鮎釣り師のひとり言

鮎釣り師ガバチャの綴る悲喜こもごもな日常。
聞いてやってください。


テーマ:
 ある春の日。
 気持ちの良い天気なのでサッシを全開にしたら、庭のモクレンに黒いものがついている。 
 なんだろうと目を凝らせたら蝶だった。
 大きくて真っ黒な蝶。 
 さっそくデジカメを持ってきてシャッターを近づけた。驚かせないように慎重にやったが、気づかれて羽をバタバタし始めた。が、それだけで飛ぶことはない。
 孵化したばかりなのだろうか。蝶はぎこちなく羽を閉じたり広げたりするだけだ。紋白蝶のように花の周りをひらひら飛ぶのはかわいいが、この大きな蝶は綺麗というよりかはむしろ妖しく不気味に思えた。
 ボクは、この手の蝶が苦手だ。

 と、そこまで文章を打ったとき外から家内が帰ってきた。
 仕上がったクリーニングを束ねて下げている。

「あんたのカッターシャツ、ひとつだめになったで」
 とさりげなく家内。
「なっなんで」
 ボクは憮然と見返した。

 家内が含み笑いのままそのカッターシャツをしなりと置く。
 その含み笑いは、家内が圧倒的な優位性を得たときに見せる仕草だと気づいたとき、矢のような言葉が飛んできた。

「口紅が、肩のところについててとれないんやて」
 
「ぬわっ・・・・・・」叫び
 ボクは生唾をごくりと飲んでマウスから手を離した。
 どうしようもない事態だ。

「ど、どこで。あっ、そっかこの前スナックで無理矢理ダンス踊らされた時・・・の・・かなゃ」
 と舌がもつれるボクドクロ

「それってどんなダンスよっ」
 空気が裂けるような一言炸裂。
 小さいけど鋭い、ビックバン直前のような閃光が家内の瞳に走る。

「い、いや、ほらぁ、こんな・・・・・・こんな感じの、ほ、ほら、こんな」
 ボクはすくっと立ち上がると、左手を伸ばしつま先でワンツぅ~ワンツぅ~とステップをとって後ろ向きにリビングから消えていった。

 カッターシャツにとまったのは夜の蝶にちがいない。
 ボクは、この手の蝶が苦手だ。
 ・・・・・・嫌いではないが苦手だ。





ポチッと応援ヨロシクダウン
  


  超燃える鮎友釣り もヨロシクグッド!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ガバチャさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。