ふしきの営業案内



■通常営業


営業時間 : 19:00~23:00(最終入店21:00)

定休日   : 日曜日、祝日

電話番号 : 03-3269-4556

メニュー : コース料理16,000円(お酒代込み、消費税別)


※料理と日本酒約8種類がセットになったコースです。
※料理に合わせてお薦めの日本酒をご提案させていただきます。

※ご予約は、できる限り15時以降にお願い致します。

※2015年9月より、コース料理の料金改定をさせていただきました。


■バー営業


毎月1日から5日をバー営業とさせていただきます。

ぜひお気軽に「ふしきの」へ飲みにいらして下さい。


※バー営業の期間中は、珍味のみのご提供となります。

  コース料理の提供は行っておりませんので、予めご了承下さい。



■陶芸ギャラリー


陶磁器のネットギャラリーを開設致しました。

ふしきのがお薦めする酒器を中心とした陶磁器を購入できます。

http://fushikino.ocnk.net/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月25日(月) 17時00分50秒

【ふしきの】最新のご予約状況

テーマ:予約状況

最新のご予約状況のご案内になります。

7月、8月のお席の空き状況は、以下の通りです。

8月は、月初が通常通りの営業となり、8月14日よりお盆休みを頂戴致します。


皆様のご来店、心よりお待ち申しております。

どうぞ、宜しくお願い致します。<(_ _)>


【更新日】
2016年7月26日時点

【ご予約状況】
7月26日(火) △1名様のみ可
7月27日(水) ×
7月28日(木) ×
7月29日(金) ×
7月30日(土) △1名様のみ可
7月31日(日) 休業日

8月1日(月) △2名様のみ可 ※月初は通常営業となります。
8月2日(火) 〇
8月3日(水) 〇
8月4日(木) △2名様のみ可
8月5日(金) ×
8月6日(土) 〇
8月7日(日) 休業日
8月8日(月) 〇
8月9日(火) △2名様のみ可
8月10日(水) △2名様のみ可
8月11日(木) 〇
8月12日(金) △2名様のみ可
8月13日(土) △2名様のみ可
8月14日(日) 休業日
8月15日(月) 休業日
8月16日(火) 休業日
8月17日(水) 休業日
8月18日(木) 休業日
8月19日(金) 休業日
8月20日(土) 5周年記念酒器展
8月21日(日) 5周年記念酒器展
8月22日(月) 〇
8月23日(火) 〇
8月24日(水) 〇
8月25日(木) ×
8月26日(金) △2名様のみ可
8月27日(土) ×
8月28日(日) 休業日
8月29日(月) 〇
8月30日(火) 〇
8月31日(水) 〇

○ 予約可

△ 残りわずか

× 満席


◆ご予約のお問合せ
電話:03-3269-4556
メール:fushikino★gmail.com
※電話のお問合せは、お店の営業時間外でも受付けております。
※メールのお問合せは、★をアットマークへ変換の上、送信下さい。
※メールの場合は、返信に時間が掛かる場合がございます。
 当日のご予約およびお急ぎのお客様はお電話にてお問合せ下さい。

◆Facebookページ
「ふしきの」のFacebookページを作成しました。
皆様、ぜひ「いいね!」をお願いします!
www.facebook.com/kagurazaka.fushikino

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2016年07月13日(水) 12時59分17秒

「DATE SEVEN」と「山川光男」

テーマ:営業日記



今、話題になっているこの2本のお酒を仕入れました。


日本酒ファンであれば、誰だって気になるであろう、
宮城の7つの蔵が共同開発した「DATE SEVEN」と、
山形の4つの蔵が共同開発した「山川光男」の2本です。


今日は、ご予約で満席だったのですが、立て続けにキャンセルが出まして、
当日のお問合せでもお席がご案内できるようになりました。
「DATE SEVEN」と「山川光男」が気になる方は、ぜひぜひお問合せ下さい!


◆「ふしきの」のご予約状況はこちらでご確認いただけます。
http://ameblo.jp/fushikino/entry-11677611580.html


◆「ギャラリーふしきの」酒器、陶磁器の販売を行っています。
http://fushikino.ocnk.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月10日(日) 10時04分37秒

丸田宗彦さんの作品を掲載致しました。

テーマ:酒器販売



本日、ネットギャラリーに唐津の作家、丸田宗彦さんの作品を掲載致しました。


この度、新たに丸田宗彦さんの作品をご紹介させていただけることになりましたが、
唐津では、人気、実力ともに兼ね備えた素晴らしい作家のひとりです。


特に今回は、古唐津に迫るような上がりの力作が多く、
丸田宗彦さんの傑作とも呼べる作品ばかりをご紹介していますが、
これほどの作品を皆さまにご紹介できること、とても嬉しく思っております。


ぜひご高覧下さい。


【ギャラリーふしきの】
http://fushikino.ocnk.net/


◆「ふしきの」のご予約状況はこちらでご確認いただけます。
http://ameblo.jp/fushikino/entry-11677611580.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月05日(火) 19時27分17秒

菱田賢治さん、山口浩美さんの作品を掲載致しました。

テーマ:酒器販売



本日、ネットギャラリーに菱田賢治さん、山口浩美さんの作品を掲載致しました。


今回初めてご紹介させていただく菱田賢治さんは、
陶器に漆を塗ることで完成する「陶胎漆器(とうたいしっき)」という作品を
手掛けていらっしゃる数少ない作家のひとりです。


陶器、漆器、両方の技術を要するため、非常に難易度が高い作品ですが、
両者を掛け合わせることによって、今までにない表現ができ、
素晴しい数々の作品を生み出されています。


菱田賢治さんの作品は、映画「一献の系譜」のポスターにも使用さたため、
日本酒好きの方であれば、目にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?


また輪島の漆芸家、山口浩美さんの追作も入荷致しましたので、
あわせてネットギャラリーに掲載させていただきました。


そう、菱田賢治さんは、ちょうど今週9日(土)より、
銀座の黒田陶苑にて個展が開催される予定です。
ネットギャラリーと合わせて、ぜひご高覧下さい。


また、ふしきののご予約状況についてですが、
今週は、明日7月6日(水)のみ空席がございますので、
皆さまのご来店、心よりお待ち申しております。

どうぞ宜しくお願い致します。


【ギャラリーふしきの】
http://fushikino.ocnk.net/


◆「ふしきの」のご予約状況はこちらでご確認いただけます。
http://ameblo.jp/fushikino/entry-11677611580.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月04日(月) 19時21分22秒

大酒器展in香港

テーマ:営業日記


今、思い返してみても、それは本当に不思議な光景でした。


昨日、香港の「Godenya」で1日限りの酒器展を開催させていただきましたが、
11時にスタートした瞬間から最後まで、お客様が途絶えることなく、
予想をはるかに上回る多くの方々にご来店いただきました。


何といっても今まで誰もしたことがなかった海外での初めての酒器展。
前日の夜中、Godenyaの五嶋さんと荷解きをしながら
「もし誰も来なかったら・・・」などと、少し弱気な気持ちにもなりましたが、
その不安は杞憂に過ぎず、蓋を開けてみれば大盛況のうちに終えることができました。


皆さん真剣な眼差しで酒器を手に取り、ときに試飲しながら、
ときに熱心に質問しながら、各々に気に入ったものを丁寧に選んでゆかれます。
1客だけでなく、2客、3客と複数点お買い求めになった方も少なくありません。
飛び交う言葉こそ違えど、東京で開催する酒器展と同じような光景が目の前にあり、
気持ちの良い熱気を感じながら、
良いものは国境を超えて求められているという手応えを感じました。


そして何より驚いたのは、香港の方々の器を見る眼がとても肥えていたことです。
日本人が知っている有名な作家や人気の作家の作品を求めるのは分かるのですが、
おそらく作家の名前を聞き、その作品を見るのも初めてだったのにも関わらず、
良いものを的確に、そして楽しそうに選んでいかれたのです。
その光景は日本の玄人のコレクターが器を選ぶ様子と何ら変わらず、
一体、この審美眼はどこで養われたのかと不思議に思わずにはいられませんでした。


酒器展とあわせて行った3回のミニセミナーにも、とても熱心に耳を傾けていただき、
日本酒や器に関する興味がとても高まっていることも目の当たりにしましたが、
その様な状況が生まれたのは、やはり五嶋さんが香港へ渡り、
「Godenya」で日本酒と器をはじめとした日本文化について
香港のお客様と丁寧に向きあってきたからこそだと感じました。


いや、五嶋さんだけではないですよね。
私自身、香港で改めて色々なことを勉強させていただきましたが、
香港で日本酒の楽しみを広げようと思っていらっしゃる方が、
リカーショップや他のレストランにもいらっしゃり、
そういった方々の日々の取り組みが、
酒器展にいらっしゃったお客様を作っていったのだと思います。


香港の飲食店は、お茶の文化が発展しているため、
お酒を飲まれる際は、お客様がワインや日本酒を持ち込まれる文化があると聞きました。

昨日、酒器をお買い求めになられたお客様は、
ご自宅で家族や友人と日本酒を楽しむ際にその酒器をお使いになると思いますが、
お気に入りの酒器で日本酒を味わうことの面白さ、豊かさを知り、
ゆくゆくは、飲食店への持ち込み文化の中に、日本酒はもちろんのこと、
マイ酒器も持って行かれる方が増えていったら、それほど嬉しいことはありません。


正直に言うと、酒器を用意し、海を渡るための梱包や輸送の手配といった準備は、
東京で開催するときの何倍も掛かり、想像していた以上に大変なことが多かったのですが、
香港の皆さんにあれだけ喜んでいただけたのを目の当たりにすると、
大変だったことも一瞬のうちに忘れてしまいます。


僕たちが行った昨日の酒器展はまだまだ小さな取り組みですが、
それが新しい種子となり、やがて芽が出て花を咲かせてくれる予感を感じています。
勝手な思い込みかもしれませんが、それは日本酒業界にとって、陶磁器業界にとって、
もっと言えば、日本文化にとって、その意義は決して小さくなかったのではないかと思っています。


そしてこれからも少しでも多くの方にその素晴らしさを伝えていくためには、
やはり僕自身の英語力をもっともっと鍛えなくてはなりません。
今回、初めて英語で接客やプレゼンテーションしてみて、
お恥ずかしながら自分の力のなさを改めて痛感させられました、苦笑。


昨日の酒器展にご来場いただいた香港の皆さま、
お客様としていらっしゃってくれたのにも関わらず、
気がつけばスタッフのように酒器の魅力を一緒に伝えて下さった現地の日本人の皆さま、
そして何より「Godenya」の五嶋さんとスタッフの皆さま、
本当に、本当にありがとうございました!
さぁ、次はもっともっと面白いことをやりましょう!


◆「ふしきの」のご予約状況はこちらでご確認いただけます。
http://ameblo.jp/fushikino/entry-11677611580.html


◆「ギャラリーふしきの」酒器、陶磁器の販売を行っています。
http://fushikino.ocnk.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。