The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~

エクセルの機能を基本から紹介していきます。お仕事で日々エクセルを使っておられる方に読んでいただければ仕事の効率アップ間違い無しです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*


※拙著サンプルファイルのダウンロードについて


アメブロのリンク制限により、サイドバーのダウンロードボタンが知らないうちに消されてしまい、復活できなくなりました。これに伴い、やむをえずダウンロード方法を変更させていただきます。


各出版社様のサイトよりダウンロードしていただきますようお願いいたします。


たとえば、「わずか5分で成果を上げる 実務直結のExcel術」(インプレス)につきましては、「book.impress 実務直結」と検索していただき、検索結果の一番上に表示されるページにアクセスし、ダウンロードしてください。


ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 o(_ _)o


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*



エクセル本はすでにたくさんありますが、機能を網羅的・並列的に説明したものがほとんどで、じっくり読んでみても、なかなか実際のビジネスシーンで本当に活用できるノウハウを習得することはできません。


拙著は、いろいろと入門書を読んではみたものの、「どうもいまいち仕事に活かしきれていないなぁ…」と感じておられるビジネスパーソンに、


(1)エクセルを一つのツールとしてうまく活用するためのヒントを与え

(2)それによりふだんの仕事の効率を格段に向上してもらうこと


を狙いとして執筆しています。ビジネス書×エクセル書=『ビジ・セル書』という新しいジャンルの書籍をぜひご堪能ください!



最新刊! 待望のマクロ本! 発売即重版!

¥1,620

Amazon.co.jp

¥1,382

Amazon.co.jp

¥1,382

Amazon.co.jp


管理職バイブル!

増刷10回!

大好評 電子書籍!

¥2,138

Amazon.co.jp

¥1,620

Amazon.co.jp

¥450

Amazon.co.jp



テーマ:

新年はすき焼きがピッタリですね。

おかわり!おかわりっ!

o(^▽^)o

 

Excelの方は前回からの続きです。

いよいよサイコロを振るマクロを作っていきましょう。

 

「作っていく」と言っても、いつものように、最初はExcelの自動記述機能に作ってもらって、後でそれに少し手を加える“使い捨てマクロ”の手法で進めますのでご安心を。。

 

まず、どんな手順で動くマクロにするかを考えます。

 

 

A列でサイコロを指定回数振るので、最初にA列を何も無い状態にしておく必要がありますよね。
A1セルには元のRND関数を残しておいて、A2セル以降のA列をクリアするところから始めましょう。


その次に、サイコロを振ります。

振る回数はC6セルで指定されています。最初は「10」なので、10回振ることとして進めます。

10回振るということは、A1セルのRND関数の式をA10セルまでコピペするということです。

 

その結果は、セル範囲B1:I4 の表に反映されますが、最終的には乖離率で判断するので、I4セルに計算される「最大乖離率」の結果だけを、C9セルに値貼り付けします。

ここまでが、1セット(1日目)の実験になります。

 

Excel操作として書くと、

(1)A2セルを指定して、[SHIFT]+[CTRL]+「↓」で範囲指定して[ホーム]タブ、[クリア]→[すべてクリア]

(2)A1セルをコピーして、A10セルまで範囲指定し貼り付け

(3)I4セルをコピーして、C9セルに値のみ貼り付け

 

あとは、[F9]ファンクションキーを押して再計算をかけ、最大乖離率結果を、C10セル(2日目の欄)に値貼り付けするのが2セット目の実験になりますね。

 

Excel操作として続きを書くと、

(4)[F9]ファンクションキーを押して再計算

(5)I4セルをコピーして、C10セルに値のみ貼り付け

 

となりますね。

同様にして、3日目くらいまで、自動記述機能を使って作ってみましょう。

 

では、[開発]タブ、[マクロの記録]から、

マクロ名「サイコロ実験」、

ショートカットは「サイコロ」のSを使って、[CTRL]+[SHIFT]+「S」

としましょう。

 

 

上記手順(1)から実際に順番にExcelを操作して3日目までやってみてくださいね。

終わったら、[開発]タブ、[記録終了]です。

 

 

ひとかたまりになっている部分がわかりやすいように、空白行を入れてみましたが、プログラム部分としては、このようになっていればOKです。

 

長くなってしまったので続きは次回に!

(´∀`)/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

神戸牛!

フランベの瞬間が思いのほか上手に撮れました!

o(〃^▽^〃)o

 

さて、前々回書いた、サイコロを n 回振って、どの目もまんべんなく 6分の1で出る n はどの程度なのか確認する実験ですが、

メルマガ読者限定で、3万円相当のお年玉プレゼント企画の問題にしてみました。

 

それで、

「正解者の先着5名にプレゼント」

としたんですが、そしたら初日に応募が殺到して、期日がまったく意味の無いものとなってしまいました。

(そりゃそうですよね…^^; )

 

…なので、すみませんが、メール配信日の午前中に応募いただいた方以外は、当選の確率ゼロパーセントとなってしまいましたので、早めにお伝えしておきます。

次の機会があったらまたちょっと違うルールを考えますね。。

(;^_^A

 

Excelシートの方は、マクロを組んでいく前に、フォーマットを作っておきましょう。

こんな形にしてみました。

 

 

A列でサイコロを振ります。

今は、A1セルのRND関数をA10までコピペしたので、10回振ったことになっています。

これの結果を受けるのが、セル範囲B1:I4 の表になります。

ここまでは前回の記事をご参照ください。

 

それで、1セットだけだといまいち信用できないので、毎日毎日、来る日も来る日も同じことをExcelにやってもらうとして、500日分=500セットの結果(I4セルの最大乖離率の部分)を記録していきます。

それ用のセルが、C9セル以降の空白部分になります。
 

たとえば、サイコロを10回振った結果の最大乖離率の1セット目の値を C9セルに、2セット目の値を C10セルに、3セット目の値を C11セルに…と入れていきます。

現在の値であれば、I4セルは「Max 100%」となっているので、C9セルにはこの「100%」をコピペします。

 

6行目の青文字は、回数です。

どれだけシミュレーションするか、ですが、10回,100回,200回,300回,…と、適当に間を空けて100万回まで実験していきましょう。

 

そして、7行目に、1日目から500日目までの最大乖離率の平均値を計算する欄、8行目に、最大値を計算する欄を作っておきます。

今、C7セルに、「=AVERAGE(C9:C508)」と入力されているのが見えていますが、そういう意味です。

なので、C8セルは、もちろん 「=MAX(C9:C508)」ですね。

 

では、次回からこのフォーマットを埋めていくマクロを作っていきましょう。

(*^ー^)ノ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あと数時間で2016年も終わりですね。^^

 

本年もこのブログをご愛読いただきまして、ありがとうございました!

(^∇^)

 

2017年も有用な情報を配信してまいりますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回は事情により、ちょっと控えめに…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)