英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:


昨日お約束いたしましたとおり、今日はコッツウォルズの美しいマナー・ハウスでの

アフタヌーン・ティについての話題です。



昨日までの4日間は「ボートン・オン・ザ・ウォーター」という街について書きましたが、今日ご紹介いたします

このマナー・ハウスは、ボートン・オン・ザ・ウォーターからほど近いところにあるマナーハウスになります。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


正面玄関です。



こちらにも日本のお客さまが多くいらっしゃいますので、



「ここ、知ってる!」



「私も宿泊しました!」


という方もいらっしゃると思います。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらのマナーハウスの名は「ローズ・オブ・ザ・マナー」と言います。



建物は1649年に建築され、1972年よりマナーハウス・ホテルとしてお客様を迎えています。



そのマナーハウスで、コッツウォルズでアンティーク屋さんを営まれています、

Drawerさん のオーナーのひとみさんと優雅に(なった気持ちで)アフタヌーン・ティをいただいてまいりました。



Drawerさん のことは9月に記事にいたしました。Drawerさん をご存じない方はしたのリンクからどうぞ。



宝石赤 引き出しを開けると‥‥ クリック



そしてDrawerさん もアメブロを書いていらっしゃいます。コッツウォルズの

素敵なアンティークショップからのお便りは下のバナーをクリック!クリック!



   英国・コッツウォルズより愛をこめて



さて、アフタヌーンティのお話に戻りましょう。私たちがお茶をいただいたのはこんなお部屋です。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



いまは観光のシーズンではないため、広~いお部屋は私たちだけの貸切状態でしたので、

より優雅にお茶をいただくことができました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


お部屋を別の角度から‥‥。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



さぁ、お茶にいたしましょう。テーブルはこんなセッティングで‥‥


英国・コッツウォルズより愛をこめて



最初はちょっと珍しいこんなひと品です。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


「ポットに入った海老とグラナリー・トースト」



ポットにはまるで甘エビのような小エビとバターが入っています。



「えっ、アフタヌーン・ティにエビ?」



と思われるかもしれませんが、これは「グルメ・アフタヌーン」というメニューにだけついてくる前菜です。



お皿は英国はウェールズでよく採れます、スレートという石を使っています。この石はよく屋根瓦として使われます。



コッツウォルズのはちみつ色のライムストーンは、石灰を含んでいて粉っぽいですので、

さすがにお皿としては使えません。



そして続いて伝統的なアフタヌーン・ティ・セットがまいりました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


こちらがDrawerさん のひとみさんです。いつも優しくって可愛らしい人です ラブラブ


この日のひとみさんは、柔らかそうなニットのワンピースとポンポンなスカーフでお出ましです。音譜

優しい装いがひとみさんのキャラクターにぴったり!と思ってしまいました。



ひとみさんはコッツウォルズの小さな村でアンティークショップをされている方で、私はアンティークが大好きですので、

一方的にひとみさんのことは知っていたのですが、交流をするようになったのはブログを通じてなんですよ。


こんな素敵なひとみさんに合わせてくれたブログに感謝ですドキドキ


英国・コッツウォルズより愛をこめて



お茶をテーブルにセットしたところはこんな感じです。

豪華でしょう~はてなマーク



英国・コッツウォルズより愛をこめて



スリー・ティアーズのスタンドをアップで。



日本の皆さまのアフタヌーンティの記事を時々拝見するのですが、日本のスイーツやサンドイッチは

小さくてお上品ですが、こちら本場のプレートには押し合いへし合い状態で乗っかっています。


上の2段のプレートには様々なスイーツが‥‥


ラズベリー・タルト、特製チーズケーキ、チョコレート・ケーキのほかバター・ショートブレッド(クッキーのようなもの)


そしていちばん下のプレートには、


「コックス・ファームのきゅうり」

「グロスター・チェダー」

「ホテル特製のスモーク・サーモン」

「コッツウォルズ・エッグ」(以前の記事にこの卵 クリック のことを書きました)


上記4種類のこだわり素材のサンドイッチ



英国・コッツウォルズより愛をこめて


この方が、今回私たちをサービスして下さいました。こちらのマナーハウスのスタッフは皆さん本当にフレンドリーでした。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



そしてこちらは英国のアフタヌーンの定番のスコーンです。

あつあつを召し上がれ~。


もちろんクローテッド・クリームとジャム(プリザーヴ)でいただきます。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



そして仕上げは、こちら


「サイモン・ウィーバーのコッツウォルズチーズ、

チャツネとビスケットを添えて」


どのチーズも本当に美味しゅうございましたわ~音譜

(マナーハウスモードの口調になってしまいました汗



11月9日のブログ「英国のクリスマス・カタログ」 にも書きましたが、

英国ではチーズとブドウなどのフルーツをよくいっしょにいただきます。



どれもこれもとても美味しくいただけましたが、なによりのごちそうはひとみさんとのおしゃべり‥‥。ニコニコ

お茶の時間があっという間に過ぎてしまいました。



そして、もうひとつのごちそうは‥‥



英国・コッツウォルズより愛をこめて



窓から見えるコッツウォルズならではの風景でした。



こちらのお庭は8エーカー(約32,000㎡または9,800坪)もありますので、お散歩するにも十分な広さです。

何もしない贅沢さを味わいたい方におすすめのホテルです。



今回出していただきました、ケーキやサンドイッチ、チーズは、いくら食いしん坊の私でも

とてもではありませんが食べ切れませんでした。



そしてすべてお持ち帰りさせていただきました。持ち帰ったものは、ほとんど家族の胃袋の中に‥‥。



以前にも何度か書いたことがあるのですが、基本的に英国ではふつうの日本人が要求するようなリクエストには

ほとんど応えてくれます。ですので、こんな一流のマナーハウスでさえお持ち帰りができてしまうんですよ音譜



明日は引き続きこのマナーハウスホテルの様子をお伝えいたします。それではまた明日お会いしましょう。

クリック 続きを読む


ブログランキングに参加しております。1日1回応援のクリックをしていただければうれしいです。

ダウン          ダウン         ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

英国アンティークス・Miaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。