周防大島の爆弾おじさん、オオシマアコースティック。


オーガニックとアコースティックってなんか似てるよね。


無農薬栽培のもち米、黒米、玄米あられなどを販売予定。


さらに無農薬栽培小麦ミナミノカオリ全粒粉が限定コラボ。


防府市・空間茶天のオートミールクッキー。

 

周防大島・02te vieteのカンパーニュなど。

 

アースデイ周防大島でしか出会えないザ・周防大島モデル。


https://www.facebook.com/oshima.ac

 

AD

 

町のお肉屋さん、やまだ精肉店がアースデイに登場!


町内の農家がその被害に苦しむイノシシを料理します。

 

周防大島の野山で自由奔放に育ったイノシシのシシ汁弁当。

 

材料に使う農産物はすべて周防大島産の無農薬栽培。


・たまねぎ(山田菜園)


・長ネギ(野の畑みやた農園)

 

・人参、里芋、ゴボウ(うみとそらのたまご舎)

 

・大根、生姜、サツマイモ、米(大島アコースティック)


この時期にこれだけの材料が揃うのは奇跡的です。かなり。


おかみさんが愛情込めて、腕を振るって料理してくれます。

 

みなさんも食べることで有害鳥獣駆除にご協力ください。


https://www.oy298.com/

AD
2017年4月22日(土)アースデイ周防大島2017出展者一覧です。
 

・nora(岩国)自家製酵母パン・お菓子


・グリーンコープやまぐち(岩国)牛乳の試飲など


・fudo ku kan Bamboo(周南)お弁当・ホットミール


・すおうらんぷ(周南)オイルランプ


・空間茶天(防府)お弁当・お菓子

 

・瀬戸内伝統航海協会(平生)展示

 

・松本農園 / 五風十雨(平生)米・麹・甘酒など

 

・おやつ工房haru・米(下松)米粉のお菓子

 

・やまだ精肉店(周防大島)周防大島産イノシシ料理

 

・野の畑みやた農園(周防大島)野菜

 

・山田菜園(周防大島)野菜・たけのこ

 

・寄り道バザール(周防大島)雑貨

 

・周防大島町地域おこし協力隊(周防大島)海岸清掃

 

・青空保育のらっ子(周防大島)リサイクルこども服

 

・アースデイ周防大島実行委員会 supported by せとうちつなぐキッチン(周防大島)甘酒の振る舞い

 

・うみとそらのたまご舎(周防大島)野菜・お菓子

 

・オオシマアコースティック(周防大島)米・お菓子

 
出展の詳細はまた追ってお知らせします。
 
(4月18日現在)
 
・農家厨房月城丸(岩国)は出展キャンセルとなりました。
 
 
 
 

 
 
AD
 
周防大島の海や山を舞台にこどもたち、おかあさんたち、
おとうさんたちが集い、青空の下、自然と遊ぶ仲間たち。
 
自然と触れる活動の中で作った草木染めの手ぬぐいや、
こども服をはじめ、リサイクルのこども用品を販売します。
 
おとなもこどももいっしょにお店を盛り上げてくれます。
 
メンバーのひとり平島さんによるジャンベの演奏も。
 

周防大島では初となる有機JAS認定のお米を販売します。


安下庄地域の源明という標高の高い地域の棚田を復活、
色々な品種のお米を無農薬・無化学肥料で栽培しています。


伊勢神宮の御神田で見つかったというイセヒカリは
栽培農家も少なくなかなか手に入らない希少品種です。


粒立ち良く、しっかりした歯ごたえが米好きにはたまらん。

 

 
キッチンカーでの登場は周南市須金のバンブーさん。
 
中島デコさんの元で学んだマクロビオティックを基本に
お弁当やカレー、ドリンクなどを提供してくれます。
 
動物性のものを使わずにこのコクはナニ?と驚きます。
(動物性のものを使ったメニューもあると思います。)
 
当日あったらうれしいなと思うのはジンジャーエール。
 
安下庄石原農園のレモンを使ってくれています。
 
あったらいいな。。。
 
おうちでごはんを食べるような安心感のあるお弁当が大好き。
 
「オーガニックなお菓子ってちょっともの足りない」
なんて思われる方には、空間茶天のお菓子をオススメしたい。
 
2月のおおきなはるこめ市でいただいてビックリしました。
 
そのはるこめ市でチラシを見て出展を決めてくれました。
 
たぶん、今回、最遠方からのエントリーになるかと思います。
 
横田弘志さんは若き鍛冶屋さんで店内装飾を手掛けています。
 
当日は、初披露になるという台車で登場するかも!?
 
これはもうひとつのお楽しみです。
 
いつか、弘志さんが作ったフライパンで料理したいなぁ・・・
とも思っています。
 

 

平飼いの鶏卵養鶏を中心に米・麦・豆類・一般野菜いろいろ


作れるものはなんでも自作する循環型農業者のお手本的。


約300羽が暮らす鶏舎ももちろん自作の上、
周防大島内で不要になった廃材を集めたリサイクル建築。


自家産材料を中心にした手づくりお菓子も好評です。


無農薬栽培米粉を使用したカリントウは県内各地で人気者。

 

写真は2月に出店したおおきなはるこめ市こだわりの森より。

 

周防大島近隣でヤギと言えば、松本さんです。


アイガモと言えば、やっぱり、松本さんなんです。

 

環境保全型農業を推進する松本農園 / 五風十雨さん。

 

最近話題のもち麦を使った甘酒や米麹、
マコモダケの水煮などを販売予定です。

 

もち麦に含まれるβカルタンに整腸作用があり、
ダイエット効果が期待できるそうですね。


https://www.facebook.com/matumotonouenyagi


「みどりの地球をみどりのままで…」


「子どもたちに安心・安全な食べものを…」


をテーマに活動しているグリーンコープ。


周防大島でも配達のトラックを見かけるようになりました。


どこかで見かけたチラシからお問い合わせがありました。

 

アースデイの趣旨に賛同いただき、出展とあいなりました。

 

ありがとうございます。

 
 

当日のマルシェでは販売がありませんが、

 

こだわりのビン牛乳の試飲、ベビードーナツの試食を実施。

 
牛乳のこだわりが最高なので、是非リンクをご覧ください。


http://www.greencoop.or.jp/milk/index.html