福岡の伝統風水 オフィス大渓水

                                                               -


テーマ:

ようこそ、大渓水です。

熊本地震の影響もあって、

神棚設置の助言を求める人が多いですね。


今回ご紹介するケースは、

その一例として覚えておいて下さい。


福岡県糟屋郡にある一戸建て。

一戸建て2階のリビングへ神棚設置.jpg



こちらのリビング壁面4か所に、

2種類のボードアンカーを埋め込みました。

施工ボード壁には2種類のアンカーを使用



違うタイプのアンカーを使う理由は、

万一の落下に備えて強度を増すためであり、

そこへ支柱と棚板をはめこみビスで固定しました。

ボード壁に神棚板を固定する作業



地震対策を考えるならば、

戸棚上に置くだけでは不利でしょうから、

やはりビス留めの工法が相応しいと思います。

支柱を取付け、ビス穴を木片で埋めます



今回の宮形はガラス扉付きの箱宮タイプ。

大地震に備えてガラス戸はあえて外した箱宮



ただし強い揺れによって、

全面扉が外れる恐れもあるため、

あえてガラス戸は付けずに納品となりました。

お宮に入りきらない御札や神具も沢山並べます



神棚板の横幅が1メートル以上あるので、

御札や神具は余裕をもって並べることが出来ます。

幅広の国産檜でつくる神棚板



このタイプは棚板なしでも設置できるので、

最低限のスペースがあれば取付可能(使用ビスx2本)。


【関連記事】 東京都のマンションでも地震対策のために



ご自身による取付けが難しい場合や、

神棚設置にあたり地震対策を行いたい方など、

どうぞ遠慮なくご相談いただけましたら幸いです。


 神棚の製作・販売・設置工事なら国産神棚復活プロジェクト




それじゃまた、いつもありがとうございます。




「自然の摂理をもっと多くの人に知ってほしいと思います。」
クリックよろしくお願いします!



   

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

実践風水!どん底から運命を好転させる方法さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります