”冬でも裸足?靴下?”

テーマ:

こんばんは。親子育士・足育アドバイザー®の西野美佳です。

 

今日は私がスタッフをしている森のようちえん ウィズ・ナチュラの親子組はぐみぃでもミニ足育のお話をさせてもらいました。

 

メモされているお母さんもおられたり、以前に聞いたことがあるけどリピートしてくれたお母さんもおられました。

 

体を支えてくれている足や靴のこと、少しでも知って参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

大和郡山市にある足育専門教室「すくすく足育クラス」のブログもチェックしてみてくださいね。


AD

おはようございます。

親子育士・足育アドバイザー®の西野美佳です。

 

私は奈良県の大和郡山市にある足育サロンTa・Ta・Taで、すくすく・よちよち・赤ちゃん足育クラスのトレーニングを担当しています。

「最近つかまり立ちをするようになったので、そろそろ靴のこと知りたいなと思ってきました。」

「ちょっと歩き始めたんですけどどんな靴を履かせたらいいですか?」

 

と10ヶ月~1歳くらいの赤ちゃんを連れてこられる方が多いです。

 

“そろそろ靴の準備をする”

 

という頃ですね。

 

でも、足…いえ足だけなくこれから一歩一歩しっかりと歩いていくためには手や頭やお腹や身体全体でバランスをとって歩いていきます。

 

靴さえ良いものを選べばいい、というわけではありません。

 

靴の中に入れる足もそうですが、身体のつくりが重要なんです。

 

赤ちゃんが日々体をもにょもにょと動かしたり、グルグル回ったり、這ったりする行動全てが歩くことへの準備です。

 

つかまり立ちや伝い歩きだけが二足歩行の準備ではありません。

毎日のからだの使い方が二足歩行、今後の身体つくりへと繋がっています。

 

最近、月齢の低い赤ちゃんがサロンに増えてきました。

 

その日、その時だけでも変化が見れやすい時期です。

 

先日の体験会でも足が床につかなかった赤ちゃんが、ほんの少しの促しで床を蹴るようになりました。

 

いや~、人間のからだって本当にすごいなといつも驚かされます。

 

歩くための準備は生まれた時から始まっていますね足の裏

(厳密にいうと身体つくりは命が宿る前から…私も気をつけます)

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

すくすく足育クラス ブログペタ

AD

こんにちは。親子育士・足育アドバイザー®の西野美佳です。

 

今日から8月。毎日ムシムシと暑い日が続きますね~。

 

私はとても汗っかきで、汗をかくことは好きなんですが流石にこう暑いとバテますチーン

 

外での遊びも楽しいですが、熱中症も心配。

 

そこで!今度の日曜は屋内でのイベントを楽しみませんか?

 

「WFCワクワク夏フェスタ チラシ」の画像検索結果

 

WFCワクワク夏フェスタというイベントに足育ブースが出展します!

 

この事業は、

  • 子ども達が地域で働いて暮らすことを具体的にイメージすること
  • 働くことが人の「ありがとう」につながることを子ども達に体感してもらうこと
  • そうした活動を通して子ども達が地域において大事な存在であることに気づいてもらうこと

を目的とした子どものキャリア教育イベントです。 親や学校以外のたくさんの温かい大人の目に見守られるという経験をすることで、子ども達の築く未来が、「助け合い」や「人を大事にする」世界になっていくことをゴールとしています。

(WFCワクワク夏フェスタイベントHPより抜粋)

 

子ども達が働くことを体験するイベントです。

 

私たちの足育ブースにもお手伝いに来てくれます。

 

足育ブースは足型スタンプアート・足計測を行います。

 

また、イベント会場では午前・午後の部に分かれて、足の握力の計測会を行います。

 

1位~3位のお子さんにはプレゼントもありますのでお楽しみに♪

 

入場無料で一般の方も体験が出来たり、買い物が出来たり、催し物も盛りだくさんのイベントです。

 

是非遊びにいらしてくださいね。

 

※2017年 8月6日(日)10時~17時 イトーヨーカドー奈良店

AD