富山県在住の絵描き士

道小島大五郎(ミチコジマダイゴロウ)
と申しますm(_ _ )m
芸名じゃなく、本名でございます。


自己紹介


『道小島』にまつわるエトセトラ



「こんなの描いて欲しい」「こんなことできる?」
などなど

お気軽にご相談下さい。
↓ ↓ ↓

お仕事用メルアドd56.daigorou@gmail.com


【主なブログメニュー】

絵描き士の絵仕事メニュー価格表

爆笑ネタ集

大五郎の絵空事・絵本

【無料】イラストをブログで使って下さい!

オチつき大五郎え日記リンク集

絵描き士・大五郎 お問い合わせ

* このブログは、爆笑ネタがオススメ音譜です(b^-゜) *


  • 05 Dec
    • 北日本新聞に載りました。

      どーも。車のタイヤ交換で、腰を痛めてる大五郎です(-_-;)  寒くなってきたなぁと感じていたら、あっという間に、12月になってました( ̄□ ̄;)そりゃ寒いはずだ(汗)この時期、北陸では積雪に備えて、車のタイヤをスノータイヤ(スタッドレスタイヤ)に交換しなければならず、ディーラーの工場やガソリンスタンドは大忙しで・・・俺はお金がもったいないと感じてしまい、自分で交換してます(^▽^;)普段、体を動かしていないので、いい運動になってます(汗)   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   以前、告知していたとおり、先日の12月2日(金)、地元の『北日本新聞』に、イラストと名前が載りました(*^▽^*)     俺が担当したのは・・・    赤く囲まれた部分です。    この部分の文章構成や配置などは、事前の打ち合わせで記者さんのほうで、おおまかな原稿をいただいていたので、それを元に作成しました。 ・・・とは、いえ・・・ 実際に、原稿どおりに配置してみるとイラストの大きさや文字の大きさの調整とともに配置の微調整も必要で・・・この枠内におさめるのが難しかったです(^▽^;)    ちゃんと名前が載ってて、ホッとしたというか嬉しかったです(*^▽^*) この記事で気づいてほしいところは・・・    記事の一番上の、目立たない部分に『紅白の水引』を描いてます。これは記者さんの原稿にはない、俺のアイディアです(^▽^;)エッヘン この記事の背景のカラーも、指示がなくて、自分で、テーマやイラストに合ったものを作成しなきゃいけなかったので、今回は、お正月っぽく、お年玉のポチ袋ぽいデザインにしてみました。 あとは・・・    「家族団らんで、おせちを食べている場面を」という指示でしたが、勝手に、ネコを追加してしまいました(^▽^;)これが、案外、記者さんやデスク(編集長のことかな?)に好評だったようです(^-^) えっと、『おもち』みたいに白くて、よく丸まって寝ているので、この子の名前は『おもち』です(笑)イラストのとおり、よくおばあちゃんに懐いてます(^-^)・・・という、俺の中で裏設定があったりして。     このコーナーでは、毎回、インタビューした人の似顔絵が出てるようで。今回も「配置する場所はお任せしますが、どこかに先生の似顔絵を」という指示だったのですが・・・ちょっとスペースがなくて(汗)無理やりな配置で、ここに置きました(^▽^;)インタビューを受けた先生も、これを見て、喜んでくれてたら嬉しいんだけどなぁ・・・。  今回、何度もダメ出しを受けたのが、『料理』のイラストです!(´Д`;)    なんか、イラストのタッチで、ほんわかした感じを記者さんはイメージされていたのかもしれません(汗)でも、打ち合わせで、そういうふうに聞いてなかったので・・・俺の方で、写実的に描いたのですが、「写真をぼかした感じに見えます。写真ですか?」という指摘を受けました(汗) イヤイヤイヤ・・・数時間かけて描いたイラストですがな(+__+) まぁ、しかし、参考にした写真に、なるべく似せるようにリアルに描いたので、「まるで写真のようだ」と言われているようなもので・・・すこし嬉しかったです(^▽^;)「ふっふっふ、写真のように見えたか・・・そうか、そうか(^-^)」って(笑)     とくに、一番最後の『なます』のイラスト(汗)参考にした写真が、やたらと『ひじき』が入っていたので、そのまま描いたら、「なますじゃなく、ひじきの煮物に見えてしまう」という指摘があり、ひじきを省く修正をしました(^▽^;) あー、あと、文字の指摘も多かったですね(汗)「大根」や「人参」は、漢字で書いちゃダメとか!(´Д`;)なにか、そういう新聞の中の特別ルールがあるんでしょうねぇ。勉強になりました。    よくよく見れば、写真じゃないのは一目瞭然なんですけどね(汗)影の付け方が甘いし、ひとつひとつの大きさがチグハグだし(汗) でも、おいしそうな『おせち料理』に見えたら幸いです(^-^)    こっちの面は、挿し絵のみ。    リアルに描き過ぎて、これも「写真?」って言われそうでしたがなんとか修正なしでOKいただきました(^▽^;)   以前も書いた通り、今回は、本来の担当しているイラストレーターさんのタッチのままで、このコーナーに定着している『世界観』を壊さないように担当イラストレーターさんのタッチをマネたので・・・ なんとなく、「俺の作品だ」という実感がなかったりして(^▽^;) 俺だったら・・・どこかに『お笑い』の要素を入れてしまうと思う(笑)『家族団らん』のイラストも、子供たちが騒がしく動き回ってる様子を描いちゃうかもしれない。だって、実際、おとなしく食べてる子供って、なかなかいない気がする・・・うちの子に、落ち着きがないだけかな?(笑) でも、こうして作品と名前が載ると・・・「やりきった!」という達成感を味わえました(*^▽^*)「俺、いい仕事したじゃん!」って、自分を褒めてます(笑)   このコーナーは、毎月1回はあるそうですが、1月はお休みらしいので・・・次回は、2月の予定です。また来年になってから、記者さんから連絡がくる予定ですが、本来の担当イラストレーターさんが、産後早々と復帰されるかもしれないし・・・まだ分かりません(^▽^;) なにか動きがあれば、またお知らせします。       ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「おもしろい仕事させてもらえたね!」と「ことりーず」。 なかなか味わえない達成感でした。 ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      22
      4
      テーマ:
  • 27 Nov
    • どうして欲しい言葉を信じず欲しくない言葉を信じるのか?

      どーも。週末は、母親と二人暮らしになる大五郎です。   産後1ヵ月が過ぎ、嫁ちゃんもそろそろ腹をくくり(笑)新居へ戻ってきまして、新しい生活がスタートしました。俺の母親と、嫁ちゃんの同居生活の始まりであり、ヤンチャな4歳娘と、まだ生後1ヵ月の娘との生活の始まりでもあり。一気に大変さが増えて(笑)、一気に賑やかになりました(^▽^;)まだまだお互いに『気使い』まくりの母親と嫁ちゃん・・・お互い、些細なことでも相手に言わず、俺に言ってきます( ̄ー ̄;(予想はしてたけど、けっこうメンドイなぁ(汗))そして、ヤンチャ娘の甘えん坊は、生後1ヵ月の娘と、親の取り合いになって・・・(汗)ワガママに拍車がかかっておりまして( ̄ー ̄;週末には、嫁ちゃんが娘たちを連れて、実家へ泊りに行くので・・・週末だけ、各々、ゆるりと過ごしている感じです(^▽^;)俺としては、少々、静か過ぎて寂しいけれど、今のうちに作業を進めていきたいと思います(汗)   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~    さて、毎月恒例のイラスト『今月の一枚』を描いてなかったので、仕事の合間に描いてみました。  ↓ ↓ ↓ (書は左手、絵は右手で描いてます。画材:色紙、墨、copic)     『どうして、私たちは欲しい言葉を信じず欲しくない言葉を信じるのだろう。』   またまた、絵描きが『心』のお話を語りますが・・・(^▽^;)   今回の『絵と文』の、文章は、これまでに、俺がいろんな人たちと話してきて、自分と他人の『共通点』として、気づいた言葉です。 この言葉と言うか『疑問』は、誰の心にも問いかけられるものであり、きっと誰もが、それぞれに違う『答え』を、心に持っているんだと思います。 自己過大評価だったり、自己過小評価だったり。育った環境によって植え付けられた先入観だったり、価値観だったり。今までの経験から生まれた劣等感だったり、罪悪感だったり。 「どうしてだろう?」 ちょっと、自問自答してみてください。自分の中に、なにも答えがない場合もあるし、新しい自分の発見につながるかもしれないし(^▽^;)   どうしても自分の中の『答え』が知りたい人は、ちょっとだけ『ヒント』というか、俺の中の『答え』を書いておきますね(^▽^;)   みなさん、『悪口』って、お好きですか?(笑)   好きだという人がいたとしても、「自分が言うのは好きだけど、言われるのは嫌い」っていう人がほとんどだと思うんですけどね・・・( ̄ー ̄; じゃあ~・・・ 「ブサイク!」と、「ブス!」と、「変態!スケベ!」と、「バーーーカ!」と、「デブ!」という言葉、 どれが傷つきますか?(^▽^;) どれも『悪口の常套句』ですから、すべての言葉で、心が傷つく人もいるかもですね(汗)   ベストセラー本『神さまとのおしゃべり』の346ページから始まる、『バカと言われて傷つくのは、あなたがバカだから』の章では、こう書かれています。「人は絶対に他人を傷つけることは出来ない」と。 本の内容を、少しだけ書くと・・・ お客さんに「役立たず!」と言われて傷ついたけど、そのあとに「のろま!」と言われても傷つかなかった、主人公。それは、自分が自分のことを「役立たず」だと思っているから、傷ついたのであって・・・そのあと「のろま」と言われても、自分のことを「のろま」と思っていないから、傷つかなかったんです。 俺の体を見て「デブ!」と言う人はいないと思いますが(汗)『悪口』である、その言葉を言われても、俺は傷つきません(^▽^;)自分を「デブ」だと思ってないからです。 以前、母親に「役立たず」と言われて、ブチギレたことがありました(汗)言葉に反応して『怒る』ってことは、傷ついたからです。傷ついたってことは、自分が自分を「役立たず」だと思っているからです。母親の言い放った言葉は、図星だったわけです。俺は、幼い頃、両親の離婚を自分のせいにしてました。本当は、両親を仲直りさせるために役に立ちたかったんです。その果たせなかった『想い』が、心に残っていて、自分のことを「役立たず」だと思い込んでいたんですね。そんな『想い』を持っていたからこそ、母親から言われたことが、一番ショックだったなぁ・・・( ̄ー ̄;   さて、本には書いてなかったんですが、俺の気づきを書きます。 本の内容を、理解したとして・・・「じゃぁ、他人の言葉にいちいち傷つかないためには、自分のことをバカだと思わなきゃいいのか?」という話になると思いますが・・・『内面(バカ、スケベなど)』のことは、思い込みで、そうすることが出来たとしても、『外見(デブなど)』は・・・自分でも鏡で確認できちゃうから、そうもいかないですよねぇ・・・( ̄ー ̄; 俺は、今も昔も、自分のことを『痩せている』と思っています(汗)これは、自他ともに認められてます(汗) 昔は、「いつも痩せてるね」とか「ガリガリだね」と言われるのが、少なからず、イヤでした・・・(;´Д`)キレることはないけど、ヘコむ言葉でした(-_-;)女性より体重が軽いって、なんだか男として情けなくなるというか、体格がガッチリしてるほうが頼りがいがあって、モテると思っていて、俺がモテないのは、痩せているからだと思ってました(汗) んで、ちょっとだけ、自分なりに太るように、がんばってみたんですよ(^▽^;)いつもより多めに食べて・・・下痢したり(汗)おやつ食べ過ぎて・・・食事が食べられなかったり(汗)クソマズイプロテインを飲み続けて、筋力トレーニングもやって、その1ヶ月後・・・体重が1キロ減ってました(汗) そうして、自分なりにジタバタしてみて、諦めたんです(^▽^;)母親は、少量の食事を食べているだけで太ってしまう体質ですが、俺の親父は、たしかに痩せてるし、あんまり食べれない体質のようで・・・結論、俺が痩せてるのは『体質』、『遺伝』かな?と・・・( ̄ー ̄; 自分が「ガリガリ」であることを『諦める』、『認める』、『受け容れる』・・・『悩みを手放す』・・・『弱点・欠点を隠そうとしない』・・・そうすることで、ちゃんと自分のことを「ガリガリ」だと思っているけれど、今は、他人から「痩せてるね」「ガリガリだね」と言われても、ぜんぜん傷つきません(^▽^;)「そうなんですよー、食べても太れないんですよね~」で終わり。 ちなみに、「バカ」とか「ブサイク」と言われても俺は傷つきません。自分が、そうであると分かっているから。これは、昔から諦めてる(受け容れてる)ので、言われても、「なにを今さら(笑)」と思います(^▽^;)   ・・・で、今回の『絵と文』・・・ 欲しくない言葉を言われて、怒ったり、傷ついたりするのは、しっかり、その言葉を信じて、受け容れている証拠。相手に言われて、「自分はそうなんだ」と信じているから・・・少なからず、自分もそう思っているから・・・ですね。 そして、欲しい言葉を言われても、「いや、自分なんて・・・」と、受け取り拒否するのは、相手にそう言われても信じれないから・・・自分のことを、過小評価しているからです。 拒否というか、「えー?そうかな~?」と、相手の言葉を疑うのも、同じく、受け取り拒否ですよね。自分のことを、そう思っていないから。そう思えないから。せっかく、自分が気づいていない『長所』を他人に見つけてもらって、教えてもらったとしても、それを受け取らず、スルーしてしまう・・・。 それが、欲しくない言葉ならいいけど、欲しかった言葉なら、じつに、もったいない( ̄ー ̄;   これに気づいてから、俺は受け取り拒否をしなくなりました(笑) ちゃんと受け取って、「ありがとうございます」と、お礼を返した方が、言ってくれた人に対しても、自分に対しても、失礼じゃない行為だと感じます。 誰かに「大五郎は素晴らしい!」って言われても・・・本当は、まだ心の中では、「いや、俺のレベルで素晴らしいなら、ほかの人はもっと素晴らしいよ」と思ってしまってますけどね(汗)なるべく、素直に、欲しい言葉を受け取って・・・(^▽^;)「俺も素晴らしいし、言ってくれた人も素晴らしい。みんな素晴らしくて、そのみんなの中に自分も含まれているんだ。」と思うようにしてます(^▽^;)        ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「今までしなかった、受け取る練習をしてるとこだね」と「ことりーず」。 そうそう(^▽^;)ブロックやスルーの仕方は、じゅうぶん実践してきたんだけどね(汗)ちなみに大五郎に「変態」と言っても、ニヤニヤと喜ぶだけです(笑) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      29
      4
      1
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 富山県+15市町村のキャラがデカパイに!

      どーも。コーンフレークに牛乳をかけて食べた朝、のどに詰まらせて、コーンフレーク牛乳を思い切り吹き出してしまった、大五郎です(+__+) コーンフレークの細かい粉がね、勢いよく、のどを攻撃したんですね。それがむせちゃった原因だと思われます(汗)     今年の8月中に、がんばって描いていた『富山県+15市町村のキャラ化』したイラストたちが、9月下旬には、県産材で出来た大きな牌に印刷されて、先月末の『健康麻将(けんこうまーじゃん)』のイベントでみんなにお披露目されました(^-^)     依頼主と話し合ったり、ほかの作家さんと話し合って、各キャラクターの名前も決定してます。 左が『富山県』のキャラ。 【名前= こしの そうた】「薬の富山」のイメージで、現代の『医薬学生】と昔の『薬売り】の姿を合わせた感じ。あと富山県の名産『ますのすし』や、薬とともに配られる紙風船などが薬箱から飛び出しているようなイメージに仕上げました。左手には県の鳥に指定されてる『雷鳥』。 右が『舟橋村』のキャラ。 【名前= 舟橋(ふなはし)さくら】舟橋村のイチオシは、越中舟橋駅にある『舟橋村立図書館』。『カモシカ』が侵入したニュースもあり、カモシカを描きました。女性は、図書館の『司書』をイメージ。胸元のブローチには、名産の『かぼちゃ』のデザイン。名前は、京坪川の桜並木から。    左が『高岡市』。 【名前= 瑞龍 鳳徳(ずいりゅうほうとく)】高岡市のイチオシは、『高岡大仏』である阿弥陀如来様。大仏を、現代風のイケメンにしてみました。手に持っているのは、蓮の花。おそらくダンスが得意。名前は、大仏がある『大佛寺』の山号の鳳徳山(ほうとくさん)と、高岡市にある『瑞龍寺』から。 右が『射水市』。 【名前= 越中(こしなか)ひばり】射水市は『海王丸』がイチオシということで、海王丸は、別名『海の貴婦人』と呼ばれているため、貴婦人を描きました。カラーは、富山湾の青を表現。髪飾りは、帆船の操舵。胸から腰にかけてのラインは『新湊大橋』をイメージ。腰にある花は、射水市の花に指定されている『アジサイ』。手に持っているのは、海王丸の船内にある『幸せの鐘』。名前の由来は、射水市に依頼主のNPO法人健康麻将越中ひばり会の拠点があるため。     左が『上市町』。 【名前= つるぎ】上市町のイチオシは、『さといも』と『剣岳』。青白く鋭い刀で、剣岳の鋭くとがった山頂を表しました。髪の色で、雪山を表現。里芋は手に持たせました。 右が『小矢部市』。作家は、手伝ってくれた COCO(ココ)さん 。 【名前= 源氏丸(げんじまる)】「木曽義仲をそのままイメージしました。義仲の勇ましい姿と火牛の赤を連想させて、炎をまとっています。」だそうです。     左が『黒部市』。 【名前= 黒部の守(くろべのかみ)】黒部市のイチオシは、『黒部川』でした。黒部川は、昔から多くの犠牲者をだして、地元の人たちに「暴れ川」と呼ばれているほどなので、荒ぶる川の神様をイメージ。長髪で、川の流れを表しています。やたらとジッパーがあるのは、地元の大企業『YK○』があるから(笑) 右が『氷見市』。 【名前= 氷見(ひみ)雨晴(あまはる)】氷見市は、ブランド化された『ブリ』の擬人化を試行錯誤しましたが、そのまま漁師さんにブリを持たせてしまいました(汗)『大漁旗』がマントになってます。      左が『魚津市』。 【名前= 魚津 剛(うおづごう)】魚津市は『蜃気楼』がイチオシということで、蜃気楼の擬人化。幻術を使う忍者のようなイメージで、体が透けている。ズボンの模様で、夜の海で輝くホタルイカを表現。背景に、『埋没林』。 右が『入善町』。作家は、手伝ってくれた SARINA(サリナ)さん 。 【名前= 入善 ほたる】「男の子。推定年齢12~15歳。マジシャンです。入善町の特産品はスイカかチューリップがメインということでイラストはスイカを使ったマジックをしているところです。名前の「ほたる」は舟見の蛍の群生がけっこう有名ということで。」だそうです。     左が『立山町』。 【名前= 雄山(おやま)ひろゆき】立山町のイチオシは、『立山連峰』。立山にいる『修験者』をそのまま表現することで、立山の険しさ、強さ、勇ましさを表しました。手に持っている錫杖(しゃくじょう)は、実際に立山博物館に保管・展示されている『銅錫杖頭』のデザインを用いました。 右が『富山市』。 【名前= 佐々(さっさ)たくや】『富山城』にゆかりある武将『佐々成政』を、現代の若者にしたイメージ。衣装は、『北陸新幹線』のカラーにしてみた。衣装に『富山城』のシルエット。周りに『北陸新幹線』と『セントラム』を走らせた。      左が『朝日町』。作家は、手伝ってくれた SARINA(サリナ)さん 。 【名前= 翡翠命(ひすいのみこと)】「男の子。推定年齢16~20歳。朝日町特産品『ヒスイ』、『ヒスイ海岸』をキャラ化。このキャラクターの衣装にしたのは、翡翠は古代より高貴な方の装飾品や祭事のまじないなどに登場するためです。」だそうです。 右が『滑川市』。作家は、手伝ってくれた COCO(ココ)さん 。 【名前= 波入 蛍さん(なみいり ほたる)】「波入は滑川の原名からいただきました。ホタルイカの王女様。青く光る宝石を身につけています。宝石はホタルイカをイメージしています。」だそうです。     左が『南砺市』。 【名前= 城端(じょうはな)しょう】南砺市のイチオシは『合掌造り』。有名なお祭り『城端むぎや祭』の衣装と、笠の代わりに、合掌造りを持たせました。髪と目の色は、『庄川』の色をイメージ。 右が『砺波市』。作家は、手伝ってくれた COCO(ココ)さん 。 【名前= 色彩となみ(しきさい となみ)ちゃん】「名前は、チューリップで有名な『四季彩館』からとりました。カラフルで、優しく元気いっぱいの女の子をイメージしました。」だそうです。   ・・・ということで・・・     やっと完成しましたねぇ(^▽^;)16人のキャラ・・・俺一人では、到底、仕上げれなかった(汗)手伝ってくれた2人の作家さんには感謝しかないです!(>_<) それにしても・・・    実際に並んでいるのを見ると、圧巻ですね~。かなりインパクト強いですよ。      これが牌の裏面なのですが、通常の牌と比べると、この大きさが分かりますよね(汗) ちなみに、真ん中の牌が、1~2年前におなじ依頼主に依頼されて作成した作品。以前は、富山湾に生息する海の生き物をそのまま描きましたが・・・。以前の牌も大きかったけど、今回はさらに大きいですからねぇ(汗)     以前は、依頼主が他の作家さんにも依頼していたんですけどね。今は、もうお忙しい方々ばかりだったので、今回は、俺一人でやることになってたんですが・・・(汗)やっぱり一人では限界がありますからねぇ(^▽^;)   今回の大きな牌(略して「デカパイ」(笑))は、通常のマージャン卓では遊べない仕様になってまして、会議用の机を並べて、その上からシーツをかぶせて・・・大きな卓上で遊びます。    通常のマージャンより少ない手牌で、絵合わせの要領で、遊びます。とても大きな牌なので、一人ずつの対戦ではなく、チーム戦みたいな感じです。イメージでは、孫と祖父母がいっしょに遊ぶ感じ。祖父母が牌の流れを読み、孫が動いて牌を動かす・・・みたいな。 手足を使い、木のぬくもりに触れて、頭脳も使い、人と会話でコミュニケーション・・・認知症予防に繋がる・・・という狙いだそうです。 県産材を使った、木材の新しい利用法として、県?市?の協働事業として採択されたそうで、今回の『デカパイ』が完成に至ったわけですが、「これだけ素晴らしい作品なのだから、もっと世に広まるようにしたい。キミたちは、作品が世に広まり、県としては、富山県が全国に広まり、私たちは、健康麻将の普及が広まる・・・みんながWINWINになれる!」と、依頼主は意気込みを語っておられまして(^▽^;) 来年以降、このキャラたちが『カード化』して、トランプみたいに気軽に持ち運べて、遊べたり・・・いろんな店の店頭で販売できたり・・・ほかの企業と提携して、カレンダーや広告に掲載されたり・・・などなど・・・依頼主の想像は、どんどん膨らんでいるようです(^▽^;) ・・・まぁ、どこまで実現していくのか分かりませんが(笑)依頼主と話していると、ワクワクしてきます(*^▽^*) だって、初めて聞いた時には「そんなこと可能なのか?」と思っていた『デカパイ』が、時間や労力やお金はかかったものの、こうして実現したのだから(^-^)   ※この『デカパイ』は販売しておりません(汗)イベント展示用として、イベント会場で遊べる体験コーナーで遊べるようにするそうです。次回イベントでのお披露目は、来年の1月か2月になりそうです。   また新展開があったら、ブログで報告しますね(^-^)      ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「タロットカードぐらいの大きさになるらしいね」と「ことりーず」。 いっそのこと、『富山タロットカード』って作っちゃえばいいのになぁ(笑) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      20
      2
      1
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 北日本新聞のピンチヒッター

      どーも。長女と過ごす時間が長くなり・・・この時間がたまらなく嬉しくて・・・それでいて毎日は、あっという間に慌ただしく過ぎていき・・・たまらなく切なく感じている大五郎です。   「友達は一人しかいない。姫ちゃん(自分)ね、みんなに嫌われてるの。」という発言から、そこそこ経ちましたが、自分を信じ、娘を信じて見守っていたら、昨日の幼稚園の帰りに・・・「今日は、●●ちゃんとね、〇〇くんとね、◎◎くんと、いーっぱいの友達と遊んだの!」と・・・笑顔で報告してくれました(泣) 「そう、よかったね!」と、なにげない会話のように返事したけど、本当は、姫ちゃんを抱き上げて、歓喜の声を叫びたかったほど、嬉しくて嬉しくて・・・心底、ホッとしました(ノ_・。) その反面・・・「もしかしたら、幼い頃の俺のように親を心配させたくなくて、ウソをついているのでは?」と・・・自分がそうだったからって、疑いたくなる自分もいたりして(汗) でも、たとえ、そうだったとしても、今は、娘の言葉と笑顔を、素直にそのまま受け止めようと思います。そして、娘が大人になって、「本当は、あのころは・・・」って打ち明けてくれたなら、その時は、その時で、その気持ちを受け止めようと思います。とにかく、よかったね、姫ちゃん(>_<)    *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   今日は、俺の絵仕事のご報告です。 前回→【NEW】D56のスマホケース!の冒頭でも書いてましたが、地元のそこそこ有名な新聞『北日本新聞』から依頼されていた『挿し絵』が、無事に納品を終え、先日の日曜日に掲載されました(*^▽^*)     『北日本児童文学賞 優秀賞』に選ばれた作品に合った『挿し絵』を描かせていただきました。    依頼されたのは、2点の挿し絵。ひとつは、大きめのサイズで、作品のイメージ画っぽいもの。もうひとつは、ちょっと小さいサイズで、作品のワンシーンっぽいもの。    俺としては、大きいサイズのものが先頭に使われるかなと思ってました(汗)この作品の表紙に使われててもおかしくないようなイメージで描いてみたので。小さいサイズこそ、作品の途中に使われるかなと想像して描いたものだったのですが・・・構成は、記者さんのセンスに委ねられますからね(^▽^;) 児童文学ということだったので、絵本っぽい絵のタッチで描いてみました。この作品・・・ネタバレ書いちゃいますが・・・『キジ』は、まーーーったく関係なくてですね(汗)かいつまんで書くと、登山の途中で『野グ◎』するお話です!(笑)そのときの姿勢が、キジを狙っている姿勢と同じということで、熟練の登山者は『野◎ソ』を『キジ撃ち』と言うそうな(^▽^;)モロに描いちゃおうかと思ったんですが、新聞掲載なので抑えました(笑)なので、読み進めていくと、中央の大きな挿し絵が、ジワジワと笑える感じに見えてきます(^▽^;) ちょっと苦労したのは、作品中に『季語』が全く無くて(汗)山の色や、人物の服装などは、登山が出来る季節(春~夏の終わり)をイメージして描きました。 なかなか貴重なお仕事をさせてもらえて、おもしろかったです。やっぱり自分の名前が載ったのも嬉しかったなぁ(^-^)嫁ちゃんや母親も喜んでくれたみたいで、よかったです。     さてさて、この『挿し絵』を納品した直後・・・まだ掲載される前だったのですが、記者さんから連絡があり、「別の記者が、イラスト描ける人を探しているので、もしよかったら、話を聞いてくれますか?」とのこと。 記者さんには事前に、俺の『作品集』をデータで送っていたので、「なんでも描ける人」と思ってくれたんでしょうね(^▽^;) 別の記者さんのお話は、「頼んでいた絵描きさんが、このたび出産時期になったので、一旦、お休みということで・・・その間の2ヵ月か3ヵ月、代わりに描いてもらえないか?」ということでした。    おぉ、イラスト、うますぎる~(^▽^;)女子力高めのガールイラストだなぁ(汗) 毎月1回?2回?の金曜日に、『くらし塾』というワンコーナーがあり、そこの挿し絵を頼みたいということだったので、引き受けることにして、先日、打ち合わせしてきたのですが・・・ どうやら・・・   この範囲、すべて俺が描かなきゃいけないようです!ヽ(゚◇゚ )ノ挿し絵だけじゃなく、文章も・・・若干、記事の構成なども自分で作成して、データを渡して・・・記者さんは、ほぼ、そのままを掲載するというお話でした(汗) なかなか大変そうだなと感じつつ・・・新聞1ページの、約半分ぐらいを、自分で構成して描けるなんておもしろそう!と感じている自分もいたりして(^▽^;) ・・・ただ、じつは、さらに条件がありまして・・・ 産休の前任者のピンチヒッターではあるのですが、このコーナーは、このイラストの雰囲気をガラリと変えたくないんだと・・・このコーナーは、このイラストのタッチのまま行きたいんだと・・・ つまり、俺は、本当に影武者のように前任者の絵描きさんのタッチをマネつつ、「その人の作風っぽい」感じの、新たな挿し絵を描いていかないといけないわけでして・・・(汗)    前任者の絵描きさんは、富山県在住のイラストレーター・ゆえまつこさん。     正直・・・どうやって描いたのか、本人に聞きたい(汗)画材は、なんだろう?ボカシてある感じもあるから、水彩かな?コピックかな?色鉛筆の可能性もあるかな?     ・・・じつのところ、かなりヤバイです( ̄▽ ̄;) こんなオシャレなタッチ、今まで描いたことねぇ(汗)かわいすぎる!キレイすぎる!かっこよすぎる!作品をコピーするなら、なんとか描けるかもだけど、コピーじゃなく、タッチだけをマネて、新たな作品を描くってかなりのムチャぶり・・・( ̄ー ̄; 記者さんは、一応、「タッチが変わってしまっても、あんまり素人には分からないと思うし、違う人が描けば違うのは当然だから、そこまで似なくても・・・」とは言ってくれてますけどね(汗) 前任者に描き方、教えてもらわないと難しいかも・・・いや、教えてもらっても、すぐにマネて描けるものじゃないと感じる(汗)   ・・・ということで、この納期もそんなに時間はなくて、掲載は来月の頭です(汗)テーマは、『おせち』です。前任者っぽいタッチに、どこまで近づけれるか・・・前任者が戻られるまでの繋ぎ役、うまく出来るか・・・ とは、いえ、俺は俺の描けるものしか描けないし、掲載される名前は、俺の名前になるので、やはり、どこかしら俺の画風にしかならないんだろうなぁと(^▽^;)でも、こうして、自分の手に負えないことをやらせてもらって、自分が描けないタッチを、『まねぶ(真似て学ぶ)』ことで、俺自身の描けるタッチの幅が増えたらいいなと思ってます。勉強させてもらいます(^▽^;) 掲載されたら、またお知らせしますね。      ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「仕事のご縁が繋がってよかったね」と「ことりーず」。 あわよくば、この絵描きさんにも会ってみたいねぇ(^-^) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      23
      4
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 1ヵ月経ちました。

      どーも。先日は、遠路はるばる来てくれた人とお話ししてきた、大五郎です(^-^)   このブログの読者さんで・・・その人の旅の目的は、俺ではないわけですが、それでも、スゴイことだなって感じます。俺に会いたいって思ってくれることが。そして、わざわざお土産までいただきまして!   た・・・たくさんいただいてしまった(^▽^;)いろいろなお祝いを兼ねていたとしても、もらい過ぎのような(汗)俺は、手ぶらで人に会ってしまった(汗)どうしても「荷物になるよなぁ」って余計な気を使ってしまう(汗) 画像の手前のほうにあるイラストは、その人の娘さんの自作CDジャケット!娘さん自作の漫画も読ませていただきまして!歌も、イラストも、漫画もって、すごい娘さんだなぁ(゚Д゚;) ゆえに、お話の前半は、相手の娘さんの自慢話で盛り上がりました(笑)そして、お互いに「親バカですよね」って笑い合って(^▽^;) 俺、前々から「親バカ」っていう言葉をイヤと思ってなくて。それってつまり、子供を溺愛してるってことだから、俺にとっては褒め言葉に感じてしまうほどで。他人に、自分の子供のことを話すのに、悪口やら愚痴ばかりで盛り上がるのではなく・・・自慢すればするほどに「自分は子供をこんなに愛してるんだ」って宣言しちゃってるようなもので・・・俺にとっては、そういう話で盛り上がるのは、すごく愛を感じて、自分のことのように嬉しくなるんですよ(^-^) あっという間の2時間半?でした。思考が似てる・・・のかな? 共感できることばかりで、喋り尽くせない内容でした。ステキな笑顔の人だったなぁ(^-^)またいつかお会いできる日まで・・・。   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   次女が生まれて、1ヵ月が経ちました(^-^)   今は、嫁ちゃんとともに、遠く離れた嫁ちゃんの実家へ行っているので、その成長ぶりは、嫁ちゃんがたまに帰ってきた時だけしか感じられないのですが、だいぶ、顔や体が出来てきてるなぁと思います。 長女・姫ちゃんもマユが太いけど、次女も太そうだ(笑)そこは、俺の遺伝子が勝ってしまったようです(^▽^;)ただ、長女の眉や目よりも、次女はシャキンと吊り上がっている感じで・・・長女はかわいい系の顔で、次女は美人系の顔になるかもなぁって親バカの夫婦で話し合ったりしてます(笑) まだ次女は赤ちゃんなので、おもしろエピソードがなく、このブログには、まだまだネタとして登場することはないのですが、このブログで、長女のことを『姫ちゃん』として登場させているので、そろそろ次女にも、なにかネームを・・・と考えているのですが、これがなかなか思い浮かばず(汗)本名のほうは、けっこう早い段階で決まったのになぁ(^▽^;)今のところ・・・『嬢ちゃん』が分かりやすいかなと感じてます(汗) 嫁ちゃんは、1ヵ月だけ実家へ・・・というつもりでしたが・・・戻ってくるとなると、待っているのは・・・俺の母親との同居生活でして(汗)赤ちゃんに付きっきりで、とても家事まで手が回らないのは明らかなので、思いっきり俺の母親に甘えるしかないわけですが・・・それでも他人の母親に、任せっきりになれない性格のようで・・・(これが普通の感覚かな?)迷惑をかけれないからってことで、もうしばらく実家で育児をする予定になりました(汗)今月いっぱいは帰ってこないようです。長女の幼稚園が休みになる週末に迎えに来て、休日だけ長女は、嫁ちゃんの実家へお泊りするという生活サイクルになってます。 俺の方も、週末にかけて、集中して絵仕事に望む感じです(汗)平日は、どうしても長女が離れてくれず。母親に任せたいけれど、母親もまだまだ慣れてない様子で。母親の負担を一気に増やしても、よくないと思うので、なるべく俺が遊び相手になってます(^▽^;)   そして、新しい家に住み始めて、そろそろ1ヵ月になります。正確には、先月の20日からでした。 新しい家は・・・まだまだ慣れてないというか・・・なんだか、ほかの人の家に住んでる感覚?まだまだ「自分の家だ~落ち着く~」という感覚がないというか(汗)電灯をつけるスイッチをいちいち探したり(どれがどれやら・・・)、風呂を沸かすのにエコキュートの説明書を何度も読んだり(汗)まだまだ引っ越し作業のダンボールが未開封のまま並んでいたり(汗)嫁ちゃんが帰ってこないから、余計片付かないというか、慣れないというか・・・。もうすこし時間がかかりそうです(^▽^;)   そうこうしているうちに、年賀状の季節に突入してきましたね(汗)『転居のお知らせ』を出そうと思っていたのですが・・・以前の実家の住所と同じ番地になったので・・・(汗)俺がこのブログで仲良くさせていただいている方々には、作業部屋があった実家の住所でハガキを出させてもらっているので、住所の変更が必要ないもので。年賀状にて、一応、転居したことをお伝えするカタチになりそうです。以前の住所でハガキのやり取りしてた人たちもいるのですが、郵便物なら、1年間は転居先へ転送してくれますし。やっぱり年賀状でお伝えするカタチになりそうです( ̄ー ̄;     ・・・それと、前回の記事に温かい声援をいただき、ありがとうございました。今まで長女の純粋な気持ちを綴っているおかげで、いつの間にか、たくさんの方々が我が子のように長女を慕ってくれているんだなと、実感しました。こんなに優しい世界なんだもの・・・長女はどこで何をしてても大丈夫って気持ちが強くなりました(^▽^;)親としての不安や葛藤は、たぶんこれからも続きますが、そうして親子ともども経験して生きていこうと思ってます。心優しい世界の方々に感謝!        ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「早く家族そろって住みたいよね」と「ことりーず」。 そういうことなんだよなぁ。大変なこともあるだろうけど、早くいっしょに住んで早く慣れていくしかないんだと思うんだけどねぇ(^▽^;) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      19
      2
      テーマ:
  • 15 Nov
    • ハロウィンの失敗と明らかになった4歳児ブロック

      どーも。書きたいことが溜まりに溜まってて、今さらハロウィンのネタを書く、大五郎です( ̄ー ̄;   さっそく、本日のネタを書いていきますが、今回は、オチがないです(;´Д`)ノ笑う要素ゼロで、娘の思い出を記憶するための記事になりそうです(汗)・・・それと、現在、俺が勝手に抱えている不安を書きます。親バカだと思って、見てやってください。     先月の29日(土)の午前中に、長女・姫ちゃんが通う幼稚園が、公民館を借りて『ハロウィン・パーティー』を開催してくれました。 姫ちゃんが通う幼稚園は『英語幼稚園』・・・なので、『ハロウィン』のチカラの入れ具合がやっぱりハンパなかったです・・・( ̄ー ̄; 本格的な『仮装パーティー』になってました。 事前に、親子で工作して、パーティー用のグッズを作成したりして。それは平日だったので、嫁ちゃんは遠く離れた実家にいたので俺が行ってきました(^▽^;)たくさんの子供たちがいて、たくさんのお母さん方が参加してる中、父親は2人だけの参加でした(^▽^;) そのとき、初めて俺は、姫ちゃんの幼稚園内での様子を観察することができたのですが・・・ちょっと不安になってしまいました(汗) 姫ちゃんが・・・ぜんぜん、お友達と話していないのです。 話しかけられることはあっても、姫ちゃんが無反応だったり・・・。そうかと思えば、姫ちゃんから話しかけに行っても、相手が無反応だったり・・・。ほかのお友達は、工作が終わると、すぐに友達と遊び始めたりおしゃべりし合ったりする仲・・・姫ちゃん一人、ずっと俺から離れることがありませんでした(汗)俺がいるからかな? 「英語だからか?」「聞き取りづらい英語なのか?」「それともウチの子の発音が悪いのか?」 でも、たとえお友達との『言葉の壁』があったとしても子供同士って、案外、言葉がなくても遊び合えるっていうか・・・そういう『空気』があるはずなのに・・・姫ちゃんと他のお友達の間に、その『空気』がないように感じました(汗) うーん・・・俺の気のせいかな?   そして、『ハロウィン・パーティー』当日・・・早朝から、嫁ちゃんが赤ちゃんを抱きながら来てくれて、いっしょに参加してくれましたが・・・ 俺たち親子は失敗しました(泣) パーティーの案内状を、引っ越しの最中に紛失してしまい、参加チケットも持たず・・・(あとからダンボールの中に入っているのを発見(汗))その案内状に、小さく「仮装してきてね」と書かれていたけど、案内状を紛失してた俺たちは、姫ちゃんに、なにも仮装させずに、普段着で行ってしまいました・・・(+__+)だいたい初参加で、どの程度の仮装をさせればいいのかも分かってなかったし( ̄▽ ̄;) みなさんは、親子で仮装してる人もいるぐらいに、子供全員、完璧な仮装してました・・・。 完全に浮いてる姫ちゃん(泣)完全にキレてる嫁ちゃん!(´Д`;)慌てて、その場で、姫ちゃんの顔にペイントしてみたものの・・・   俺が常に持ち歩いている『水性の筆ペン(黒)』だけなので、ぜんぜん華やかにならず・・・ごめん、姫ちゃん(+__+) パーティー開始早々、クラスごとに分かれてみんなと記念撮影したのですが・・・      ・・・姫ちゃん?( ̄ー ̄; どうして、ほかの子たちの『輪』に入っていかないの? なに、その『距離感』・・・(汗)    どうした?姫ちゃん? なんで、楽しそうじゃないの?(汗) 事前の工作のときから抱いていた不安が、どんどん俺の中で大きくなっていきます( ̄▽ ̄;) でも、やっぱり気のせい? そうだな、みんなが仮装してるのに自分だけ仮装してなくて悲しかったのかもしれない(汗)俺のせいだなぁ・・・引っ越し作業に追われて・・・仕事に追われて・・・姫ちゃんが楽しみにしていたかもしれないのに、楽しめないなんて・・・あ~ぁ、自己嫌悪(+__+) そうこうしているうちに、ゲームが始まりました。4人一組になって、いろんなゲーム(ボール投げ、福笑い、釣りなど)をこなして、スタンプを集めて、最後に外国人先生のところで記念撮影をしたら、お菓子が当たるようです。 ・・・そのゲームの様子を見ていたら、やっぱり、ウチの子だけが、ポツンと一人になることがシバシバ(汗)まぁ、子供たちで混雑している会場内なので、チームから、はぐれてしまうのは仕方ないことですが、明らかに・・・ほかの子供たちは話し合ったり笑いあったりしてゲームを進めているのに、姫ちゃんだけが誰とも喋らず・・・だれかに話しかけられても無反応・・・(汗)     ここでも記念撮影があって、一人の先生が気を利かせて、マントを貸してくれました(^▽^;)あぁ、マントだけでも雰囲気が出てる!よかった~・・・でも、全然嬉しそうじゃない姫ちゃん( ̄ー ̄; みんながいつもの格好や雰囲気と違うから? 本当に・・・家では、俺が注意するぐらいに、ハシャギ過ぎて、大きな声で笑いすぎて、調子に乗り過ぎて・・・ひょうきん者の姫ちゃんしか見たことないのに( ̄ー ̄; いまだに、毎朝、幼稚園へ行くときは暗い表情の姫ちゃん・・・「あと何回(幼稚園に)行けばお母さんに会えるの?」と聞いてくることもあるけれど、それはただ単にお母さんに会いたいからだと思っていたけれど・・・ 本当に・・・どうした?姫ちゃん?( ̄ー ̄;   ゲームが終わって、パーティーがお開きになり、「もう帰るよ」と言ったら・・・   やっと笑顔になってくれました(汗) ・・・そんなにイヤなのか?姫ちゃん( ̄ー ̄;   俺と嫁ちゃんは、「なんか・・・明らかに『壁』があるよね?」と話し合ってました。 その『壁』は、明らかに・・・姫ちゃんが造っている『壁』・・・。   この日は、パーティーが終わったら、姫ちゃんは嫁ちゃんの実家へお泊りに行くことになってました。そして、この夜、嫁ちゃんは姫ちゃんに聞いたそうです。 「パーティーで全然だれとも喋ってなかったけど、いつも遊んでいるお友達はいないの?」と。 そしたら・・・ 「お友達は、R(仮名)ちゃん一人だけ。姫ちゃんね・・・みんなに嫌われてるの。」 と答えたそうです・・・(+__+)   マジかーーー!?ヽ(゚◇゚ )ノ ひょうきん者の姫ちゃんに限って、一部のお友達に嫌われることはあっても、全員に嫌われるなんてあるわけ無いと思ってました・・・(-_-;) 姫ちゃんは詳しくは話してくれなかったので、真意は解りかねるのですが、「みんなに笑われる」とか言ってたとか。 たしかに・・・工作してるときに、姫ちゃんより大きい男子が話しかけてきて、うまくアルファベットが書けない姫ちゃんの文字を見て「これなんて読むの?ヘンなのー!(笑)」ってバカにして笑ってました。その時も姫ちゃんは無反応でしたが(汗)でも、まぁ、男子が女子を小バカにしてカラかうのって小さい時期には、よくあることだと思うし、俺は気にしてなかったのですが・・・ もしかしたら、姫ちゃんは、傷ついていたのかもしれません・・・。 あと、最近、姫ちゃんと遊んでいると、俺に『アルファベットの読み方』を教えてきます( ̄ー ̄;おそらく幼稚園で、先生が姫ちゃんに教えている様子をマネて、姫ちゃんが先生役をして、俺が姫ちゃんの役をさせられるのですが・・・俺にワザと間違えさせるのです( ̄▽ ̄;)そして、姫ちゃんに言われた通り、間違えた答えを言うと・・・「NO!」と強く言ってオモチャで俺の頭を叩いてくるのです!(´Д`;)・・・おそらく、姫ちゃんが幼稚園で、外国人先生にやられてることなんだと思います。なので、「コラ!人を叩いたらダメ!」と叱ろうかと思ったのですが・・・ここで叱ったら、幼稚園の先生の行動がダメということになり・・・姫ちゃんの中で矛盾が生じると感じたので、叱りませんでした(汗) もしかしたら・・・そうやって、みんなの前で間違えて、先生に頭を叩かれて・・・みんなに笑われたのかもしれません・・・。   ・・・すべては、俺の憶測ですが(汗)   このことを先生との連絡帳で聞いてみようかと、悩みました。「こんなことを娘から聞いたけど、幼稚園での様子はどうですか?」と。でも、連絡帳に書いてません。聞いてません。もうすこし様子を見ることにしました・・・けど、毎日、葛藤です(汗)幼稚園での様子なんて、先生に聞くまでもないです。毎朝の姫ちゃんの表情を見ていれば、なんとなく分かります。「今日も、まだ・・・この子の中に壁があるんだな」と。 幼稚園に行くと、だいたいの子供たちが「あ、姫ちゃんだ!」と言って、姫ちゃんに気づいてくれます。声をかけてくる子も、中にはいるのです。なのに、反応しないのは、姫ちゃんのほうなのです。『壁』が出来たのは、他人の行為がキッカケだったかもしれないけれど、自分の心の中に出来た『壁』は、他人が造ったのではなく、間違いなく、自分なのです。自己防衛反応の結果なんでしょうね。でも、自分が造ったのなら、それを解除するのも自分しか出来ない。 連絡帳に書いてしまうと・・・先生たちが、この子を特別扱いにしてしまうかもしれない。気を使ってくれるのは、ありがたいけれど・・・それでは、余計に子供たちの中で、姫ちゃんの中で、『壁』が高くなってしまう可能性もある・・・。 そして・・・不安に思いつつも、心のどこかで、姫ちゃんを信じている自分もいたりしてね(^▽^;) 俺自身、大阪から富山へ来た時、言葉が変だと、みんなに笑われて・・・名前が変だと笑われて・・・家では母親が忙しくて、かまってくれなくて・・・幼稚園でも、家でも、俺は一人でした。こんな俺でも、今では友達と呼べる人たちがそこそこいる(笑)仲間だと認めてくれてる人たちがそこそこいる(笑)こんな俺を必要としてくれている人たちがいる。だから、若干、楽観視してる自分がいます(^▽^;) だって、「友達はRちゃんだけ」ってことは・・・誰も友達がいなかった俺よりは、友達が多い!(笑)そして、家には、毎日遊んでくれる俺という親父がいる!(笑) そして、どんなに大人たちが気を使っても、手を焼いても、思考をめぐらしても、子供たちは、子供たちの中で、勝手に考え、体験して、行動している。今回の件も、貴重な姫ちゃんの経験。もうすこし・・・我慢強く、見守ることにします(^▽^;) もし、毎日、泣いて「幼稚園行きたくない」と言い出したら、そのときは、嫁ちゃんと話し合って決めます。   そんな貴重な『ハロウィン・パーティー』でした(^▽^;)    ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「子供は純粋で・・・ある意味、残酷だもんね」と「ことりーず」。 他人を知り、自分を知る・・・今回のことも自分を知る大切な体験。子供の世界も大人の世界も同じなんだよ。 ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      25
      12
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 【アメブロ】記事内の見出し・枠囲み・表・テーブル作成方法

      どーも。ちょっとだけパソコンに詳しい絵描き士の大五郎です。   そんな俺が、今回は、『ネットカフェ』で質問があった「アメブロ記事内の見出し・囲み枠・表・テーブル」の作成方法を簡単に、解説いたします。   これ、本気で解説したら、→『HTML用語』をすべて理解してもらうことになりますが・・・(汗)   じつは、グーグルやヤフーのネット検索で、『アメブロ 囲み枠』で検索していただくと、もうすでに、大勢のパソコンに詳しい方々が、ちゃんと丁寧に分かりやすく、画像つきで、HTMLコード付きで、説明してくれてるサイトや記事がたくさん見つかります(^▽^;) オススメなのは、検索して、上位に表示されるサイトですね。上位に表示されるってことは、それなりにアクセス数があるということ。(※ただし、タイミング悪いとアクセス数がないサイトでも上位に表示されます。) この人のは見やすいですね→ PCインストラクターの川上雄大さん  ここで、気を付けてほしいのは、その情報は、いつ作成された記事なのか?です。アメブロは、毎年といっていいほど、仕様を勝手に変更しやがります(笑)まぁ、つねに状態のいい最新のものにしてくれてるわけですが・・・それによって、従来のCSSやHTMLが通用しない場合もあります(汗)なので、その情報が書かれた記事が、なるべく年数が経っていない記事を参考にされることをオススメします。 そして、『HTML』の表テーブルの作成には、いろんなやり方があるのですが、<table>から始まるものもあれば、 <div>から始まるもの、< style type >から始まるものもありますが、じつは、<div>や< style type >を使用すると、アメブロ内ですでに使用されてるプログラムと重複してしまって、うまく表示されないどころか、ブログデザイン全体が崩れて修復できない状態になる場合もあります(;´Д`)ノなので、じつは、<table>から始まるものが望ましいのですが、自由にカスタマイズしようとすると、かなりメンドくさい(笑)それなりの知識を一からお勉強することになります。なので、<div>を使ってみて、ブログに不具合が出ないかかならずチェックしてみてください(^▽^;)   最近は、パソコンでブログを書かず、スマホからブログ記事を書いている人が増えているようで、そのやり方も、川上さんの記事で解説されてます(^▽^;) →【追記あり】iPhoneで憧れの囲み枠を作るには    ・・・これでは、ただ単に、リンク貼って、川上さんに丸投げしちゃってる感じになるので(笑) 俺のほうでは、『囲み枠』のカスタマイズ法を書いておきます(^▽^;)  川上さんのブログで公開されてるHTMLを抜粋して説明してみます。  ↓ ↓ ↓ <div style="background:#ffeeee; padding:10px; border:2px dotted #ff0000;">枠内の記事本文</div>  このHTMLコードを、最初の『<』から終わりの『>』まで、しっかりもらさずコピーして、『ブログ記事を書く』画面で、『HTML表示』、もしくは『HTMLタグ編集』に切り替えて、HTMLを貼り付けます。 この中の『background』というのが、『背景』のことです。『background:』のあとに表示されてる『#ffeeee』が、色の指定です。『#』のあとに6文字の英数字が並んでいるのが、『カラーコード』と呼ばれる配色コードです。なので、この『#』のあとの英数字6文字を、→WEB色見本 原色大辞典こういう色見本のサイトから好きなカラーコードを選んで、書き換えてしまえば、自分の好きな背景の色で表示できます。 『 border 』が、『枠の線』の設定です。なので、『 border:2px 』の数字『2』を、大きい数字にすると太い線になります。そのあとの『 dotted 』は、線の種類です。『 dotted 』は、『点線』です。ここを『none』にすると、線が消えます。『solid』は、『1本線』になります。『double』は、『2本線』になります。『groove』は、少し窪んだ線で表示されます。『ridge』は、立体的に隆起した線で表示されます。『dashed』は、『破線』です。(※じつは、うまく表示されない線の種類もあります。アメブロとの相性なのか、ブラウザの相性なのか、分かりませんが。試してみてください。) 次の『 #ff0000; 』が、線の色になります。これも、『ff0000』の6文字の英数字を、好きなカラーコードに書き換えるだけで、好きな線の色に変更できます。 (※コード中の『;』を、間違って消さないでください。これを消すと、うまく表示されません。)   それと、『見出し』ですね。 ここでいう『見出し』というのは、 こういうことですね!  HTMLコードは、以下の通りです。 <div style="padding: 0px 0px 1px 5px; font-size: 1.2em; font-weight: bold; border-bottom-color:#282E89; border-left-color:#282E89; border-bottom-width: 2px; border-left-width: 8px; border-bottom-style: solid; border-left-style: solid;">お好きな文章</div>  この中の『font-size』で、文字の大きさを表示しているので、『1.2』より、大きな数字に変更すると、大きな文字になります。 『font-weight: bold』で、文字の太さを表示してます。逆に言えば、このコードを消せば、太文字ではなく普通の太さの文字になります。 『border-bottom-color: #282E89 ; 』で、『下線の色』を、『border-left-color:#282E89;』で、『左側の線の色』を表示してます。これも、『#』から始まる6文字の英数字のカラーコードをお好きな色のコードに書き換えれば、変更可能です。 次に『border-bottom-width: 2px;』で、『下線の太さ』、 『border-left-width: 8px; 』で、『左側の線の太さ』を表示してます。数字を加減することで、好きな線の太さで表示できます。   ・・・という感じですが、いかがだったでしょうか?(^▽^;)   最後に、使い勝手がいい『見出し付き囲み枠』のHTMLコードを公開しておきます。   ここにタイトルここに本文 HTMLコードは、以下の通りです。 <div style="background: #ff1493; border: 1px solid #ff1493; padding-left: 10px; border-top-left-radius:10px; border-top-right-radius:10px;"><span style="color: #ffffff; font-weight: bold;">ここにタイトル</span></div><div style="border: 1px solid #ff1493; padding: 10px; border-bottom-left-radius:10px; border-bottom-right-radius:10px;">ここに本文</div>  囲み枠の端が丸みを帯びているし、タイトルと本文を色で分けつつ、離れていないので見やすいと思われます。これも、『background: #ff1493;』で、見出しの背景の色を変更可能だし、それに合わせて、下の部分の『border: 1px solid #ff1493;』の色を変更してやれば、囲み枠の色が統一されます。 ※ちょっと、このHTMLでは、<span>というものを使用してます。これが、ほかのプログラムに干渉する可能性もあるので、試してみて、ブログデザインが崩れたり、どこかが消えてしまうようならご使用を諦めてください(^▽^;)    ・・・ね?これを一人一人に深く説明していたら、とても『ネットカフェ』の2時間では収まらないんです(^▽^;)相手の理解力のスピードも人それぞれなので。初心者の方々は、HTMLをすべて理解するよりも、コードをまるまる『コピー&ペースト』したほうが早いです(笑) 記事内で、HTMLコードをいじって失敗しても、その記事だけの問題なので、記事を削除すれば済む話ですが、ブログ全体のカスタマイズをするには、ブログデザインを表示してる『CSS』とか『プラグイン』とか、いじらなきゃいけなくて、そこを失敗したら、ブログ全体のデザインが崩れる恐れがあるため・・・初心者の方々が、そこをいじるのはオススメしません( ̄ー ̄; あと、ブログのカスタマイズですが、手の込んだデザインにしても、見えているのは、パソコンで閲覧した時のみ、だったりします(^▽^;)最近では、スマホでブログを閲覧する人が非常に多いです。スマホでブログ管理してる人たちも増えましたし。こうなると、あんまりブログ全体のカスタマイズにこだわらなくていいんじゃないかなとも思います(^▽^;)スマホでは、『ブログデザイン変更』はできても『CSS』をカスタマイズできない仕様になってます。   そういう点では、今回のようにパソコンでもスマホでも見れるデザイン『囲み枠』は、記事内で出来るカスタマイズなので、重宝しそうですね。 ただし!これは、個人的な好みの問題かもですが・・・『囲み枠』は、「これをアピールしたい!」ってところだけに使用してください(^▽^;)記事のラストの告知に、ひとつだけ使われたらいいかもです。ひとつの記事に、たくさんのカラフルな『囲み枠』が表示されていたら、なにが一番アピールしたいのか、全体的にボヤけてしまって、要点が読み手に伝わりません(汗)カラフルすぎると、目がチカチカして読みづらいのもあるので(-_-;) ではでは、ぜひ活用してみてください(^-^)     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「CSSと組み合わせて使うと、より高度なことができるけどね」と「ことりーず」。 それは、もう初心者のレベルじゃないからね(汗)それにパソコンでしか出来ないし(^▽^;) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      12
      2
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 【レポート】リカと大五郎のネットカフェ!~お悩み相談会~

      どーも。寒くなると、ミスチルの歌『口笛』が頭の中でリピートされる、大五郎です(^▽^)   先日、描いたブログ記事『願い事ひとつ』を書いていたときは、小松未歩さんの歌『願い事ひとつだけ』が頭の中でリピートしてました(^▽^;) そんなブログ記事『願い事ひとつ』を『spotlight』の方にも書きました。→長女の願い事はひとつあまりにも『spotlight』へ書いてなかったもので(放置しすぎ)。90万アクセス集めた、あの記事以来、書いてませんでした(汗)初見の方々向けに描きなおしたので、そこそこ見やすくなっていたようですが、おかげさまで、久々に10万アクセスを突破いたしましてΣ(゚д゚;) さらには、心屋ジェニーさんを始め、多くの方々に、リブログやシェアをしていただきまして・・・本当に・・・わが娘・姫ちゃんの純粋な愛情を、多くの人たちに見ていただけて、嬉しい限りです(*^▽^*) 改めて、ありがとうございます! 俺たち大人は、どうしても子供時代の心を忘れてしまいがちなので、姫ちゃんが大人になったときに、この記事を読ませてあげたいなって思います(^-^)まぁ、でも、そのころには親父の勧めるものなんて見向きもしないかもなぁ(笑) 俺がそんな感じだし(^▽^;)    *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~  先日、告知したとおり、9日(水)に、富山市婦中町のカフェにて、『リカと大五郎のネットカフェ~お悩み相談会~』 が開催されました。   今回の参加者は、 ◆ 北川睦子 さん ◆ 進士かおり さん ◆ りえ さん    この日、質問された項目は・・・ ・囲み枠、見出し・ヘッダー、ボタンについて・パスワード忘れた∑(゚Д゚)・ライティング(書くこと)の要点・注意点・秘訣・間違って登録したブログを消したい・記号・相手にしらせて読者登録・プロフ写真を入れる などなど。  10時から12時までの間に、3名の質問に答えていくので、マニアックな答えをツラツラと教えている時間がないもので(汗)どうしても、初心者向きの答えになってしまいまして( ̄ー ̄;すべてを完璧に、お答えすることができず、参加者の方々がどこまで理解できたかは疑問ですが(汗) この日、質問されて、うまく答えにくかったのは、『記事内で使える囲み枠・見出し』の部分でしょうかね( ̄ー ̄;『HTML』という専門用語を使って、さまざまな囲み枠や見出しを自分で自由にカスタマイズすることもできるのですが、そうするには、まず、『HTML』用語を理解していただくことになります(汗)囲み枠や見出しは、『HTML』用語でいう『表』、『テーブル』のことなのですが・・・ すべてを理解して、それを実行するのは、かなり厳しい( ̄ー ̄;なので、別の記事で、簡単なやり方を解説してみたいと思います。今回の『ネットカフェ』を受けても、よく分からなかった人たちは、あとで、ぜひ見てみてくださいね(^▽^;)   あと、この『ネットカフェ』では、初心者の方々のメンタル面の漠然とした悩み・疑問・質問も受け答えさせていただいてますが、 「誰に見られているか分からないから」「誰かにウワサされたら、どうしよう?」「誰かに2チャンに悪口書き込みされたら、どうしよう?」という悩みは、インターネットに慣れていない人には付き物ですね(^▽^;)俺も、インターネット初心者のときは、「自分の書き込みが、全世界の人に見られるかも!?」と恐々と、書き込みしていたものです(笑)まぁ、実際は・・・だ~れも見ていないのです(^▽^;)特に、ブログは『読者登録数=見られる人数』ではなく、登録数の半分、もしくは、1/3、1/4の人たちしか見てないものです(汗)よほど、登録してくれた方々と親密な関係を築いていない限り。以前も書きましたが、俺なんて、本名も素顔も晒していても、どこへ行っても、「あ、大五郎だ!」なんて発見されたことがありません(笑)数十万アクセスあっても、なにも変わらない(笑) それに・・・なにか悪いことしてるなら、隠れてしまいたいだろうけど、なにも悪いことしてないどころか、なにかを売るとか、人を集めるとか、自己アピールするためにインターネットで発信するわけですから・・・もっと、たくさんの人に知られてナンボだったりするわけで(^▽^;)自分の想いを、アピールを書き綴って、アクセス数がなかったら、ホッとするどころか、落胆するのが正解な気がします(^▽^;) 富山県民の方々は、『村八分』という、ワケの分からん『脅迫概念』を持ってる人が大変多いので・・・このリンク先の記事を見ておいてください。 ↓ ↓ ↓ 【村八分という幻想を断ち切れ! 】by絵描き士・大五郎  でも、ビクビクオドオドするのが間違いと言うわけではありません。未体験なことは、誰もが自信がなくて、不安がるものですから。でも、体験しないと、ビクビクオドオドな場面を通過しないと、分からないことだと思います。ぜひ、みんな通過してほしいと思ってます。そしたら、それが経験となり、自信に繋がっていくと思うから。 俺とリカさんは、そういう点は、もう通過してしまっているので、2人して「だれかウワサを広めてくれねぇかなぁ~(笑)」と感じてしまうほどです(^▽^;)ちょっと通過しすぎてマヒしてる状態かもしれませんね(汗)俺なんて、ルパンのコスプレしてお店に行ってますし(笑)   そういえば、リカさんが途中経過をfacebookで書き込んでましたが・・・  ↓ ↓ ↓    『相手に知らせて独身登録』!!!(°д°;) ・・・なぜか、積極的な婚活になってますね(笑) 『ライティング』の注意点も聞かれましたが、こういう打ち間違いがないか、投稿ボタン・更新ボタンを押す前にチェックすることも必要です(^▽^;) まぁ、間違ったところで、こうしてネタになっちゃうのも、リカさんの長所ですね(笑) 次回開催は未定!開催してほしい人は、リカさんにお願いしてみてください(^-^)    ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「ブログ文章の書き方セミナーとかあればいいかもね」と「ことりーず」。 それは、俺も受けたい(笑) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      16
      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • もっと!

      どーも。お仕事、なんでもこい・・・と覚悟すると、本当に、なんでも来ちゃうんだなぁと実感してる大五郎です(笑)    ありがたいことに、先月の内に、出産祝いから新築祝いまで、たくさんのお祝いをいただいておりまして、早くお返しせねば~と感じつつ・・・じつは、嫁ちゃんが実家へ帰っている状態でして、しばらく、俺と母親と長女での3人暮らしをしておりまして・・・嫁ちゃんがたまに帰ってきたときに、引っ越しの荷解きをしたり、ローン契約やら火災保険やらの手続き、次女出産に関するナンタラカンタラの手続きモロモロをこなしてまして・・・日常の絵仕事に加え、長女の送り迎え、宿題やら遊び相手やら、父子家庭的な生活を過ごしておりまして・・・えぇ、その「時間がない」っていう大義名分を並べておりますが( ̄ー ̄;なんとか今月中にお返しできたら~~~という状況です(汗)「届いてんの?どうなの?」という方々に大変申し訳ないですが、すべて届いておりますゆえ・・・お礼も伝えれず、失礼ぶっこいてます(汗)何卒、ご容赦を・・・。      今日のネタは、お引っ越し前の出来事です。 嫁ちゃんが出産する、ちょっと前のこと。 長女・姫ちゃんをダッコして、いっしょに寝るのが日課だった俺は、その日も、ぬいぐるみを両脇に抱えている姫ちゃんをダッコしてベッドへもぐりこみました。 すると・・・    姫ちゃんが、おねだりするように「お父さん、もっと!(ちこう寄れ!)」と言ってくるのです(^-^) もうすでに隣にいるのに・・・と思いつつ、身体をくっつけて眠りたいと所望されてる嬉しさを噛みしめつつ(笑)姫ちゃんのそばへ寄ってみたのですが・・・        もう顔がくっつきそうなくらいにちこぅ寄った結果・・・                 ・・・姫ちゃんの「もっと!」の意味は、「もっと近くに来い」ではなく「もっと離れてくれ」という意味だったようです(泣)   この日の夜は・・・やたらと犬の遠吠えが聞こえて・・・寒すぎて、よく眠れなかったなぁ・・・(泣)      ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「ちょっと考えれば分かりそうだが・・・」と「ことりーず」。 まぁ、分かっててやってた部分も否めない(笑) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      24
      6
      テーマ:
  • 08 Nov
    • ”★【募集】リカと大五郎のネットカフェ~お悩み相談会~”

      どーも。締め切りがあった依頼を無事にこなし、すこし時間に余裕が出てきた、大五郎です。   しかし、ご依頼はまだまだあったりして(汗)今朝も徹夜だったりして( ̄▽ ̄;)   そんなご依頼のひとつ、イベントが明日、開催されます。   【リカと大五郎のネットカフェ~お悩み相談会~】です。 「インターネットやパソコンに弱い人へ」「ブログを始めてみたいけど始めれない人、続かない人へ」「人目が気になって何を書けばいいか分からない人へ」などなど、初心者の方々に向けてのお悩み相談会です。 ほかにも、初心者ではないけれど、今さら人に聞けないヘビーユーザーの方々でも参加可能ですので、ぜひぜひ申し込んでみてください(^-^) ザックバランなゆるゆるお茶会みたいなものなので、とりあえず続けて参加すると、ブログやインターネットを続けるモチベーション上げにも繋がります。同じ仲間がいると、やる気も違いますもんね(^-^) すでに参加希望者が数名おられますが、まだ若干名の余裕があるそうなので、滑り込みでもOKらしいので、加藤リカさんへ連絡してみてください。 → お申込み先 メールフォームよりお問い合わせください。 FBメッセでもいいよ(笑)   当日は、この大五郎ルパン先生がお待ちしております(^▽^;)   (笑顔がひきつっておりますが・・・写真に慣れてないもので(汗))  ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「仲間が増えるといいね」と「ことりーず」。 一人でモチベーション維持は難しいからねぇ。 ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   

      11
      テーマ:
  • 03 Nov
    • ”【実践ビジネス】半年間のおまとめ”

      どーも。ひょんな『ご縁』から、デザイン会社の社長さんと面会することになりまして・・・でも、社長さんに会うことなく、営業のお偉いさんとお会いしてきて、外部発注するかもしれないから、よろしく~みたいなお話をしてきた、大五郎です(^▽^;)   本当に、『ご縁』が他の『ご縁』に繋がり、また、その次の『ご縁』へと繋がっていく・・・俺って、恵まれてるなぁと、つくづく感じてます。 俺が出会う人は、みんな『いい人』。これまでも、これからも。 本気で、そう確信しちゃってます(^▽^;)楽観視し過ぎかな? 昔は、『幸せ量保存の法則』とか、自己流の法則を信じてました(笑)一人の幸せの量は決まっていて・・・なにか幸せなことがあると、その分、不幸なことが起きる・・・もしくは、自分が幸せになった分、誰かが不幸になっている・・・本気で、そんな法則を信じていたこともありました。 バカですねぇ(笑) まぁ、今もバカなところは変わりませんが、どうせバカなら、幸せなバカに成りきってしまおうと思ってます(笑)    あ、『ご縁』の話から脱線しましたが・・・ ずっと『ご縁』を繋いでくれている加藤リカさんが、瀬戸まりこさん&稲垣佳美さんのダブル講師による【実践ビジネスコース】の最終日の感想?発表?に俺の『絵と文』を使ってくれました(^-^)     いつもの『絵と文』と違って、『文』は、リカさんが発表する文章の要点を書いたもの。そこからイメージしたものをイラスト化していきました。なかなかの枚数で、かなり時間がかかってしまいましたが、いろいろお話を聞かせてもらったり、楽しく時間が過ぎて行って、あっという間でした(^-^) まず、俺の『絵と文』を、まさかビジネスコースの発表に使おうだなんて、発想がおもしろいですね!(^▽^;)さすがリカさん、退屈する間もございません(笑)今後も、リカさんの活躍から目が離せませんね。     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「ご縁頼みだねぇ」と「ことりーず」。 この世でまだ解明されていない法則『ご縁』・・・神の采配にただ驚くばかりだよ(^▽^;) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----     

      21
      2
      テーマ:
  • 29 Oct
    • 【NEW】D56のスマホケース!

      どーも。毎日、家の用事で時間が過ぎていく、大五郎です(^▽^;)  家の片づけ、貸家の掃除、娘の幼稚園のイベント等々・・・仕事する時間がなくて・・・「あー、仕事がしたい!仕事がしたい!仕事したいー!」って願っていたら・・・     別の新たな仕事が舞い込みました!!!( ̄□ ̄;) 『北日本新聞社』(地元では、わりと多くの人が定期購読されてる新聞です。)から、文学賞をとった作品に合う『挿し絵』を新聞掲載したいので描いてほしいというご依頼です!!!( ̄□ ̄;)おぉー、すごいっすねぇ(^▽^;)「仕事がしたい」じゃなくて「仕事する時間がほしい」と願えばよかったな(汗) いつもお世話になっているNPO法人のお仕事で今年のはじめに『ペットボトルキャップアート』を作成したころに取材にきていた記者さんと名刺交換していたから・・・今回、その記者さんからのご依頼でした。 ご縁から新たなご縁へ・・・。 本当に、『運』と『ご縁』だけで生きてます、俺(;´Д`)ノ本当は、明日も分からぬ我が身です(笑)「生きてる」というよりは「生かされてる」って言葉のほうがしっくりきます(^▽^;)「なんで俺は生かされてるんだろう?」と思う時があるけれど、たぶん、ただただ俺自身が「生きる」と決めた・・・それだけのことなんだろうなと感じます。 あ・・・話がまとまらない(;´Д`)ノさっさと本題を書きます(汗)     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   引っ越し前の記事にも書きましたが、俺は、新居のインターネット開設の際にスマホ『iPhone6s』にしました。 長年、『ガラパゴス携帯(ガラケー)』と呼ばれている携帯だったのが、この歳になってスマホデビューしたわけですが、数年前から持っていた『iPad』と若干操作が違っていて、まだ正直、慣れるのに時間がかかってます(^▽^;) 家族3人でスマホデビューしたわけですが、嫁ちゃんが俺と同じ機種で、色違いです。嫁ちゃんが、ゴールド。俺は、シルバー。店員さんに色を聞かれたときに、俺が「ゴールド」と言うより先に、嫁ちゃんが素早く「ゴールド!」と言ったので・・・!(´Д`;)仕方なく、シルバーにしました(汗)まぁ、『ケース』を付けたら、背面の色なんて関係なくなるだろうと予想もしてましたが。 しばらくは、『ケース』を買わなかったというか、買いに行く時間もなかったんですが、どうにもこうにも、嫁ちゃんのスマホと間違いそうになるわけで(汗)背面の色って、画面を上にして置いたら全然見分けがつかない(汗) 早急に『ケース』を購入しようと、買い物へ行ったり、ネットで調べたりしましたが・・・機能性を追求すると、デザインがイマイチで・・・(汗)デザインを追求すると機能性がイマイチで・・・(汗)どうにもこうにも「ずっと付けていたい」と思えるケースに出会えず。 こうなったら、機能性はともかく、自分の気に入ったデザインが欲しい!と思ったのですが、デザインもなかなか「コレ!」ってものが見つからず・・・(汗) こだわりだしたらキリがないものですねぇ( ̄ー ̄;   みなさんは、どんな『カバーケース』にしてますか?   結局、俺は・・・    自分でデザインしちゃいましたーーー!(笑)   どうせ無いなら作ってしまえ!と思いまして(^▽^;) 似たようなデザインはあったのですが、夜空だけのデザインだったり・・・レインボーなグラデーションだけのデザインだったり・・・両方の色が欲しかったので、両立するデザインにしました。 満天の夜空を駆ける『宝船』。それを見上げる『ネコ』。夢色に輝く『森林』。幻想的で、なにか物語が始まりそうなデザイン(^-^) 『D56』は、俺の屋号です。ロゴマークとか作ってなくて、この際だから作りました。あんまり目立たないマークですが・・・様々な色でキラキラ輝く『六芒星』です(^▽^;) あ、ちなみに、↓ココで買えます(笑)■宝船と星空とネコ - iPhone6/6s用ケース■宝船と星空とネコ - iPhone6 Plus/6s Plus用ケース■宝船と星空とネコ - iPhone5/5s用ケースこのデザインというか、ロゴマークに多少のパワーがあるかもですね。この『ケース』にしてから、新たな仕事が舞い込み始めた気がしてます(笑)(あくまでも気のせいですが・・・)   時間がない中、描いたデザインにしては、なかなかいいものに仕上がったなと自己満足してます(^-^) facebookのプロフィールカバー写真にしたり、  ページのカバー写真にしました。     今月は、時間がなかったので、このデザイン画をもって、『今月のイラスト』とさせていただきます(汗)      ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「ハロウィンのイラストが見たかった・・・」と「ことりーず」。 すまないね・・・( ̄ー ̄; ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      20
      6
      テーマ:
  • 27 Oct
    • (ある一部で)有名なイラストレーター?

      どーも。引っ越し作業の次は、片づけ作業です、大五郎です(;´Д`)ノ   あらかた荷物は運び終えて、以前住んでいた貸家の中を掃除しに行ったり・・・今は、家の中に散乱している荷物たちを片づけて行っているところです・・・(>_<)片づけないとダンボールだらけで、お客さんが来れないというか、自分たちが生活できない( ̄ー ̄; これまた嫁ちゃんがいないとなかなか片づけ作業も進まず・・・(汗)来月の半ば、嫁ちゃんが帰宅するまで、うちは片付かないままだと思われます( ̄ー ̄;     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   じつは、嫁ちゃんが出産のために入院していた病院で、こんなことがありました!(゚Д゚;)      入院してる嫁ちゃんとLINEしてて知ったのですが・・・病院の看護師さんの中の誰一人が俺のことを知ってて・・・それをほかの誰かに伝えるときに、「富山では有名な・・・」と一言、付け加えていただけたようで(笑) まぁ、実際は、富山県のどこへ行っても、俺のことをまだまだ知らない人が大多数いるわけで(^▽^;) 早く、その看護師さんのためにも、それが真実になるように精進せねばと思ったのです。   「有名になる」ってことは、たった一人のチカラでは、絶対、成し得ないことなんですよね。「大金持ちになる」のも同じこと。たった一人では成し得ません。なぜなら、「有名になる」には、大勢の人たちに知ってもらってこそ『有名』なわけで、大勢の人たちが知らなければ、『無名』のままなんですよね。「大金持ちになる」には、大勢の人たちからお金をもらう(預かるって表現のほうがしっくりきますけどね)から、『大金』を手にできるわけで・・・一人のチカラでは、決して実現しませんよね。   今回の病院内のウワサ話・・・じつは、facebookで上記の画像をアップしてみたところ・・・俺から『絵と文』を購入してくれた友人が、知り合いの看護師さんにお話し?したことが始まりだそうで(^▽^;)その看護師さんが、俺と友人とのfacebook上でのやり取りを見てて、なんか気に入ってくれたっぽいです(^▽^;)そういう経緯があって、今回のウワサ話に繋がっていたようです(笑) あ~、嬉しいなぁ(´∀`) こうして、『ご縁』が新たな『ご縁』に繋がって・・・俺が自分で好き勝手やらせてもらってる『絵仕事』で有名になっていける・・・のかなぁ。 本当に・・・なにをしてても、どんなことを成し遂げても、やっぱり、自分一人のチカラだなんて思えなくて。 たとえ『有名』になったとしても、やっぱり、今回のように、陰ながら応援してくれてる『大恩人』たちのクチコミのおかげで、有名にならせてもらうんだろうなぁと感じます。 うまく生かされてるなぁ(*^▽^*)     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「病院に飾る絵とか依頼されたらいいのにね」と「ことりーず」。 そうなったら、おもしろいねぇ(^-^)リハビリの一環として『絵と文』教室の講師とかね(笑) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----       

      27
      テーマ:
  • 25 Oct
    • 子供の泣き声が大嫌いな人へ

      どーも。引っ越し作業も終盤にさしかかっている大五郎です(;´Д`)ノ   もう前の住居には、燃えるゴミと燃えないゴミ以外、なにもなくなりました。  このステキだったラグ?も、この5年の間にボロボロになったので、捨てていくことに。 こうして、家具を次々に運び出して、最後にカーテンも取り払った状態になって・・・ぼんやりと、この家に住み始めたころを思い出してました。 前の住居は、貸家でした。ほかのアパートと同等の家賃で、2階建ての一軒家を借りれるなら、断然、こっちがいいと夫婦で決めて、早5年。 ラグもカーテンも、その他の家具も家電も、嫁ちゃんとの新婚生活スタートの準備を、2人で話し合って決めていく作業・・・とても楽しかったなぁと(^-^) そして、長女が生まれて・・・楽しい3人家族の生活を過ごしてきた貸家。思い出がいっぱいだなぁ。なんとも感慨深いです。   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~   さて、話変わって・・・ 先日、facebookで、良い記事を見つけたので、それを自分のメモとして残しておきます。 もし、自分も当てはまると思う人は、一読してみてください。  ↓ ↓ ↓わたしはだんだんわたしになる なぜ子供の泣き声が耐えられないのか?  俺は、この記事に出会う前に、 → 【絵空事】Children in the world この世には、小さい子供と大きい子供しかいないという考え方なので、「子供ばっかり許されてズルイ」とか「大人のくせに」とかあんまりそこに固執してないほうなので、自分に子供が生まれる前から、子供の泣き声はべつに気にならなかったです(^▽^;) 嫁ちゃんが、NGな人でしたねぇ。デートで、お店に食事しに行ったときに、泣いてる子供の横しか席が空いてなくて、俺は何も考えずにそこに座ったんですが、嫁ちゃんがものすごく不機嫌でした(笑) 俺は、小さい頃から痛みや悲しみを一人で勝手に我慢してたわけですが、嫁ちゃんの場合は、弟さんがいるので、小さい頃から、「お姉ちゃんでしょ!」と親に無理やり痛みや悲しみを抑え込まれてきたんでしょうねぇ。 俺は、親に言われずとも我慢できたから、なんとも思わないけれど、親に我慢させられてきた嫁ちゃんは、やっぱり「弟ばかり、ズルイ!」「あの子ばかり許されてズルイ!」という幼いころから閉じ込められてきた痛みと悲しみが残っていたのかもしれません(^▽^;) 今では、子を持つ親として、子供の泣き声への耐性がついている嫁ちゃんですが、今度、嫁ちゃんが家へ帰ってきたら、この記事をすすめてみようと思います。     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「心の氷が溶けるといいね」と「ことりーず」。 嫁ちゃんの場合は、もうすでに自分の子供たちによって、溶かされてると感じるけどね(^-^) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      19
      テーマ:
  • 23 Oct
    • 新・道小島家の完成

      どーも。最近、事あるごとに母親と衝突している大五郎です(笑)     ・・・と言っても、『不安』『心配』という気持ちを母親なりに我慢していたようで、聞かされた俺としては「なにを今さら・・・(汗)」としか感じませんが(^▽^;)ちゃんと話し合ったつもりでいたけれど、状況が急展開していって、それに頭と心が追い付かず、母親の記憶もアイマイなままに、あれよあれよと旧・道小島家が解体され、引っ越しを余儀なくされ・・・そして今月から新・道小島家での生活が始まろうとしていて、急に同居しなければならない状況になるって・・・「えー、どうしよう、どうしよう」と不安いっぱいな母親( ̄▽ ̄;)俺からしたら、去年から、こういう状況になることは話し合っていたつもりというか、「同居しますか?しませんか?」という選択肢はちゃんと母親に確認してからの新築の打ち合わせだったわけで(汗) 連日のように、『不安』と『心配』の気持ちを俺にぶつけてきております・・・(+__+) ま、俺は『不安』も『心配』も感じておらず、それは母親の感じたことであって俺の問題じゃないけど、母親の『どこかにぶつけたい想い』をちゃんと受け取ってあげるのも、これから同居生活していく中で息子として必要なことなんだろうと思い、ずーっと聞いて、最後には「大丈夫、大丈夫、問題ないです!」と言い聞かせておりますが・・・ おんなじマイナス発言をずーっと繰り返されると、さすがに「もうおなかいっぱいです!」って言いたくなるんですけど( ̄ー ̄; 今まで『努力家』であり、『心配性』だった母親・・・俺の生き方、考え方は、到底理解できないかもだけど、いっしょに住むことで、俺の姿を見て、なにか・・・人生、楽しんだほうが絶対幸せって思うようになってくれたらなぁ・・・と思う、今日この頃です(^▽^;)    さて、久々のブログになってしまいましたが、この一週間、引っ越し作業に追われておりました(;´Д`)ノ 新築の『完成見学会』は、10月8日~10日に行われ、近所の方々や、俺の友人・知人たちが訪れてくれて、みんな「いい家じゃん!」って言っていただけました(^-^)(・・・まぁ、実際、今から住む人を目の前にして「どうですか?」なんて聞かれた日にゃ、そう答えるしかないんだろうと感じつつ(笑))   玄関先。     仏間。    仏間の扉は、嫁ちゃんがこだわってたっぽい。    1階のトイレ。 俺のイトコが、「一番にトイレ使ってやる!」とかひそかな野望を語ってましたが(笑)まぁ、家族の誰よりも先に使ってやるって発想は、すこし分かるけど(^▽^;)実際は一番最初に使ったのは、姫ちゃん(長女)でした(笑)    廊下突き当りに『ニッチ』。 こういう置いてある家具や小物は、すべてハウスメーカーさんの持ち込みです(^▽^;)見学会のために配置してくれてるわけです。嫁ちゃんは、のちのことを考えて、配置の参考にしたいから見たかったようですが・・・見学会中は、出産で入院しておりましたので(^▽^;)こうして、代わりに、俺が写真に収めてきたわけです(笑)(見学する一般の方々は、撮影禁止です)    お風呂場。    洗面所。    このとき、まだ鏡が設置されてませんでした(汗)後日、俺と母親の身長で、見えやすい位置に設置してもらいました。    リビング。これを見て、母親と一緒に「ソファ、欲しいね」って話し合って、母親に買わせることにしました(笑)    これは、俺のワガママで作ってもらった、みんなのカバン置き場(^▽^;)いつも使っているカバンのちゃんとした置く場所が欲しいなってことで。    リビングから見たキッチン。背面の木の色合いやら形状やら、嫁ちゃんのこだわりの注文どおりに作るのにハウスメーカーさんも大変だったと思われます(^▽^;)    リビングから見た食卓。「カフェのようなおウチ」が嫁ちゃんのテーマというか、こだわりだったので、本当にそんな感じになってますね。     食卓のそばに、なぜか黒板(^▽^;)これも嫁ちゃんのこだわりというか、オシャレのつもりだそうです。俺か、子供たちが描くでしょう・・・という勝手な期待で作られます( ̄□ ̄;)     リビングは、一部が吹き抜けです。    食卓そばにも『ニッチ』。おもにマガジンラックですね。    キッチンの壁側。やはり小物がオシャレだなぁ(^▽^;)    システムキッチンなんて初めてで、『IH』も初めてだ。    キッチンの奥に『パントリー(食器・食品庫)』。ここに『勝手口』があり、ここからゴミを捨てに行かなきゃいけないらしい(汗)    1階に母親の部屋。この部屋なら、風呂もトイレも玄関も近い。     2階には、ファミリースペースがあり、子供たちが勉強したり遊んだり、嫁ちゃんがパソコンしたりする空間になる予定。   1階とは違う2階のトイレ。    そして、念願の、自分の作業部屋!    俺は部屋さえあればそれでいいと思っていたけど、嫁ちゃんが、いろいろ調べてくれたり想像してくれて、本棚や作品を置く棚など、頼んでくれた(^▽^;)    そして、この作業部屋だけ・・・カギがついてます(^▽^;)これは、俺の要望でした。子供なら、絵具やら資料やら、すべてが遊ぶ道具として使われるのは目に見えていたので(汗)大事な作品にラクガキでもされた日にゃ・・・泣く(>_<)    俺たち夫婦の寝室には窓があり、この窓は、1階の吹き抜けへ通じている。最初は冷暖房なしで、1階からの風で、どこまで耐えられるか・・・今年は実験の歳です(´Д`;)    寝室には、『サンルーム』があり、日当たりがいいので、洗濯物がすぐに乾きそう。右は、夫婦のクローゼット。   以上、本邦初公開!『新・道小島家』でした!(笑)   見学会から1週間後には、引き渡しとなり、家のカギをいただきました。オール電化で、床暖などのいろんな機能があるため、その説明も受けましたが・・・母親は忘れてそう( ̄▽ ̄;)   とにかく現在は、ずっと引っ越し作業してます(汗)この間、長女は、嫁ちゃんの実家へ預かってもらいました。 20日に、引っ越し業者さんに来てもらって、大型のもの(冷蔵庫、洗濯機、テレビ、テーブル、イス、ベッド、など)は、運んでもらいましたが、まだまだたくさん残ってまして(汗) 明日には、イトコたちに手伝ってもらって、だいたいは運び終える予定でいます(^▽^;) そして、明日の夜、長女だけを迎えに行って、連れて帰る予定です。 どういう反応するかな、姫ちゃん(^▽^;)      ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「引っ越し業者さんがすごかったね!」と「ことりーず」。 絶対、2階へは上がらないと思っていた、100号キャンバスは、無事に、プロによって運んでいただけました(*^▽^*)あれは、もう下ろせないね(汗) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      45
      20
      テーマ:
  • 15 Oct
    • 親と同居する前に再確認したこと

      どーも。 ここ数日、めでたいこと続きの俺ですが・・・ ●次女誕生→初めて命が生まれる瞬間に立ち会う●自分の誕生日と長女の成長→願い事ひとつ ここ数日の間に、ほかにも発生したことがありました。   母親との衝突です(汗)   新居のほうは、この10月で完成し、俺が結婚して実家を出てから、ずっと一人暮らしだった母親といっしょに暮らすことになっています。 そのために、すこしでもお互い慣れるために、嫁ちゃんが出産して実家へ戻っている間、俺と長女と母親の3人暮らしをすることになり・・・ 俺から母親へお願いしたことは、ただひとつ。嫁ちゃんが戻ってくるまで、『長女のお弁当を作ってほしい』ということ。平日の月曜から金曜まで、幼稚園へはお弁当が必須で、俺は料理が皆無で・・・(+__+) これまで、あまり母親に頼らず、嫁ちゃんのご両親に甘えてばかりだった道小島家(汗)毎週のように、たくさんのおかずをタッパに入れて持ってきてもらって、それを道小島家のおかずにしたり、長女のお弁当のおかずにしたり・・・本当に、助けてもらってばかりでした( ̄ー ̄; これまで母親は「なにかあれば頼ってくれていいよ」なんて気軽にどうそみたいなことを言っていたのに、いざ、今回の弁当の件を頼ってみたら、「それくらい、アンタがやりなさいよ!親なんだから!なに言ってんの!」とゴネられたのだった(汗)「そんなふうに言うなら、最初から頼っていいとか言うなや!」と、こちらもキレてしまったりして( ̄▽ ̄;) まぁ、たしかに『俺の甘え』ではある(汗)それは自覚してる。料理が下手だろうと、仕事が忙しかろうと、父子だけの家庭はゴマンといて、みんな、がんばっておられるわけで・・・。 でも、俺がキレて、自分の言いたいことを言ったら、母親はシブシブOKしてくれたのだった(汗)   そんな一悶着があった、母親との共同生活がスタート。母親は、同居の話が出たときから、「アレはしたくない。コレはしたくない。」と、あれイヤ、これイヤ、イヤイヤ言い出していた(汗)・・・定年退職して、もうなにもしていない母親は、イトコの家(母親の妹の家)へ一時的に住まわせてもらっていて・・・着実に、太ってる・・・( ̄ー ̄; まぁ・・・べつに仕事してないからって、アレしろ!コレしろ!とは言わない。したくないなら、しなくていい。掃除も洗濯も俺が出来る。ただ、唯一、料理だけが出来ないから、後片付けも皿洗いも俺がやるから、料理だけ・・・せめて、孫の弁当だけでも作ってやってくれ、と・・・そう伝えてある。 しかし、孫のメンドーを見るのを極端にイヤがる母親(汗)「どうしたらいい?」ばかり、俺に聞いてくる(汗)「私、アンタ一人しか育ててないし、アンタは全然手がかからなかったからなにもする必要なかったから・・・」そればかり言ってる(汗)一人育てたんだし、父歴4年の俺よりは経験豊富なはずなのに? なにも起こってないうちに「どうしよう?」と不安になるのは・・・うまく上手にこなそうとしている証拠。そして、「なにか起こったら、私はどうすることも出来ない!失敗するよ!」と、自分だけじゃなく、俺に、なにも起こってない今のうちから『言い訳』をしているんだ(汗) まぁ、その『言い訳』が悪いわけじゃない。うまくいくようにしたいけど、うまくいく自信がないだけのことで、うまくいくようにという気持ちが見えるから、ありがたい。   それにしても・・・はて? 俺の母親って、こんなに心細かったっけ?( ̄ー ̄;俺が結婚するまでの三十数年間・・・なにが起きても動じないような、そんな『安心感』を母親に対して抱いていたんだけど・・・あのころは、俺のほうが心が弱かったから?   そして、イトコの家でも、孫の世話をする妹の苦労を見てて、「あんなに子供の面倒を見てもらっておいて、お世話になっておいて、お礼のひとつもなく・・・それが当たり前のように、子供たちが妹を利用しているのが腹立つ!」と憤慨していた。それは、俺も腹が立つことだったので、母親に対しては、助けてもらったら、ちゃんとお礼を言っているし、無理しなくていいと、ちゃんと言葉で伝えている。 それでも、母親は、勝手にストレスをためている(汗)言いたいことがあっても、俺のようにうまく言葉に表せなくて、余計に腹が立つ!と、口ケンカしたときに言っていた(汗) ・・・俺の言い方もよくないのだろう( ̄ー ̄;母親と同じく、カッとなることがある。カッとなったときに、母親は黙ってしまうようだが、俺は、ダーーーーっと言いたいことを言えてしまうんだ(汗)これは、個人差だ。お互いに、同じようには出来ないものなんだ。   そんな数日前・・・ 娘のお迎えの時間には、母親が車を運転して、幼稚園の近くで待機してもらっている。幼稚園の駐車場はお金がかかり(汗)その周辺には車を止めて置ける場所がない。歩いて行ってもいいのだが・・・実際、俺は春から初夏にかけて、そうして送迎していたわけだし。ただ、そうやって協力者がいてくれたらラクなんだ(^▽^;)娘も、たまに歩いている途中で「トイレ」とか言い出して、慌てて俺がダッコしながら家まで猛ダッシュしたこともあり(汗)車のほうが早く帰れて、ありがたいのだ(汗) なので、平日の午後14時には、かならず母親と迎えに行く予定になっていた。娘も、幼稚園へ行く前に、「おばあちゃんの車で迎えに来てね」と母親に言っていたのだ。それは、『約束』だ。口約束であれ、予定として組み込まれているわけだ。 な・の・に・・・ 母親は、午前中におばちゃん(母の妹)からの電話を受け、こちらの都合も聞かずに「はいはい行きます」と返事していたのだ(汗)そして、俺にこう言ったんだ。「おばちゃんから来てほしいって連絡きたから、午後から行ってくるね」と・・・。 俺は、ちょっとカチンと来つつも、「んで、おばちゃんの用事はそんなに緊急のものなのか?」と、聞いたらば「ううん、よく聞いてない」って! いやいやいやいや( ̄ー ̄; それで、俺はブチギレてしまったんだ(汗)娘のお迎えは、たしかに俺だけでも行こうと思えば行けるけど、初めから、『約束』してあるものだ。だったら、おばちゃんからの連絡がきたときに、「こっちには、こういう予定があるんだけど、そっちの用事は、どうしてもその時間帯じゃないとダメなのか?」と、話し合うこともできただろうし、約束してある俺に「おばちゃんに来てほしいって言われたんだけど、私がいっしょに迎えに行けなくても、大五郎は大丈夫か?」という確認の話し合いが必要だろう。 もし、反対に、俺が「仕事が入ったから、おかん一人で迎えに行ってね」って母親の予定や都合も考えずに、勝手に、仕事優先して、母親が迎えに行くのが当たり前みたいな態度をとったら、どう感じるだろうか?俺は、そういうことをしていない。仕事だろうと、娘の送迎を優先するように予定を組んでいる。どうしても仕事の予定が重なれば、まずは嫁ちゃんや母親の予定を聞くようにしている。仕事だろうと、家族だろうと、とにかく話し合う。 俺がカチンときた、もうひとつの理由が・・・うちの娘の予定を優先せずに、おばちゃん(母の妹)の予定をふたつ返事で最優先したことだ。娘はまだ母親に慣れていないながらも、「おばあちゃんの車で迎えに来てね」とお願いしてるほどになつき始めているのに・・・「私がいっしょに迎えに行っても行かなくてもいいでしょ?私、いなくてもいいでしょ?」みたいな態度に感じてしまったんだ。 俺がブチギレて、またダァーーーっと喋ってしまった(汗)母親は、苦笑いしながら、「はいはい、申し訳ない。おばちゃんには時間がズレても大丈夫か確認するわ」と、シブシブ俺に従っているように見えた( ̄ー ̄;(結局、おばちゃんは緊急性のない用事だったので、時間をズラしてもらって、娘の約束を果たさせた。)   その夜、娘を寝かしつけた後で・・・俺は、必要なことだと感じ、昼間の、ドタキャンの件を掘り返し、この先も、このような衝突がないように、もう一度、話し合った。 上記のことを、しっかり伝えた。俺が感じたことを伝えた。しかし、俺の喋り方が気に食わないのだろう(汗)母親は怒りに震えていた(汗)どうしても・・・俺は親父みたいな喋り方になるのだ( ̄▽ ̄;)母親が今も憎んでいるであろう、あの親父に、顔も口調もソックリだそうで・・・育ててもらってないのに似るとは・・・恐ろしき遺伝( ̄ー ̄; 「今のは、俺の言いたいことを一方的に言わせてもらったから、次は、おかんが言いたいことを言ってくれ」と伝えたが・・・「アンタみたいにうまく喋れないから余計に腹立つ!」と言っていた(汗)俺は、時間をかけて、話し合っていかなきゃいけないと思った。自分の口調を、いつもの穏やかな口調に変えて、時間をかけて話し合ってみた。 すると・・・ 新事実が発覚した。 「私は、子供が好きじゃないんだ」と。「だから、どうやって接すればいいか分からないんだ」と。 あぁ・・・数年前に、親父と再会したとき・・・親父も同じことを言っていたなぁと思いだした。 そうか・・・ 俺は、親父からも母親からも好きになってもらってなかったのか。 そう言われてしまうと・・・あのときも・・・あのときも・・・と、母親が俺を放置していたエピソードがたくさん思い出されてしまった。いや、俺がこの事実と過去の出来事を勝手に繋げているだけで、俺が勝手に、そう感じているだけであって、母親には母親なりの都合と努力と葛藤があったのだろう。 あぁ、でも・・・そうか・・・あのころは、両親のケンカは自分のせいだと思い込んでしまって、すごく悩んだけど・・・な~んだ、本当に、俺のせいだったんだな(笑)俺が生まれなければ、両親は、なんの衝突もなく、親父は不倫することもなく、結婚生活が続いていたのかもしれない。 そうか・・・俺は今でも甘えん坊だけど、あのころは、母親の負担になりたくなくて、ウソまでついて、あんなに必死に、甘えることを我慢してたのに・・・甘えることを押し殺すのに必死で、一人でも寂しくないって思い込むために、一人で遊ぶことに夢中になるようになって・・・ それが、いつの間にか、母親の脳内では「手がかからない子で、放置してても勝手に一人で遊んでくれてた」という、なんとも、まぁ自分の都合のいいように解釈されてたわけだ(笑)   ・・・という新事実が発覚したのでした( ̄ー ̄; まぁ、今さら、母親にベタベタしたいわけじゃないし、母親には母親の好みがあって、無関心なモノ、もしくは、嫌いなモノをこっちの都合で無理やり「好きになれ」なんて、酷なことは言いません(汗)     でも・・・やっぱり、俺の母親なんですね。 この数日の同居生活で、俺と娘の親子関係を見ていて、気づかれてしまったんです・・・。 俺の、幼い頃の素直な気持ちを・・・。       「ここ数日、いっしょに住んでみて、アンタが姫ちゃんと接してる姿を見てて、思ったんだけど・・・」                                                            「あれは全部・・・アンタが幼いころに父親にしてほしかったことなんじゃないかって思って・・・」   「・・・そうだよ。」 そう、すべて、俺が親父にしてほしかったこと。 こんな親父が欲しかった。 こういう親父の愛情を受けたかった。 こうして親父に褒められたかった。 こうして親父に助けてほしかった。 こうやって親父に遊んでほしかった。 ぜんぶ・・・ 幼いころに、俺が欲しかったもの。      「・・・正直、俺は、姫ちゃんがうらやましい・・・(泣)俺もこんな親父が欲しかった・・・(泣)」 素直に、母親に言えた。 俺が欲しかったものを姫ちゃんにたくさん与えている自分。これでもかってぐらいに。 もちろん、これは、俺が欲しかったものであって、姫ちゃんが本当に欲しいものではないかもしれない。でも、俺が与えたいんだ。こういう父親になりたいんだ。だから、すべて受け取ってもらわなくてもいい。受け取らなかったからって、なにも文句はない。それは受け取り側の問題であって、俺の問題ではない。 「・・・でも、あのまま離婚しなかったとしても、アンタの父親は・・・」 母親が言いたいことも、もうじゅうぶん分かっている。そう、両親が離婚したから、俺が親父の愛情を受けられなかったわけじゃない。両親といっしょに住んでいるときから、親父は、俺の欲しい愛情を与えてはくれなかった。そばにいてくれなかった。 いつも俺は一人だった。 「分かってるよ。あの親父では、到底、俺の欲しいものはくれないから。」 すべては、俺の『無いもの』ねだり。無ければ、作ればいい。理想の父親がこの世にいないなら、俺がそれになればいい。 「だから、俺は、父親として、姫ちゃんがしてほしいことをしてあげてるんじゃなく、俺が、してあげたいことを、させてもらってるんだよ。」 いつかは、→この絵空事のように、姫ちゃんにも自分自身の欲しい『愛情のカタチ』ができあがるんだと思う。そうなったとしても、俺の中に『ないモノ』は、与えてあげられない。だから、いいんだ。お互いに、欲しいものが違っても。 たとえ、親父も母親も「子供が好きじゃない」性分だったとしても、俺の親父には親父なりの愛情表現があったんだ、たぶん。母親にも母親なりの愛情表現があったんだ。 ただ、俺は、たくさんのものが欲しかったわけじゃなく・・・親父にも母親にも、ずっとそばにいてほしかっただけなんだ。俺を一人にしないで欲しかっただけなんだ。   今回のケンカで、自分の気持ちを素直に確認できた。   こうして、母親とのケンカの最後には、しんみりしちゃって・・・俺は、最後に、お願いした。 「子供嫌いなのを無理やり好きになれとは言わん。でも、長女や次女は好きになってほしい。」 ・・・これも無茶な『無いもの』ねだりかなと思いながら。きっと、こうやって、ぶつかって、ぶつけあって、お互いを知っていくんだと思う。家族って、不器用だな。それとも俺だけかな・・・(;´Д`)     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「親を知り、子を知り、自分を知っていくんだね。」と「ことりーず」。 この数日、泣かされっぱなしだよ。愛ってやつに(泣) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- 

      46
      18
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 願い事ひとつ

      どーも。本日は誕生日であり、結婚記念日の大五郎です(^-^)       今日は、長女(姫ちゃん)のことを書きます。    次女が生まれた朝(10月7日(金))・・・。 長女は、2階で寝ていて・・・お義母さんは、先に起きて、朝食の準備をしていたそうです。 長女は起きてすぐに、毎朝の日課で『あること』をします。 それは、階段の上から、階下の母親を呼ぶことです。 「お母さん」って。    すると、嫁ちゃんが階段を登っていって、長女を迎えに行きます。嫁ちゃんが妊娠前は、抱っこして階段を下りていましたが、妊娠してからは、手を繋いで、いっしょに階段を下りるんです。 俺が行くとね、イヤがるんです(笑)「お父さんじゃないーーー!お母さん!」って。嫁ちゃんが手が離せない時に、俺が行ってもダメなので・・・仕方なく、嫁ちゃんが慌てて用事を済ませて階段上まで迎えに行くことになります( ̄ー ̄;   それが・・・その日は・・・お母さん(嫁ちゃん)ではなく、おばあちゃん(お義母さん)だったので、ちょっとビックリしたらしいです(^▽^;)でも、イヤがることなく、「お母さんは?」と冷静に話せたようです。 俺が病院から帰宅したのは、朝7時半ごろ。嫁ちゃんが産んだ後、「腹減った」と言って、普通に朝食を食べるというので、そのタイミングで帰ってきました。 そして、次女が生まれたときの写真を長女に見せると・・・     ものすっごく飛び跳ねて、喜んでました!(*^▽^*)こんなに次女の誕生を喜んでくれるなんて見てるだけで、俺も嬉しくなりました(^-^) どうして嫁ちゃんがいないのか?どうしてお義母さんがここにいるのか?今後は、どういう生活をするのか?すべて理解出来ないだろうけど、ちゃんと話しておきました。 この日の午後、幼稚園から帰ってきた長女を連れて、嫁ちゃんと赤ちゃんに会わせました。     嬉しそうに、何度も妹の顔を覗き込む長女(^-^)すぐに退屈になって、静かにしなきゃいけないのにすぐにハシャギそうになってたけど(汗)(相部屋だし、ほかの赤ちゃんも寝てるし。) 帰り際、嫁ちゃんとしっかりハグしてもらった長女。長女は・・・とくに泣くことがなく、嫁ちゃんのほうが泣きそうになってました( ̄ー ̄;うん、嫁ちゃんの気持ちも分かるなぁ(泣)   この日の夜は、またお義母さんに泊まってもらいました。まだ何があるか、嫁ちゃんや赤ちゃんの状態が急変するかもしれないという心配もあったので、一応、待機してもらうつもりで。 なので、お酒が飲めるお義母さんと乾杯したい気持ちがあったけど(笑)お互いに気持ちを抑えて、ノンアルコールビールで乾杯しました(笑)あんまりノンアルビールは好きじゃないんだけど、しばらく禁酒してたせいか、ビールっぽい味を味わえて、それだけで満足できました(^-^)   その翌朝・・・       一人で起きて、階段の上で、しばらく黙って、階段下を見つめている長女・・・(泣) 本当なら、「お母さん」って言いたいよね・・・。本当なら、お母さんに階段上まで迎えに来てほしいよね・・・。 それを、グッと我慢してる感じがしました(泣) 長女がどうするのか、しばらく見てましたが、おばあちゃん(お義母さん)を呼ぶことも、俺を呼ぶこともなく、黙って、一人で階段を下りていきました・・・。   この日(8日)は、週末で幼稚園が休み。午前中の内に、新築の見学会が始まっていたので、一番乗りで見学してきたり(^▽^;)  その後、嫁ちゃんが入院している病院へお見舞いに行きました。 お母さんがいつも抱いて寝ているぬいぐるみを持って行ったり、そのぬいぐるみを使って、お母さんと同じように授乳の真似事をしてみたり(笑)   その帰り際、赤ちゃんのマネをして、俺にダッコを要求・・・( ̄ー ̄;「うわぁ、これが世に聞く赤ちゃん返りか」と思いつつ、たくさんダッコをしてやる( ̄ー ̄; この日の夜から、お義母さんは家へ帰られて、俺の母親が、いっしょに寝泊まりすることに。長女は、いつもよりたくさん夕飯を食べてくれて、なんだかテンションが高かった気がする(^▽^;) でも、夜はなかなか寝てくれなくて・・・俺にベッタリくっついて離れてくれなかった。ダッコの要求もいつもより頻繁だった。   そして、また翌朝・・・    一人で起きて、しばらく黙って階下を見つめる長女の姿が・・・(泣) お母さんを待っているような・・・自分の中で、お母さんに甘えたい気持ちをグッとこらえているような・・・そんな姿に見えます(泣) この日も、嫁ちゃんの入浴時間に赤ちゃんを見守るため、その時間帯に合わせていっしょにお見舞いに行きました。    お母さんのマネをして、赤ちゃんをダッコしてみるものの、すぐに赤ちゃんが泣いてしまって(笑) 赤ちゃんは、ものすごく長女の幼い顔に似ていて、やっぱり姉妹だなぁと感じました(^-^) 事前に、嫁ちゃんには、長女の朝の様子を伝えてあって・・・「泣けるぅ~(泣)姫ちゃんが泣かなくても、私が姫ちゃんに会えなくて泣いちゃう(泣)」ってメッセージが・・・嫁ちゃんの気持ちが分かる(>_<) 帰りは、しっかりお母さんにハグしてもらってた。 帰り道、長女の甘えん坊は拍車がかかり、もう本当に、オンブにダッコ状態( ̄ー ̄;なにをするにしても、どこへ行くにしても、俺から離れることがなくなって・・・かなり困った( ̄ー ̄; そして、その日の夕食時になっても、長女は、俺の体をつかんで離してくれなくて・・・今度は、ご飯すらも「あーん」して食べさせてくれと要求される(汗)でも、ぜんぜん食べれる状態じゃなくて・・・どんどん不機嫌になっていく長女。 もうグダグダになっていて、半泣き状態の長女に、「離れてよ、姫ちゃん!これじゃ食べさせられないよ!どうして欲しいの!?」ちょっと言葉強めに言ってしまった・・・。 そしたら、長女は泣き声で、こう言った。     「おかあさんにあいたいーーー!!!」って・・・(泣)     嫁ちゃんの陣痛が始まった夜のとき以来、我慢してた長女の本音が出ました・・・。 ずっと我慢してたんだね・・・姫ちゃん・・・(泣)赤ちゃんがうらやましくて、赤ちゃんのマネをして・・・でも、カマってほしいのは、お父さんじゃなくて、お母さんで・・・。 俺は、すぐに時計を見ました。時刻は、20時ちょっと前・・・面会終了時間は21時・・・病院へは、車で10分程度です。 俺は、姫ちゃんを抱きしめながら言いました。 「よく言ってくれたね、姫ちゃん!今なら、まだお母さんに会いに行けるよ!すぐ、ご飯食べて、お母さんに会いに行こう!」 そう言ったら、長女は、すぐにご飯を食べてくれました(^-^)俺は、自分のご飯をほとんど食べることなく(汗)長女が食べ終わったら、すぐに長女を連れて病院へ向かいました。 まさか来るとは思ってなかった嫁ちゃん・・・経緯を話したら、泣いてました・・・俺も泣きました(>_<)思い切りお母さんにハグされて、満足そうな表情の長女・・・。     ・・・本当は、添い寝して、お母さんといっしょに寝たいよね・・・。 でも、21時の面会終了時間ギリギリまでいましたが、ちゃんと、バイバイして帰ってきました。 この日の夜は、ぐっすり寝てくれて・・・翌朝は、階下を見つめることなく、起きたら、すぐに一人で階段を下りていきました。     『成長』って、素晴らしいね。でも、『成長』って、切ないと感じるときもある。俺はただただ子供の『成長』を見守るだけしか出来ない。俺も、こうやって成長してきたんだろうなぁって、感じるだけで。   俺は、これからも出来る限り、子供の『希望』を、『願望』を、『言いたいこと』を聞いていきたい。もちろん、俺はスーパーマンではなく、ただの人間であり、出来ることも出来ないこともある。でも、それでも、娘たちには素直に、自分の言いたいことを言ってほしい。そうして、お互いのことを知っていきたい。 ずっとそばで娘たちの成長を見守って生きたい。 とにかく、長女が素直に「会いたい」と言ってくれて、嬉しかった出来事でした(*^▽^*)      そして、本日、幼稚園から帰宅した長女は、俺に・・・     タンポポをくれました(笑)まぁ、俺の誕生日を意識してないだろうけど、俺がプレゼントをもらったのは、この日、これが初めてだったので 「姫ちゃんだけだよ、俺の誕生日を覚えててくれたのは。」 と言ったら、母親が 「・・・あぁ、そうだったね、忘れとった(笑)まぁ、祝うような歳でもないしね(笑)」 と笑われた(^▽^;)あんたが腹を痛めた日だろうに、ちゃんと覚えてろよ(汗)でも・・・産んでくれて、ありがとう、おかん。  本日、嫁ちゃんは検診のついでに、家へ寄り、長女を連れてってくれました。この週末、幼稚園が休みの間に、嫁ちゃんの実家で過ごしてもらう予定です。    お泊りグッズを持って、お義父さんの車に向かう長女。本当に、嬉しそうだったな(^-^)   そして、夜になって、母親と二人で夕食を食べた後、母親が「ここでは私の見たいドラマが見れないから、おばちゃん(母親の妹)の家へ行くわ。泊りで。」と言って、布団持って出て行きました(笑)   ・・・つーことで・・・      今夜は、一人でバースデー・パーティー!(笑) ずっと禁酒してたので、久々に飲みます(^-^) 俺って、じつは生まれたとき、仮死状態だったんですよねぇ。生まれた日に死んでるなんて、俺らしい生まれ方(笑)そんな俺が、こうして親になるなんて・・・人生、なにがあるか誰にも分かりませんね(^▽^;) おめでとう、俺♪ お疲れさん、俺♪ カンパーイ♪\(^0^)/     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「夕食が、ご飯と目玉焼きだけだったね。」と「ことりーず」。 せめてケーキくらい自分で買ってこればよかったかな(^▽^;) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      144
      34
      10
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 初めて命が生まれる瞬間に立ち会う

      どーも。急激に生活が変わっていく・・・大五郎です( ̄ー ̄;   2人目が生まれる前から、男性のお客さんなどに「今は奥さんが妊婦さんだから、いろいろ代わりにやらなきゃいけないだろうから大変だろうけど、生まれてしまえば、ラクになるからね。」な~んて言われることが多かったんですが・・・ めっちゃ忙しいんスけど・・・( ̄ー ̄; ちょいちょい病院へ通って、嫁ちゃんのサポートしてたら、あっという間に時間が過ぎていくんですが(汗)家へ帰れば、洗濯したり、買い物したり(汗)この連休中は、長女を嫁ちゃんのご両親に預かってもらったので、まだラクできたほうだけど・・・休みが明ければ、幼稚園へ通わせるために、弁当用意して、送迎して、宿題させて、食べさせて・・・そして、病院へ通うことになる・・・(汗) 時間が足りないのは容易に想像できるんですけど( ̄ー ̄; 思うに・・・、俺に「ラクできる」と言っていた男性たちは、当時の自分たちのそういう『やらなきゃいけないこと』をソツなくこなしてしまって、大変だった覚えがないのか・・・もしくは・・・そういうことを誰かに任せっぱなしで、自分は仕事だけをして家事や育児を放棄していたんだろうなぁと思われます(汗)(おそらく後者のほうかな。)     次女誕生の記事に、たくさんのお祝いの言葉をいただきまして、まことにありがとうございました(*^▽^*)言葉をくれた方々といっしょに喜びを分かち合えた気がしてとてもうれしかったです(^-^) そうそう・・・、嫁ちゃんが妊娠中に、長女のときとは違ってツワリがひどかったので、いろんな方々から「きっと男の子だよ」と言われてきましたが・・・懐妊発覚から数か月後に、エコー検査の結果で『女子』だと判明しておりました(^▽^;)なんだか、世間では「男子が生まれるまで子作りした」とか「男子が生まれたからよかった」とかそういう考えの人たちもいるみたいで・・・家系の存続?跡継ぎ?みたいな考えなんでしょうねぇ(^▽^;)実際、俺の友達に、生まれる前に「女子だと判明したよ」と教えてみたら「そりゃ残念だったな」とか言われて、ビックリしちゃいました(汗) 俺の考え方は、以前の不妊治療の記事にも書きましたが、男子でも女子でも関係なく、元気に生まれてくれたらもうそれ以外の望みはないです。たしかに、『道小島(みちこじま)』という名前は富山県に1件しかない貴重な名前ですが、うちの祖父、祖母ともに養子として、この道小島家へ入ったので・・・すでに、祖祖父、祖祖母のときに道小島家の『血』は、途絶えております。なので、もう『道小島』という名前だけしか受け継がれておらず。俺は、もともと、結婚を諦めてて、俺の代で『道小島』という名前を終わらすつもりでいたし、俺の母親も『道小島』の名前を残そうとか思っておらず、名前に執着はないと話してました。だいたい、母親が離婚してなかったら・・・俺が親父に引き取られていたら・・・その時点で名前も途絶えていただろうし(^▽^;) なのでね・・・「男子じゃないから残念」みたいなことを言われると、ものすごく悲しいというか、「え、いっしょに次女の誕生を喜んでくれないの?」と、俺は感じてしまうので・・・(+__+)個人の考え方がそれぞれあるのは分かっておりますが、考え方が違う人とは意見が合わないので、祝ってくれない人は、黙っててくれるとありがたいです(^▽^;)     今日は、忘れないうちに、次女が生まれた日のことを綴っておこうかと思います。 まず、10月6日の夜23時50分に破水。「なんとなく痛い」とか「なんとなくおなかが張る」という程度で横になっていた嫁ちゃんでしたが、突然、ムクっと起き出して、「出た」とか言い出すから、もうドキドキ!(+__+) 病院のマニュアルみたいなものがあって、まずは助産師に電話して、状況を伝えて、指示を仰ぐことに。やっぱり「病院へ来てくれ」ってことになった。 困ったことに、すでに長女は眠っている。起こして行くことも考えたが、寝起きで癇癪を起される場合もあり(汗)イトコの家に臨時で住んでいる母親を呼び出すことになった。一応、嫁ちゃんの母親にも連絡してみたら、こんな夜中でも来てくれることに・・・車で1時間かかるほど遠いのに・・・親の愛だなぁと感じた。 イトコの家は、わりと近いので、母親はすぐに来てくれたのだが・・・玄関のカギを開けておいたにも関わらず、チャイムを押しやがった母親(汗)長女を起こさないように病院へ行こうとしてるのに、なにしてくれとんねん!ヽ(`Д´)ノ・・・と、若干、小声で怒りつつ、こんな夜中でも来てくれたことに感謝した(^▽^;)   母親を家に残し、嫁ちゃんを連れて病院へ。すぐに診察室へ案内され、いろいろ診察されたが、穴?がまだ数cmしか開いてないらしく、陣痛らしきものがきているが、その間隔がまだ短くないので・・・嫁ちゃんを残し、俺は一旦、帰宅することになった。 俺たちが病院へいるときに、お義母さんが家へ到着したらしく、長女のとなりで寝てくれてるようだった。お義母さんと交代して俺の母親は帰っていったようだ。 帰宅したころには、夜中の2時過ぎ。2階で寝ている長女とお義母さんを起こさないように、俺は1階で仮眠をとることにしたが・・・昨夜、長女を怒ったことを思い出して、猛省していた(泣) 思えば、あの長女のワガママが・・・長女が一人っ子であるうちの『最後のワガママ』になったんだなと思った。そして罪悪感でいっぱいになって、あんな記事を寝ずに書いていた(笑)自分の都合で怒ってしまったけど、今にして思えば・・・ちゃんと叶えてあげられてよかった・・・。 そうこうしているうちに、5時過ぎになり・・・俺がウトウトし始めたときに、突然の電話!まだスマホに慣れてなくて、寝ぼけてたのもあって、1回切ってしまった(;´Д`)ノすぐにかけなおしたら、嫁ちゃんが「イタタタ!痛いーーー!来てーーー!」という悲痛な声!!!( ̄□ ̄;) 慌てて、病院へ急行!病室へ向かおうとしたら、ナースステーションで看護師さんに見つかり、「こちらです!」と言われ、向かった先は『分娩室』。嫁ちゃんはすでに、今、まさに命が誕生しそうな状況!思わず、駆け寄り、嫁ちゃんの手を握った。 嫁ちゃんの陣痛が1分間隔より短くなってきており、普通の表情に戻ったり、痛がったりの繰り返し。そのあと、看護師さんが「旦那さん、立ち会われますか?」と、この状況で聞いてきた(笑) じつは、俺は事前に『立ち会わない』という予定でいた。長女のときもそうだった。苦しがってる嫁ちゃんのそばにいても俺は何も出来ないし、苦しんでる姿を見てると、情けないことに泣きそうになってくるから(汗) しかーーーし・・・もう、すんなり『分娩室』に入っちゃってるし、もうすでに、嫁ちゃんが俺の手をしっかり握って離せない状況(笑)     ・・・そのまま立ち会うことになりました(笑) 事前に、嫁ちゃんは自分好みの『アロマ』を用意してました。しかし、破水したときには家に忘れてきてしまったため、俺が一度帰った時に、しっかり持ってきました。嫁ちゃんが言うには、ほかのお友達数名から「陣痛で我慢できないときに、好きなアロマの匂いを嗅ぐと痛みが和らぐ効果があった」という情報を聞き、今回、試してみたいと思っていたようで。持ってきた『アロマ』をハンケチに含ませて、そのハンケチを嫁ちゃんの顔の横で、パタパタと振ってみました(^▽^;) 効果があったのかどうか、後日、嫁ちゃんに聞いてみたところ・・・「あれは、分娩室に入る前の段階でやらなきゃ意味がない。本格的な陣痛には効果がなかった。」だそうです(笑) ただ、俺がパタパタしてる間は・・・   その場にいた助産師さんたちが和みました(笑)  俺が分娩室へ到着してから、30分以上経過したでしょうか・・・。嫁ちゃんと赤ちゃんが頑張ったおかげで、6時22分に、無事、第2子となる赤ちゃんがこの世で産声をあげることができました!     長女のときは、ぐったりしていて、大きな産声をあげることがなかったけれど、この子は、しっかり大きな声で泣いてました。 テレビのドキュメント番組で見たことはあったけど、自分の目で見た出産の場面は、本当に・・・言葉では表せない感動が、全身を駆け巡っている感覚でした。 よく男性は、血が出る出産シーンに弱いと聞いていましたが、俺は大丈夫そうでした。 ただ・・・その油断したすきに・・・    嫁ちゃんの股間から、ドゥルルルルって!!!ビシュルルルルって!!!大量の血のカタマリがぁぁぁ!!! ・・・うん、あれが世に聞く『胎盤』ってやつなんですねぇ(汗) って、意外と冷静に、その光景を見てたのですが、急激に、気持ち悪くなってしまって・・・(;´Д`)ノ 寝不足だったためか・・・無事に生まれてホッとして気が抜けたのか・・・空腹のまま、ずっと立ちっぱなしだったためか・・・    そっと、そばにあったイスに座っちゃいました(笑) のちに嫁ちゃんにこのことを言ったら、「え、そうだったの?なにかされてるなぁとは思ってたけど、胎盤のこと忘れてたから、私は見なかったわ。」って言ってました(笑) 自然に排出されるものなんですね。長女のときは、胎盤がすんなり出てこなくて?医者が手を突っ込んで引きちぎるように取ったとか(汗)あれは最終手段のようですね(汗)今回は、そういうことがなくてホッとしてました(^▽^;)   まぁ、その後・・・次女がおっぱいを飲むのが、なかなかうまくいかなかったり、ミルクを与えたのに、血糖値?が上がらなくて、低血糖の疑いで、産婦人科にいながら、小児科にもかかって、別途料金が発生したり(汗)生まれるまでもハラハラさせられ、生まれてからも、親を心配させてくれます(笑) そして、昨日、嫁ちゃんは退院しました(^-^) 退院当日に、沐浴の実習があり、長女のときのことをスッカリ忘れたので夫婦で受けてきました。そのとき・・・背中にそこそこ大きなデキ物があるのを見つけたので、小児科の先生に診てもらった結果、先天性のもので、毛穴?に菌が入って膨らんでいるのか、もしくは、空洞になって膨らんでいるだけなのか、とにかく、今は様子を見ましょうということになりました(+__+)切除するにしても、もう少し赤ちゃんの体が大きくなってからじゃないと手術が出来ないということで・・・とにかく、悪性のものじゃないこと、デキ物が大きくならないことを祈るばかりです(>_<)   嫁ちゃんが入院している間に、長女の物語があったのですが、それは、また別の記事に描きます(^▽^;)     ※大五郎のブログは、許可なく、シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、リブログしていただいても、OKです!笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`)"応援クリック!"↑「出生届、本日出してきましたね。」と「ことりーず」。 名前は早くから決まってたんだけど、なかなか忙しくてねぇ(^▽^;) ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----

      39
      4
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 男性を虜にする女性がまた一人誕生!

      どーも。寝てません…大五郎です(^◇^;)今朝、6時22分!待望の第二子、無事に誕生!!!しっかり予定日…の翌朝に生まれて来てくれたね。はーい、もうメロメロ〜(笑)この家族に加わってくれてありがとう。俺を選んでくれてありがとう。まだまだ不甲斐ない親父だけど、これだけは約束できる。世界中の誰よりもキミたちを愛してる!!!!!あー…母子ともに健康でよかった!それ以上は何も望まない。嫁ちゃん、本当にお疲れ様でした。愛してる。…とにかく眠いけど、午後から娘のお迎えに行かなきゃなので仮眠します(^◇^;)昨夜の情けない記事にコメントぅれた方々、ありがとです!後ほど返事します。癒されました、みなさんの愛情に。ありがとです(^_^)

      49
      30
      テーマ:
    • 卑怯者

      俺は卑怯者だなと、昨夜、つくづく感じた。風呂上がりの娘の髪をドライヤーで早く乾かしたいのに、ジッとしてくれず、イヤイヤばかり言われて、挙句、「お父さん、アッチ行って!」と言われてキレてしまった。思い切り怒鳴ってしまった。俺には娘の髪を早く乾かして、風邪をひかないようにしてあげたいという、自分勝手な思いやりと…おなかの痛みで横になってる嫁ちゃんの具合が気になってて早く済ませたいという、これまた自分勝手な気持ちがあった。俺が怒鳴ったあと、黙って、ジッと俺を見ている娘。自分だけ言いたいことを言ったから、今度は娘の言い分を聞こうと思い、すこし冷静な口調で、どうして髪を乾かさせてくれないのか?とたずねてみれば…「お母ちゃんに乾かして欲しかった」と言いだした。怒鳴ったことを物凄く後悔して、泣きそうになった。すぐに謝り、素直に気持ちを言ってくれたことにお礼を言った。その後、嫁ちゃんの体調が少し良くなったので娘の希望通り、嫁ちゃんに髪を乾かしてもらった娘は泣いていた。妊婦のお母ちゃんにワガママ言っちゃいけないってこの子なりに気を遣っているのが分かる。ふと、自分の言動と行動を振り返って…気づいたことがある。たとえ、相手のことを想って怒ったとしても…相手がケンカ腰で言い返してこない子供だから怒鳴ったのであり…もし相手が同じ大人で、こちらが怒鳴れば相手も怒鳴り返してくる同等のチカラを持つ者であるならば…俺は怒鳴らなかったと思う。つまり、俺は相手の力量を見て怒鳴ったり怒鳴らなかったりしているわけだ。相手が逆上して暴力的な行動に出ても、自分のチカラで防衛、もしくはねじ伏せる事が出来るという確信があって怒りをあらわにしているわけだ。完全な卑怯者だなと感じた。娘に申し訳ない気持ちになった。娘を寝かしつけたあと、2時間後ぐらいで、嫁ちゃんが破水。時刻は23時50分。親を呼んで、留守番してもらい、嫁ちゃんを連れて病院へ行った。病院は出産ラッシュで、嫁ちゃんが本日5人目らしい。陣痛は微弱。まだ時間がかかると判断し、一時帰宅した。予定日通りというか、一日遅れというか。今日中には生まれそうな感じである。仮眠しておきたいけど、連絡がいつ来るのか、ドキドキして眠れず。娘を怒鳴ったことを思い出して、娘の気遣いを思い出して、また涙…。情けない父親だ。

      28
      12
      1
      テーマ:

プロフィール

絵描き士・道小島大五郎

性別:
男性
誕生日:
1975年10月14日
血液型:
B型
お住まいの地域:
富山県
自己紹介:
はじめまして。 富山県を中心に『絵と文』を描いてます、 絵描き士の 道小島大五郎 (ミチコジ...

続きを見る >

読者になる

AD
---------------------------------


▲ 無料イラスト集・大五郎の『絵と文』 ▲



▲ 大五郎のホームページ ▲


オチつき大五郎え日記
▲ 大五郎所属のティンタラ ▲


大五郎ブログの主な登場人物


<名前:大五郎>
オチつき大五郎え日記
本名:道小島大五郎
(ミチコジマダイゴロウ)
血液型:B型
ガリガリ体型で寂しがり屋な
当ブログ管理人。
甘党な上に甘い思想を持つ。
幼い頃に大阪で育ったため、
たまに関西弁が出る。
悲恋の確率高し。
ベストタイミングで笑いの神に愛される(汗)

--- --- --- --- --- ---

<名前:大五郎の母親>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
俺を産むために苦労し、離婚後は、
俺を育てるために苦労した、苦労人。
基本、マイペース。
天然ボケで、いつも明るい。
キライな食べ物が多いが、
それを認めない。
宝塚好き、氷川きよし好き、
美輪様好き、きみまろ好き、
韓流ドラマ好き、
マヨネーズ超大好き。
メタボ街道まっしぐら。

--- --- --- --- --- ---

<名前:嫁ちゃん>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
変人・大五郎を慕う変わった嫁。
薬剤師。天然ボケ。
教習できるほどのスキーヤーで、
スキーサークルに入っている。
食べ物の好き嫌いが激しいが、
お菓子が大好き。



大五郎ブログアクセスランキング

このブログで『爆笑ネタ』以外で、
アクセスが多かった記事を勝手にランキング!
(アクセス数は当日のみの集計)


NO1【実話絵空事】すべてのばあちゃん子に捧ぐ
総アクセス数2000pv超え!
2004年7月4日に亡くなったばば様との
最期の思い出です。

2位裸足で未来へ!
総アクセス数1000pv超え!
イラストレーターさんを支援するブログの企画に
参加してリンクしてもらった記事です。

2位イラストレーターに大切なこと。
総アクセス数1000pv超え!
自分の『覚悟』について熱く描きました。
今でも同じ思いの方々から感想いただきます。

自信がない方へ。(大量記事!)
総アクセス数1000pv超え!
これも経歴がない自分を
奮い立たせるために熱く描きました。

大きな壷と大きな石の話
総アクセス数800pv超え!
ネットで有名な深いぃ話を
紹介させてもらいました。

悩んでる人、必見!【AとBの法則】
総アクセス数800pv超え!
たぶん「悩み」というキーワードで
アクセスが集中したようです。

被災地で聴覚障害者に出会ったら!
総アクセス数800pv超え!
3.11の震災後に描きましたお役立ち情報です。
いろんな方々がtwitterなどで拡散してくれました。
お役に立てれば幸いです。



絵描き士・大五郎の活動劇

↓【大五郎の活動記録】↓


↑2011年に個展宣伝のためレディオ出演



■絵仕事の価格表は→☆こちら☆
■お問い合わせは→☆こちら☆
■大五郎の無料イラスト集→☆こちら☆
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。