2011-10-23 08:12:56

子供の世界に触れてみましょう

テーマ:思春期の子どもを理解するために
勉強しなさいと言わない教育ママ 久美子です。


中学で受けた「思春期の子を理解するための講座」の内容をまとめて復習してみるシリーズ。


前回は思春期は第2の出産

大人に生まれ変わる時期。

親も子も苦しんで当たり前だよね~って書きました。


きょうは、そこで、じゃあ、大人は何ができるのかっていう話です。

7つ項目あげてくれたんだけど、今日はまずその1。


「子どもの世界に触れてみる」


子どもとよいコミュニケーションをとるためには、子供のことを知らなければなりません。


子どもをよく観察して、耳ダンボにしてリサーチして、子どもの好きな音楽、子どもの好きな本、漫画、ゲーム...今、子どもの好きなもの興味のあるものに触れてみましょう。


子どもの好きな音楽を聴いてみる。

子どもの読んでいる本を読んでみる。

そこから共通の話題が生まれてきます。



そして、その共通の話題をきっかけに、子どもと向き合って話せるようになっていくのです。


...ってことでした。


たしかに...私が、長女と仲良しでいられる理由のひとつに、音楽や本ってあるかもしれない。

今の長女の頭の中で、音楽やアニメ(漫画も含む)や、本の占めている割合ってすごく大きいからな~

(親としてはもう少し勉強の占める割合増えて欲しいけど)

実は、勉強はもう私のついていけないというか、理解の範囲を超えたことやっているので、話し聞いてもちんぷんかんぷんなんだよね~


具体的にどうやっているかというと...

電車で出かけるときとか、子どもたちに、「ねえ、なんかお勧めの本ない?」...ってきくんだよね。

そしてすすめてくれたのを読んでみる。

音楽も遠出するとき、もって行きたい曲のリクエスト取る。

そして車の中でみんなで聴く。

もちろん私やパパのお勧めもかなり入っているから、うちの子たちは70年代80年代の曲詳しいですよ~


まあ、こうやって、お互い理解しているってこと、たしかに大きいかも。


子どもたちが銀魂っていう漫画が好きで、パパがそれ読んでハマちゃって、新刊買ってきたら、パパすごい人気者になったもんね。

親子でよく銀魂の話してるもの。

銀魂の録画予約失敗すると一番怒るののパパだし...

そんなパパだから話せるってことあるんだと思う。

そういう共通の話題って必要だよね。

もう中高生だけど、娘たち結構パパと仲良しです。



大人の方から子どもの世界をのぞきに行くって大切かも。

関心持ってもらえてるって感じてもらえるしね。

自分の好きなもののこと認めてもらえると、なんか嬉しいもんだよね。

同じもの好きだと心が近くなるきがするし、話も弾む。


よく娘の友達に言われます。

お母さんとそんな話できるんだ~いいな~。

まあ、単に私が子どもなだけかもしれませんが。

漫画もゲームも結構好きですからね~。


でも、そのおかげで、子どもたちとコミュニケーションとりやすいというのは事実です。

理解したいと思ったら、こっちから、相手を知ろうとする努力をしてみるっていうのは、あたりまえのことだよね。

自分の産んだ子だから、何でもわかっているつもりになっていると、大間違い。

子どもは日々、成長しているんだよね。

ドンドン新しいこと吸収して変わっていく。

どんなものに触れて、どう感じているのか、ちょっとのぞいてみたほうがいいと思うんだよね。


でもさ~、最近、子どもたちの読書量(マンガも含む)に、ついていけなくなってきてます~

次々新しいのでるんだもんな~

それに4人4様になってきたからね~

ああ、本読む時間がもっと欲しい~!!


次は、「待つこと」についてです


このシリーズを最初から読みたい方はこちらからどうぞ







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

勉強しなさいといわない教育ママ Kumikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:いつもありがとうございます

>うかぱぱさん
そうなんだよね~
私は、子どものこと知りたい親なので、最初は何故子どもたちが、おもしろいお母さんって言うのかよくわからなかったんだよね。
子どもの好きなもの、いろいろのぞいていると、新しい世界が広がっておもしろいです。
ただ、それを全部受け入れていると大変なことになってしまうので...
やらなければならないことは伝えなくちゃいけないでしょ?
その辺のバランスが難しいですね~

3 ■Re:理解

>谷さんビッグさん

コメントありがとうございます。

ここまで来るのに、いろいろありましたけどね~

お互いに信頼し合える仲でいたいと心がけています。

2 ■いつもありがとうございます

「大人の方から子どもの世界をのぞきに行くって大切かも。」

…至言ですねー。

これを実行できている親って意外と少ないように感じます。
(以前、家庭教師派遣業の営業をしており、年間200件程、小中高生のご家庭に仕事で伺っていた経験から)

ありがちなのが、一方的に親の価値観や願望を押し付けてしまうケース。

その延長で「家庭教師つけて成績を上げて…」みたいなことを引き受ける仕事に違和感を感じていました。

子どもの世界を、大人目線で「そんなのくだらない」とか「そんなこといいから勉強しなさい」みたいなことを言われ続けた子供は、概して学習意欲が無く、家庭教師の手をわずらさせていました。

小2の娘の父親として、そんな親にはならないように…と日々自分に言い聞かせている今日この頃です。

1 ■理解

おはようございます。
親と子が仲がいいなら心配要りませんね。
ではまた('-^*)/

コメント投稿

AD

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村 教育ブログ eラーニングへ

fx

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。