とどろき伝説

とどろきから伝説を発信するブログです。
自己啓発の本質、教育と政治、地球環境、健康、能力開発とビジネスといった様々なテーマで書いていきます。
その時点における筆者の感想を述べたものです。
よって根拠があるなしに関わらず書いています。


テーマ:

 

2月の日米首脳会談で、麻生副総理は、安倍総理と同乗したそうだ。

>萩生田が「危機管理上の問題もあります。副総理はぜひ予備機に乗ってください」と申し入れたが、麻生はこう笑い飛ばした。

> 「もし俺と安倍が(事故で)死んだら菅(義偉官房長官)の天下になっていいじゃねえか!」

まあ、そうかもしれないけれど、(爆)
麻生副総理は、豪胆ともいえるが、打ち合わせは、飛行機の中ではなく、別の場所でしておくべきであった。

なぜなら、
国のナンバー1とナンバー2は同じ飛行機に乗らないものだ。
事故で二人とも死ぬ危険を避けるためである。

世界中どこでも、たとえ象徴程度の意味しかない国王と、皇太子ないし皇太弟(妹・孫)であっても、
別の飛行機に乗る。万が一の事故に備えているのである。(日本の皇室も同様で、天皇と皇太子は同乗しない)

まして副総理は、総理が病気、事故、拉致、国外逃亡等によって政務を遂行できない場合には、
速やかに権力を掌握し国政を担う責任を持っているはずである。

だから、厳密にいうと、これは軽率な対応だ。

麻生氏は、ナンバー3の管さんがいるから大丈夫なんて言ってはいけないのだ。(笑)

 

【日米首脳会談の舞台裏】
安倍晋三首相の切り札はやはり「強面の盟友」だった…「俺と安倍が死んだら菅の天下でいいじゃねえか!(産経新聞)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ・ネット」 の記事

テーマ:

トランプ大統領の入国制限が憲法違反だとして争われていることで、アメリカが混乱しているという見方があるが、これは違うと思う。現時点では、通常の三権分立が機能していると判断する。

 

三権分立といっても、運用の仕方は国により微妙に異なる。

米国の場合、民意に添って、ばんばん政治を行っている。それに対して、裁判所もばんばん違憲判決を出すわけだ。それが三権分立だというわけだ。

 

日本の場合、国会も内閣も裁判所も穏やかにやっている。
みんないい子なので、憲法違反はなかったことにしよう♪
なんてやっているのである。

 

はたから見れば、

 

憲法違反ではないけれど、違憲状態だから改善しといてね♪

 

なんて言っている日本のほうが混乱していると思えないか。(笑)

 

それでも、日本でも、まれに最高裁で違憲判決がでることもある。
その場合も、単に裁判所は仕事をしているだけで、混乱などはないわけだ。

 

そして、今回の7か国からの入国制限については、素人目に見ても、日本であっても最高裁までいきそうなケースである。

 

国によって、歴史や伝統が違うのである。それを自国のやり方と違うからといって、混乱しているというのは早計であり、偏見であるといえる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
2月24日は初のプレミアムフライデー
でしたね。
 
私のように、毎日がプレミアムデーの人には関係がありませんが。(笑)
 
働くのを減らそうとか、行政がやるのは変な気もしますが、働きすぎを直していこうというのでしょう。定着するでしょうか。
 
1.一番の問題は、ゆとりのある生活と、消費の活発化という目的が同時にやろうとしていることです。時間短縮というなら、飲食店や観光地で働いている人はどうなるのかということになります。
 
2.それと、早く仕事が終わればお金を使うというのは、限らないのです。
 
家に帰りたくない人を対象にビジネスを仕掛けるという発想は十分なりたちます。でも、それは中小零細企業の発想であって、社会全体を考えるなら、家で家族といたいという人が多数派であると考えられます。
 
3.結局、趣旨としては、デフレ傾向を変えるとしながら、実際は、このイベントで安売りしている店に人が集まるということになってしまうのではないでしょうか。(バーゲンセールのようなもの)
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
2月24日は初のプレミアムフライデー
でしたね。
 
私のように、毎日がプレミアムデーの人には関係がありませんが。(笑)
 
働くのを減らそうとか、行政がやるのは変な気もしますが、働きすぎを直していこうというのでしょう。定着するでしょうか。
 
1.一番の問題は、ゆとりのある生活と、消費の活発化という目的が同時にやろうとしていることです。時間短縮というなら、飲食店や観光地で働いている人はどうなるのかということになります。
 
2.それと、早く仕事が終わればお金を使うというのは、限らないのです。
 
家に帰りたくない人を対象にビジネスを仕掛けるという発想は十分なりたちます。でも、それは中小零細企業の発想であって、社会全体を考えるなら、家で家族といたいという人が多数派であると考えられます。
 
3.結局、趣旨としては、デフレ傾向を変えるとしながら、実際は、このイベントで安売りしている店に人が集まるということになってしまうのではないでしょうか。(バーゲンセールのようなもの)
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【雑感】東芝には問題があったのだろうが、100年以上続いた名門企業が去っていくのは寂しい限りだ。
 
・原子力を中心にしないと言っているが、半導体を手放したら、収益事業は原子力だけではないか。
 
その原子力も、アメリカでも中国でも原発はまだできていない。
これからどれだけの損失がでるかわからない。
 
私には、16万人以上いる従業員の生活を第一に考えるときでないかと思える。
 
・半導体事業は、中国が喉から手がでるほどほしいだろうが、アメリカが反対する可能性があり、どうなるかわからない。
 
・みずほ銀行は支援すると言っているが、ほんとだろうか。
金融機関は、いざとなれば逃げるのではないか。そうしないと自分が危なくなるからだ。
 
・三菱重工も、ジェット旅客機が5年も遅れている。
これで経営に影響がでなければどうかしている。

大丈夫だろうか。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。