2008-09-15 01:55:23

『教育現場に水のメッセージを』(『Hado』9月号)(追記あり)

テーマ:水からの伝言
(9/30追記:件の校長先生に問題が伝わったようです。こちらのエントリ をどうぞ。)

 というわけで、遅くなりましたが、前回のエントリで書いたように、江本が講演したという記事について紹介します。

 本エントリの表題は、そのままこの記事の表題である。2ページ見開きの記事で、「OFFICE MASARU EMOTO」の甲斐富紀子氏によるレポート、という体裁になっている。
 本記事は次のような文章で始まる。
今年3月初め「EMOTO PEACE PROJECT」の事務局であるOFFICE MASARU EMOTOに、1本の電話がありました。
電話の主は、埼玉県所沢市にある小学校の校長先生からで、その内容とは、
「7月に予定されている関東地区女性校長会の総会に『水からの伝言』の著者である江本勝氏の講演をお願いできないでしょうか」というものでした。(以下略)
 なお、記事に掲載されている写真には、「平成20年度 関東地区公立小・中学校女性校長会総会・研修会」とある。
 というわけで、この記事によれば、おそらくは今回の研修会のアレンジに関わった校長からアプローチがあったのだろうと思われる。
 続く文章によれば、この研修会は以下のようであったらしい。
 講演は、7月4日、関東地区の女性校長約120名のご参加のなか、埼玉県南浦和にあるさいたま市文化センターで開催されました。
とのことだ。

 以下、甲斐氏によるレポートになるが、短い文章である(1ページの半分)し、彼らが伝えたいことが端的に要約されていると思われるので、全文引用する。
  私たちの「いのち」の源が
  水であること。
  「いのち」のもとである水
  水を大切にすること
  それは、私たちの「いのち」を
  大切にするということ

というメッセージを発信。そして水と振動の関係、水にさまざまな言葉や文字、絵を見せたり、音楽や朗読を聴かせた水の美しい結晶が紹介されました。
 とくに印象に残ったのは、
「『水は言葉の鏡』であり、私たちの言葉や心を、まるで鏡のように映し出してくれている」ということでしょう。

 また、水だけではなく、ご飯に「ありがとう」と「ばかやろう」の言葉をかけ実験を続けてくださった山形県の小学校教諭、K先生(引用者注:原文では実名)のご紹介。さらに、小学校5年生の女の子の実験も紹介されました。
 この女の子は、自分の行った実験によって得た結果について、素直に次のように表現しています。
 「実験を終えて『言葉の力ってすごいんだな。言霊って本当にあるんだな』って、しみじみ感じています。
 言葉は心の表れです。どんな心で生きているかが水を変え、水の変化がミカン、イチゴ、ヒヤシンス、朝顔、貝割れ大根の体を変えていったのだと思います。
 良い心から良い言葉が生まれ、言葉が水を変え、世界を良い方向に変えることができるなら、私も、私にできることから、私なりの方法で世界をきれいにしていきたい。
 お父さん、お母さん、弟たち、友だち、そして私の出会うすべての人に心のこもった『ありがとう・大好き』をたくさん言ってあげたい。
 悪い言葉は、もう決して使わない。」

 また、最近の実験から、韓国の大学病院産婦人科との共同研究として、妊婦さんの羊水に音楽や言葉を見せた結晶も紹介されました(46ページに関連記事)。(引用者注:同じ号に、羊水をホメオパシーにならって5万倍に薄めた水の結晶が紹介されている。下参照)

 そして、最後に、現在展開しております「EMOTO PEACE PROJECT」の説明が行われ、子どもたちに絵本を配布したいという小学校には、無料でご提供させていただくと申しあげました。
 すると、後日、各小学校より続々と注文があり、すでに約7000冊の絵本が関東圏内の子どもたちの手元に届けられました。

 オープンな心で、愛情と熱意をもって教育にあたっておられる、たくさんの女性の校長先生方を前に、明るい希望が感じられた、そんな一日でした。

 ありがとうございました。
なお太字は原文のままである。
 ツッコまなければならない部分は沢山あるのでどこから手をつけたものやら、という感じである。

 まず羊水の問題であるが、これは本号の別記事の一部として述べられている。この記事自体、かなりキているので(キていない記事があるのか、という問題は別にして)、後日別エントリを立てたいと思う。ただ、羊水の部分はその記事のうちのごく一部分であるので、ここで紹介しておく。
 先生が用意した妊婦さんの羊水をホメオパシー溶液の倍率である5万倍に薄めた水の結晶を撮影しました。
 羊水の結晶です(写真1)。この羊水に韓国語で「堕胎」という言葉を見せて撮影すると(写真2)、何か文字のようなものが現れました。
 羊水に子どもの写真を見せたら、とってもいい結晶になりました(写真3)。
その他、ブラームスの子守唄やダフトパンク(なぜダフトパンク?^^;;)を聴かせた場合の結晶が紹介されている。
 相変わらずの安易な実験デザインと解釈であるが、特に羊水を使うということには怒りを禁じえない。「何か文字のようなもの」と言っているが、子どもの写真を見せたらとってもいい結晶になったということと対比させていることからして、「堕胎」は悪である、と暗に言っているといっても差支えないであろう。文脈から切断された単語に善悪を付与するという安易な発想がここでも如何なく発揮されてしまっている。
 ついでに指摘すると、ホメオパシーでは単に5万倍希釈をするだけではなくて、さきに薄めた3Cなどのレメディを、さらに5万倍希釈する(LMやQ)と聞いたのだが、違うのだろうか?また5万倍希釈も何度も繰り返すのだと思うのだが。wikipedia 英語版の Homeopathy の項目にも、20Qは大体47Cに相当(Cは100倍希釈、47Cは100倍希釈を47回繰り返す)と書いてあるし、20回ぐらいは5万倍希釈を繰り返すのでは?

 次に言葉の意味の問題であるが、詳細はあちこちで論じられているのでおいておくとして、将来(というか今も)、この女の子は文学を読めなくなってしまうのでは?「水伝」は一種の言葉狩りをやっているわけなので、そうなると悪とされた単語を使用する小説などは読めなくなってしまい、豊かな心を育むという点でも大問題であると思うのだが。

 そして、江本の絵本がなんと7000冊も発注されてしまった。しかも小学校から。いったいどういうことだ。暗澹たる気分になる。

 会場には120名もの校長が集まっていたのだから、疑問を持つ人はいたとおもうのだが、どうだったのだろうか。疑問を持つような人は、演者・演題を見ただけで、参加を見合わせたのだろうか。いずれにしても、教育界の自浄作用が発揮されることを強く望む。ほっておけば、教育への政治的な介入に口実を作ってしまうことになりかねない。このままなあなあで済ましてしまってはいけないと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

FSMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■> かえって

aliceさん、
しかも校長先生のおススメですもんね。多いでしょうね。困ったなあ。

10 ■かえって(再投稿)

配布された絵本を見て「何か面白そう」と思って江本の著書を買いに走る人の方が、怪しむ人より多くなりそうなところが怖いです。

(FSMさん、先の投稿、URLを誤って書きました。お手数ですが削除をお願いいたします)

9 ■> 全児童生徒に配布

おはようございます。
数字の信頼性については、おっしゃるとおりですね。過大に書いている可能性は十分あると思います。

> けど、むしろ実際の数はいまごろもっと伸びてるのかもしれないと考えると、不気味ですね。

それもそうなんですよね。記事が書かれてからのタイムラグを考えると、もっと伸びているという可能性もあり得ますね。恐ろしい話ですが。

ネットに上がってこなくても、「ダメじゃん」って言ってくれている保護者の方がきっといるはずだと私も思います。いい方向で解決されるといいのですが、どうでしょうかね…。

8 ■全児童生徒に配布

なるほど、全児童生徒に配布する校長が数人いれば、 7000冊 はありそうな数字になりますね。
7000という数字については「ただし、ソースは Hado」ということは、考慮すべきかと思ってコメントさせていただいたしだいです。

けど、むしろ実際の数はいまごろもっと伸びてるのかもしれないと考えると、不気味ですね。

この冊子を見かけた児童生徒の保護者の方には、これがダメだと気付く方がいくらかはいらっしゃるはずですから、そういう方が「ダメじゃん」って言ってくれることを、石田は勝手に期待しています。
校長先生や学校に「ダメじゃん」って言うのが難しい場合もあるでしょうが、その場合でもせめて「校長先生も間違えることはある」ことを子供に教える好機にして欲しいですね。

7 ■> はじめまして。

こんにちは、石田さん。
kikulog等でのコメント、拝見しておりました。

数字については、発注を受けた方しか総数はわかりませんので、確かめようがないですね。

ただ、無料ですから幾らでも注文はできるわけです。もし1人の校長が全校生徒分を発注したとすると、10人程度の校長が発注しただけで、7000冊ぐらいはいってしまいますよね(小学校の場合:もっとも、学校の規模にもよりますが)。

亀@渋研Xさんが、具体的に数値を出して検討しておられますが、その意味では、全体に対して7000というのは小さい数字でもあるわけです。
http://shibuken.seesaa.net/article/106630527.html

とはいえ、私も、
> もっとも、仮に 7000 が 70 の間違いだったとしても、暗澹たる気分は同感です。
には強く同意致します…。数字の問題は本質ではないですよね。

なお、
http://q.hatena.ne.jp/1221481638
によると、isogayaさんという方が直接全国の女性校長会に問い合わせ、江本講演会自体は確かに行われた模様です(『Hado』には写真つきで載っているので、そこはまあそうなんだろうと思っていますが)。

6 ■7000冊

はじめまして。
石田と申します。

7000冊 というのは、俄かに信じがたいですね。石田は、これが事実かどうかは未確認なんだと読み取っています。
Hado の記事本文は、これを「事実」として記述していたようですが、いまのところ石田は Hado を信頼していません。

もっとも、仮に 7000 が 70 の間違いだったとしても、暗澹たる気分は同感です。

5 ■羊水の件

あ、羊水に関する部分ですが、江本が言った羊水の話は、ほぼこのエントリで書いたことで尽きています。羊水を含む記事は、羊水だけではなくて様々なことが語られています。

エントリあげたいのですが、いつものごとく、無関係のことが論理的にまったくつながらないままさも関係あるかのごとく話が展開するので、要約しようとするとこちらの頭が変になりそうで、どうしたもんかと思っています。(^^;;

まあ依然として私が忙しくてなかなか時間が取れないというのも大きいのですが…。がんばります。

4 ■コメントありがとうございます。

補足ですが、水伝自体については、「テーマ一覧」の「水からの伝言」を見ていただくか、「ブックマーク」にある「ニセ科学批判まとめ%作成中」「『水からの伝言』の基礎知識」が網羅的でよいまとめになっていると思います。

ちなみに、江本のサイトで絵本のファイルをダウンロードすることができます(PDFになっているのは「日本語版A」の方だけ)。「B」の方の巻末には、「この本は科学ではなく、ファンタジーです」って書いてあるんですよね。絵本だからファンタジーと言っているのか、天羽さんのサイトで述べられているのと同じ意味で言っているのかは不明ですが。

いずれにしても、彼らは自らの主張に客観性があると言っているわけで、それは科学の領域の話になるのですよね。

困ったもんです。

3 ■kikulog でもエントリーがあります

関東地区公立小・中学校女性校長会
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1221526817

2 ■無題

羊水の記事が楽しみです

1 ■あきれるばかり

 日本の将来が不安になる大変な事だと思います。
 水のメッセージの話は,アエラなどに「珍説」と書かれて,それまで誇らしげにホームページに載せてた人達が慌てて削除してきた経緯があります。
 しかし,まだまだビリーバーが,しかも教員の管理職にいたのですね。
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/appendix/app33.html
 こちら山形大学の天羽さんのページです。
 江本氏の主張のいい加減さが,もっとも分かり易く解説されていると思います。

コメント投稿

AD

Loading


since 2009/2/1
[katyos.Lab]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。