動物愛護への思い ARK

テーマ:

私は 40年 間外国生活をして、 日本に戻って早10年。


1959年に日本を出た私は 日本人の変わりように 大変な


カルチャーショックを受けたものです。


日本の国旗を揚げない人、 日本の国歌を歌わない人、


靖国神社への参拝を否定する人。


我が子を、 生みの母親が餓死させる、 虐待させるという あってはならぬ


絶句してしまう事件。 そして 動物への虐待・・・


森に食べるものがなく、 食べ物を探しに里へおりてきた熊を 撃ち殺して


しまう 日本の猟銃会の男達。


これから冬に入るため 沢山食べて冬眠の用意をしなければならない熊。


アメリカなら 必ず 麻酔銃で撃ち、 目が覚めたら 沢山食べさせて山へ


帰してあげるのに 日本では 無情に殺してしまう。


冬の最中に お腹が空いて 冬眠も出来なく、 うろついていた可哀相な熊を


銃殺してしまう日本。



ペット大人気で 犬や猫をはじめとし、 爬虫類から魚まで 色々な外来種


を日本へ輸入し、 飼いきれなかった人達が、 それらを捨て、


日本の古来からの生殖態が犯され、 全滅する鳥や魚まで出てくる始末。



ペット用の外来種の輸入を禁止するべき。


これ以上の 犬、 猫の輸入禁止を 私は今訴えたい。


そして 動物のための法律や規則を国会で定め、 彼ら達の命を救い


守ってあげたい。





先日9月23日、 私は、 滋賀の「動物110番」を訪れたその足で、


とあるイベントに駆けつけました。


「NPO法人 ARK」 設立20周年祝賀行事として、 来たる9月23日、 


ウォレン駐日英国大使ご夫妻の ご好意により、 英国大使館にて


イングリッシュ・ティーパーティー(英国式お茶会)が開催されておりました。



ARK (アーク) は1990年、 現在のアーク代表 エリザベス・オリバーさん


によって設立されました。


オリバーさんは、 イギリスから英語の教師として来日し、 傷ついた動物たち


を見る度に、 友達と救助にあたっていました。 その頃は、 経済的な援助も


ほとんどなく、 寛大な人々のドッグフード等の援助のみによって 支えられきた


のが、 はじまりです。


現在アークには犬250頭、 猫150頭、 その他 銀狐やウサギなどの小動物が


沢山保護されております。


すべての動物にワクチンと不妊去勢手術をし、 犬にマイクロチップの


埋め込みを施し、 心と体に受けた傷の治療をしながら、 


新しい家族 (里親) を探されております。



     エリザベス・オリバーさんのご挨拶。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



日本でも、 ちょうど動物愛護週間(9月20日~26日)にあたり、


沢山の方がいらっしゃってました。 感心の高さを物語っていますね。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


         ウォレン駐日英国大使ご夫妻とご一緒に。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



               ウォレン駐日英国大使と。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



       アーク東京 代表の 鐘ヶ江 順子さん。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



アークの友 アニタ ポージーさん、 成川エリサさんと私。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


皆さん、 この愛すべきワンちゃん達を


皆さんも アークのメンバーになって、 殺処分より 


救ってあげて下さい!      私もメンバーです。


【大阪 アーク】

ark@arkbark.net


【東京 アーク】

tokyoark@arkbark.net


この後、 日曜日に開催された Dog One のブログを出します。





AD