放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
こんばんは、デッドプー太郎です。

前回の前編の記事を書いた直後

なんと今年のUSJのハロウィンイベントでエイリアンVSプレデターがあるという発表があったぞ!!

というわけで今年の夏休みは10月末までだ!!今決めた!!やった!!最高だ!!

よし!!仕事辞めよう!!

というわけで後編!!

前編はこちらから。

⑩昆虫採集の時に言いたい言葉No.1

かって「ほんとだもん、トトロいたもん」とグズるガキがいたが、その程度ではジャングルでは生き残れない。

プレデターを見つけたマックのように
「いたぞーいたぞぉぉぉ!!」と喚きながらガトリングガンをぶっ放してこそ想いは伝わるものだ。

マックの本気(マジ)さに心打たれ、「何がいたのか」は特に確認する事なくストイックに環境破壊に勤しむ仲間達。

この「いたぞーいたぞぉぉぉ」と言うセリフは山でオオクワガタを見つけた時に言いたいものだ。

しかしプレデターどころかカナブンさえ見つからないレベルに森を荒廃させるのはどうかと思う。

(実際、ポンチョあたりは乱射しながら「どう考えても何もいないよね」と思ったはずだが、空気を読んだのだろう。」

⑪君がいた夏。(友達が離れていく瞬間)

死んだブレインを「親友だった」というマック。


昼間のガトリングクレイジーなテンションはどこへやら、メンヘラマックにトランスフォームする。

「いたぞぉぉぉ」と言った割には誰もいない。声を掛けても無反応。夜中に突然奇声を上げて皆を起こしたと思えばイノシシをめった刺しにしていたといった具合に空気を乱し始めた結果、少しづつ距離を置かれ始める。


公開されて28年経った今だからこそ観て欲しい。プレデターとイノシシを間違ったあたりから、「マック、マック」と声をかけていたダッチ達がほとんどマックを相手にしなくなる。

現代でいうところの「お別れの際はブロックで」状態だ。


「女の友情なんてすぐに壊れる」と言うが男の友情もめんどくさくなったら終わりだ!!覚えておこう‼︎

月を見ながらブレインとの思い出を語るマック。
2人のメモリーが一般人からすれば全く共感できないあたりがポイント‼︎


⑫男だからこそ共同作業

共同作業が必要なのは何も新婚夫婦だけじゃない。

男同士こそ共同作業をする事で絆を深めるものだ!!


プレデター捕獲のため、ハードコアなピタゴラスイッチ作りに勤しむ男達。
それにしても真夏の果実のような筋肉だ!!

⑬漢としての生き方「ビリー魂(ソール)」

チーム一の不思議ちゃんビリーソール。恐れを知らぬ戦士の割には
「何かいる」「俺達を人間ではない誰かが狙っている」「全員殺される」
と周りを不安にするだけだったが、マック、ディロンがプレデターに殺された時、ついに「恐れを知らぬ戦士」が覚醒する。



ダッチ達か逃げる時間を稼ぐために、一人プレデターに戦いを挑むビリー。

結果から先に書くと、戦闘シーンもないどころか、全く時間を稼げず、このシーンの約20秒後(今回ブログを書くにあたり実際に調べた)に「あぁぁぁぁぁ!!」という悲鳴を上げて死んだ事がわかるわけだが・・・・・同じ男として非常に見習いたいシーンである

今後の将来、メリット?リスク?クソ喰らえ!!
男として生まれた以上、勝ち目のない戦いに挑まなければならない時がある。

この精神を彼に敬意を表して「ビリー魂(ソール)」として後世に語り継ぎたい。

⑭ひとりでできるもん。

次々と仲間が倒れついに一人となってしまったダッチ。

ディロンの右腕を切り落とす程の威力のプラズマキャノンを喰らっても火傷で済む、推定30mほどからのダイビング等、「元気があれば何でもできる」を実演して見せたが、ポイントはそこではない。

一人になってもピタゴラスイッチだ!!



最近「誰かといないと不安になる」という男女がいるそうだが、それではキャバ嬢やホストに溺れるのがオチだ。

破産したり、しょうもない男に騙されて抱かれる前に「プレデター」を観返して欲しい。


一人になった時こそ、プレデター捕獲用のピタゴラスイッチを作る、全身に泥パックをする等やることがたくさんある。



カラオケでEXILEの「ライジングサン」を歌うより松明を片手に叫んだ方が確実に陽は登るぞ!!


⑮正直マインド



「なんて・・・みにくい顔なんだ」

この言葉をはっきり言える勇気があればもっと俺は強くなれたはず。

⑯プレサーの姫。


男同士の集まりに一人女が入ると7割は崩壊するが、ダッチ部隊が仲間割れにならず最後までプレデターに挑む事が出来たのはダッチ達に「夏休みの少年魂」があったからだ。
(若干一名(ディロン)は惑わされたが・・・)

女がどうのこうのではない、ダッチ達はピュアにプレデターと戦い次々と命を落としていった。

きっと映画に写っていないシーンでは大江千里の「夏の決心」を歌っていたはずだ。


♩夏休みはやっぱり短い、やりたい事が目の前にあり過ぎて♩

⑰結論

この記事を書くために2回「プレデター」を観返したが、何度見ても名作である。これからも俺にとってはキレイな海や花火大会以上に夏を感じさせてくれるだろう。

3代目J Soul Brothersは確かにカッコいいと思いますが、やっぱり僕は初代プレデターと戦った


ビリーソールブラザーズの方が好きです。


放課後エクスペンダブルズ別館→ホットトイズ、フィギュア、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。早い話がおっさんのおもちゃいじりです。

デッドプー太郎Twitter→@deadpootarouです。アカウント乗っ取らないでね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。