Come on by! 英語ガレージ! ☆☆☆

1人ひとりの好奇心から生きた英語が跳びだします! 
ケンブリッジ英検CPE(特級)、ケンブリッジ大認定英語教師(CELTA)、英語ガレージ☆ヒロシが英語や文化に関するご質問にお答えしまーす! メッセージでご質問を寄せてくださいませ! お気軽に!^^


テーマ:
香取ヒロシの電子書籍 (すべて無料!)
=====
愛の小冊子① 【愛が行き渡る世の中を創る】 ☆大好評!☆
http://upub.jp/books/10571
競争はなくせる。「嬉しい」が満ちる社会になる。

愛の小冊子② 【愛があるならこの世は天国】 ☆新刊です!☆
http://upub.jp/books/10577
現社会での立ち位置を見出す。愛を広げていく。
--
【日本民族混交草】 ☆おかげ様で 2500ダウンロード突破!☆
http://upub.jp/books/9646
日本人みんなに知ってほしい真実。

どれも、あなたと皆さんの力が必要です。拡散にご参加くださいませ!m(_"_)m
=====


Hellooooooooooooooooooooooooooooooooo!!

このページへ訪問くださりありがとうございます!


国連事務総長への嘆願メールの出し方は以下のとおりでーす。^^


①まず下記の英文(嘆願文書)と和訳を読んでください。
内容に納得したら、以下の手順で国連事務総長、潘基文(パン・ギムン)氏宛てにEメールします。
国連事務総長のEメールアドレスは、sg@un.orgです。

②下記の英文の 「(件名)」部と 「(本文)」部をコピーして、それぞれの該当部にペーストします。

③本文の最後「あなたのお名前」の部分を消して、あなたのお名前にしてください。

④完了したら、送信!


よろしいでしょうか?
それでは以下、嘆願文書になりますー。^^


(件名)
Plea for help to solve Fukushima problems.

(本文)
Dear Secretary-General Ban Ki-moon,

I am writing this to plead earnestly with you, and the United Nations, to pay immediate and intent attention to the problems with the crippled nuclear reactors at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (hereafter "F1") and radioactive substances spreading out thereof.

Ever since the Great East Japan Earthquake, the ensuing tsunami and the severe damage caused to F1, collectively known as 311, took place on March 11, 2011, an unignorable number of cases with ailments, illnesses and sudden deaths have been reported, as well as cases with deformed plants. Pollution is detected not only in the air but also in soil in so wide a region and food from farms and sea. Contamination has been found overseas also, such as on the west coast of the US.

Steam containing radioactive particles is constantly emitted from F1, which is acknowledged by the very power company, TEPCO. Furthermore, steam or smoke that covers the entire sight of the fixed camera is seen on the internet as frequently as every a few days, and then the atmospheric radiation level in the vicinity rises accordingly.

However, it appears that the government of Japan and TEPCO have been met with great difficulty tackling the problems. And while the date of completion of solving them is not yet estimated, the government is prone to re-activating the other, currently stopped nuclear power plants, rather than informing the commons of the progress of the work on F1.

Another concerning part is that there are considerable discrepancies between various data and reports broadcast by major media and those by independent researches - the former appears significantly understated. Overseas media and websites report the current state and warn far more gravely of these problems in Japan than Japanese counterparts do, and a great deal of information found on the internet is not even spoken of on TV or newspapers. The reported illnesses and deaths are, if spoken, not attributed to the radiation derived from F1.

Summer 2013 saw a fair progress in growth of the hazard, with public knowledge and an extremely concerning matter that at least several hundred metric tons of contaminated water once leaked into the sea. The water is so astoundingly contaminated that it is as radioactive as 80 million becquerels per liter!

There is also underground water flowing tangent to F1's molten fuel, turning radioactive and diffusing into the sea (part of it is seen to become the above-mentioned steam). TEPCO has admitted that its attempt to prevent the ever-increasing contaminated water from overflowing is failing. The total amount of radioactive leakage, as of August 2013, numbers stupendous 30 trillion becquerels. This predicament is going beyond human ken, with unforeseeable end.

Unfortunately, Japan has proven itself incapable of solving the problems which threaten not only the inhabitants of Japan but also of the world, either by itself or soon. I gravely plead with you for the United Nations' intervention in the operation to help tackle the problems, and to call other international bodies and fellows for the action.

It is in my knowledge that a likewise plea has been made to the United Nations by Mr. Mitsuhei Murata, a Japanese former ambassador to Senegal, Switzerland and other nations. Please accept his request and help save Japan and the world!

Yours faithfully,
あなたのお名前
==========


以下、嘆願文書の和訳です。


(件名)
フクシマ問題解決のための救援の嘆願。

(本文)
事務総長 潘基文様

私は貴方に、損壊した福島第一原子力発電所(以下、F1)とそこから広がる放射性物質に関する問題へ、即座に、強い注目を向けていただくよう心から嘆願すべくこの文書をしたためています。

2011年3月11日に、F1へ甚大な被害をもたらした東日本大地震とその後の津波、それらによるF1の損壊(総じて311とも知られる)が発生して以来、看過できない数の体調不良や疾患、突然死、また奇形植物に関する件が報告されています。汚染は空気中だけでなく、広い地域での土壌、農産や海産の食物からも検出されており、アメリカ合衆国西海岸など海外でも認められています。

F1からは放射性物質を含む蒸気が絶えず放出され、それは当事の電気会社TEPCO自身も認めたものです。さらに数日に一度の頻度で、定点カメラの視界を覆うほどの煙ないし蒸気がインターネット上で見られ、その度に近辺の大気中放射線量も上昇します。

しかし、日本政府とTは問題解決にひどく難儀しているように見受けられます。そして解決の日の算出もまだされていない中、政府は庶民にF1での作業の進捗を報告するよりも他の停止中の原発の再稼働に向けて動いています。

他にも危惧される点は、大手メディアの報告やデータと他の独立調査によるそれらとの間に大きな違いがある事であり、前者のものは矮小化されているように見受けられます。海外のメディアやウェブサイトが日本のそれらより重大に現状を報告し警告を発していますし、インターネットで見つかる情報の多くがテレビや新聞では取り上げられていません。取り上げられたとしても、報告される疾患や死亡がF1に由来する放射線によるものと位置づけられることもありません。

2013年の夏、この危険の増大がさらに進みました。少なくとも数百トンにおよぶ汚染水が海洋に流出したことは公に知られるものであり、非常に危惧される事柄です。その水は驚異的なまでに汚染されており、1リットル当り8000万ベクレルの放射線量なのです!

さらに、F1の融解燃料に接触して流れる地下水は、放射能を帯びて海に拡散します(この地下水の一部が前述の蒸気になるものと見られています)。TEPCOは、その増え続ける汚染水を溢出から防ぐための試みが失敗に終わることを認めています。2013年8月現在までの総放射性流出量は、30兆ベクレルという途方もないものです。この窮状は終わりが見えないまま人智を超えてきています。

残念ながら、日本はこの、日本だけでなく世界の住民にとって脅威である問題を解決する能力がない、もしくは早急に解決できない事を証明しました。私はこの作業への国連の介入、および他の国際的団体や仲間の行動の呼びかけを切に嘆願いたします。

国連への同様の嘆願を、セネガルやスイスなどの国々での元駐在大使である村田光平氏もされておられる事は私の知るところであります。どうか、氏の要求を受け入れて、日本と世界を救うための協力をお願い申し上げます!

誠意をもって、
香取大志
==========


ありがとうございます!

僕たちはみんな、自分の身は自分で守らなくてはなりません。
あなたが行動を起こすことに感謝します!

香取ヒロシ

Come on by! 英語ガレージ! ☆☆☆
みんな力だしたれ!


PR
いいね!した人  |  コメント(78)

[PR]気になるキーワード