英国自然療法ツアー報告: 7日目

テーマ:
フレグランスジャーナル社さんさんと企画した英国自然療法ツアーは6月12日から19日までの日程を無事に終了することができました。
aromatopia英国庭師修行日記の舞台となっているお庭やイギリスのおすすめスポットを回り、ウォーキングやワークショップを楽しんだツアーの報告1日ごとにしています。

6日目は朝早くホテルを出て、、、というはずがバスの運転手がこないというハプニングに見舞われ、1時間遅れでチャラい運転手のちょっと不安な運転でラベンダーファームへ行きました。
http://hopshop.co.uk/kentish-lavender/

残念ながら「見渡す限りラベンダーの丘」にはなっていませんでしたが、咲いている種類もありました。

{FD40385B-7E8C-4CF4-8969-595168177E0B:01}

マネージャーのフィルさんのガイドで4つの畑を見学し、ラベンダーとラバンディンの違いなどの説明を受けたり、栽培や収穫に関する説明を聞かせていただきました。

{E21D4470-3F0C-4C70-914E-EA507F0C9BAD:01}

蒸留所も見せてもらいましたが、通訳していたので、写真を撮る余裕がなく、、、
HOP SHOPでお買い物もして大満足。

またバスに乗ってロンドンへ戻り、チェルシー・フィジック・ガーデンへ。
http://chelseaphysicgarden.co.uk
ここは最も古い薬草園のひとつです。
薬用植物の識別を学ぶための場所として作られたのが始まりだそう。

{376BB912-E0D6-49F1-B126-D0AFAD9CC50F:01}

かわいい製薬用のボトルに効能や使い方などが書いてあります。

{996D56D0-1755-4771-A0E8-AFA618723748:01}

説明があちこちにあってお勉強には最適です!

{2DDA53FA-E3C2-4F5B-B7DD-A77782DE384B:01}

チェルシー薬草園を作ったDr. ハンス・スローンの像が中心にあります。

{04BBF301-5FC0-45E4-AE5D-CC4B4E61A909:01}

植物園見学後はヒースロー空港へ。
楽しく役に立つ旅もこれで終わりです。
皆さんと涙のお別れ。。。

皆さん、魔女になってイギリスを旅立てたでしょうか?

参加者の皆さんと素晴らしい時間を一緒に過ごせて光栄です。
私に取っても、皆さんに取っても、何か変化を起こす時間となったことと思います。

私は皆さんにたくさんの自信と、勇気と、笑と、エネルギーをもらいました。

おつかれさまでした!
気をつけておかえりください!!

{AFD42A86-6989-4D6A-8E6D-B0417A53DB13:01}


1日-2日目:羽田→ヒースロー→ロンドンのホテルでホメオパシーワークショプ→クリック
3日目:ウォデスドン・マナー見学→クリック
4日目:キューガーデン見学→クリック
5日目:ウエスト・ディーン・ガーデンズ見学、カントリーサイド・ハーブ・ウォーク→クリック
6日目:バラ科のハーブのワークショプ→クリック



ポチッと応援よろしくお願いします
    


にほんブログ村 

にほんブログ村 

にほんブログ村


五感で味わう英国自然療法ツアー告クリック

英国庭師修行日記をaromatopiaに好評連載中!クリック


AD