恥ずかしいです。



帰国後はP氏の住む地方へ遊びに行ってたりしてました。


交通費(新幹線とか飛行機だと)が高いので、夜行バスを2日間に渡って乗り継がなくては

行けないほど遠いです。 かえって海外の方が近い...? かもです。


帰国してからは、まあ仕事を探したり、引越しを2回もしたりで... ちょっとブログをアップしようという気に

なれなかったです。


11月から、とりあえずバイトをしてたんですが、円高が関係する業種だったので、オフィス閉鎖となり

失業してしまったんです。(-"-;A




中国語とか、私の海外での経験が活かせるような職を探すのは難しく、優秀な中国人が活躍する日本では

とても彼らを相手にに太刀打ちできないですよ~ん。 うーん。


折も折で、ただでさえ就職先がない...


中国語を使ったりする仕事だと、貿易事務とかたくさん求人が有るのですが、私は実務経験が無いので

応募できませんしね~


そういえば、もともと海外で働きたいから、海外で就学したりしたので、日本ではあまり出番がないのも

当然ですかね。


普通の仕事に応募すると、経歴が立派なので単調な仕事には向かないでしょうとか言われて... 

そんな感じです。


年も年なので、企業側からは... 物覚えが若い人ほど良くないらしくて嫌がられますしね~

(私は2年半前に大学を卒業したので、普通の同世代の人よりはまだ覚えられる方だと思いますが..まあ確かに体力とか集中力は年々衰えてますね。)


仕事を教えてくれる立場の人が私よりも若い人だと、またそれもネックになります。

私は大丈夫でも相手の方が気にされるらしいです。

(日本は年齢を気にするので... とてもやりにくいです)


確かに、私もフィリピンで年上のおっちゃん方に仕事を覚えてもらうのに苦労しましたし

いつも反抗されてましたのでわからなくもないです。(年下から指導されるのがたまらなく辛いとか)


私は台湾では一回りくらい違う若い人たちの中に居たし、しかもその人たちにお世話になったり教えてもらっていたので、そんなに気にしないほうですが、日本だとそうではないのかな。 

外国人だったせいも有るでしょうし、

台湾のクラスメイトは私に気を使ってくれていたんでしょうね。 

それはやっぱり申し訳ないですよね。


そういえば、台湾に行く前に、日本で勤めていた会社でも私の先輩は年下の人でした。 先輩なので

ちゃんと彼女を立てていろいろ教えてもらったと思います。 


サービス業でも、自分よりも若いお客様にお仕えしますから、まあ私は気にならないタイプなんでしょうね。




久しぶりの日本での生活を楽しみつつも、仕事は望みが薄い感じです。 選ぶなんてとんでもないですし、

仕事があるだけいいでしょうね。


私にとって、日本は外国以上に難しさを感じますね。 なんだかね~ 








あ、でも当分は日本で頑張るつもりです。

年金とか保険とかいろいろあるのでね☆


前回のお話→ Cebu 宿霧 セブ~①    Cebu 宿霧 セブ~②   Cebu 宿霧 セブ~③

  

        Cebu 宿霧 セブ~④    Cebu 宿霧 セブ~⑤  Cebu 宿霧 セブ~⑥


一年前の旅行の話... なんて ちょっと古いですが...


P氏とhuimeiziのセブ旅行の続きです。


Mactan

マクタン島で、高級リゾート以外のビーチを求めた私たち...
ローカルの人たちが楽しむビーチがあるはず....
トライシクルのドライバーは私たちをプライベートビーチが有るような高級リゾートへ連れて行きます。
でも、ローカルのリゾートを...とP氏が説明すると、まあとにかくそんなところへ
連れて行ってくれました。
しかし...なんともはや、さびれてるし、
リゾートっていうよりも、漁村...

Mactan


Mactan


Mactan


先客は...

ASO(犬) だけか....



Mactan

とりあえず、私たちはビールで喉を潤しました。

そして、鉛色の海を見つめて.....



Mactan


  海と P氏と ASO 



  






実は...


P氏は ASOが....



嫌いです。


野良に対しては、軽く足先でぐりぐりキックしたりしてます。  
Mactan




 なので、寄ってきても


 ひじで...


 あっちいけ~


 って ぐりぐり 押してました。



まだ、キックしてないので マシです。




Lapu Lapu

あと、マクタン島といえば、ラプラプ像が有名ですね。

この辺りには、シーフードレストランがいっぱい有ります。


Mactan    Mactan


私たちも、とあるお店で
まず、量り売りのシーフードを購入。

そして、レストランで好みの料理にしてもらいます。
屋号はNO PROBLEM RESTAURANT。
イカフライ と海草(海ぶどう)のサラダを注文しました。
あと、なんかもう一品くらい有ったかな? はは。





Mactan


  ノープロブレムどころか.....


塩辛すぎて.... しょぼん



P氏は塩分には気をつけているので、 もちろん クレームしてやり直し。


作り直してもらいましたが.... 嫌がられましたよ~ かなり。


こっちの人の味付けって... 塩分が多いですから。。。普通に。



ま、こんな感じでしたが、


マクタンの中心地(って言うのかな?)あたりには、すてきなレストランがいっぱい有ります。


その中でも、PIERがレストランになっている店があります。

いろんな人にお勧めのレストランは?って聞いたんですが、

みんなそこのレストランの名前をあげましたよ。


桟橋がずーっとつづいて、そしてKubo(椰子の葉っぱでできた屋根の小屋)のテーブル席が

海上に設けられています。 


ライブバンドなども入っているので、一見...高そうに思いますが、

飲み物だけだと、そんなにしません。

私たちはビールを飲んだだけです。


なんとも、ロマンチックなところですよ~ (ただし、昼間は...どーだろ..)

夜だと、見えるものが限られますのでね。はは。


私は 外国人のおじいさんにダンスを申し込まれてしまいました...はは。べーっだ!

もちろん、おじいさんには連れの女性がいましたが、なんか皆で楽しく踊りたい

気分だったのでしょうね。


軽く手を繋がれてしまっただけのダンスですが、雰囲気の楽しいところでした。







あら...あと一回くらいで終わると思います。

加筆、修正などもして行きます。(あまりにも内容がお粗末ですね~~~スミマセン~)