しおちゃんの元氣アップ~ココロのサプリ~

15年間、北海道の高校体育教師でした。ココロの塾「笑華尊塾」を立ち上げました。ブログを読んでくださった皆さんが少しでも元氣アップするような内容を目指します!

ホームページ  
よかったら、ぜひご覧ください。


$塩谷隆治の元気アップ~ハイタッチな教育革命~


塩谷隆治公式HP

『元氣アップランド』







テーマ:
大人のためのココロの塾 笑華尊塾です!


今回はスペシャルゲストに医療福祉のビジネス質問家 あゆみちゃん!

FB用 第52回




あゆみちゃんは、私のしつもん仲間でもあります。ワタクシ、2011年の北海道ドリプラ プレゼンターとして出場時には、パートナーとしてあゆみちゃんに、しつもんを投げかけていただいてました。

ちっちゃいカラダですが、大きな優しさと愛で、介護現場のよりよいカタチにむけて、日々ご活動されております

ケアマネとして、現場を肌で感じながら。




そんなあゆみちゃんワールドをみなさまとご一緒に!

あなたのパフォーマンスをさらに開花させる、引き出す、あゆみちゃんの【しつもん】が面白いですよーーー!




いくつになっても「らしく生きる」を応援する…

谷本あゆみさんHP
http://ayumi-tanimoto.com/?page_id=108/







「第52回笑華尊塾~愛のといかけ~」

◆日時
 平成28年9月24日(土)18時30分~21時

◆場所
 札幌エルプラザ 中研修室(4F)

◆内容
 ・君が代斉唱・腰骨を立てる&丹田呼吸法
 ・教育勅語輪読

 第1部
「愛のといかけカード体験講座」
スペシャルゲスト 谷本あゆみさん
   (医療福祉のビジネス質問家)

 第2部
「元氣アップ~ココロのサプリメント~」
          シオヤタカハル
         (笑華尊塾 塾長)  

◆会費
 おひとり 3,000円
 ペア 2人で5,000円
 (ペアでいらしてくださった方は、お一人2,500円)

◆お申込み
 ①FBイベントページ 参加にポチ
 ②メール sowaka0358shio@ybb.ne.jp


===谷本あゆみさんプロフィール===

介護業界に20年従事。 ひとりの盲目の利用者との出会いと看取りをきっかけに 「人生最期の瞬間まで自分らしく生きられる世の中を創りたい」という 思いから、介護スタッフのマインド育成のための研修講師として起業。 現場の心を持ち続けるためケアマネジャーも兼務している。 高齢者と介護スタッフとの絶大な信頼関係を築くための道具 「愛のといかけカード」の開発を行い、今年9月から カードの使い手養成講座開講予定。

=====================

FB用 第52回笑華尊塾


塾の最大の強みはいらしてくださる、一緒に学んでくださる方々がステキなことです。



この日も楽しく学べたら!







みなさまをお待ちしています








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆるさない理由






をひとつずつ取り除いていく…






すみません。


ブログタイトルだけだと、

シオヤなにをゆるさないの?となってしまいますね。



今日、千歳寺子屋で本のプレゼンをしました。


私が選んだ本の中から…

ずっと、ココロに響き続けている文章を紹介いたします。





==========

ゆるさない理由を一つずつ取りのぞいていく


怖れ、恥、責める気持ちを乗り越える




最初に克服しなければならない障害は、価値観を変えたくないという思いです。




「ゆるしを邪魔する最大の障害は、愛ではなく怖れに基づく価値観」です。


この障害を乗り越えるためには

全ての人は



愛に満ちているか、



恐怖におびえて愛を求めているか




のどちらかだと考えるといいでしょう。


すると、他人の行動に善悪の判断を下さずにすみます。


攻撃されたと身がまえる代わりに、

相手は恐怖におびえて愛を求めていると考えるのです。




「ゆるすということ」
ジェラルド・G・ジャンポルスキー
大内 博=訳
(サンマーク出版)より

==========







今日も絶好調サマーでした。

おっと、今日はPTAの集いがありました。

行ってまいります。


IMGP0300.jpg








しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
天皇陛下のお言葉




全文を読む。

報道の部分だけではなく。




天皇陛下がお気持ちを表明

8月8日 15時00分




「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示している天皇陛下は、8日、ビデオメッセージでお気持ちを表しました。

象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉(全文)




=====================




戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。




即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。




そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。




私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。




天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。




始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを、切に願っています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私ができること…
「思い」をこめて(プラスの)エネルギーを放てたら。

読んでくだる方(キャッチしてくださる方)へ
「お知らせ~活動・近況報告~」
「ちょっとでも【元氣アップ】していただく」
「同志への手紙」のつもりで…

その時々で、発信したい「思い」はいろいろ浮かびますが、自分がお届けしたいのは何なのかなぁって。ちょっと整理して。

さあ!今日も1日、出し切ります。

笑華尊塾写真







===シオヤタカハルの講演・講座など===

★8月10日(火)
第3回帯広笑華尊塾~発達障がいリカバリー~
https://www.facebook.com/events/1033330540053769/

★8月11日(水)祝日
しおちゃんの絵本de元氣アップランチ会(in 帯広)
https://www.facebook.com/events/1757465867825073/

★8月17日(水)
しあわせの連鎖ライブ(千歳)
https://www.facebook.com/events/1118226374929079/

★8月20日(土)
大人の秘密作戦会議27~「ことば」を楽しむ~
https://www.facebook.com/events/534023833452748/

★8月26日(金)
REAL SEX  vol.4 「大人の性教育」
https://www.facebook.com/events/167875630296930/

★8月28日(日)北海道ハイタッチボランティア
https://www.facebook.com/events/1427279027299179/

★9月11日(日)
大人の秘密作戦会議28

★9月24日(土)
第52回笑華尊塾~~

★10月14日(金)
大人の秘密作戦会議29

【講演等のお問い合わせはコチラからどうぞ~】
シオヤタカハルHP
http://syoukasonjyuku.jimdo.com/

【ブログ】
塩谷隆治の元氣アップ~ココロのサプリメント~
http://hanatarou358.blog115.fc2.com/






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もやってまいりました~ハイタッチボランティアでございます!参加の皆様のおかげで、ランナーたちのすてきエネルギーのおかげで、たくさんの笑顔の連鎖が生まれております。


ハイタッチぼらあんてぃあ2016




ぜひ、今年もご一緒にハイタッチを!




第1~4回のハイタッチボランティア、チカラを貸してくださったみなさま~ぜひまたご一緒に!







◆日時

平成28年8月28日(日)




◆集合時間

9時30分




◆集合場所

新川北風公園

(札幌市北区新川3条12丁目3-8)




◆日程(スケジュール予定)

9時30分集合 

(※今年は希望者のみハイタッチ普及協会オリジナルTシャツ(有料)を。当日何枚か少々在庫あります)

(※水色の昨年度作成のTシャツをお持ちの方はぜひ!

第1回から2回までの緑のTシャツでももっちろんOK。基本、服装自由です)




9時45分 ミーティング

当日の流れ確認




10時 みんなでハイタッチ場所に移動しハイタッチ開始

ランナーたちを盛り上げる




13時頃全体解散予定





楽しくハイタッチを!




ぜひ、ご一緒に\(^o^)/








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



あやしいジャージ姿の老人が、シオヤタカハルの寝室にに入っていった。
老人はいびきをかいて眠るシオヤに近づくと、耳元でささやいた。

「眠ってますか~?目覚めたまえ…」

「・・・・」

「勇者よ~目覚めたまえ…」

「あ、あれ~。…夢?」

「目覚めたかな…」

「えっ!?誰、なんか、おじいさん、あれ?」

「ピンとくるかな?」

「!」

「よく、私を見てください」

シオヤは言われたとおりに、その老人をまじまじと見た。

「もう…、驚きませんよ。最近いろんなことありますので。あなた、きっと…」

「わかるかな?」

「おじいさん…あなた……私…ですね」

「はっはっは!さすが…私だ、カンがいい(笑)」

シオヤの前に立っていたジャージ姿の老人は、なんと年老いた…自分だった。

「こんなことが、現実に…おこるとは…」

「そう、私は、未来のあなた。しおちゃんよ。今、しおちゃんいくつ?」

「43歳です」

「そう、今私は81歳。今から38年後のシオヤタカハル…」

目の前の老人の声が、不自然すぎるくらいに自分の声と似ていたのも、妙に納得ができた。

※2人のシオヤが登場しまぎらわしいので。今後
現在(43歳)のシオヤタカハル=シオヤ
未来(81歳)のシオヤタカハル=老人シオヤ とする

老人シオヤは親しげに、シオヤに話しかけてきた。

「あまり、びっくりしないね」

「びっくりしないタイミングを選んで、会いに来てくださったんでしょう…。そして、そもそも、こんな時間に、寝室に入ってこれるなんて、泥棒とかのレベルではではないでしょうから…」

未来の自分と話すチャンスなど、なかなかあるものではない。もう、流れにまかせて、この不思議時間を感じようとシオヤは思った。

「それで、ここに来た目的はなんなのでしょうか?何か、未来のメッセージでも教えにいらしたのですか?」

老人シオヤは、薄くなった頭をなでながら、ゆっくりと話しだした。髪型は、変わらず坊主頭だったが、すっかりと白さと薄さの目立つ坊主頭だった。

「机の上に、今、書いてる原稿あるだろ?」

「あ、はい。YPCの原稿ですね」

「森信三先生のコトバが、私を呼んだみたいなのよ。…
時空を超えてね」


教育とは。流水に文字を書くような果敢ない業(わざ)である
だが、巌壁に文字を刻むような真剣さで、それと取り組まねばならぬ。

( 森 信三先生 語録 )


「このコトバ。教育を感じる時に、いつも、思いだすのが、やはり森信三先生のコトバですね」

「そうだよな。81歳になっても、変わらんよ。そのキモチ・・・」

老人シオヤは、ハマキをとり出した。

「えっ?まさか?未来の私が、ハマキなんか吸うんですか?」

そう問いかけるシオヤに返事もせず、老人シオヤは、ただ、笑みを浮かべて、ハマキに火をつけ、美味しそうに吸い始めた。

「うちには、灰皿とかありませんよ」

「もちろん知っとるよ。持参してるから大丈夫」

「ちょっと意外ですね…未来の自分がハマキなんか吸うなんて…タバコとか絶対吸わないとココロに決めてたので…」

「まずは、それを伝えたいと思ってな…」

「えっ?ハマキを吸うことですか?」

「これが何かわかるか?」

「…ハマキですよね」

「そう。今のおまえさんのその、【タバコを吸わない】という価値観、正しいと思っていること…そのジャッジをするクセについてな…」

「私の今の考えが間違っていると?」

「そうは言っとらんよ。ただ「ジャッジ」しないという選択肢があるということよ」

「ジャッジしない?という選択肢…」

「森信三先生は、多くの普遍的な教育のありかたについて、実に私たちに多くのメッセージを残してくださった」

「ホント、そうですね」

「森先生の教育哲学は、私たちが生きる時代でも、さらにピッカピカに光っておるよ。日本を支える原動力となってる」

「それは、嬉しいです!」

「じゃろーー。ところで43歳のしおちゃんよ。今、世の中をにぎわしているニュースって何?」

「まあ、東京都知事選とか、ロシアの国をあげてのドーピング隠ぺい問題とかいろいろありますが、話題はポケモンGOですかね…」

「それそれ、それだよ、ポケモンGO」

「森信三先生とポケモンGOと何か関係があるんですか?」

「しおちゃん。今の、ポケモンGOについての世の中の様子をまとめてくれるかい」

「はい。今日がYPCの原稿締め切り日ですから、2016年7月25日現在の様子ですが…」


【そもそも、ポケモンGOとは】
ポケモンGO というゲームの配信が。日本では7月22日午前から始まった。
任天堂の関連会社ポケモンと米ゲーム会社Nianticが共同で開発した。衛星利用測位システム(GPS)を利用し、公園やショッピングモールなどゲームが指定する場所に行くと、架空の生き物「ポケモン」が画面に現れ、それを捕まえるゲーム。

【課題】は…えーと、【賛成派】の意見としては【反対派】には【今後の危惧されること】は…専門家たちはどういってるかというと…

「しおちゃん…」

「ちょっとお待ちを、今、まとめております…」

「しおちゃん、ところで、しおちゃんはポケモンGOやってるの?」

「いえいえ、まず、私ガラケーですから…(笑)そして、やる氣もないですし…」

「ということは、ポケモンGOのゲームはやらないで、調べているということですね」

「はい。まぁ、そうですね」

「そう…か…」

「しおちゃん、しおちゃんがブログを書き始めたきっかけってなんだっけ?」

「あれ?そんなことをしつもんなさるのですか?あなたは、私だから、そんな理由などわかってるじゃないですか」

「ふふふ。そうだよね。生徒があまりにもネットトラブルにまきこまれて、そもそも、ネットの世界を教師が知らないと指導もできないじゃんって…はじめたよね」

「…」
シオヤは、はっとした。
老人シオヤは、私に何を伝えようとしていうのか。

そういえば、ブログを書いたときには、あれほどマイナスのイメージしかもっていなかったネットの世界が、大人がきちんと使えば、なんて強力なツールなのかと感心したこと。

それから、シオヤの頭の中に、急にいろんなことがかけめぐった。

教員を辞めてみたらわかったこと。
東京に行ってみたらわかったこと。
被災地(復興地)に行ってみたら、わかったこと。
薬物依存で回復しようとしているダルクの方に、会ってみたらわかったこと。
生きづらさに悩む、自死未遂をした方と仲間になったらわかったこと。
発達障がい含め、コミュニケーションが苦手な学生たちの担任、就職担当になってわかったこと。
5回刑務所に入った方と、仲間になったらわかったこと。

そんなことを思いだしていた。

「あれ、そういえば、全部、自分で体感したからこそ、わかったことばっかじゃん…」

「ん?あら、未来のしおちゃん?どこ…?」

氣が付くと、老人シオヤの姿はなかった。

やっぱり…夢だったのか?
そう思ったとき、机の上に、ハマキの吸い殻と、灰皿が置いてあるのを見つける。

「夢じゃない、夢じゃないよ…」
灰皿の横に、手紙もあった。

 

見たいものしか見えんよ。
ジャッジの前に、とびこんでみようか。
今、必要なのは分析屋じゃない。
事態を改善させるチカラを持つリーダーだよ。

 


シオヤは、自分のまわりに、クスリやうつに悩む人が多いことを考えていた。また、自分が、ひきこもり支援相談士であるという角度からも、ポケモンGOに関する情報をひろっていった。


================

「ポケモンGOはお医者さんの処方やセラピストの薦めより何より、わたしのうつの治療になってる」

「ポケモンGOのおかげで、たった一週間ですごくよくなったわ。BPD(境界性パーソナリティ障害)とうつと不安障害のあるわたしを家から出してくれた」

「正直、不安障害やうつのある自分が今週末、ほとんどの時間を家の外で友だちと過ごしたなんて信じられないよ」

「ポケモンGOがわたしのメンタルヘルスに与えてる影響がすごい。おかげでやっと外に出る目的と理由ができたわ」
心理学者のJohn M. Grohol氏は、心理学系のメディア「PsychCentral」でこう語っている。
配信から1週間も経たないうちに、多くのユーザーがツイッターなどのソーシャルメディアで、ポケモンGOが自分たちのメンタルヘルス、心的状況、社会不安、うつに効いているといった発言をしている。
Grohol氏によると、うつには体を動かすことが効果的だという。ただ、うつ状態の時に体を動かそうという気持ちになるのが難しい。ポケモンGOはそのモチベーションを高めるのに有効なのだそうだ。
ゲームのおかげで外に出て、歩き、他人と話し、周辺を探索することになる。こうしたことは、うつの人や社会不安障害の人にとっては通常、ハードルが高い行為である。

「すべての人に当てはまるわけではない」と警鐘を鳴らしながらも「ポケモンGOのメーカーは、メンタルヘルスのためのゲームを作ったわけではないと思う。しかし結果的にそうなっており、前向きな効果が出ている」と語っている。

======================


もう一度森信三先生のコトバを

教育とは。流水に文字を書くような果敢ない業(わざ)である
だが、巌壁に文字を刻むような真剣さで、それと取り組まねばならぬ。

( 森 信三先生 語録 )

森信三先生は、テレビが流行ることを非常に危惧されていた。そんな時代にかかれた教育哲学なのに、今なお、ビンビンに輝く。そして、未来でも光っているという。


もう一度、森信三先生のコトバをかみしめながら、未来のシオヤが、伝えにきた【ジャッジをしない】という視点。


ポケモンGO…リアルとバーチャルの世界の融合したゲームの登場など、今、誰もが経験したことのない時代を生きているのも事実である。

普遍的に大切にしなければならない教育と。
常に進化し続ける時代に対応すべく、教育者が学び続けなければならない教育。

今、両方が必要である。


目の前の【事実】をしっかりと見ながら
そうか…安易なジャッジをせずに…

目の前の方の人生がよくなるには、自分は何ができるか?
この組織が良くなるには、自分は何ができるか?
この日本が良くなるには、自分は何ができるか?


自分ができることを、ココロをこめて丁寧に…。


未来のしおちゃんと、今度いつ会えるだろうか。
また話したいな。

そう思うシオヤであった。

 

 

「教育・ジャッジしない・ポケモンGO」
しおのMT編 おわり

※MT(=妄想タイム)を活用した文書

 

しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりに、息子とバッティングセンターに行きましたシオヤです。

りゅうたろうバッティング




息子の髪の毛が、ヘルメットからちょっと出てて、ウケました(笑)


本日届いた「致知」のメルマガが、大尊敬する森信三先生のコトバ…
自分用のメモにも、ブログ発信しながら。

もちろん、私も愛読書の「修身教授録」より…

以下、致知メルマガです。


==========

本日は『修身教授録』の中から、
森信三先生が説いた
「人を知る5つの標準」という
お話をご紹介します。


…………………………………………
 「人を知る5つの標準」

  『修身教授録』より
…………………………………………

人を知る標準としては、

第一には、
それがいかなる人を師匠としているか、
ということであり、

第二には、
その人がいかなることをもって、
自分の一生の目標としているかと
いうことであり、

第三には、
その人が今日までいかなる事を
して来たかということ、すなわち
その人の今日までの経歴であります。

そして第四には、
その人の愛読書がいかなるものかと
いうことであり、

そして最後がその人の友人いかんと
いうことであります。

大よそ以上五つの点を調べたならば、
その人がいかなる人間であり、
将来いかなる方向に向かって進むかと
いうことも、大体の見当はつくと
言えましょう。



━━━━━━━━━━━━━━

読み継がれて43刷
驚異のロングベストセラー

『修身教授録』

森信三・著

定価=本体2,300円+税

【特設サイトはこちら】
http://www2.chichi.co.jp/t?r=AAACTcfJEQQUcY6HntuLPnAfO.JU0ZGHE00ayg

==========



さあ、今日も私ができることを、ココロをこめて丁寧に。




しあわせ連鎖プロデュ-サ-
シオヤタカハル
(しおちゃん)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仲間が絵本を紹介してくれました。

CIMG5221.jpg





「自閉症の特徴を知らない人からは、しつけに問題があると白い目で見られ、落ち込むことも…」




多くの保護者の方が悩む「お子様の特徴と躾」…そして、周りの目。




絵本は、てるくん(自閉症スペクトラム)の特徴を広く知ってもらい、子どもたちが地域でともに暮らす未来を願って制作されました。




私は、嬉しいです。この絵本、この作品、このエネルギー…。

障がいのあるなしに関わらず、笑顔でくらせるやさしい社会の実現をめざして…それぞれの立場でできることを、ただ、黙々とやっていく…




紹介してくれた仲間自身も、お子様のことで、悩み、傷いた方です。この絵本、あまりに似ている自分のおこさんの姿とかぶって、涙があふれたと…。




「知る」…と優しくなれることができますね。

それが学びなのかもしれません。




絵本のチカラの素晴らしき可能性も感じながら。




「てるくんはてるくん」しのやすこさん さく・え

発行 あさひこ幼稚園 牧原東吾

http://asahiko.kids-site.net/okazaki/




笑顔が増えますように!




しあわせ連鎖プロデューサー
シオヤタカハル
(しおちゃん)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金銭教育のスペシャリスト…のりちゃん(横井規子さん)との

作戦会議\(^o^)/

のりちゃんとMTG



ずーーーーと氣になっていた、マネーじゅくさんで新しく開発してくださった『やりくりさんだん』を体感!

https://www.facebook.com/householdeconomics/




障がいを持つ方も、ゲーム感覚で【お金】に対する学びを、深めていくことができる教材です。

CIMG5219.jpg



事業所さんに何度も試作品にふれていただきながら(いまなお研究続けています)誠実にこの「やりくりさんだん」が出来上がっていった様子も伝わってくるようでした。

http://www.moneyjuku.jp/




こ、これは…楽しく学べますよ~\(^o^)/




多くの事業所さんで、この「やりくりさんだん」…大活躍することでしょう。高等支援学校の授業にもバッチリと思っています。

利用者さんとゲーム感覚で、尊い【お金】の学びを深めていく。




もうひとつ言えるのは【誰でも】(障がいのあるなしに関わらず)楽しく学べるゲームだなぁ…ということ。




東京の勉強会まで行って学んでいるのは、北海道ではのりちゃんだけ…氣になる方は、のりちゃんとまずつながってくださいね!

http://www.bananan-kids.jp/category/1365329.html




しあわせ連鎖プロデューサー
シヤタカハル
(しおちゃん)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。