京都市北区小野郷の岩戸落葉神社の黄葉に色づいた大イチョウを見にいってきました。

名前からして、なにやら情緒の漂う神社

 

境内はマイナーです。

しかし、高さは20メートルを超える大きなイチョウが数本あります

鳥居とか社殿がすっぽりと覆いかぶさってしまうほどです

 

 

 

岩戸落葉神社(いわとおちば)神社

黄葉の名所として知られたスポット

 

黄色の葉が落ちる前だった

見事に、全体が蛍光色黄葉に色づいている イチョウイチョウイチョウイチョウ

黄金色に輝く大イチョウは見ごたえがある、美しい キラキラキラキラ

あんぐりと見上げた 目

 

 

 

 

京都北区高雄を過ぎて、トンネルを超えた先の小野郷集落です

(鮎釣りで美山川の行く途中、ほんの少しわき道に入ると見えてきます)

 

清滝川の掛かる橋の前に鳥居がある

神社が大イチョウの中に埋もれている感じです

 

 

 

見事までに色づきを見せていました。

この後、何日かすれば、ドサッと散るでしょね

散った葉が境内一面に黄金色の絨毯のようになることでしょう

 

落葉の頃に来るのも、また違った美しさが見られることでしょう

まさに、名の通りの落葉神社になるじゃろうね

 

 

 

 

ここは岩戸社落葉社2社を共有して祭ってある珍しい神社だそうです。

 

なんでも、

「御祭神

               岩戸社が 雅日女神(わかひるめのかみ)、

彌都波能賣神(みづはのめのかみ)

瀬織津比咩神(せおりつひめのかみ)

落葉社は 落葉姫命(おちばひめのみこと)源氏物語に出てくる落葉姫」

との、ことだそうです。

 

 

 

 

私が立ち寄った時間は、まだ人もいませんでしたが、他を回って戻った時は大勢のマニアックらしき観光客でごった返していました

結構、オタクに知られた黄葉スポットなんですよ(^^♪

ウヒッ

 

 

 

 

 

        別窓 鮎釣りと流れゆく雲

 

 

ありがとうございます

AD

PP樹脂の容器で鮎測定メジャーを作ってみました。

最初、どんなふうに作りうかと、下手な考えを思いめぐらしたが思い浮かばない はてなマーク

 

そんな時、鮎師ブロガー「狂〇さん」 のつぶやき記事ををみて、これだビックリマーク と思いましたね

デザインを参考にさせて頂き作ったのがこれです。

 

持っていた、S社の 「デカ鮎ダービーのメジャー」 を貼り付けて完成です。

比重0.9と軽い、上手くいきました。 ニコニコ

 

 

 

 

 

さっそく、ホームセンターでPPポリプロピレン材質の容器を買い求めてました。

切断して切り揃え、浅い容器に仕上げ、イメージ通りに作り上げた

上手い具合に、四隅には水抜き穴まで付いていました

 

水を張って使えます

メチャ使いやすく、生きたままの鮎を、寝かせて計測することが出来ちゃうね

 

来シーズンから、また一つ鮎を釣る楽しみが増えたってことですね 音譜

デカサイズの鮎よ掛かっちくれ ニコニコ

 

我ながら、首尾よく出来たと思います

ウヒッ 得意げ

 

 

 

 

        別窓 鮎釣りと流れゆく雲

 

 

ありがとうございます

AD

夏用F1シューズのフエルト張替に出していたのが、修理が終わり、先日、早々と届きました。

いいね~

これで、来シーズンも、気持ちよく履けます 音譜

 

色々、買い替えしなければならない物ばかりですが

まずは、鮎シューズは片付きましたです。 ニコニコ

 

 

 

 

私の場合、かなりガンガン使い込むので1年で張替るようにしています。

一夏で、こんだけすり減ります、

見ていただくと、もう少しで基礎部のミッドソール部が摩耗しそうなところまできちょります目

 

交換したほうが、永く使えてお得かなと、いつも早めにソールの交換です。

混雑を予測して

毎年、半額キャンペーンが始まるとすぐに出しようにしています

 

自分の趣味のことになると、 「何でも素早いこと」 と感心しているワイフだった

よし ビックリマーク

 

 

 

 

 

        別窓 鮎釣りと流れゆく雲

 

 

ありがとうございます

AD