先日、親密で気の置けない仲間たちとワイワイして来ました。
異業種交流のOBの集まりでした

忘れるほど続いている(笑)
特に気の合った愛すべき仲間

どうしょうもなく世話好きと云うか、マメな彼のおかげで
交流を始めてもう何年になるだろうか
長野県在住のショウタロウ、ありがとうございます。


声を掛けられると、みんな二つ返事で集まるだ
私も欠席したことない

皆、激動の時代を生き抜いたと自慢してやがる
にゃっはっは



旨いものを食べ、お酒を飲んで
おしゃべりして、スカッとする

あとはお決まりのカラオケを歌ってお開きにする
いや~
今宵もうまい酒だったね






前菜の四種盛り合わせはあうね~
鱧の押し寿司
真蛸の湯引きと胡瓜の辛子酢
隠元豆の薩摩揚げ
南瓜とオクラの味噌そぼろ掛け










別窓も鮎ブログ  鮎釣りと流れゆく雲


ありがとうございます
AD

7月24日 日曜日 晴れ
午前中のクラブの例会だった
結果はいつもながら、枯れ木も山の賑わいみたいなでした。


午後はみんな思い思いの場所に脱兎のごとく散っていったわ
スローペースの私は空いている場所を探したが見当たらず、車が駐車できるところに入った。
急ぐことはない、ゆっくり昼タイムだ


減水して、大石が点在するチャラ瀬が辺りが空いていたので、入らせてもらう
足元にオトリを立竿にして放つ
妙な動きをしてる
石裏のヨレからス~ッと上に出て、ジグザグに走り出した
追われてるな

ここで糸を張ったらダメなんですね。
テンションを架けないように自由に泳がせ、私もズンズンついて行った

チャラ瀬なもんで走る走る、
斜めにくだり対岸までにビユ~ンと追われた
ごろた石のところでギラリとひかり ど・カ~ン
です
結構大物だったので、取り込みも嬉しい悲鳴だ。


しつこい野鮎だ、追いがいいとは、まさにこの事だな
オトリ鮎が逃げまくりの末、野鮎を掛けたシーンはめったに遭遇しないな
一部始終を見れたのは、お初でした。





運よく、ある時間帯はポンポンと来たから楽しめた。
はしり回る、引きの強さがハマってしまうほどの快感が何ともいいですね。
いつもの感じで、ラグジュアリーな鮎釣りがいいですね
はい







別窓も鮎ブログ  鮎釣りと流れゆく雲


ありがとうございます

AD
7月16日 土曜日 はれ
会社の後輩と連れ立って美山川に来ました。
彼は何年かぶりの美山川

午前はここ、午後は場所替えを予定した。
せっかく来たので、是非とも満足して帰ってもらいたい。と思うのが人情です
さて、結果は如何に


私は上流のザラ瀬、彼は下流の急瀬に陣取る
程なくして彼は掛けた

私には来ない
またポツリ、ポツリと彼は掛けている
いいねいいね


しかし、続かず午後に頑張るぞと昼の弁当をほうばる


21016-07-23 / 山ちゃんの鮎釣り

☆ You Tubeをクリックすると動画を拡大して見られます。



午後から上流に場所をかえ鮎釣りを再開です。

わたしに、型のいいのが来た、
それを囮にして突撃させたら、また ドン
だもんね
うよっしょ!
引きずられて中々抜けないぞ


鮎タモの中で、ハナカン回り仕掛けを調整中、癖を直そうと引っ張ったらスイフト部分がプッツンした。
やややッ

危うい所だった


すぐに、張り替えましたが、そのまま使用していたら完全にアウトだね
ダブル放流間違いなし
からくも寸前の危機を回避できたようです

今回は,釣果は良くなかったが、型揃いでしたから良しとします。
まっ いいか





別窓も鮎ブログ  鮎釣りと流れゆく雲


ありがとうございます

AD