最近のニュース

テーマ:
個人の借入額の規制が厳しくなった。

もともと生活に余裕のある方にとっては何も関係のないことなのかもしれませんが、大半の方が無関係というわけにはいかない状況なのではないでしょうか?

それに伴い、正規の借り入れが出来ない人が闇金に流れるケースも増加しており、この政策によるシワ寄せが生活貧困者を更なる窮地に陥れてしまっているようにも思えます。

そんな中、クレジットカードのショッピング枠現金化が新たな借り入れの方法として人気が出てきている。そんな話が聞こえてきます。

すでに様々な会社があり、選ぶのにも一苦労な場合はクレジットカード現金化ランキングなどで還元率などを比較し、自分にあった会社を選ぶ必要がありそうですね。


また、主婦の方は、旦那や近所の方にばれたくなかったり、女性のコールセンターなどしっかりした会社を選ぶ必要があります。
主婦キャッシングの方法としは以前から人気があったようです。


クレジットカードのショッピング枠現金化は新しい資金調達方法ですがあくまで一時的な資金調達であり、ご利用は計画的に行わないとい けません。
 民主党の安住淳選対委員長は15日、党本部で記者会見し、小沢一郎前幹事長が候補者2人を擁立した改選数2~3の選挙区への対応について「そのまま選挙戦に突っ込ませてもらう」と述べ、対象の15選挙区で候補者の一本化を見送る方針を明らかにした。
 15選挙区は北海道、宮城、福島、長野、静岡、愛知、京都、兵庫、広島など。
 安住氏はその理由について「(内閣)支持率がV字回復の傾向にあり、少なくとも共倒れの危険性はなくなりつつある」と指摘。さらに「(選挙区の態勢は)ほぼ確定した」と語り、改選数5の東京も含め、選挙区ではこれ以上候補を擁立しない考えを示した。
 比例代表候補に関しては「まだ微調整が残っているかもしれない」と、若干の上積みに含みを残した。 

民主-連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
<口蹄疫>「宮崎牛どうなる」 感染地域3割超す(毎日新聞)
67歳独居男性殺害か=首にひも―長野県警(時事通信)
乳児を骨折させた女「離婚しており、幸せな家庭が疎ましかった」 (産経新聞)