The Road to EXCELER ~エクセラーへの道~

エクセルの機能を基本から紹介していきます。お仕事で日々エクセルを使っておられる方に読んでいただければ仕事の効率アップ間違い無しです。


テーマ:

豊洲。
Toyosu まぁたビル建設してますよ、ここ。。

マンションも多すぎるんじゃないかと思うのですが、どこからこんなにたくさんの人が集まってくるのでしょうか。不思議だ…

将来的には絶対余るような気がしているのは私だけでしょうか。。

( ̄_ ̄ i)


それにしても写真で撮ってみると、なんかプラモデルみたいですね。。

(^_^;)



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚


前回まで説明してきた「2周年記念大作」の趣旨は、CSVを活用すれば、一枚一枚別々のエクセルファイルのデータが大量にあったとしても、簡単に一つのシートの一覧表に持って来ることができますよ、ということでした。


もう一度手順を追って振り返っておきましょう。


(1)「集計一覧表.xls」のC2セルに、

="='C:\エクセラー\["&A2&".xls]Sheet1'!$D$2"
と入力。

(2)C9セルまでコピペ。

CSV1


(3)[ファイル(F)]→[名前を付けて保存(A)]。

(4)ファイル名に適当な名前を入れ、「ファイルの種類(T)」を「CSV(カンマ区切り)」にして「保存(S)」。

CSV2

(5)ファイルを閉じ、再度開く。(開く際は「ファイルの種類(T)」を「すべてのファイル」にしてくださいね。)

(6)ファイルのリンクを更新するかどうかを確認してきますので、「更新する(U)」。

CSV3

(7)計算式が通常の連結式に変わっていることを確認して、エクセルファイル「集計一覧表.xls」として保存し直す。


以上、これを使いこなせれば、伝票ファイルのデータを手で転記しなおしたり、アンケートのデータを入力し直したりする必要はなくなりますね!

o(^▽^)o


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

りうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>