合宿 第2弾。


第1弾はこちらです


『東大脳のつくりかた』。


と言っても 色々と語弊がありますが。


『頭でなく 感覚に取り込む』ということです(^.^)


~ ~ ~ だいすけ先生


「きのう 学校へ 行っ〇。」

「明日  学校へ 行〇。」


これは日本人なら誰でもわかるよね。

それは、

みんなの中に、

【日本人的センス】があるから。


英語の勉強も同じ。


ただ単に、塾で英語の勉強をする、

学校でテスト勉強をする、単語を覚える、のではなく。


その勉強をしている時間で、


【アメリカ人的センス】を身に付ける練習をする。


テスト勉強をするのではない。

単語練習をするのではない。


それをやっている間、

【アメリカ人的センス】を身に付けよう、

【感覚に取り込もう!】として勉強してね。


これは算数でも同じだよ。


【数学語】 というのがあるのね。



m = 2n - 1  n=整数


という【数学語】だったら、


「mは奇数」という【日本語】へ訳せる


n > 0


という【数学語】だったら


「 n は正の数」という【日本語】へ訳せる。


それを日本語でしゃべれるように、

【数学語】でもしゃべれる 

 考えられるように勉強 するのね。


~ ~ ~ 


というお話。


そうして間脳のフィルター(RAS)の説明、

いかにして全身からの情報が間脳を通って

大脳に入り、その後全身のDNAのスイッチを

ONにしているのか、

フィルターが閉じていると

「いくら勉強しても 

 いくら練習しても

 覚えられない うまくならない」

現象が起こるのか。


子供たち、すごく納得してくれていました。


これから中学受験をする子たちにも

うまく伝わったようです♪