富山県在住の絵描き士

道小島大五郎(ミチコジマダイゴロウ)
と申しますm(_ _ )m
芸名じゃなく、本名でございます。


自己紹介


『道小島』にまつわるエトセトラ



「こんなの描いて欲しい」「こんなことできる?」
などなど

お気軽にご相談下さい。
 ↓ ↓ ↓

お仕事用メルアド→ d56.daigorou@gmail.com


【主なブログメニュー】

絵描き士の絵仕事メニュー価格表

ありえない爆笑ネタ集

NEW大五郎のお笑い育児日誌 まとめ

大五郎の絵空事・絵本

【無料】イラストをブログで使って下さい!

オチつき大五郎え日記リンク集

絵描き士・大五郎 お問い合わせ

* このブログは、爆笑ネタがオススメ音譜です(b^-゜) *


  • 26 Jul
    • 個展への道【エーテル・プロジェクト】その4

      2014年・個展開催宣言→ガウディ×井上雄彦×大五郎 2015年・個展の計画→個展への道【エーテル・プロジェクト】その1   2016年・個展の計画→個展への道【エーテル・プロジェクト】その2   2017年3月・個展の計画→個展への道【エーテル・プロジェクト】その3         どーも。 自分のケツの重さにビックリな、大五郎です(-_-;)       前回の個展の経過を描いたのち、 また時間が空いてしまいました( ̄ー ̄; 言い訳をするとすれば、「時間が無かった」。 これに尽きます(汗) 「時間は自分で作れ」と聞きますし、俺もそう思うんですが、 お客さんに依頼されたものを最優先にこなしていて、 昼間も夜中も描き続けてて・・・それでも時間が足りず。   いつもお世話になってるNPO法人からの依頼が ちょっと夏に向けて、イベントが多すぎて(汗) あとからあとから追加のイベントのためのポスター制作に 追われておりまして(汗) いや、向こうからすれば 「無理なら断ってもいいよ」なんて言ってくれてますが、 いやはや、お金になるのであれば、 やっぱり引き受けたいわけで・・・( ̄ー ̄;   だって・・・ねぇ? お金を集めないと、個展のための画材も買えないわけです(汗) 個展用の作品は、ある程度、所持している画材でやっていこうと 決めましたが、やはり消耗品ですので、 描けば描くほど無くなるので、買い足していかねば描けません(汗)   それに・・・今月は、長女・姫ちゃんの誕生日もあるので、 プレゼントを買ってあげたい一心で、稼いでます(^▽^;) それでもスズメの涙ほどですが(汗)       言い訳の前置きは、さておき(汗)       つい先日から、個展用の作品を描き始めました!   いつもこの月末あたりは、 新聞社用のイラストの締め切りに追われてて 時間がなかったわけですが、 来月分のイラストが早くも仕上がったため、 時間を作ることに成功いたしました(^▽^;) (それでも小姫ちゃんが風邪をひき、熱を出したりして 昼も夜もなかなか仕事に集中できませんでしたが・・・)           10号のキャンバス。 2カ月前くらいに買っておいたもの(汗) いつも真っ白なキャンバスに向かえず・・・。 それでいて、真っ白なキャンバスと対峙するたびに ・・・臆しておりました(;´Д`)ノ   自分のチカラが、頭の中が、はっきり露呈してしまうことから 逃げてしまいたい気持ちになって・・・ 本当に、今さらながら(汗)   パソコンで、物語の『あらすじ』だけは 作成してあったので、あとは本当に描きだすだけだったんです。           ・・・描きだして、すぐに、驚きました。   ぜんぜん・・・自分のイメージどおりに表現できないんです(´□`。)   うすうす感じてましたけどね(汗) 俺の画力(知識&技術)では、 自分のイメージしたものをそのまま描きだすことが出来ないって。             ・・・それでも、俺には『今のままの画力』で描くことしかできませんでした。   イメージ通りに描けない時点で、この作品は失敗だったんですが、 もう一度描きなおすにしても、どこを、どうすれば イメージ通りに描けるのか?・・・『今の』俺には、分からないんです(汗)   イメージ通りに描けない、ヘタクソな自分・・・   それでも、「描きたい」という一心で、筆を走らせました。             一応、掃除はしたんですけどね・・・ ホコリが舞って、もし作品に着いちゃうとイヤだからって エアコン使わず・・・汗がジワジワ出てくる・・・(;´Д`)   でも、描いてる時は、無心になれてました。 それってつまり・・・楽しくなってました(笑) ヘタクソでも、イメージどおり描けなくても、描くことが楽しい。嬉しい。           もちろん、イメージ通りに描かなくていいとは思ってません。 これでも、ヘタクソなりに、 イメージに近づけていくように考えて・・・ でも、いつの間にか、無心になってた(笑) 気づけば、暑さも、流れる汗も・・・ 息をすることも忘れてました(それはアカン!)             画材は、アクリル絵の具です。   使い方や描き方は、ネットで調べたり、本で立ち読みしたり(笑) それでも、イメージどおりにはならなかった( ̄▽ ̄;) 練習も必要だけど、本当に、描き方が分からない(汗)   パソコン(デジタル)だと、ソフトの機能で、さまざまな特殊効果を使えるし、 失敗しても、何度でもやり直せるから、 時間はかかっても、完成度はそれなりにイメージに近づけれるけど、 アナログは、もろに、実力が露呈しますね・・・。 やり直しもできない。やり直す場合は、 最初から、別のキャンバスに描き直しですもんねぇ(汗)           ここまできたら、 「もう仕方ない。どうにもならない。今はこのまま描くしかない。」と 開き直りの気持ちで(笑)           すこしずつ、すこしずつ・・・ こんなのでも、完成へと近づけていく・・・(汗)       『エーテル』・・・。   以前も、すこし書きましたが、 この個展のタイトル『エーテル』とは→ウィキペディア   古代ギリシャにおける輝く空気の上層を表す言葉であり、 アリストテレスによって四大元素説を拡張して『天体』を構成する 第五元素として提唱された。これはスコラ学に受け継がれ、 中世のキリスト教的宇宙観においても、 『天界』を構成する物質とされた・・・というものであり・・・(^▽^;)   前回、ちょっと『あらすじ』を公開した通り、 『胎内』を『宇宙』に見立てて、胎児の物語をえがきます。   『宇宙』・・・色でいえば『闇』であり、 俺が、今まで避けてきた色であり、テーマでもあります。 今回は、その『闇』の中にも さまざまな色があるということを、 俺の色で表現したいと思っていて・・・。   これが完成するころには、 自分の『闇』を、 今よりも受け容れれるようになれるかもしれない。             物語の最初の作品となる、今回の作品は、 絵本でいえば『表紙』にあたる作品です。             ・・・描いている途中で、長女・姫ちゃんが 作業部屋に入ってきちゃって・・・!(´Д`;)   俺の作品を見て、       姫ちゃん 「おとうさん、なに描いたの?」 俺 「うーん…なんだと思う?」 姫ちゃん 「…空?」 俺 「そうだね、空だね」 姫ちゃん 「この姫ちゃんが好きな色(水色の部分)は、なに?」 俺 「うーん…魂かな」 姫ちゃん 「たましいってなに?」 俺 「うーん…なんだろね? 命、かなぁ?」 姫ちゃん 「いのちってなに?」 俺 「…なんだろね。お父さんにも分からないや」 ・・・こんな問答がありました(^▽^;) 宇宙(そら)の『エーテル』を漂う魂たち。 地に生まれて、また戻ってくる魂たち。 その正体は、神のみぞ知る(汗)   ちっぽけな存在の俺には、到底分かるはずもなく・・・ そんな俺に「分かってるのか?描けるのか?」と・・・ 娘の言葉を借りて、神さまが問うてきたような気がしました(汗) 姫ちゃんは、どう感じたかなぁ? 全部、完成したら、どう感じたか聞いてみようかな? ・・・でも、酷評だったらどうしよう(笑) 描いているときは、無心になって・・・ 自分が創造の神様になった気持ちで・・・ 魂をひとつひとつ、描いていきました(汗) か弱い魂、強い魂、臆病な魂、迷う魂、小さな魂、大きな魂、 離れたいけど離れられない相反する二つの魂、 遊んでる魂、怒ってる魂、急いでる魂、からみあう魂たち・・・ ひと段落したら、時間をおいて、遠くから眺めたり。 すると、途端に、人間らしい思考が働いてしまう(汗) 「お、こいつは弱すぎたな。強くしてやろう」とか 「これは目立ってないから、目立たせてあげよう」とかね・・・(-_-;) 手を加えてしまう・・・心を加えてしまう・・・(汗) でも、筆が走り出すと・・・また無心に戻って・・・ もう、そんな余計な雑念は消えていく・・・不思議な体験です( ̄▽ ̄;) ・・・一応、完成です(汗) しばらく、このまま放置して、 つぎのページの作品へ取り掛かります(汗) 修正したくなって、それが可能なら、そうするし、 修正できず、気に入らなかったら、最初から描き直すし(汗) そうそう・・・この個展用の作品は、物語上、 全部で16枚必要だと分かったわけですが、 これって、ちょうど16枚だったわけじゃなくて(汗) 本来なら、細かい設定や描写など含めたら、 いつもの俺の『絵空事』のように、 どんどんページ数が多くなってしまうので、 16枚に収まるように物語を凝縮しました(^▽^;) なぜ16枚なのか?というと・・・ 何回も個展して、もし好評ならば、 これを『絵本』にするためです!(また大それたことを・・・) 絵本の規定ページ数は、だいたいが14~16ページ。 それ以上になると、絵本ではなく 児童書という分類になってしまうので(汗) (ページ数というより文章の長さで決まるようですが、 子供から大人まで読める絵本として世に出したいと思ってます。) 俺の、この作品がどこまで行くのか?行けるのか? まず完成するのか?(汗) 個展は、1回で終わるのか? 本当に全国で巡回展ができるのか? ・・・お金は集まるのか?(切実) とにかく俺には、早くこの作品を完成させて 早く個展を開かなきゃならない『理由』ができました・・・ ある人に見せたいのです。 ・・・その人が生きておられるうちに。 『理由』は、いつか書きます。                 ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「やっと筆を握ったね」と「ことりーず」。 絵描きを名乗ってるくせに、 真っ白なキャンバスを怖がるとは、滑稽な俺・・・(汗) 自分で自分が笑える(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      16
      1
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 俺たちは確認作業を毎日繰り返してるだけなのだ

      どーも。 毎日の暑さで、作業が滞る大五郎です(-_-;)あぢー       作業部屋にエアコンがあるのですが・・・ 電気代を気にして、扇風機で我慢したり、 扇風機すらも我慢したり(汗) しかし、そんな俺の耐久力を試すがごとく、 最近は、富山県のくせに日本一暑くなりやがる(;´Д`)ノ 我慢できずにエアコン使うことにしました(-_-;) ・・・なんだろう、この敗北感は・・・(汗)           *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~       今月で、次女・小姫ちゃんは生後9カ月となり、 今月27日で、長女・姫ちゃんは5歳になります!   俺の父親歴も、5年になるわけですが・・・ 5年・・・あっという間ですね(汗) 自分が親父として、ぜんぜん成長してる感じがしない( ̄▽ ̄;)           先週、家族そろって海へ行ってきました(^-^)   水が顔にかかるのをイヤがるわりには、 長女・姫ちゃんは海水浴が大好き(^▽^;) めっちゃテンションあがってて、 出発前に浮き輪に空気を入れちゃう始末(笑) 新しい水着でウッキウキでした(*^▽^*)         そして、次女・小姫ちゃんにとっては 生まれて初めての海。 地域性の民間療法なのか、分かりませんが、 小さいうちに、海水を浴びておくと、 肌荒れ、あせも、などのお肌のトラブルがなくなるとか。 海のミネラル?が起こすミラクルなのかもしれませんね(オヤジギャグ) 実際に、姫ちゃんが赤ちゃんのときも、 海へ出かけて、毎年行くようにしてますが、 そこそこ効果があったようで。 お肌が弱くて、汗をかくと、すぐにかゆがる姫ちゃんでしたが、 ひっかき傷がほぼなくなってます(^-^)   今年も、そういう季節になったのですねぇ・・・。 水を嫌う姫ちゃんと対照的に、 小姫ちゃんは、全然、水に濡れることを怖がらず。 穏やかな波打ち際で、浮き輪でプカプカ漂ってました(笑) 姫ちゃんの時は・・・ それはもうギャン泣きで、俺の体に爪を食いこませる勢いで 必死にしがみついてきましたね(笑) うん、あれは痛かった・・・(^▽^;)               俺は、嫁ちゃんとよく話し合ってます。 そういう時間がないときもあるけれど、 なるべく、お互いが 思っていること、考えていることを伝え合います。   最近、話し合って、お互いに気づいたのは・・・   俺たち親は、ついつい、 『子供のため』を思って考えたり、行動します。 それが、決して悪いわけではないのだけど、 ついつい 「言ってるのに」、「してあげたのに」、「やってあげたのに」 という、文句や愚痴、不平不満が出てくる。   それは、違う。   子供のために、してあげてるんじゃなく、 子供のために、自分がしたいから、してるんだ。 むしろ、俺なんかは、父親らしいことを、させてもらっている。 『父親役』は、子供がいなかったら、出来なかったことだ。   とは言え、これを嫁ちゃんに何度言っても、 子育てには『義務』という倫理観が働くのも事実(汗) しかしながら、その『義務』というのも 各家庭によって、親によって、ぜんぜん捉え方が違うもの。 行動や言動を、すべて自分の思い通りにするために、 つねに力づくで子供をねじ伏せている家庭もあれば・・・ 完全に子供を放置している家庭もあるし・・・ ひとつ言えることは、 どの親も、子供の幸せを願っているということ。 だからこそ、キツくあたる親もいるし、優しすぎる親もいる。   嫁ちゃんも、 「いつも悩むわ。こんな母親で本当にいいのかって。」 と言っている。 それも、そうだろうと思う。 子育てに、正しい成功法はないのだから。 俺なんて、親父に育ててもらったことがないから、 自分の中に、「これこそが親父」という父親像がない。 毎日、「これでいいのか?」と考えてる。     結局のところ、子供は、親の言うことを100%聞かない(笑) 言ったことの20~30%が伝われば、かなり優秀なほうで、 うちの子は、今のところ5%も伝わってないかもだ(笑) それでいて・・・100%伝わったとしても、 それで子供は幸せになれるのか?というと・・・ たぶん、そのときは100%幸せになれないだろう。   『幸せ』とは、感じること。 幸せだと、本人が気づいて、感じる以外に、 それを感じれる術はない。 いくら親がうまく伝えても、どんな偉人が伝えても、 他人が「あなたは幸せだよ」と伝えたところで 本人が無自覚なら、それを感じることは不可能なのだ。 他人は本人の『感覚』を操ることはできないから。   だからこそ、『幸せ』は、自分で選べるんだ。 選んでいいのだ。いや、すでに選んでいるんだ。   俺の『子育て』の結論は・・・ 自分の姿を子供に見せること。   「親父は、あんなこと言った」「あんなことしてた」 「親父は、こうしてくれた」「こんなこと言ってくれた」 「ちょっと悪口言っただけで、めっちゃ怒ってたなぁ」 「ちょっとふざけただけなのに、めっちゃ怒られたなぁ」 「たいしたことしてないけど、めっちゃ褒めてくれたなぁ」 「あれしたら、めっちゃ笑ってくれたなぁ」   などなど・・・。 つまり、俺は、 人間・父親・大五郎の喜怒哀楽、生き様を見せてやることしか出来ない。 父親として、いろいろやってるつもりだけど、 「してやった」「言ってやった」なんて、到底思えない。 俺を、親父にしてくれてるのは、子供たちのおかげなのだから。       だいたい、子供たちに親が「してやれる期間」なんて 長い人生の中で、たかが知れている。   長女・姫ちゃんは、毎朝、ヨーグルトを食べている。 でも、いつも、そのフタを開けることが出来なかった。 なんでも「姫ちゃんがやる!」って言って、 自分でやろうとする姫ちゃん。 でも、ヨーグルトのフタだけは、 「お父さん、あけてー」と頼ってくれてた。   それが最近では・・・   自分で開けれるようになった。 得意気に、「姫ちゃん、自分であけれたよ!」と 俺や嫁ちゃんに報告してから、食べ始めてる。   その成長の姿が・・・なんとも、頼もしくもあり、嬉しくもあり・・・ そして、ちょっぴり寂しい(ノ_・。) もう「お父さん、あけてー」と言ってもらえないんだ。   ね? 俺が「してやってる」んじゃない。 させてもらってたんだ。   親が「してあげれる期間」なんて、あっという間に終わる。 それが「ラクできるから、早くそうなってほしい」と言う人もいれば、 俺のように、それが寂しいと感じる人もいる。 子育てに正解がないのと同じ、 子供の性格が十人十色あるのと同じく、親も十人十色なのだから。 同じ感覚を感じてなくてもいい。価値観が違っててもいい。 みんな違って、みんないい。       俺たちは、毎日毎日、 『出来る』、『出来ない』の確認作業をしているんだ。   昨日まで出来なかったことが、 今日は出来るようになっているかもしれない。   逆に、昨日まで出来てたけど、 今日は出来なくなってるかもしれない。   日によって、「出来る、出来ない」があるかもしれない。   もしくは・・・数年前まで出来なかったことが、 今は、出来るようになってるのかもしれない。   ほんの5年前までは、 「お父さん」すら言えなかった姫ちゃんが、   今では・・・   「ダディ」と言えるようになってるくらいなのだから(笑)       これからも、親子ともども、 毎日毎日、『出来る』『出来ない』を確認していこうと思う。   出来なかったことが、 いつか出来るようになっていることを信じて。   でもね、姫ちゃん・・・本当はね・・・   出来ないことは、出来なくてもいいんだよ。   出来なくても、キミたちは、そのままで素晴らしいのだから。   ずっと、ずーーーっと、愛しい存在なのだから。                               ・・・無言で5~6回繰り返してたよね(笑)   これでも、去年よりは、すごい成長だよね。 だって、去年までは、足の裏に砂の感触を感じるだけでも ピーピー泣いてたのに(笑) 「お父さん!だっこ!いやぁ、下ろさないでー!」って しがみついてたキミなのに・・・。   確実に、抱っこする回数が激減している・・・。 来年は、1回も抱っこすることが無いかもしれない。 キミの命のぬくもりを感じとることが、 もう出来ないのかもしれないなぁ。                     ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「子離れする日も近づいてきたねぇ」と「ことりーず」。 ・・・離れられるだろうか、俺(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      19
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 7月のリカと大五郎のネットカフェ~お悩み相談会~

      どーも。 「なにをしている人か、分からない」とか 「ルパンの格好の人ですよね」とか言われる、大五郎です(笑)       俺の中では、『絵描き士』という肩書きを 定着させたいわけですが・・・ そう言っても、通じないことが多々あり、 結局は「イラストレーターです」と言い直したりして(汗)   それでいて、俺ってば、 そんなにたくさん描いてないんですよね、イラスト・・・(;´Д`)ノ 理由は、時間がかかるからです(笑) 遅筆なので、ブログでも、ついついイラストを描かずに、 文章だけで、ササっとアップしちゃうもので(汗) そうすると・・・ 上記のように「なにをしている人か分からない」とか 絵の印象が薄くて 「ブログの文章がお上手ですよね」という賞賛をうけてしまい・・・ 「一応、イラストレーターなのですが・・・」と名乗ると、 「絵も描かれてるんですか~?」って言われちゃったりね(^▽^;)   こりゃアカンと思いまして!(今さらですが)   これからは、更新が遅くなっても、ラクガキ程度でも、 なるべくイラストを載せていこうと思ってます(^▽^;) (本当に、今さらながら、俺が絵描きとして 圧倒的に少ないのは、作品数だなと気づきまして(汗) 遅筆なのは仕方ないとしても、それを理由に 描く頻度を自分で減らしてたらアカンなぁと・・・(-_-;))     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~     こんなイラストレーターが、 今月も、インターネットの簡単なことを教えるセミナー 【リカと大五郎のネットカフェ~お悩み相談会~】が 本日、開かれました(^▽^;)         ※【リカと大五郎のネットカフェ】とは? インターネット初心者~中級者の方々の 「今さら聞けないネットに関するアレコレ」を プロではないけど、そこそこ知識があり長年ネットを利用している 大五郎に聞いてみよう!というワンコーナーです(^-^) なので、お代もお手頃価格になってます(^▽^;)     (※俺は毎回、「体型だけは似てる」と自他ともに認めている ルパン三世の恰好をしています。これはルパンが好きというのも ありますが、ただ単に、大五郎があまりにもオーラが無くて、 一般人にしか見えないので、少しでも目立つようにコスプレしております(汗))         今回の参加者は・・・   ◆西田幸子 さん   ◆石田祐子 さん       西田さんは、前々から参加の意志がありながら、 何度もタイミングを逃していて、今回、やっと参加できたとか。 「やっと参加できました~」って嬉しそうに言っていただけて、 このイベントを続けてこれて良かったなと感じました(*^▽^*) (続けてくれてるリカさんに感謝だなぁ)   石田さんは、音楽教室の先生で、 ブログもfacebookも使い分けておられるあたり 基礎は分かってらっしゃる感じでしたね~。         この日、質問された項目は・・・   ・スマホ投稿時の写真の縮小方法 ・『メールフォーム』の設置方法 ・ランキングサイトの利用価値について ・アメブロのアクセス数とランキングの秘密       最近は、スマホ関係の質問が多いですね。 これまた俺も、やっと去年からスマホにしたばかりで まだまだ俺の方も知識が浅くて(汗) 一応、その前からタブレットのほうは使っていたので 使い方は、だいたい分かっているのですが・・・ それでも、タブレットとスマホでは また見え方や操作が若干違うもので(汗) 参加者の方々とともに、俺も勉強させてもらってます(^▽^;)       この『ネットカフェ』では、当日の参加者にお会いするまで どんな質問が飛び出すのか、事前には分からないわけですが、 今回は、事前にリカさんから 「ランキングについて聞きたい」という質問を聞いていたので、 この日のために、俺は『ある答え』を持っていきました。 ただ、その『答え』は、 インターネットで調べたら誰でも分かることなので・・・ 前日に、自分のブログを使って、実証実験を行いました。   その結果・・・         『あること』をすると、 アクセスが跳ね上がることが実証できました( ̄ー ̄; 前々から、知っていた方法でしたが、 今まで本当に試したことが無かったんですけど・・・ ・・・まぁ、でも、これ、オススメしません。 むしろ、マネしないことをオススメしておきました(汗) だって、これを常習的にやってしまうと、 アメブロ運営さんに、記事を消されるばかりか、 会員IDごと抹消されかねないので・・・(汗)   この実証を踏まえて、結論から言いますと、 やはり、『ブログ』というのは、地道に、コツコツと 自分の伝えたいことに、熱意をもって、書き続けて、 発信し続けることが、長い目で見て たくさんの方々に伝わっていくんだなと・・・ 改めて、感じました(^▽^;)       ・・・ということで、 『インターネットに関するお悩み』を相談できる 【リカと大五郎のネットカフェ】でございました~(^-^)       次回の開催は、未定です。 「おもしろそう!」「受講したい!」「悩みを聞いてください!」と言う人は 加藤リカさんにおねだりしてみてください(^▽^;)             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「数字を追う前に、何を伝えたいのかを明確に!」と「ことりーず」。 まさしく、その通りでございます(^▽^;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      14
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 誰と仕事をするのか?

      どーも。 昨日は、見事にレディオで撃沈してきた大五郎です(-_-;)       自分は喋りが下手なほうだと自覚してましたが、 予想以上に喋れなかった自分にガッカリでございます(+__+)         友達に教えてもらった『radiko(ラジコ)』というアプリを使うと、 1週間前までのラジオが一回だけ聴けるそうで、 反省を踏まえて聴いてみたのですが・・・   (※16:10あたりから登場してます(汗))   悶絶しそうです(;´Д`)ノ ダメだ、聴いてられない(汗) カタコトの日本語を喋ってた(笑)   現場は、廣川アナが流れを制していて(笑) ラジオでは見えないけれど、身振り手振りで 誰が、どのタイミングで喋り出すのかを 分かりやすく指示してくれてました(^▽^;)   制限時間は、たったの5分。 その間に、健康麻将を普及するための活動や 今度の『海の日』に行われるイベントの告知をするわけで、 そのイベントで行われる『福祉頭脳ゲーム・ひばりん』の説明を、 俺がしなきゃいけなかったわけですが、 「時間がない!早く喋らなきゃ!」とか 「噛んだらヤバイ!丁寧に喋らなきゃ!」ってことしか 頭になくて・・・というか・・・ 2時間ぐらいしか寝てなかったので、全然、頭が回ってなかった(笑) 結局、『ひばりん』のイラストは 俺が全部描いたようなニュアンスで伝わっちゃった(´□`。) 事細かく説明できる空気じゃなくて、 ほかの作家さんのことを紹介する余裕がなかったし、 自分が何者かってことを話す時間すらなかった(汗) やっぱり生放送は時間との闘いなのね・・・(-_-;)   終わってみたら、廣川さんの酌量により 5分どころか10分まで引き延ばしてくれたそうな。 NPO法人の理事長の熱意も伝わったのかもしれない。   とにかく、FMのラジオは初めてだったので、 その空気を感じれたこと、新たな出会いがあったことが とてもおもしろかったです。いい経験だったな(^▽^;)   出演させてくれた方々、そして 聴いてくれてたみなさん、ありがとでした~!       *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~                 今は、イベントのポスター用のイラストや、 来月の北日本新聞用のイラストを パソコンで描いているのですが、 描いてる最中に、何度も ズームアップ、ズームアウトを繰り返してます(汗)   ズームアウトして全体のバランスを見て、 ズームアップして細部を描き、 またズームアウトしてバランスを見て・・・ またズームアップして細部を消して(汗) 「誰もそんなとこまで気にしてないし、気づかないって」 という、他人にとっては どーでもいいところで修正を繰り返して(汗)   そうして、こだわったって『完璧』にはならなくて(^▽^;) やはり、あとで見たら、 どこかしら気になる部分が、ちゃんと残ってる(汗)       俺って、こんなに細かいとこ、 気にするタイプじゃなかったんですよねぇ(汗) いつから、こんなに細かい部分を気にするようになったか? っていうと・・・   友達といっしょに 『オリジナルTシャツ』を作っていたときに、 その友達が、ものすっごい細かい作業をしてたんですよ(^▽^;) 当時の俺は、そんな知識もなかったし、 かなり大雑把なデザインをしてました(汗) (大雑把なデザイン全てがダメってわけでもないんですけどね)   そんなときに、友達の仕事ぶりをそばで見ていて・・・ めっちゃズームアウトとズームアップを繰り返して 細部の、ほんの数ミリの変化を、時間をかけて 創り上げていく作業を見ていて・・・ そして、ヤツと話し合っていくうちに・・・ いつの間にか、すっかり、 友達と似たような作業をするようになりまして( ̄ー ̄;   そうして、『今』の俺の作業の姿になったわけですが、 こう考えたら、人生において 「誰と仕事をするのか」って、すごく重要な気がしてきました(^▽^;) これが、もし、俺よりも大雑把な仕事をする人ばかりに 出会っていたなら・・・俺は昔よりも、 もっと大雑把な仕事っぷりになっていたんじゃないかな(汗)   ・・・それはそれで、今よりもっと、うまくいってたりしてね(笑)   でも、『今』の俺は・・・ ズームアウトとズームアップを繰り返して ひとつの作品を創っていく、『今』の自分に満足してます(^-^) もっとシンプルに、もっと早く、もっと大雑把に 仕事をこなせれたらいいのになぁと感じつつ・・・(笑)                         ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「誰に会っても、今のキミになってたと思います」と「ことりーず」。 ・・・そうだね(汗) 結局は、どんな偉人に会っても、どんな愚者に会っても、 自分勝手に自分の都合の良い部分を見習ってるだろうからね(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----     LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      20
      2
      テーマ:
  • 12 Jul
    • 今回は、アスリート飯!

      どーも。 さすがに昨日は干からびると感じた、大五郎です(^▽^;)       昨日は、全国一暑かった富山県。 一応、北国ですよ?雪国ですよ? 夏は暑いし、冬は寒いっていう・・・ それでいて、全国でも1位2位を争う『雨が多い県』(汗) 暑いのにカラっとしません。 ジメジメ・・・不快感を逆撫でされます(汗)   そんな富山県の天気の愚痴は置いておいて・・・(^▽^;)   昨日の昼間は、お客さんのイベントに参加してたので とても涼しい快適な空間で・・・健康麻将(まーじゃん)しておりました(笑) おかげで、干物にならずに済みました(^▽^;)   参加者の一人が急遽キャンセルになったということで、 人数合わせのために、飛び入り参加したのですが・・・ 初心者の俺に対して、最初は優しい表情のみなさんも、         いざ、競技が始まってしまうと・・・                         競技ですから・・・大会ですから、みなさん容赦ないわけで(汗)   みなさんは、打牌(自分がいらない牌を捨てる)のも スムーズで、とにかく判断が早い・・・( ̄ー ̄; そして、みなさんが捨てた牌を見て、いろいろ戦況を把握したり 作戦を考えたり? 手を変えたり、するようですが、 俺には、それが出来ず(汗) みなさんにとっては「自分の欲しいものを出してくれるカモ」って感じで まさしく「カモがネギを背負って来た」状態でした(;´Д`)ノ       ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●       先週の金曜日、北日本新聞に 担当させていただいたイラストが載ってました(^-^)           今月のテーマは、『アスリートフード』でした。             息子さんがスポーツをされるにあたり、 健康面、とくに食事でサポートできないかと 考え始めたのがキッカケで、アスリートフードマイスターになられた 浅島さんのお宅へ、記者さんといっしょに 先月の内に取材してきました(^-^)             聞けば聞くほどに、食事に対してのこだわりというか、 食べる物によって、体への影響って、こんなに違うのか!って 気づかされました(^▽^;)   まぁ、しかし、あくまでも『理想』なので、 すべてを実践できないこともあるけれど、 ちょっと知識をしっておくだけでも 日ごろの体調管理に役立ちますね~。   今回、カラフルな配色に気を配ってみたモノの・・・ 紙面の周りも、けっこうカラフルだったので、 あんまり目立たなかったかなぁ( ̄▽ ̄;)             今回、気に入っているイラストは、これ(^▽^;)↑ 「せめてオニギリ食べてこりゃよかった・・・」って表情の 残念なランナー兄さんが好きです(笑)             というわけで、今回も俺の名前も載りました(^-^)   クロネコさんだったかな? 配達員のおじさんが 「お客さん、イラストレーターなんだね!新聞見たよ~」 と、言ってくれて、嬉しかったです(*^▽^*) 新聞を隅々まで読んでる人じゃないと、なかなか気づかれないものです。 だからこそ、年配の方々に気づかれてることが多いな(^▽^;)       ・・・んで、じつは、この企画・・・ 去年の7月か8月にスタートして、もう1年経とうとしてますが、 当初は、1年だけやってみようって企画だったそうで( ̄□ ̄;) 今回で、終了・・・かもね!って記者さんに言われていたのですが、 とくに代わりとなる、ほかの企画が立ち上がってないそうで・・・ なんとか年内は、引き続き、描かせていただくことに(^▽^;) 俺としては、取材でいろんな人に出会えるし、 新聞に名前が出せて、ありがたいので、 この企画が、長く続くことを祈ってます・・・(^▽^;) (でも、本来の担当イラストレーターさんが復帰されたら 俺は用済みだと思われますが・・・( ̄▽ ̄;))       ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●       ついでに、ここだけで告知してみます。   今週、金曜日の夕方、『FMとやま』の『気ままプラン』に 生出演する予定です(^▽^;) 健康麻将の活動やイベントの告知なので、 そのNPO法人の理事長が、ほとんど喋ってくれると思いますが、 俺はブログやポスター作成をしてるだけで 広報部長って担当にされちゃってるのですが・・・(笑) 『健康麻将』のことは、あんまり分かってないので(汗) 以前、依頼されて作成した『福祉頭脳ゲーム・ひばりん』の イラスト制作について語ってこようと思ってます(^▽^;)   うん、話の流れで、どういうふうになるのかは まったく分かってないのですが・・・ しかも生放送・・・修正きかないわけで・・・ とにかく・・・自分の名前を噛まずに喋れるかがポイントです!(笑)             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「ここで告知しても、あまり気づかれないかも?」と「ことりーず」。 分かってます・・・わざとです(汗) facebookやツイッターに、このブログのリンクを貼っても ここまで見てる人、ほとんどいないからね(^▽^;) 気づいた人だけでいいのです。   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780

      22
      テーマ:
  • 08 Jul
    • カス大五郎のゲス的思考

      どーも。 腹黒な大五郎です・・・(^-^)       ブログで何度も何度も書いておりますが、 「ブログやSNSに書いてあることは、本人のごくごく一部(一面)」です。 全部(全面)ではありません。 良い面も悪い面も、 「こういう一面もあるんだね」という程度に 受け取るのが、賢い受け取り方です(^▽^;)   ・・・まぁ、俺の場合は、 けっこう全面を出すように書いてますけどね(汗) それでも「頭がいい」とか「マジメだ」とか「誠実だ」とか 受け取られることもあるようで( ̄▽ ̄;) 以前は、それらの感想を否定してましたが、 それも人それぞれの受け取り方であり、感じ方で。 なので、「それも俺の一部なんだな」と 受け取るようにしております(^▽^;)       ・・・まぁ、しかし・・・今回は、どうでしょうね( ̄ー ̄;   「こわい」とか「あくま」とか「ゲス過ぎる」とか 言われそうな予想がありますが・・・ そう言われても「それも俺の一部」として 受け取ろうと思ってます(汗)   今日のネタは、そういう非難されそうなネタです(汗)   ※気分を害してしまう恐れもあるので、 大五郎を「いいひと」と思いたい人は、 読まれないようにしてください(笑)       ・・・以上を踏まえて・・・   俺だけではなく、ブログだけではなく、 『人』というのは、全人類、多面体で出来ていると 俺は、思っています。   よく知った家族であれ、友人であれ、知人であれ、 有名人であれ、偉人であれ、 一度も挨拶を交わしたことがない道行く他人であれ、 そして・・・憎くて仕方ない、誰かであれ(笑) いつも迷惑をかけてくる、あいつも、そいつも(笑)   見えているのは、『一面』のみ。 まぁ、それが近ければ近いほど、 見える『面』が増えてくるわけで。 それでも、すべての『面』は見ることが出来ない。 その人が、すべての『面』を出し切ってない場合もあるしね。   なので・・・ 赤の他人のことなんて、ひと目見ただけでは、 すべてを理解できないわけです。       そして、『常識』とか『普通』というのは、 人それぞれの『固定観念』の総称であって、 自分が持っている固定観念が、 必ず全人類に通じるわけじゃないです。 なので、「一般常識的に考えて、それはおかしい!」とか 「普通、そんなことしないでしょ!」という考え方が すでに、おかしいわけです(^▽^;) 「私の固定観念がこの世界のルールブックなのだ! 正義は我にあり!」 と思い込んで、自分の正義(ルール)を押し付ける態度が、 俺から見たら、すでに「普通じゃない」と感じるわけです(汗)   んで、『常識』ってのは、 はるか太古から、更新(アップデート)されてきました。   昔は、『狩り』が主流だったし、洞穴が家だったし、 武器も石とか木でした。 男尊女卑も、そのころから生まれた固定観念なんでしょうね。 命がけで狩りをしてくる男性は強くて偉いのだと。 ・・・まぁ、ところがどっこい・・・ 本当は、女性も鍛えれば、男性より強くなるのです(汗) 狩りもできて、家事もできて、子供も産めて、育て上げれて・・・ はっきり言って、女性はパーフェクトな存在です(;´Д`)ノ それじゃ、男は種以外要らなくなっちゃうし、スネちゃうし(汗) おだてて、その気にさせておいて、危険な狩りとか めんどくさいチカラ仕事をさせておくために、 男尊女卑という観念が生まれたんじゃないかなと・・・ ・・・これは、あくまでも俺の推測ですが(汗)   物々交換の時代から、通貨の時代に変わるときも、 そりゃもう、すごいブーイングがあったでしょうね。 それこそ、革命といえる出来事で。 電気やガスを家中に・・・っていう思想も、 当時は「バカ言ってんじゃねー!」って・・・ ろうそく屋や油問屋や木こりたちがブーイングだったことでしょう。 車を走らすために道路を・・・って思想も、 「人様が通る道じゃなくて車のための道だと!?ふざけるな!」と 日本だけじゃなく、世界中で、そういう反対派がいたでしょうね。 携帯も、そうだったし。   そして、『言葉』も、そうです。 今や「素晴らしい」は、褒め言葉になってますが、 昔は「ひどい」「呆れた」「みすぼらしい」という意味で 使われていた言葉です。 最近では、若者たちが「やばい」を、 「すごく良い」という意味として使ってますね。 年上の俺たちは、「言葉使いが乱れてる」とか感じちゃうけど、 きっと、数十年後には「やばい=素晴らしい」という意味で、 みんな違和感なく、使いこなしている事でしょう(^▽^;)   それが、良いとか悪いとか関係なく、 大多数が使いこなしているものが、『常識』として認められていく。   そして、『常識』は、いつの時代も 先輩たちが創ってきたものを 後輩(若者)たちが、ぶっ壊して、あるいは突破して、 『非常識』を新たな『常識』に変えていくのが、世の常です。 それの繰り返しです。 自分より若いヤツらを見ていれば、 次の時代に、なにが不足で、なにが常識になるのか ・・・頭のいい人たちは分かるわけです。   『常識』というのは、そうやって 多くの革命・改新・更新して、 『今』の観念になっただけのことで。 それでいて、いまだに個人差がある。これからもずっと。 それが『常識』という『固定観念』です。           ・・・前置き、長すぎるけど(汗) 以上を踏まえて・・・   俺は、つねづね、そういう考え方で、『人』を見ています。 とくに『若者』を。   んで・・・どうしても理解しがたい『行動』を見ると、 懸命に、理解しようと試みるわけですが・・・   残念ながら、理解できなかった『行動』があります。   それが『路上に座り込む若者』、 とくに『お店の入り口付近に邪魔になるように座り込む若者』です(汗)   道路、汚くないかな? 服、汚れないかな? 雑菌MAXだよね? ウ◎コ踏んだ靴が、そのへん、歩いたと思うよ?   つーか・・・   お店の前は、邪魔になるよね? そういうの分からんかな? 逆に、お店に入ろうとしたときに、 自分たちのような集団が座り込んでたら、邪魔に思わない? 経営側の気持ちは、働いたことないと分からんだろうけど。 ・・・わざとなのか? そこで、ケンカ売られるのを待ってるのか?   けっこう長い間、理解しようと考えたのですよ( ̄ー ̄; 『メリット』があるはずだと。 「ただ疲れたから、その場に座る」という気持ちは なんとなく理解できるが、やはり場所は選ぶはずだろうと。   でも、やっぱり理解できなかったんです(汗) 最初は、嫌悪感すら抱いてたし(今も、か・・・)。 でも、嫌悪感は、自分の気持ちを突き詰めていくと、 やっぱり「自分の中の常識(正義だったり価値観だったり)」が 反応してるだけだなぁと、分かったので。 「これが新しい常識なんだ、きっと・・・理解して取り込んでみよう」と 考えて考えたんですが・・・もーわからーん!( ̄ー ̄;   以前にもこんな出来事が・・・➡常識?非常識?   俺の実家の玄関先で、 友達と待ち合わせしてた若者たちと同様ですね・・・。 あれも理解できなかったなぁ・・・( ̄ー ̄;   知り合いに、同じ行動する人がいたら、 その人と議論というか、理解できるまで話し合えるんだけどね(汗) あいにく俺の周りで、 人が行きかう道に座り込む人がいないもので(^▽^;)       ・・・で、結論、理解するのを諦めました(笑)   でも、気にはなるわけさ( ̄▽ ̄;)   お店の前で、座り込まれたらさ、 どうしたって視界に入るし、 なんなら、ちょっと足が当たるかもしれないぐらいの 狭き入り口にされちゃってるわけだから(汗)       そこで、カス大五郎は、ゲス的な考え方で、 その座り込み集団の中を歩いていくときに イヤな気持ちで通るのではなく、 気持ちよく通る考え方(妄想)を身につけました!!!(笑)                                         あくまでも妄想だけどね!(笑)     俺は、この考え方になってからは、 集団の座り込みのそばを通るたびに、 自分勝手に『優越感』に浸っております(笑)       ・・・まぁ、この『座り込み』に関しては、 新しい『常識』にはならない気がしてます。 だって、こういう若者たちが現れてから、 もう10年くらい経ってると思うけど、社会人のスーツ姿の若者たちが 座り込んでるのって、見たことないし。 つまり、学生のときだけの『流行り』みたいなもので、 やっぱり「その場だけのノリ」だけなんだろうなと。       ・・・じつは、もうひとつ理解しがたい『常識』が 「大混雑のカフェで仕事や勉強をしてる人たち」なのですが、 これに関しては、案外、擁護する意見もあったりなかったり(汗) まだ諦めるほど考え尽くしてないので、 もうすこし保留にしておきます・・・( ̄ー ̄;   もし、これらが『常識』だと思って受け容れている人がいたら、 俺にその『常識』の利点を説明していただけると助かります(^▽^;)           ※大五郎のブログは、許可なく、 シェアしていただいても、リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「見下すのは、もう一番やっちゃいけない常識かと」と「ことりーず」。 そのとおりーーーΣ(゚д゚;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----     LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780    

      10
      4
      テーマ:
  • 07 Jul
    • やっと会えたね

      どーも。 週末は、近所の居酒屋へ 友達と飲みに行く予定の大五郎です(笑)       *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:     早めに、『今月のイラスト』を載せておきます(^▽^;)             なんとか今日中に間に合った(笑)   本日は七夕ってことで、『彦星と織姫』です。   さすがに色付けまでしてたら、今日中に仕上がらない感じだったので、 こんな感じで、完成としました(^▽^;)       本日の富山県は晴れ。 彦星と織姫も、無事に会えたかな(*^▽^*)         ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「どの星が、どれなのやら・・・」と「ことりーず」。 星座が分かる人って、かっこいいよね・・・(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780

      9
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 初漫画【Amazing Grace】

      どーも。 絵描き士の大五郎です。       俺の本業は、『絵描き』なので、 『絵』に関するものなら、なんでも描いてみたいと思ってまして。 俺にとって『漫画』とは、『絵本』と同じで 『絵と文』の構成で成り立っていて、 立派な『アート(芸術・美術・社会に影響を与えるもの)』であり、 自分がこの世に伝えたい『想い』を表現する ひとつの『表現方法』だと思っています。   こんな漫画家じゃない俺ですが、 4月あたりから、チマチマと試行錯誤しながら 初めて描いてみた『漫画』が完成しました。   以前から、たまにブログで下書きから公開していた、アレです。 ➡テスト投稿 ➡テスト投稿 2 ➡テスト投稿 3 ➡テスト投稿 4 ➡テスト投稿 5 ➡テスト投稿 6         どうか、長い目で見てやってください。   『Amazing Grace』 (※途中で、乱暴な言葉が出てきますがご了承ください。)    ↓ ↓ ↓                   ・・・いかがだったでしょうか?(^▽^;)   じつは、この物語は、 歌手・竹原ピストルさんの歌詞が元ネタなのです。    ↓ ↓ ↓       (※おそらく、こういう動画は削除される可能性ありますので、 気になった人は、竹原ピストルさんで検索して探してみてください。)       俺が、竹原ピストルさんを知ったのは、もう数年も前のこと。 そのころ、竹原さんは、バンド『野狐禅(やこぜん)』として活躍されてまして。 俺が初めて聴いた歌は、『拝啓、絶望殿』という・・・ これまた乱暴な言葉がたくさん出てくるヘビィな歌だったのですが・・・   ・・・泣いたのです(ノ_・。) 乱暴な言葉が出てくるんだけど、気持ちをストレートに表したいときって もう、丁寧な言葉なんかじゃ表せれないんだなって、 このとき思い知りました。 俺も、一応、絶望感を味わったことがあるので・・・ 竹原さんの歌詞といい、声といい、俺の心にガツンと響きました。       んで、つい春先まで忘れていたのです(汗) 『野狐禅』さんが、解散していたとは知らず・・・ 竹原ピストルさんがソロ活動していたとは知らず・・・。 これまた、俺ってば、 バンド名だとも知らなかったんですよ、『野狐禅』さん(汗) しかも、しかもですよ? ウロ覚えで『野狐禅』を『のこたん』って呼んで覚えてました!(爆) (たぶん、『禅』を『譚』という漢字と間違えて、野(の)狐(こ)譚(たん)・・・)   「いかつい顔なのに、かわいい名前だな」と 勝手にギャップを感じて覚えてました(笑)   そんな竹原さんが春ごろにテレビで紹介されてて・・・ 今に至ります・・・衝撃だったぜ・・・自分の低能さが・・・( ̄ー ̄; そして、懐かしくなり、今のヒット曲『よー、そこの若いの』から 昔の『拝啓、絶望殿』などを、動画で検索するうちに 今回の歌『Amazing Grace』を知りました。   ・・・また泣きました(´□`。)   俺の周りにも、ガン患者はいます。 母親の友人もそうだって聞いたし。 そして、ガンに限らず・・・この歌は・・・ 病気なんかで亡くなってほしくない人を、思えば思うほど、 竹原さんの声が、ストレートに心に響きます(>_<)       俺は、大好きだった、ばば様を思い出しました。 奇遇にも、本日が、ばば様の命日です。   以前、描いた粗削りな漫画➡【実話絵空事】すべてのおばあちゃん子に捧ぐ   もう13年経ったのかぁ・・・。 いまだに大好きだなぁ、ばば様。 いまだに忘れられないなぁ、あの日の喪失感。絶望感。 『Amazing Grace』の歌詞のように、 ミジンコになって、ばば様を救いたかったなぁって・・・。 あのときの漫画も、いつか、 もっとマシな漫画に描きなおしたいなと思ってます。       きっと、この歌は、           遺された人たちに、ガツンと響くと思う。   自分たちが思い知った、この悲しみを、喪失感を、 今度は、自分を支えてくれている人たちに与えないように・・・   みんな、元気に生きててほしい・・・。   そんな竹原さんの想いを、 俺のヘタクソな腕で、どこまで表現できたか、伝えられたか、 分かりませんが、なにか伝わってくれたら幸いです。       今日は、笑顔を提供できなかったかもしれないけど、 今日も明日も、あなたが晴れのような笑顔でありますように☆         ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「のこたん!!(笑)」と「ことりーず」。 あーーー・・・しっかり笑顔を提供したかもね、俺(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780

      21
      テーマ:
    • 東京0泊~月箱、最後の箱主交流会~

      どーも。 好きな食べ物を好きなだけ、 たくさん食べられる人たちがうらやましい、大五郎です(^▽^;)       好きなものがあっても、食べ過ぎたり、おなかを冷やすと すぐに『トイレ超特急』に乗ってしまう俺としては、 好きな時に、好きな物を、好きなだけ食べられる人が 本当にうらやましいと感じてます(汗) 体質だから、仕方ないけど(+__+)       *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:     先日、6月27日の深夜に、 夜行の高速バスに乗り込んで、 28日の早朝、東京へ到着しました~(*^▽^*)         出発前に、滅多にしない結婚指輪をさせられました(^▽^;) 浮気防止・・・ではなく、 バスが事故った時に、身元確認しやすいようにと(笑) 嫁ちゃん、頭いいなぁ(笑) まぁ、バスは無事に到着しましたけど。   バスが到着したのは、新宿にある『バスタ新宿』。 時刻は、6時半。 いかに大都会といえど、どこもお店が開いてませんでした(汗)   とりあえず電車は動いていたので、 目的地である『月箱』さんがある『渋谷』方面へ・・・ 向かっていたはずが、俺が乗ったのは『池袋』方面!(´Д`;) 内回り?外回り?が、よく分かってない(汗) べつに時間がないわけじゃないし、急いでなかったので、 慌てなかったけど、「幸先悪し」と感じた瞬間でした(汗)   んで、『渋谷』に着いたら、雨・・・( ̄ー ̄; 最強の雨男ですから、ねぇ・・・・ 東京で初めに買った物は『傘』でした(汗)       それから、時間がたっぷりあったので、 のんびりと、歩いて『月箱』さんへ向かってみました。 駅から歩くと、ちょっと勾配がキツイ坂を上ったり、下ったり。 案外、地図に頼らなくても辿り着けました。         お店が閉まっているときに来たことなかったけど、 シャッターがおりたら、こんな感じだったんですね。   駅から近いはずなのに、ここは、もう別世界。 人通りも車の通りもあまりなくて、 静かに、静かに、ここだけの時間が流れている・・・。       レンタルボックス『月箱』さん。         「グッバイセール」のイラストが、かわいいな。 店長さんが描いたのかな?   俺は、富山県在住だから、ここに通い詰めたわけじゃなく、 自分の作品を委託したら、もう、そのまま預けっぱなしで(汗) こちらへ来れたのは、本当に数える程度で。   でも、ここが、俺の『D56ショップ渋谷店』でした(^▽^;) 都会で唯一、俺の作品を手に取って、直接購入できる場所。   ・・・ここが無くなるって、やっぱり実感わかないなぁ。           午前中に人と会う約束をしているけれど、 その時間まで、なにも予定もなく・・・ かと言って、どこも時間が早すぎて開いてないっていう( ̄▽ ̄;) 都会って、夜遅くまで営業してるけど、 案外、開店時間が11時とかお昼からって お店が多いんですねぇ(^▽^;)   つーわけで、約束の時間までは、 駅の近くの喫茶店『ルノアール』に引き込もってました(汗)       約束の時間になり、会ってくれたのは作家・MIKOさん。 MIKOさん自身も、以前は 『箱主(月箱へ委託している作家さんの総称)』だったし、 聞けば、月箱さんが閉店宣言されてからは 毎週のように通っているそうな。   MIKOさんと最後に会ったのは、3年前かな? 今年の春には、再会を約束していたけれど、 お互いにタイミングが合わなかったので叶わず(汗) 今回も、若干、タイミング悪かったんだけど、 MIKOさんが合わせてくれました(^▽^;)   久々の再会で、お互いに話に集中してたら、 あっという間にお昼。 MIKOさんは午後から予定があり、 その前に、『月箱』さんへ寄っていきたいということで、 いっしょに『月箱』さんへ。           開いてました。   いつもと変わらない、この空気。雰囲気。 オーナーの息子・クワタさんがおられたので 富山からのお土産を渡すと同時に、 今までの売り上げの集計と、在庫確認をしました。                     ここに置いてあったポストカードは、 俺が『絵描き』として駆け出しの頃に作成したものばかり。 数年前に、ちょっとだけ『絵と文』のポストカードを追加したけど、 ほとんど懐かしいもの・・・それでいて恥ずかしいものばかり(笑)   俺が初めて手作りで製本した幻の絵本『いつもおそばに』も サンプルとして、ずっと置いたままでした。 何人の人が、読んでくれたのかなぁ?   すぐに引き上げてもいいけれど、 俺は、夕方からの『箱主交流会』へ参加するために また来店する予定だったので、 夕方まで、まだ置いてもらうことに。       お昼から、MIKOさんと途中まで電車で移動し、 『吉祥寺』の駅でお別れ。 また再会できますようにと伝えあいました。 いやはや、MIKOさんがいなかったら、 この駅まで無事に辿り着けなかっただろうなぁ( ̄ー ̄; 本当に、お世話になりました~(*^▽^*)   午後からは、完全に予定なし。   じつは事前に、もう一人の作家さんと会いたいと思い、 連絡してたけど、タイミング合わず、会うこと叶わず(+__+) それが、作家・ふくろう屋さんです。 ふくろう屋さんは、『月箱』で俺のことを知っていただき、 ブログで何度もお世話になっているのに、 まだ直接お会いしたことがない作家さんでした。 だから、本当に残念(+__+)   で、そのふくろう屋さんから 「委託販売できるお店、教えますよ~」という情報を元に 行ってみたのが・・・         『HATTIFNATTの雑貨屋さん』吉祥寺店。 あらかじめサイトを見てみたけれど、 けっこう『月箱』さんと似たような雰囲気・・・。 一度、行ってみたいけど、遠そうだなぁと思っていたら、 MIKOさんに聞いたら、案外、電車で行けば近いということで(汗) 1人で、スマホのナビを頼りに、行ってみました(^▽^;)   ところが・・・           入って、ビックリ!!!( ̄□ ̄;)   な、なんと・・・ 俺が入ったのは『雑貨屋さん』じゃなく、『カフェ』のほうでした!!!( ̄□ ̄;)   背をかがめて入る小さなドアから入ると、 中は、楽しい、かわいい、おもしろい絵本の中身のような店内。 そして、お客さんは、すべて・・・ オシャレかわいい女性ばかり!!!( ̄□ ̄;) かわいい店員さんが「お一人ですか?」と聞いてくるほど(汗)   だよね・・・男一人って、キツイよね・・・(汗)(汗)(汗) アウェー感、ハンパなかった!!!(爆)   それでも、歩き疲れていたし、 滅多に来れない場所だったし、 おもしろそうなお店だったから内装とか見たかったし、 下調べしておけば、今度は嫁ちゃんと来れるかもだし、 ってことで、ジュースだけ飲んで、サッサとお店を出ました(汗) あ~・・・恥ずかしかった(+__+)   『カフェ』の隣が、目的地の『雑貨屋さん』でした(汗) 内装もかわいいし、委託している作家さんたちの作品も かわいい感じでした。   ポストカードを委託しても、いいかもしれない。 そう感じたけれど・・・ そうそう東京へは来れないから、 さっさと手続きしちゃえばよかったかもだけど・・・ この日は、なんだか、そういう気持ちになれませんでした(^▽^;) 気持ちは、やっぱりまだ・・・『月箱』さんにある。 選択肢が消えたわけじゃなく、残っているけど、 それを決めるのは、この日じゃなくていい・・・そう思いました。       ・・・んで、じつは、このお店へ着く前から、 下痢と胃のモヤモヤと吐き気が同時に襲ってきてて(汗) どうやら、体力の消耗がそこそこキツかった様子(;´Д`)ノ ちょうど薬屋さんを発見し、胃腸薬を飲み、 ちょうど『渋谷駅』の中に、 スマホを充電できるコインスペース?という場所があったので そこで1時間ぐらい休憩してました( ̄▽ ̄;) (駅構内で迷子にもなって、体力の限界が・・・(汗)) 夜行バスで、少しは寝たつもりだったけど、 やっぱり体は正直なんだなぁ(-_-;)       薬が効いてきて、体力回復! ちょうど夕方になったので、いざ『月箱』さんへ。           やっぱり・・・ここの雰囲気は、いいなぁ。 夜になると、箱のひとつひとつの灯りが温かいです。             入り口の床に、散りばめられた『宝物』たち。 『カギ』が目に付きます。 不思議の国への扉を開けるような・・・ そんなワクワク感を感じます。         入り口の番人?案内役?のふくろうさん。 人が通ると「ホッホゥ」と鳴きます。         隠れ招き猫。 隠れているうえに、ボディが黒いから余計に目立たない影の存在。 青い瞳なので、海外出身か?(^▽^;)       夕方18時から、ゆるりと始まった『箱主交流会』・・・。 一番乗りは俺でした(笑) 体力的に他へ行くことが出来なかったので、 時間通りに行ってしまった(^▽^;) それから、数分立つごとに、 チラホラと、俺が会ったことがない『箱主』さんたちが 集まりだしてきまして・・・。   (※➡月箱スタッフブログより転載)     気づけば、あっという間に 座るイスが足りなくなるほどの大盛況(^▽^;)   事前に、クワタさんに何を持ち込めばいいのかって 聞いてたのですが、「自分の食べ物と飲み物だけでOK」って 言われたから、バカ正直に自分のだけ買っていった俺・・・( ̄□ ̄;) みなさんがお菓子を持ち寄ってきた時点で、 買いに走ればよかったと、あとで後悔(;´Д`)ノ       ・・・と、ここで、『作家あるある』が起きてました。   みんな、遠慮してイスに座らない!!!( ̄□ ̄;) (作家さんは、奥手な人が多い気がします(俺も含めて)。 常連さんは、けっこう座っておられたけど(^▽^;))   ダチョウ倶楽部さんの「どうぞ、どうぞ」状態!(汗) 俺としては、先輩方が座ってくれた方が気が楽なんだけど、 あまりにも遠慮されるものだから、 仕方なく、サッサと座らせていただきました(^▽^;) (それでも座るまで時間かかってた)   全員と名刺交換できるほどの名刺を持ってきてたけど、 なんだか、そういう雰囲気にならなかったので・・・ (これも交流苦手な『作家あるある』かな) 近くに座ってた方々とだけ名刺を交換してました(^▽^;)   俺に気さくに『バナナ』を勧めてくれた作家・KOGOさん。 (名刺ほしかったなぁ・・・KOGOさんは➡『ペンギンアート展』に出店予定。)   俺の隣に座って、黙々とみなさんのお話を聞いていた作家・愛民さん。 (これまた名刺ほしかったなぁ・・・愛民さんの➡ギャラリー)   俺の隣で、いろんな方々にお話をふっていた作家・Lophophora・みずすさん。 (名刺もらえた♪ もっと石鹸のお話を聞いてみたかった➡ホームページ)   席が離れていて、ほとんどお話しできなかったけど・・・作家・そらくうさん。 (名刺もらえて嬉しかったっす(^-^) もっと作り方とかお話ししたかった。)   数少ない男性の作家・しまりすさん。 (もっと写真のお話、聞きたかったなぁ。➡ホームページ)         うーん、いつも後になって 「もっと積極的になればよかったなぁ」と思ってしまうんですが、 とにかく人見知りなもので・・・(;´Д`)ノ 本当なら、その場にいた方々全員と名刺交換したかったし、 記念に、集合写真とか撮ってみたかったんですが(汗) いつも言い出せないんだよなぁ( ̄▽ ̄;)         そんなこんなで・・・ みなさんのお話に耳を傾けているうちに、 あっという間に、帰る時間になってしまって(汗)         そうそう、小さなお子さん連れの方々もいらっしゃってましたね。 ・・・俺もいつか・・・自分の子供たちを連れて来たかったなぁ。 富山にはない、こんなステキなお店が、ここにあるんだよって・・・ そんなステキなお店で、お父さんの作品を売ってるんだよって・・・ 教えてあげたかったなぁ(+__+)   みなさん、口々におっしゃってました。 「ここほど管理が行き届いたレンタルボックスは他にない」って。 「優しい対応に、ついつい甘えてしまっていた」って。 かくいう俺も、いつも期限ぎりぎりになってから 更新料を振り込んだり・・・甘えてしまってたなぁ(;´Д`)ノ   ・・・名残惜しいけれど、後片付けされてる最中に、 終わりを待てず、帰る時間となりまして・・・(;´Д`)   自分の作品を撤収し、 みなさんにお別れの挨拶をして、 クワタさんに・・・ 「大変お世話になりました。ありがとうございました。 では・・・また・・・どこかで・・・。」 と、言ってしまいました。   単なる俺の悪あがきなのか・・・ なんだか「さよなら」は言いたくなかったんですよねぇ(汗) ほかのみなさんに対しても、そうです。 これで『終わり』にしたくなかった。 また、いつか、どこかで・・・ ここが無くなってしまっても、いつか違う場所で、違う形であっても 再会したい。またお会いしたい。   こう思うのは、俺の「ないものねだり」な、わがままなんだろうか? でも、きっとみなさんもそういう想いだったと思います。 だからこそ、誰の口からも「さよなら」という 言葉は出てきてませんでした。   俺としては、クワタさんだけじゃなく、 オーナーさんや店長さんにもご挨拶と感謝の気持ちを 伝えたかったのもあり・・・ またいつか、直接お会い出来たら・・・と、思っております。   ・・・思うだけなら、ご迷惑にならないよね?(^▽^;)       そして、後ろ髪ひかれる思いで、 また夜行バスに乗り込み、 29日の早朝、無事に富山県へ帰ってきました(^▽^;)         じつは、帰りに『月箱』さんから、 特別に、『お宝』をいただいておりました。   それが・・・           『月箱』さんの『月箱』!!! (俺がレンタルしてた場所は、『三日月箱』でした。)   店内にあるものは30日の閉店後の 7月1日、2日になってからの撤収作業のときに 希望者へお譲りすると、お聞きしてたので、 もらえないだろうなぁと思っていたのですが、 クワタさんが「倉庫にあったものだけど、いる?」って 言ってくれたので、ありがたくいただきました(*^▽^*)   当初は、自分の収入が見込めなくて、 借りれなかった『月箱』。 これで思う存分、自宅で『月箱ごっこ』が出来ます(笑) どこかで自分の作品を展示する際の、 シミュレーションを自宅で行うことができます。   ・・・正直、重かったけど( ̄ー ̄; 持って帰って来れた達成感のほうが圧倒的で。 この『箱』を見るたびに、『月箱』を思い出せます。       オリジナル缶バッジも買ったし(^-^)       ・・・またいつか・・・ 『箱主同窓会』とか開いてくれたら、参加したいです(笑)           ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「通いつめたわけじゃないけど思い出いっぱいだね」と「ことりーず」。 ここにご縁を繋げてくれた方、 そして、ここでご縁が繋がった方々に感謝でいっぱいです。   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780

      11
      2
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 映画出演か!?

      どーも。日曜日に、初体験をしてきた大五郎です(^_^)とある映画のエキストラにボランティアで参加してきました(^_^)芸能人とも1mか2m以内でご一緒させていただき、ドキドキしましたよ〜(⌒-⌒; )もちろん、俺が参加したわけですから、めちゃ面白いネタ満載で笑える体験をしてきたわけですが…SNSに関しての注意事項を一切知らされてないので書いちゃってもいいのかもですが、多分、映画公開までは情報流出NGだと思うので(汗)このネタは、来年の夏の映画公開まで封印することになりますΣ(゚д゚lll)さすがに記憶がなくなりそうなので、今のうちに記事を描いて、下書き保存しておく予定です(⌒-⌒; )エキストラですから、映ってればラッキーぐらいで、ほとんどカットされてる可能性もあり得るので…(汗)その辺は期待しないつもりで(⌒-⌒; )それにしてもメイクってスゴイね(⌒-⌒; )シミがなくなって、若く見える(汗)俺も来年の公開を楽しみにしておきます!

      21
      4
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 涙の訳

      どーも。 慌てて、ブログ更新します、大五郎です(-_-;)       ・・・気づけば、6月の『今月のイラスト』を描いてなくて(;´Д`)ノ 気づけば・・・6月って、30日しかないんですね(汗)       というわけで、 『今月のイラスト』は、こちら。↓             現在、初めての『漫画』というものに 挑戦していて、右往左往、試行錯誤しながら 時間をかけて描いてます。 (時間がかかっているけど、完成度は低い・・・(汗))   その一コマです。       うまく完成させて、 近日中に公開したいと思っています(^▽^;)             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「やはり間に合わなかったねぇ」と「ことりーず」。 東京へ行ってきたレポートを書いてて 途中で気づいたのです(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780      

      12
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 願い事ひとつ 2

      どーも。 「俺の活動なんて、誰も見てない」と思いこもうとしているときに、 「見てますよ」という声をいただくことが多い、大五郎です( ̄ー ̄;       偶然は必然・・・ 勝手に孤独を感じてる場合じゃないってことを、 タイミングよく教えてくれます(^▽^;) 神の采配ってヤツですかねぇ。       *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~         今日は、長女・姫ちゃんのことを書きます。   去年の記事→願い事ひとつ   以前も、長女・姫ちゃんのことを書いてましたが・・・ 次女が生まれたことにより、 お母さんに100%甘えることができなくなった姫ちゃん。 あれからも、 素直に言いたいことを言ってくれる時もあれば、 なにか我慢して、「お母さん、嫌い!」なんて 気持ちとは真逆の言葉を言ってしまうこともあったり(汗)   つい・・・→【未解決】子供が親に「死ね」と言い出した   言ってはいけないような言葉も言ってしまう(汗)       ・・・俺は一人っ子だから、兄弟や姉妹がいる 環境とか心境が、よく分かっていないんですが、 姫ちゃんは、親の俺よりも、 ずっとスゴイ体験をしていると感じています。   たまに、考えるけど・・・   数年だけ両親の愛情を独り占めできるけど、 途中から突然、兄弟とハンブンコしなきゃいけない人生と・・・   生まれた時から、両親の愛情を 兄弟とハンブンコしなきゃいけない人生・・・   どっちが幸せなんだろう?って。   でも、やっぱり『俺の中の答え』は、 「どっちでも幸せ」なんですよねぇ(^▽^;) 両親と暮らせる時点で幸せなんだよなぁ。   しかし、これは、あくまで『俺の中の答え』。 姫ちゃんの『答え』は、姫ちゃんにしか分からないし、 自分を納得させる答えは、自分の中にしかないわけで。   父である俺にできること、 母である嫁ちゃんにできることを、 それぞれの出来る範囲で、 姫ちゃんの要望に応えようと思ってます。       『父の日』には、これ↓をいただきました(*^▽^*)           おぉ、たくさんの工作だなぁ~(*^▽^*)   これらをまとめて俺にプレゼントしてくれた姫ちゃんですが、 ・・・まぁ、おそらく・・・           ↑これが本当の俺へのプレゼントで、 あとの工作は、幼稚園での飾り用だったと思われますが(^▽^;) 姫ちゃんは 「ぜんぶ、お父さんのだよ!嬉しい?」 って言ってたので、お礼を伝えて全て受け取りました(^-^)   この時計のようなもの・・・じつは白いスティックの部分が 懐中電灯になっていて、壁掛け時計から引き離すと 灯りが点く・・・はずだったんですけどねぇ( ̄ー ̄;   ・・・たぶん、100円ショップか、 どこかのお手頃な商品なんでしょうねぇ・・・ 電池を入れたら、電池の位置がおかしくて、 電池が邪魔をして時計にくっつかないし、灯りも点きません(汗) 電池が入ったあとのことを考えていない、完全なる設計ミス(-_-;) 心の中で「なんや、このアホな商品は(汗)」と毒づきながら、 「なんで点かないの?」と聞いてくる姫ちゃんには、 「ウチにあった電池がダメだったみたい。 ごめんね、せっかく姫ちゃんが作ってきてくれたのに。 今度、新しい電池、買ってくるね。」 と言っておきました(^▽^;)   とにかく姫ちゃんが作った物が悪かったなんて 思わせたくなかったので。 話題を変えて 「お父さんの似顔絵、すっごい上手だね!似てる~! ありがとうーーー!」 と、褒めちぎりました(*^▽^*) いや、本当に、似てると感じてます(親バカ)   それにしても・・・         姫ちゃんの『手』・・・大きくなったなぁ。   予定日より早く破水しちゃって・・・ 低体重で生まれて来ちゃって・・・ 1歳過ぎたあたりで、『ナッツ・アレルギー』だと分かって・・・ 小さな手、小さな体、小さな命が・・・ こんなに成長しちゃうんだもんなぁ。   そして、俺もいつの間にか『父の日』に 子供からプレゼントを受けるような歳になりました(笑) 俺も父として、すこしは成長できてるのかなぁ? ・・・実感ねぇなー( ̄ー ̄;       そんな姫ちゃんが、最近、寝る前に 嫁ちゃんにお願いすることがあります。                                                                                     ごめんね・・・姫ちゃん・・・。         「お母さんといっしょに寝る」って、 こんな簡単な約束すら守れない親で・・・。   そして・・・いつも、ありがとう、姫ちゃん。           普通なら、妹のことを憎んでしまうかもしれないのに・・・ 普通なら、妹のことを嫌いになっても仕方ないのに・・・   小姫ちゃんのことも、お母さんのことも、大好きでいてくれて。 姫ちゃんの優しさに、俺たち親は、いつも助けられています。   本当に、ありがとう、姫ちゃん。   お父さんもお母さんも、 キミのことが大好きだよ!                       ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「4人いっしょに寝れればいいんだけどねぇ」と「ことりーず」。 姫ちゃんの寝相が悪すぎて、小姫ちゃんを蹴ってしまう恐れがあり、 小姫ちゃんが起きて泣くと、姫ちゃんも起きてしまう恐れがあり・・・ 姫ちゃんは寝起きに発狂(癇癪を起こす)する危険があり・・・ 双方を同時に寝かすには、 やはり小姫ちゃんに嫁ちゃんが『添い乳(そいちち)』して 寝かした方が確実なわけで・・・ 姫ちゃんには悪いけど、『添い父』で我慢してもらうしかないのです(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780    

      20
      テーマ:
  • 26 Jun
    • テスト投稿 6

      どーも。 まだ『今月のイラスト』を描いていない大五郎です(-_-;)       3月?4月?あたりから、新しいお絵かき専用の パソコンソフトの練習として描き続けている『漫画』ですが、 やっと線画も、おわりまして。   前回から1ヵ月経ってますね。 →テスト投稿 5   次の工程へ進んでます。         『トーン』というツールを使って、モノクロの世界に 色や影をつけていく作業をしてます。   途中まで、カラーにしようかと迷っていたんですけどね~(^▽^;) 時間がかかるし、せっかく今までやったことがないことを しているわけだから、『トーン貼り』というものに チャレンジしようと思いまして。   でも、ソフトに使い慣れていないから、 どこをどうすればいいのか分からなくて、 とりあえず『クリップスタジオで漫画を描こう』っていう本を 買ってきて、勉強しながら、試行錯誤やってます(^▽^;)   「髪の毛のトーンはコレ」とか「影のトーンはコレ」とかって ぜんぜん決まってなくて。 本でもネットでも、いろんなものを参考にしてますが 「自分で探して、自分で試して、合うトーンを見つけよう」って 感じなんですね(^▽^;) ・・・結局、本を買っても時間がかかってます(汗)   なにごとも一石二鳥ってわけには いかないようになってるのですねぇ(^▽^;)   なかなか進まないけれど、ちょっとおもしろさを感じてます。 ちょっとずつ仕上がっていく様を見てて 「おー、漫画っぽくなってきてる~」って(^▽^;)       うまくいけば、今月中に完成するかな? でも、明後日には東京へ行ったりして 時間がないかもだから、7月になるかな?(汗)       それから、この漫画、 どうせなら多くの人に見てほしいから、 このブログだけじゃなく、 あっちこっちのサイトに公開してみようと思ってます(^-^)   批判を受けるもよし。 一番怖いのは・・・誰にも見てもらえないことです(汗) こんなに時間かけて描いたのに、 誰にも見てもらえないのが、一番、ツライので( ̄ー ̄;   さて、どれだけの人に見てもらえるかな。 そして、みんな、どんな反応してくれるかな。 楽しみです。             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「大五郎が映画に出演するかもです」と「ことりーず」。 それは、まだ内密にしてくれ・・・( ̄ー ̄;   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780    

      9
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 月箱、最後の交流会へ行きます。

      どーも。 雨男だけど、雨が好きではない、大五郎です( ̄ー ̄; まぁ、雨とか雪は、行事などの予定に影響してくるし、 晴れてるほうが、気分も晴れやすいのは 気温や湿度が、晴れてるほうが丁度いいからでしょうね。 そんなわけで、梅雨入りした富山県ですが、 あんまり雨も降らず・・・でも、ジメジメする湿度・・・ 不快感が溜まっていきます( ̄ー ̄;   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~       じつは、長年、俺のポストカードを委託販売させてもらっていた 東京・渋谷付近にあるお店『レンタルボックス・月箱』さんが、 今月末で閉店になるということで・・・(´□`。)   ◆お店情報↓       「預けていた商品を、送品してもらうか、じかに引き取りに行くか」 という選択肢があったわけですが、 今まで、ほとんど東京へ行けず、 ずっと商品の管理をしてもらっていたお店なので、 お世話になった分、恩返しなどは出来ないけれど、 せめてお店の方々にお会いして、お礼を言いたいと思い、 今月中に、商品を引き取りに、東京へ行く予定でいます(^▽^;)   その『月箱』さんでは、毎月28日に、 『箱主(委託している作家さんたちの総称)交流会』という会が 開かれているということで、 今まで参加したことなかったけれど、この際、 最後の『交流会』に参加したいと思い、28日に合わせて、 東京へ行くことにしました(^▽^;)   関東方面で、東京で、会いたい人はたくさんいますが・・・ 俺が東京にいるのは28日だけでして・・・   27日の真夜中に深夜バスで出発  ↓ 28日の早朝に東京へ到着  ↓ 28日の真夜中に深夜バスで出発   こういうスケジュールなので、多くの人たちに 会うことは出来なさそうです(^▽^;) 当日の夕方からは『交流会』ですし。     そんなわけで、『箱主交流会』に参加される方々、 よろしくお願いいたします(^-^) そして、大五郎のポストカード(過去の作品)を 東京で買えるのは、今月28日までということになります。 ご了承ください。             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「どういう会なのか楽しみだね~」と「ことりーず」。 まず、迷わず行けるかどうかだな(^▽^;) そして、 人見知りだから借りてきた猫状態になるのは間違いない(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      15
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 【レポート】リカと大五郎のネットカフェ!~ネットのお悩み相談会~

      どーも。 先週、久々に同級生と飲みに行った、大五郎です。       同じ歳月を過ごしていても、人生は千差万別、十人十色。 自分が体験できない他人の人生のお話を聞くと、 本当に楽しくて、あっという間に終電も逃してしまいました(笑) 同級生のお店にずっと居座ってしまってたなぁ(汗) ・・・居心地いいからだね(^-^) (■同級生のお店→居酒屋アット) またみんなと飲みに行けたらいいなぁ(*^▽^*)       ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●     昨日、6月19日(月)に 加藤リカさんの自宅サロンにて、 【リカと大五郎のネットカフェ!~ネットのお悩み相談会~】 を開催しました。   ※【リカと大五郎のネットカフェ】とは? インターネット初心者~中級者の方々の 「今さら聞けないネットに関するアレコレ」を プロではないけど、そこそこ知識があり長年ネットを利用している 大五郎に聞いてみよう!というワンコーナーです(^-^) なので、お代もお手頃価格になってます(^▽^;)   前回に続き、キャンセルがあったりで 今回は、お1人だけの受講になりました(^▽^;) 今回はリカさんからもよく質問されたから受講生2人かな。 人数が少ないほど、お一人にかける時間が長くできるので お2人ともよかったですね(^-^)       今回の参加者は・・・   ◆山崎伊津子さん   山崎さんは、 富山県高岡市にある『アロマサロン~Syalurica(シャルリカ)~』を 経営されておられます。       (撮影者:大五郎)   一番上が加藤リカさん、左下が山崎さん。 初めまして、でした~(*^▽^*) 俺としては、こうして人に出会えるのが嬉しいネットカフェです。   この日、質問された項目は・・・   ・『skype(スカイプ)』のPC版とスマホ版の使い方 ・パソコンでのスクリーンショットの撮り方 ・スマホのアプリの「本当の終了」方法 ・wifiの接続方法 ・ネット犯罪の脅威       この日は、主に、『skype』の使い方を重点的に教えてました。 (『skype』とは、無料のオンライン通話ができるソフト(アプリ)です) 教えるというか、実際に使ってみて、慣れてもらうしかないので 実際に自分から電話をかけたり、受けたりの練習を行いました(^▽^;) こういう通話の練習って、 間違って操作したり、回線の不良で切れてしまうと・・・ 相手からしたら、「なぜ切った!?」という 不信感を与えてしまうので(汗) 相手を目の前にして練習できるのも この『ネットカフェ』のメリットですねぇ(^-^)   相手のIDを探したり、連絡先を追加したり、グループで通話したり、 メッセージを送ったり、ファイルを送ったり、保存したり。 『skype』で出来ることは、ほかにもありますが、 基本操作は、相手と通話すること、なので そんなに難しいこともなく、すんなり覚えてもらえたようです(^-^)       『ネット犯罪の脅威』というか、なにかの話のついでに 最近の『LINE』や『facebookのメッセンジャー』など 相手とチャット状態で会話できるサービスについて 俺もよく分かっていないので、 3人で知っている情報を交換しました。   ほんの数年前までは、『LINE』では 自分のメッセージを削除できなかったようですが、 今では簡単に削除できるようになっているようです。 『facebookのメッセンジャー』は、以前から削除できることは 分かっていたのですが・・・。   ちょっと気になったので、帰ってから調べてみたのですが、 『LINE』も『メッセンジャー』も自分のメッセージを削除できるのですが、 一度送ってしまったメッセージは、相手側に残ったままだそうです(汗) 「あ、間違えた」とか「ちょっと感情的になって変なの送っちゃったな」と 思って、自分のメッセージを削除しても、相手側には、 ちゃんと残ったままになるそうです( ̄ー ̄;   いや~、俺も知りませんでした(^▽^;)   ひと昔、俺は『メッセンジャー』での 仕事のやり取りを極力、避けていました。 理由は、「メッセージを削除できてしまうから」です。 メッセージのやり取りで、相手との意思疎通がうまく出来なかった場合や、 「あなたは、こう言ったよね?」「俺は、こう言いましたよね?」という 言い争いになったときには、メッセージが証拠になるわけです。 あとから確認できるのが、ありがたいのに、削除できるってことは、 自分の不都合なメッセージを削除したあとで 「俺は、そんなこと言って(書いて)ません!」って言いきれちゃうわけです(汗)   でも、今回調べた結果、たとえ相手が自分のメッセージを削除しても こちら側にはメッセージが残るので、そういうトラブルが起こっても 大丈夫なんだなぁと安心しました(^▽^;) まぁ、そんなトラブル、無いほうがいいけどね( ̄ー ̄; 俺は、今でも、大事なやり取りは、なるべく『メール』でしてます。 自分にも相手にも、送信と受信の日付と時間が しっかり残るのが、一番安心かなと(^▽^;)   ・・・さて、余談ですが・・・   「相手側にメッセージが残るのに、 自分側のメッセージを削除する機能って、利用価値ないじゃん!」 と思うかもですが、これを利用するとね・・・   奥さんに自分のスマホの『LINE』や『メッセンジャー』を見られても 浮気や不倫がバレない!(爆)   ・・・っていう使い方ができると予想されます( ̄ー ̄; 既読になった時点で、即削除すると とりあえず自分のスマホには証拠が残らないっていうね(汗) まぁ、俺としては自分側しか反映されないなら 削除機能は使う意味ないと感じましたが、 もし使うなら、そういうことぐらいしか思い浮かばないなと(汗)   ・・・みなさん、悪用されませんように( ̄ー ̄;   ネットとはいえ、コンピューターを相手にするのではなく、 対人なのです。すべては対人関係を円滑にするためのツールです。 だからこそ、言葉使いは、慎重に。 ツールも間違って使わず、正しく使いこなしていただきたいものです。     (撮影者:リカさん)   ↑ ・・・俺の頭の上に乗ってるのは、『ハエ』じゃなくて リカさんのパソコン画面上の『カーソル』です!(笑)   ・・・もしかして、俺の薄くなってきた生え際に注目させてるのか!?(爆)   や~め~てぇ~!!!( ̄□ ̄;)       この日は、人数的に余裕があったはずだったけど、 気づけば、あっという間の2時間でした(^-^)   ・・・ということで、 『インターネットに関するお悩み』を相談できる 【リカと大五郎のネットカフェ】でございました~(^-^)   山崎さん、ありがとうございました!       次回の開催は、来月を予定しております。でも、日時はまだ未定です。 おもしろそう!受講したい!と言う人は 加藤リカさんにおねだりしてみてください(^▽^;)             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「たぶん、カーソル位置に白髪があるんだよ」と「ことりーず」。 やーめーなーさーーーい!!!( ̄□ ̄;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      20
      テーマ:
  • 18 Jun
    • 【映画】父、帰る

      どーも。 不真面目一筋、大五郎です(笑)       ・・・と、イチイチ書きたくなる真面目な奴です( ̄▽ ̄;) いや、正確には、どっちの要素も備えてる奴です(汗) 「いい人だね」と言われると、 「いや、俺は過去にこんな悪いことしてます」と反論したくなったり。 「悪いヤツやなぁ」と言われると、 「でも、たまには良いことも言ったりしますぜ?」と 自己弁護したくなったり。 そうやって、一応、バランスをとろうとしちゃう( ̄ー ̄;   なんだろ? 枠とか型にハマりたくないような感じ。 ・・・自分でも難儀な性格だなぁと感じます(^▽^;)       難儀な性格・・・親父に似たのかなぁ(汗)       *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:       そんなこんなで、本日は『父の日』にピッタリな オススメ映画をご紹介します。   前回のオススメ映画は➡映画版『聲の形』でした。   前回も書きましたが、 俺は、『映画』の知識は、めっちゃ浅いです(爆) 俺は、ただ、『見た映画』に対して、「こう想った」という 感想文を書くことしか能がない男です(^▽^;) なので、ものすごく知識が深いマニアの方からは嫌悪されるかもですが、 そのへん、ご了承ください(^▽^;)         今回は・・・↓   映画『父、帰る』             ○●○●○●○●○●大まかなあらすじ○●○●○●○●○●     主人公・イワンは、どこにでもいる男子小学生。 兄のアンドレイと母親と祖母との4人暮らし。 父の顔は写真でしか知らない。 生きているのか死んだのか、そういう情報もない。 そんな、ある日、12年ぶりに突然、父が帰ってきた。 なんの前触れもなく。それでいて、今までどこにいたのか、 今、なにをして生きているのかも語らない父。 兄は、すこし父の記憶があるらしく、 なんとなく、すんなりと父の帰りを受け容れていたが、 イワンは、「本物か?」と疑ったり、 なにかにつけて反抗的な態度をとっていた。 そんな父が、兄とイワンを連れて、釣りに行くと言い出した・・・。     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆<ご注意!>ここからはネタバレです!・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆       ○●○●○●○●○● ストーリー ○●○●○●○●○●     これまでどこにいたのか全く語らない父。 基本、無口。なかなか父に慣れない兄弟だが、 ある日、突然、父は明日から二人を連れて釣りに行くと言い始める。 行き先も告げず、高圧的な態度で子供達に接してくる父。 そんな父に、イワンは徐々に不満を募らせてゆく。 イワンの反抗的な態度に、激怒した父は、 車からイワンを引きずりおろして、その場に置き去りにして 車を走らせて行ってしまう場面も。 旅の途中で、予定を変更し、小さい舟を修理してある無人島へと渡る。 数日、そこで過ごすが、些細なことで父とイワンが争いを始め、 イワンが倒壊寸前の見張り塔に登り、それを追っていた父が転落する・・・。 転落する直前、父はイワンのことを愛称で呼んだ・・・ それが父の最期の声だった。       ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲俺の個人的感想▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲       じつは、この映画、内容を知らずにレンタルしてきました。   俺は、幼い頃に両親が離婚してまして・・・ 親父がいない環境に慣れているのですが、 たまに親父に会うと、 親父がものすごく『父親ヅラ』してくるんですよね(汗) それが、ものすっごくウザかったです(^▽^;) まぁ、本当の父なので、『父親ヅラ』な態度なのは 当たり前のことなんですけどねぇ・・・ 親父がいない環境に慣れているため、 突然、上からモノを言われると、ねぇ・・・( ̄ー ̄;   そんな俺も、今や二児の父となりましたが・・・ 親父に育ててもらっていないから、 「父とは?」という疑問が、つねに頭の片隅にありまして(汗) なんの参考にも無らないって分かっているのですが、 いつの間にか『父』というタイトルだったり、テーマだったりの 映画が、気になるようになりまして(^▽^;) 今回も、タイトルだけでレンタルしてきたわけですが・・・。   主人公のイワンの気持ちが、ものすごく分かりました。 父も母もそろっている家庭が、とてもうらやましかったりするのに、 いざ、本当に父が現れて、頭ごなしに高圧的な態度で 接してきたら・・・ウザくて仕方ない!!!ヽ(`Д´)ノ でも、内心は・・・父に甘えたいんです。 父に頼りたい。父と遊びたい。父にいろんなことを教わりたい。 父といっしょの時間を過ごしたい。   今の俺のような父が欲しかった。   父を知りたかったし、 父に、自分を知ってほしかった。 認めてほしかった。褒めてほしかった。励ましてほしかった。   以前、絵空事『ソウシ・ソウアイ』にも描きましたが、 すべては、自分の『理想の父親像』を押し付けているわけで、 現実の父とのギャップに、モヤモヤ、イライラするんですよねぇ(汗) 「父なら、こうだろ!」 「大人なら、こうだろ!」と。 そして、父もやはり、誰かの子であり・・・ 自分がそうやって育てられたから 「子なら親を尊敬しろ」 「子なら親に服従しろ」という これまた『理想の子供像』を押し付けてくるわけですねぇ(汗) 親子は両想いなのに。       んで、この映画・・・ 俺が嫌いな『オチなし』のラストシーンです!(爆) いや、一応、オチとしては 頑なに父のことを「お父さん」と呼べなかった主人公が、 父が亡くなってから「お父さん!」と泣き叫ぶシーンで オチているのかもですが・・・   結局、最後まで、この『父』は、何者だったのか? 『父』は、兄弟になにを伝えたかったのか? とか、いろんな疑問点、不自然な点が、ウヤムヤのまま終わります(汗) 時代劇のように、勧善懲悪で終わるとか、 親子の絆が深まって終わるとか、 お話の基本の流れ『起承転結』を守らずに終わります(汗) (最近のホラー映画によくありますね、この技法(汗) 終わったと思ったら、エンディングで次の犠牲者が出るみたいな(汗))   でも、この映画に関しては、 この説明足らずの終わり方が、ものすごく心に残ったし、 ものすごく「父とは?」を考えさせてくれました。 言葉じゃ言い表せないモノを、すごくシンプルに伝える表現方法だなと。 それでいて、その『答え』は、見ている人の数だけあるのだなと。     ちなみに、この映画は、 国際映画祭で、最高賞となる金獅子賞を受賞してるようです。 この映画が気になった人、ぜひ見てみてください(*^ー^)ノ 以上、映画『父、帰る』でした!         ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「親子は、みんな両想いだよね」と「ことりーず」。 ほしい愛のカタチが、 お互いに違っているだけだったりするんだよねぇ。   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      12
      テーマ:
  • 14 Jun
    • ”なにかにすがりたいときに知ってほしい「魔法のお話」”

      どーも。 「たまたま見かけたもの」って、 けっこう重要だったりすることを知っている、大五郎です。       たとえば、こんな記事とか。         「誰か持ち上げてくれないかなぁ」って 「誰か背中を押してくれないかなぁ」って 思うことは、俺はよくあることで・・・   俺は一人っ子で、こんな俺でも自分のことは なんでもかんでも自分で決めて、 自分で行動してきたほうだから、 あんまり周りに甘えられない(頼らない)ほうだけど、 インターネットの世界では、けっこう甘ったれてるなぁと思いつつ(汗)   それが、いつしか 現実世界の自分も、周りに甘えるようになってきてて。 でも、基本、『正しい甘え方』が分からないから、 「頼ってくれていいよ」なんて言われた日にゃぁ、 全身の全体重を乗っけて、その人を押し潰しちゃうぐらいに 頼ってしまって、見限られたこともあり(爆) そういう迷惑をかけて、失敗を体験させてもらって、 今の甘えん坊な俺がいます( ̄ー ̄;   『他力本願』でうまくいく人もいるらしいけど、 俺の場合は、そうでもなくて。 『自力半分、他力半分』でうまくいってる感じです(汗) (こういうバランスのとり方、感じ方は、 おのおの違うんだろうなぁと感じてます。)       んで、最近・・・内心、アセってまして(;´Д`)ノ   なにをアセっているのかというと、 数年前から、あっちこっちで言いふらしてる『個展』です(汗)   一向に、手が進まない(汗)   心のどこかでは、 「どうせ、そうそういい場所なんて見つかりっこない」とか 「どうせ、誰も俺の個展なんて期待してない」とか 「どうせ、誰も俺を応援してくれない」とか 思いつつ、あっちこっちで『個展』という言葉を言いふらしてました(汗)   その「どうせ」っていうのは、 「どうせ、自分の画力では誰も賞賛してくれない」という スネであり、自分の実力を、自分で知っているからこその 「どうせ」だったのですが・・・   まぁ~見事に・・・俺は 『他力』を甘く見過ぎてました・・・(;´Д`) いや、『他力』はスゴイってことを知っていたはずなのに、 俺に限っては、俺を持ち上げてくれる人(他力)は、 そうそう現れないって、思ってました(汗)   ところがどっこい、やっぱり『他力』はスゴすぎて・・・ 俺が「個展、やりたいです」と、この世に言い放った途端に、 「あの会場はどうですか?」 「いつごろやりますか?」 「いいですね、ぜひぜひ!」 「日と場所が決まったら行きますよ!」 「完成したら、すぐラジオで宣伝しますよ」 などなど、俺の『自力』では出来ないことが、 『他力』にとっては朝飯前に出来てしまって・・・ 気づけば、もう、あとは 『個展の作品』の完成を待つばかりになりました(汗)   そう、そこからは、もう『他力』には頼れません。 『自力』で、自分の作品を、自分が表現したいことを、 この世に生み出さなければならないのです。   もう、あとは描くだけになったのに、描けない。   いつまでも、『試作』とか『お試し』とか言って、 いろんな画材を物色してました(汗) ・・・それも、もうほとんど、決まってきちゃって。   墨と、アクリルと、F10号のキャンバス。         和紙も試したけど、何を使っても発色が良くなかったから キャンバスに決めました。 物語も、数年前から決まってるし、あとは描くだけ。       手が進まないのは、病のせいです。 『臆病』という病気のせいです(汗) 基本、性格が小心者なので(;´Д`)   今さらだけど、『個展』は 開こうと思えば、誰でも開ける。 あとは、ただ、 自分の画力を、脳内イメージを『ダダ漏れ状態』にするだけ。 『不透明だった部分を完全透視化状態』にするだけ。   それが、今さらながら、怖くなってる。 『他力』のほうの盛り上がりが、期待値が、すごい気がして。 その期待値に応えられる画力を持ってない『自力』を気にしてて。 「ガッカリさせちゃうだろうなぁ・・・」 「宣伝してもらいたいけど、そんなスゴイの描けないよなぁ・・・」 「酷評・・・もらっちゃうだろうなぁ・・・」 「誰も来なかったら・・・ それはそれで、自分がガッカリするだろうなぁ・・・」 とか、考えれば考えるほど、手が動かず(汗)   リブログ先の記事にも書いてあったけど、 きっと、このあと、『落とし前』をつけさせられるんだろうなぁ(汗)   はぁ~ぁ( ̄ー ̄; 「これが『今』の俺の画力です」って はっきりと、みんなに知ってもらうしかないよなぁ(汗)   うぅ・・・描かねば・・・( ̄ー ̄; 自分で落とし前、つけなくちゃなぁ・・・(汗)               ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「なんていうか・・・本当に、今さらだね・・・」と「ことりーず」。 みんなに言っちゃえば、自分を追い込んで描き始めれると 思ってたけど・・・追い込みすぎて描けなくなるとは思わなかった(-_-;)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780

      19
      4
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 映画版『聲の形』

      どーも。 ほんの数年前までは、 自分は幸せになってはいけないと・・・ 自分は不幸のどん底にならなくてはいけないと、 本気で思っていた、大五郎です。       『食材』ではなく、 おいしくないほうの『贖罪(しょくざい)』ですね(汗)   何度も何度もこのブログで書いている通り、 俺は過去に大罪を犯し、自分を責め続け、 その償いの方法を求め続け、十数年・・・。 はじめは償うために、しのーと思ったこともあった。 でも、それは償いではなく、苦しい罪悪感から逃れたいだけの、 ただラクになりたいだけの自分勝手な逃げ道だと感じて・・・ 自分は一生、苦しみ続けて、惨たらしく死ななければならないと、 さらに自分を追い込むことを選んだ・・・。   結果、自分に「苦しくても生きる」という選択をさせることになった。   ・・・今、思えば、それも単なる逃げ道だったのかもしれません。             *†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:       今回は、俺のお薦めの【映画のお話】です。 前回の映画は➡【映画】フックでした。   前回も書きましたが、 俺は、『映画』の知識は、めっちゃ浅いです(爆) 俺は、ただ、『見た映画』に対して、「こう想った」という 感想文を書くことしか能がない男です(^▽^;) なので、ものすごく知識が深いマニアの方からは嫌悪されるかもですが、 そのへん、ご了承ください(^▽^;)         今回は、アニメ映画です。↓   映画版『聲の形(こえのかたち)』               ○●○●○●○●○●大まかなあらすじ○●○●○●○●○●       主人公・ 石田将也(しょうや)は、どこにでもいる悪ガキ小学生。 そんな将也のクラスに、ある日、 聴覚障碍(ちょうかくしょうがい)をもつ、西宮硝子(しょうこ)が転校してくる。 はじめは物珍しい転校生に、みんな好意的に接していたけれど、 先生や周りに贔屓されている硝子に、 クラスのみんなが不満を募らせていった。 硝子との意思疎通の難しさも手伝って、 その不満は、次第に『イジメ』へと展開していった・・・。     ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆<ご注意!>ここからはネタバレです!・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆       ○●○●○●○●○● ストーリー ○●○●○●○●○●       将也は、自分と同じく「しょうちゃん」と呼ばれている 硝子を毛嫌いし、やたらと、きつく当たるようになる。 それが、クラス全体の『イジメ(無視も含む)』の中のひとつになる。 イジメはエスカレートし、将也は何度も硝子の補聴器を壊したり無くしたりした。 それが高額なものだとは知らずに。 ある日、硝子の母親から学校へ苦情が入り、『イジメ』が発覚。 担任の独断で、イジメの主犯を将也と決めつけ、将也だけの責任となった。 その日から一転、将也が『イジメ』の対象になる。 自分が『イジメ』の対象になって初めて、今までの自分の愚行を知り、 将也の母親が多額のお金を持って、硝子の母親に謝罪に行き、 ピアスしていた耳を怪我して帰ってきた姿を見て、 初めて、自分がしたことの重大さを知る。 そして硝子はまた転校していった。 それからの将也は、「自分は罪深いことをしでかした、罰を受けるべき人間であり、 生きていてはダメな人間だ」と思い込むようになり、 小学校、中学校を、孤独のまま過ごす。 性格もすっかり大人しくなり、 対人に恐怖を感じるくらいのトラウマを抱えるようになった。 高校生になった将也は、バイトしたり、自分の持ち物をすべて売り払い、 母親に弁償させたあのお金を返済し、自殺しようとする。 しかし、直前で出来なかった。 そのことを母親に激怒され、「もう死のうとしない」と誓わされる。 そして、将也は、今まで目を背けていた過去と向き合うため、 お互い高校生になった硝子へ会いに行くのだが・・・。       ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲俺の個人的感想▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲       この作品は、原作の漫画があるようで、 それは見ていないのですが、最初は読み切り、次に連載され、 読み切り版と連載版、そして、この映画版では 少々、登場人物やストーリーが異なっているようです。 内容が内容だけに、原作のほうで大きな賞を受賞するも、 どこにも掲載されず、『幻の作品』と言われていたとか。 2015年6月には、全日本ろうあ連盟監修のもと 道徳教材化されているようです。   ・・・なんていうか、俺は途中まで、複雑な気持ちで見てました。   主人公に感情移入したいけれど、 イジメに遭うヒロインが・・・もし、自分の娘だったら?という 親の視点で見ちゃうと、主人公に感情移入できず(汗) でも、小学生なら、こんなもんだろうと感じました。 俺も、主人公と同じで、アホ丸出しの、何も考えていない性格だったから。 他人への配慮なんて出来なくて当たり前で。 空気を読むことは出来ても、空気の流れを変える術は知らなくて。 空気の流れにそって、遊びの助長で、 他人を傷つけてしまうこともあったと思うんです。 俺自身も、知らず知らずのうちに、 誰かにきつく当たったり、余計な言葉を言ってしまったり、 忘れているだけで、あったと思うんです。 そう考えると、誰もがいつの間にか『イジメ』に加担していることが あるんじゃないかなと感じました。 とくに、登場人物の一人・川井みき。自覚があるのか無いのか、 わざと八方美人を演じているのか、というほどに 『イジメ』に加担していたことを否定し、自己弁護に長けていて。 きっとこの子は、一生、『イジメ』に加担していたことを 自覚しないまま、罪悪感を抱かぬまま、 大人になっていくんだろうなぁと感じました。 というか、こういう子、きっと世の中にたくさんいるんだろうなぁ。 それが、その子の個性・性格なんだから、仕方ないと思います。 (登場人物、それぞれに『イジメ』の空気に対する姿勢が違うので きっと見てる人たちも登場人物の誰かに当てはまると思います。)   でも、後半の主人公が自責してる姿には、 思いっきり、感情移入してしまいました( ̄ー ̄; 最初に、書いたように、俺も ほんの数年前までは生きてちゃいけない人間だと思っていたから。   そんな主人公が、しのーと覚悟して、しぬことに失敗して、 すこしずつ過去のダメだった部分からやり直そうと 周りの人と関わり始めていくうちに・・・ また昔と同じ、もしくは、それ以上の人間関係が築き上げられて・・・   ラストシーンは、友達に囲まれている主人公が泣き出す。   その気持ちが、俺には、ものすごく分かるんだ。           ・・・俺も、罪を犯して数年後・・・ まだ、ばば様と叔父さんが生きていた頃、 従兄弟たち家族が、旅行に誘ってくれて・・・ その旅行の途中の車内にて・・・                       従兄弟の3兄弟がいて、叔父さんと叔母さんがいて、 母親がいて、ばば様がいて・・・ そのみんながいる場所に、俺がいて・・・           ・・・気づいたら、涙がこぼれてきて。         あれ?あれ?なんで涙が?って焦っても もう涙が止まらなくなって・・・ 車内のみんなは爆睡で、イビキの大合唱の中(笑) 俺は、泣き声を抑えるのに必死で・・・ それでも涙が止まらないんです。                   幸せ過ぎて。                               俺なんかが幸せになっちゃいけないって思っていたのに、 ふと気づいたら、幸せになっちゃってて・・・。 生きてるだけで・・・ただ生きてるだけで・・・幸せで。       ただの、どこにでもある普通の日常風景・・・ それが、どんなにステキなことか。 それが、どんなに素晴らしくて、輝いてて、嬉しいことか。 それが、どんなに幸せなことか。   俺は身をもって知っていたから、 ラストシーンで主人公の号泣する気持ちが、 すごくよく分かったし、主人公が その幸せな境地へ至れたことが、すごく嬉しかったです(^-^)       あと、映画で出てきた『手話』が、 すこし俺には分かって・・・ 生前のばば様のために『手話』を一生懸命、覚えようとしてたことを 思い出して、泣けました。 そして、ヒロインの姿を見ていると、 俺のばば様も小さい頃は、こんなふうに苦労したんだろうなと 感じて、これまた泣けました。       『声』を出せて、『声』が聞こえる健常者の俺たちですら、 おのおのに『こえのかたち』を自分の都合のいいように受け取り、 または捻じ曲げて受け取ったり、受け取りスルーしたりで、 うまく伝えられない、伝わらない思いをしているけど、 『声』を出せない、聞けない障碍者との意思疎通の難しさ・・・ いや、もしかしたら、結局のところ、 本当の『声』というのは、耳で聞くものじゃないのかもしれない。 それを考えさせる、感じさせる、良い映画でした(^-^)   この映画が気になった人、ぜひ見てみてください(*^ー^)ノ 以上、映画版『聲の形』でした!         ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「みんな違って、みんないい」と「ことりーず」。 そう・・・嫌いなモノを無理に好きになれってのも 結局は、自分にウソをつくことになるから。 幸せを感じる瞬間も、そう。 この物語の登場人物みんなが、違っていて、それがよかったです。   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      15
      テーマ:
  • 11 Jun
    • バイトもします、たまには。

      どーも。 週末2日間にかけて、とある場所で アルバイトしてきた大五郎です(^▽^;)       (これだけなら何の情報も分からんでしょう(汗))     縁日の『射的』のバイトでした。 こういうのって、ガラの悪いお兄さんが、 ガラガラ声で 「おぅ、そこの兄ちゃん、遊んで行けよ!」って 客寄せをするイメージでしたが(笑) 当たりとなるお菓子の数に制限があり、 しかもゲーム代は無料なので・・・賑わってほしいけど、 たくさん来られたり、うまい人が何回も来られたら困るので(汗) お客さんを呼び込まない、お店番みたいなバイトでした(^▽^;) 大人も子供も、楽しそうな笑顔で・・・ 中には、1発も当たらなくて悔しくて泣きだす子供もいたり。 おじいちゃんとおばあちゃんが終わった後に 「懐かしくて、楽しかった」と笑顔で言ってくれたり。 ただそれだけで、俺は何もしていないけど、 「お役に立てたのかな」と感じられました(^▽^;) 慣れない仕事だったのと、普段の運動不足がたたり 今はあちこち筋肉痛です(汗)             ※大五郎のブログは、許可なく、 リブログやシェアしていただいても、 リンクを貼っていただいても、OKです! 笑顔が広がればいいなと思っています。よろしくです(´▽`) "応援クリック!"  ↑ 「子供の真剣な横顔がカッコよかったね」と「ことりーず」。   ずーっと人間観察できて楽しかったけど、 忙しい時間帯は、本当に、ちょっとヤバかったね・・・ 水分補給できなくて、ちょっと頭が痛かったし(汗)   ---- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----   LINEスタンプ第一弾【ことりーず1】 好評販売中!➡ https://line.me/S/sticker/1420780  

      11
      テーマ:
  • 08 Jun
    • 【未解決】子供が親に「死ね」と言い出した

      どーも。                                 ・・・過激な記事タイトルのわりには、 日々、幸せを感じている大五郎です(*^▽^*)       次女・小姫ちゃんは、今月で、生後8か月となりました(^-^)   上記のように、ちょっと遅めですが、 ようやく、軽く『寝返り』をしました。 ですが、うつ伏せ状態が嫌いらしく、 なかなか自分で寝返ろうとしません。 俺の母親が言うには、俺も赤ちゃんの頃、 ほとんど寝返りせずに、いつの間にか立ち始めたとか(汗) まぁ、これもこの子の性格なんですかねぇ(汗) ちゃんと、うつ伏せ➡ハイハイ➡立ち上がりという過程で 育ってくれた方が、骨の成長には良いそうなので、 今のうちに、寝返りしててほしいんですが・・・( ̄ー ̄;       以前までは、長女・姫ちゃんの成長の記録として、 3歳になるまでは、月に1度は必ず『育児ネタ』を欠かさず 描いていたのですが、次女・小姫ちゃんが生まれてからは、 ほとんど『育児ネタ』を描かなくなってますね(^▽^;)   それは、実際の育児にしても・・・ 姫ちゃんのときは、初めてなことだらけで、 毎日が父としての勉強でしたが・・・ 小姫ちゃんに関しては、ほとんど慣れたもので、 とくに『ネタ』になるほどの出来事が起こりません(^▽^;)   当たり前ですが、姉妹で性格に差があるんですよねぇ。   長女は、とにかく手がかかったというか、 今でもかかっているのですが(汗) 寂しがりで、なかなか一人で寝てくれなくて、 『背中スイッチ』も超高性能の敏感さで(汗) 夜中に何度も泣かれて、起こされて、 嫁ちゃんと交互に抱っこして寝付かせていたものです( ̄ー ̄; それが、次女に関しては、 ものすごく、よく寝てくれるんですよ(^▽^;) 『背中スイッチ』は確かにあるものの、 長女ほどではなくて・・・手がかかってません(^▽^;)   うーん、最近、次女で困っていると言えば・・・ 『う〇ち』が出ていないことだけかな(^▽^;) 離乳食も始めているのに、なかなか出さないので 何度か病院へ連れてっているのですが、 便秘のわりには、おなかが張ってないし・・・。 結局、浣腸を渡されるんですが、 浣腸してみても、あんまり便の量がないんです(汗) ものすごく吸収がいい母乳と離乳食なのか?(笑) 今のところ、お肌の調子も普通だし、子供の機嫌も悪くないし。 でも、そんなに体重が増えているわけでもないし(汗) ・・・どこに便が消えているのか、ナゾです( ̄ー ̄;   最近は、俺の顔を見て、笑ってくれるようになりました(*^▽^*) ちょっと前までは、週末ごとに嫁ちゃんが 実家へ子供たちを連れて帰るので、1週間ごとに 俺の顔を忘れてしまう感じでしたが・・・ ようやく「こいつ、よく見る顔だな」と覚えてくれたみたいです(笑)     (あ、無精ヒゲのままだった(汗))       ・・・さて、問題は長女・姫ちゃんですねぇ( ̄ー ̄;   って、じつは俺はあんまり問題視してないんですが(汗)   姫ちゃんは、次女・小姫ちゃんが生まれてから、 ワガママ言ったり言わなかったり。 彼女なりに我慢や耐えることをしている様子です。 たしかに、我慢を覚えることや忍耐力をつけるのも 成長に繋がるかもですが、俺としては、まだまだ子供のうちに もっと自分の言いたいことを言ってほしいと思っていて。 ワガママのすべてに応えることは出来ないと思ってますが (俺はスーパーマンじゃないのでね) それでも、意志を溜め込むよりは 『意志をはっきり口に出して言う』ってことを 今のうちに、してほしいと思っていて。 本当に、心の底からの『言葉』というのは聞いてたら 分かるものなので・・・ せめて俺だけにでも、遠慮なく言ってほしいのですが 姫ちゃんは姫ちゃんなりに気を使っているようです(^▽^;)   というか・・・遠慮してるのは、やはり父親にではなく 母親に、なんですよねぇ( ̄ー ̄; まだまだ小さい次女。おっぱいをあげる感覚が、少しずつ 空くようになってきたとはいえ、まだまだ母親が いつもそばにいる状態なのです。 ・・・去年の今ごろは、まだ一人っ子だった長女。 本当なら、甘えたいときに、我慢せず甘えられた場所が・・・ 強制的に、次女と2人で分け合わねばならない環境になってしまって。 その環境の空気を、長女なりに感じ取って、 読み取ってくれているようなのです。 ・・・けなげだなぁ、姫ちゃん・・・(ノ_・。)   その寂しさを抱えつつ・・・ 毎日のように、幼稚園から大量の『宿題』を渡されています。 『宿題』は、毎日違うものではなく、 毎日、同じものを、繰り返し繰り返しやるのです(汗) 見てる俺が逃げ出したくなる量です(;´Д`) その甲斐あって、姫ちゃんは、もう俺より英語が喋れます(汗) もう『宿題』も、英単語を見ているようで見てません。 (宿題は、テキストに書かれた英単語を声に出して読む) すでに暗記してるようで、ものすごい早口で英単語を言ってます(汗)   こうなると、『宿題』に取り掛かるまで、ダレます(-_-;) やり始めてしまえば早口で、さっさと終わるのに・・・ 始めるまで、グダグダ・・・(汗)   その時間帯は、俺は仕事をさせてもらっているので、 育児休暇中の嫁ちゃんに任せておりますが、 家の中なので、嫁ちゃんと長女のやり取りは聞こえてきます。   だいたい、嫁ちゃんが「宿題やりなさい」と命令しても、 姫ちゃんが、遊び始めて、言うことを聞かない(汗) そして、嫁ちゃんが見かねて 「じゃぁ、宿題しなくていいよ」と言うと、 「するーーーー!!!(怒)」とキレ出す(汗) そこから、嫁ちゃんが「大きい声出さないで!」とか 「しなさいって言われたときにしないほうが悪い」などの お説教を始めると、姫ちゃんはキレながら 「(悪いこと)してない!」とか 「ユア、バッドボーイ!!(お前は悪い子だ)」みたいに 英語で悪口を言い出すのですΣ(゚д゚;)   俺も嫁ちゃんも、『宿題』に関しては 「多すぎるし、毎日、大量に同じことさせられたら、そりゃイヤになるよ」 と理解していて、本気で「今日はやらなくてもいいよ」と 言ってあげているのですが、そう言えば言うほど本人は ムキになって「するーーー!!!(怒)」ってキレます(汗) 根性があるなぁと思っていたのですが、 どうやら、それには理由があって・・・ 『宿題』は、毎日「何回やったか?」って親が回数を書いて 先生に連絡する用紙があって、それが「ゼロ」だった場合・・・ どうやら、先生が「バッドボーイ!!」と みんなの前で、からかうようなんです( ̄ー ̄; そして、出来る子は褒められる。 親しい友達が、『宿題』に関しては『ライバル』になっているわけで(汗) 負けん気が強い姫ちゃんは、そこも気になっているようで。 自分で「〇〇ちゃんは、どこまで宿題が進んでいる」とか 言っているので、ライバルの進捗状況も把握しているようです(汗)   まぁ、なんにせよ、本人がヤル気であるなら、 わざわざヤル気を削ぐようなことはしませんが、 ヤル気がないなら、わざわざ焚きつけようとも思ってないので、 基本、本人のヤル気次第にしてるのですが・・・ 「(宿題するのもしないのも)どっちもイヤ」ってときがあり( ̄ー ̄; そうなったときに、よく嫁ちゃんと衝突してしまう姫ちゃん(汗)   嫁ちゃんが、とくに怒るのは、 長女が理不尽な悪口を言ったときです。 嫁ちゃんが、正論を言っても 長女は「バッドボーイ!」などと言い返してくることが多い(汗) そうなったら、嫁ちゃんは叱りつけます。 それでも、なお英語で、早口で、悪口を言いまくる姫ちゃん(-_-;)   ・・・おそらくね・・・姫ちゃんが使った悪口ぜんぶ、 幼稚園で、先生か友達から、自分が言われたことなんだよね(汗)   だって、俺たちは、そんな言葉、使ったことも教えたこともないし、 そんなテレビや映画は見せたことないし、 もちろん、『宿題』の英単語にも、そんな悪口はひとつも載ってない。   そして・・・つい先日・・・   いつもの調子で、嫁ちゃんと長女が言い争いを始めて 長女が、「シャラァァァァップーーー!!!」って絶叫しはじめて・・・(汗) つい出てきた言葉に、俺も嫁ちゃんも耳を疑いました。   「ユー、ダイ!!!!(しね)」   ・・・嫁ちゃんは、ヒートアップしてたせいもあってか、 言葉を失ったまま、小姫ちゃんを抱いて、別の部屋に逃げていきました。 ・・・泣いてました。   1人、部屋に取り残された姫ちゃんも ワケの分からない言葉を発しながら絶叫して泣いてました。       我が家は、基本、 子供を叱るとき、怒るときは、1対1です。 両親が、大人数人が、子供1人を責めるようなことはしない。 それが俺たち夫婦のルールなので・・・ このときも、俺は自分の部屋まで声が聞こえていたから 一部始終を知っていたのですが、口出ししませんでした。   あとから嫁ちゃんに詳細を聞き・・・ やはりショックを受けつつ・・・ 泣いている姫ちゃんの声を聴きながら・・・ 「どうしたもんかなぁ」という、ため息しか出ませんでした( ̄ー ̄;   ・・・そんな言葉・・・誰に教わった? ・・・そんな言葉・・・誰かに言われたのか? だとしたら、子供同士のケンカで言われたのかもだけど、 親として、放っておけない・・・かなぁ(-_-;)   うーん・・・でも・・・ 英語と日本語、言葉は同じでもニュアンス(意味合い)が 違うことってありますよねぇ(汗) 数年前に「クール!」って、「イケてる!」って意味だと聞きましたが、 本当の言葉の意味としては「冷たい」ってことですもんね。 最近の若者たちが日本語で「ヤバイ」を「すごい」という意味で 連呼してますが、本来は「ダメ」とか「危険」って意味合いですよね(汗) なので、今回の姫ちゃんの「ダイ(しね)」は、 「お前なんか消えてしまえ」「お前なんかいなくなれ」「あっちへ行け」 というニュアンスで、誰かに言われたんだと思うんです(汗) だから、親の『死』を望んだわけではないと思うんです。   でも・・・そうだったとしても・・・   やっぱり俺たち親としては、子供に言われたくない言葉でした(汗) ショックです。まだ4歳児ですよ? 俺ですら親に言ったことない言葉です(汗) 10歳以上の思春期を迎えた女子なら、 俺あたりが言われても仕方ない言葉ですけど( ̄▽ ̄;) 仕方ないっつーか、 そのときはブチギレて、マジ説教しますけど。 でも、今は、4歳・・・この世に生まれてまだ4年の『人間初心者』です。 『死』の本当の意味すら知らない。 それを理解するだけの能力もまだ無い。   ・・・どうやって伝えるべきなんだろう? いや、今は伝えないべきなんだろうか? 「べき」って思うほどでもないのか?       ・・・結局、嫁ちゃんが「ダイ」の意味を教えて、 あとで、俺が風呂場で、簡潔に 「死ぬとはどういうことか」を伝えてみたけれど・・・ 本人が、どこまで理解したのかは不明です( ̄▽ ̄;)   まぁ、たぶん、嫁ちゃんの泣き顔を見たことにより、 「使ってはいけない言葉だったんだな」ということは 自分で分かったのかもしれません。 その日以来、あの言葉は使わなくなったというか、 その日だけでしたね。       だから、解決したといえば解決したんだけど、 今後、使わないとも限らないわけで(汗)   これから成長していく中で、 『死』というものを、姫ちゃんがどう受け止め、 どういうふうに理解していくのか・・・   そのとき、そのときに、俺がどう伝えてあげればいいのか。 これからも、時折、考えさせられるんだろうなぁ( ̄ー ̄;       ちなみに・・・ 親から子への最期の教えは『親が死ぬ』という体験を させてやることだと、俺は思っています。                  

      21
      2
      テーマ:

プロフィール

絵描き士・道小島大五郎

性別:
男性
誕生日:
1975年10月14日
血液型:
B型
お住まいの地域:
富山県
自己紹介:
はじめまして。 富山県を中心に『絵と文』を描いてます、 絵描き士の 道小島大五郎 (ミチコジ...

続きを見る >

読者になる

AD
---------------------------------


▲ 無料イラスト集・大五郎の『絵と文』 ▲



▲ 大五郎のホームページ ▲


オチつき大五郎え日記
▲ 大五郎所属のティンタラ ▲


大五郎ブログの主な登場人物


<名前:大五郎>
オチつき大五郎え日記
本名:道小島大五郎
(ミチコジマダイゴロウ)
血液型:B型
ガリガリ体型で寂しがり屋な
当ブログ管理人。
甘党な上に甘い思想を持つ。
幼い頃に大阪で育ったため、
たまに関西弁が出る。
悲恋の確率高し。
ベストタイミングで笑いの神に愛される(汗)

--- --- --- --- --- ---

<名前:大五郎の母親>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
俺を産むために苦労し、離婚後は、
俺を育てるために苦労した、苦労人。
基本、マイペース。
天然ボケで、いつも明るい。
キライな食べ物が多いが、
それを認めない。
宝塚好き、氷川きよし好き、
美輪様好き、きみまろ好き、
韓流ドラマ好き、
マヨネーズ超大好き。
メタボ街道まっしぐら。

--- --- --- --- --- ---

<名前:嫁ちゃん>
オチつき大五郎え日記
血液型:O型
変人・大五郎を慕う変わった嫁。
薬剤師。天然ボケ。
教習できるほどのスキーヤーで、
スキーサークルに入っている。
食べ物の好き嫌いが激しいが、
お菓子が大好き。



大五郎ブログアクセスランキング

このブログで『爆笑ネタ』以外で、
アクセスが多かった記事を勝手にランキング!
(アクセス数は当日のみの集計)


NO1【実話絵空事】すべてのばあちゃん子に捧ぐ
総アクセス数2000pv超え!
2004年7月4日に亡くなったばば様との
最期の思い出です。

2位裸足で未来へ!
総アクセス数1000pv超え!
イラストレーターさんを支援するブログの企画に
参加してリンクしてもらった記事です。

2位イラストレーターに大切なこと。
総アクセス数1000pv超え!
自分の『覚悟』について熱く描きました。
今でも同じ思いの方々から感想いただきます。

自信がない方へ。(大量記事!)
総アクセス数1000pv超え!
これも経歴がない自分を
奮い立たせるために熱く描きました。

大きな壷と大きな石の話
総アクセス数800pv超え!
ネットで有名な深いぃ話を
紹介させてもらいました。

悩んでる人、必見!【AとBの法則】
総アクセス数800pv超え!
たぶん「悩み」というキーワードで
アクセスが集中したようです。

被災地で聴覚障害者に出会ったら!
総アクセス数800pv超え!
3.11の震災後に描きましたお役立ち情報です。
いろんな方々がtwitterなどで拡散してくれました。
お役に立てれば幸いです。



絵描き士・大五郎の活動劇

↓【大五郎の活動記録】↓


↑2011年に個展宣伝のためレディオ出演


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。