前原誠司国土交通相の再任が正式に発表されたことを受け、建設中止が表明されている八ツ場(やんば)ダムの地元、群馬県長野原町では8日、安堵(あんど)と落胆の声が交錯した。

[フォト]前原誠司国土交通相が中止を明言し、地元住民らが事業継続を求めている八ツ場ダムの建設現場

 高山欣也町長は「大臣はこれまで、生活再建事業に関しては地元の意見を聴く耳を持ち、対応されてきた。新大臣の下で振り出しに戻るよりはいい」と再任を評価。

 水没予定地区にある川原湯温泉協会の豊田明美副会長も「一刻も早い建設問題解決が何より必要。引き継ぎなどによる時間的空白が生じずにすむので、よかったのでは」と歓迎した。

 一方、川原湯地区ダム対策委員長の樋田洋二さん(63)は「住民には『白紙で検証』と言いながら、別の場所では『中止の方針は変わらない』と話す“二枚舌”で、信用できない。当然、大臣を辞めてほしかった」と落胆した様子。

 川原湯温泉で食堂を経営する水出耕一さん(55)は「民主党のままであれば、政権や大臣が代わっても同じこと」と力なく話し、「『コンクリートから人へ』という理想ばかり聞かされたが、大臣には町が日に日に寂れていく現実を見てほしい」と訴えた。

【関連記事】
「選挙目当てマニフェストの結果」八ツ場ダム予定地の町長
八ツ場ダム中止明記へ 参院選公約で国交相
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

“ショタ”サイト活発化で警察当局が本腰 歪んだ性に走るマニアたちの告白(産経新聞)
元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
父と同僚、車ではねる…殺人容疑で長男指名手配(読売新聞)
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」(時事通信)
AD