とどろき伝説

とどろきから伝説を発信するブログです。
自己啓発の本質、教育と政治、地球環境、健康、能力開発とビジネスといった様々なテーマで書いていきます。
その時点における筆者の感想を述べたものです。
よって根拠があるなしに関わらず書いています。


テーマ:

脳にとって、まず認知症にならないようにすることが第一である。

 

1.柔軟体操

 

2.運動をする。

歩く、軽い筋トレなど

 

3.食事

 

4.血圧の管理、健康診断

 

5.脳トレ

 

6.健康相談

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

大河ドラマなどと見て感じることがある。

 

武将は、とても豪傑として描かれている。

 

確かにそんな面もあるかもしれない。

 

だが、どんな豪傑でも、多人数を相手にしては勝てないのである。

 

武将の実際の能力はリーダシップ。

つまり、相手を説得して、(あまり乗り気でない事)をさせる力である。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

東京五輪開幕式まであと1000日です。これから開幕式までの1000日間、自己啓発のために毎日、3つのことをすることにしました。

 

なずけて、「千日三千行」

 

1.千日発信修行

金城有紀さんの 活動に相乗りして、毎日何か発信する。

ブログに書いて、twitterでシェアします。

 

2.千日裸行

毎日、皮膚を外気に当てる。乾布摩擦のようなことではなくて、室内の場合は裸になって窓を開けて風を通すことにします。

健康を高めることを意図します。

 

3.千日達成業

毎日、1つ目標を決めて、それを達成します。

またどこか掃除をする。これは、実行しようとして行動して、掃除をしてどこか綺麗になったらできたことにします。

 

発信力、健康力、実行力を伸ばすことが目的です。(^^)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

8月17日、日米2プラス2(外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会)がワシントンの米国務省で開かれた。日本側から河野太郎外相と小野寺五典防衛相が、アメリカ側からはレックス・ティラーソン国務長官とジェームズ・マティス国防長官が出席した。核ミサイル開発を続ける北朝鮮に圧力をかけ続ける方針を確認した。また自衛隊と米軍の役割分担を見直し、日本の役割を拡大することで一致した。その後、小野寺防衛相はマティス国防長官と防衛相会談を行い、日本のミサイル防衛(BMD)能力を強化するため、地上固定式施設でイージス艦と同等のミサイル迎撃能力を持つ「イージス・アショア」の新規導入の意向を伝え、米側に協力を要請した。


イージス・アショアはアメリカが開発した、弾道ミサイルを大気圏外で迎撃(撃ち落とす)イージス艦に搭載された迎撃システムの地上配備型である。2015年ルーマニアに配備された。2018年ポーランドに配備予定である。(「朝雲」8月31日)

 

【解説】

イージス艦を運用に融通性をもたすことができる。ただこのシステムでも、すべてのミサイルを撃ち落とせるかは疑問がある。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月29日、北朝鮮が平城郊外から東方に向けて弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは北海道の上空を通過し、襟裳岬東沖1180キロの太平洋に落下したとみられる。同日防衛省が発表した。安倍首相は「これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と述べ北朝鮮を激しく非難した。
 
ミサイルは14分間飛行し約2700キロ飛翔したとされている。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは(北朝鮮側が人口衛星と主張するものを含め)5回目である。(「朝雲」8月31日)
 
【解説】
明らかに中距離弾道ミサイルである。うがった見方かもしれないが、この発射は日本側の裏をかいたのかもしれない。というのは、北朝鮮はグアム沖に発射する計画を表明していた。これをうけて自衛隊8月12日に予定された飛行ルートにあたる中国・四国にPAC3部隊を展開した。それで、今度は北海道を通過させることで、対処は無効だと日本への警告を意図した可能性がある。
 

また、今回の北朝鮮のミサイル発射では、Jアラートが働き、通過が予想される地域に警戒情報が出された。これについて、何もできないではないかという意見もあったようである。しかし、ミサイル迎撃では先進国のイスラエルでも、国民に防毒マスクを配ったりしても、空襲警報は、あと数分以内にミサイルが来るから、爆風を防ぐために丈夫な建物に入るようにということしか言えないはずだ。それで命拾いする人も多数いると思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。