1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
June 26, 2016

疲れやすい人へ

テーマ:伝えたいこと
✿コラーゲンを育てる 潤肌石鹸の入荷状況のお知らせ✿

5月24日(火)入荷分を完売させて頂きました。

ありがとうございます。

 

お待たせしました。潤肌石鹸

本日6月26日(日)入荷いたしました。

毎回、お待たせをしてしまっておりますが
生きたまましっかりと成分を閉じ込める特別な製法で
コラーゲンを育てる石鹸として職人さんが
一つ一つ作っております。

 

大量生産ができないので毎回、ご予約いただく分のみで
完売させて頂いております。

今回ご予約分が多かったので、現在、残20個です。

 

ご要望の方は、お早めにこちらをご覧くださいね♥akn♥

http://cspring-official.com/uruhada/

 

✿藤田千春の一生ものセルフケア・カウンセリング詳細はこちらから✿

 

こんにちは、藤田千春ですニコニコ

 

いつもご覧頂いて、ありがとうございますぺこり

 

このところ、東京でのグループカウンセリングの

準備でこもっております。

 

引きこもり好きだけど、

人に合うのが好きなわたくし

7月のグループカウンセリング楽しみです。

 

大阪も行かせて頂くつもりでいますので

また、ご案内をさせていただきますねしあわせ

 

 

さて、

私、以前とってもとっても

疲れやすくて、

 

寝ても、

朝起きた時点で疲れていました。

 

今よりも10年以上若い頃でしたが

とにかく、疲れが抜けないし、

すぐに疲れるチーン

 

なので、

何をするのもめんどくさい

と感じてましたし、

 

何かする気力がなかったですし、

人の会うのも、出かけるのも億劫でした。

 

もちろん、そんな感じなので、

肌も見た目も疲れてました。

 

乾燥してつやがなくて、

毛穴が目立って、

赤みとくすみが常にある肌でしたので、

 

今はファンデーションを

塗ることはないですが、

 

この頃は、

リキッドファンデーションを塗って

パウダーファンデーションを塗って

 

重ね塗りをしても肌が

きれいに見えませんでした。

当然なんですけどねチーン

 

顔つきも同様に疲れてました。

 

いつもまぶたが凹んでましたし

クマは消えたことなかったですし、

 

頬の位置が下がって

ほうれい線は濃かったですし

やつれてましたsao☆

 

この頃ですね↓

(34歳の頃美容外科のメール相談に添付した口元の写真です)

 

よく、何もしてないのに

「大丈夫?(=顔やばいよ)」って

言われてましたチーン

 

イライラするし、

落ち込むし、傷つきやすいし、

なんか意味もなく不安ですし

 

こんなのが普通でしたから、

日々の楽しいことか、うれしいとか、

感じたこともなかったです。

 

この頃の私の状態というのは

東洋医学や中医学で言う

 

「気」が足りない状態です。

 

東洋医学では、

「気・血・水」

を生体維持の3要素として、

 

これらが正常に体内を循環することで

健康や美しさが保たれると考えられています。

 

「気」は

 

呼吸、心臓の働き、

血を巡らせる(血流)、

体温を保つ、消化、吸収、

 

排泄をスムーズに行って

ウィルスや細菌から体を守る

 

などの体の生理機能を維持する

生きる上で、

とても大事な働きがあります。

 

ゆえに、東洋医学や中医学で

「気」は

 

元気、宋気、営気、衛気など

といった名称で表される、

 

「生命エネルギー」

のことも指しています。

 

ヨガの「プラーナ」とか

アーユルヴェーダの

「ドーシャ」にもあたる部分です。

 

肌や身体の老化の速度も

「気」が左右する部分が大きく、

 

肌のハリと弾力、たるみ、くすみ

と司るのはこの「気」の部分です。

 

見た目の若さには超重要なところです。

 

気の不調として出る症状は

主に

 

疲れやすい、体力がない

動くとすぐ息切れがする

冷えやすい、手足が冷える

むくみ

胃下垂

胃もたれ、胃痛

軟便、下痢

毛穴が目立つ

肌がくすむ

肌の弾力の低下

肌がたるむ

筋力がない

PMS、婦人科系のトラブル

イライラ

不安

憂うつ感

舌の縁に歯のあとがつく

 

などですが、

 

これを改善させるために

漢方や、体質改善などの

方法もあります↓

が、

 

「気」を低下させて不調を作る

大元の原因があります。

 

ここがないと、どんな方法を

試しても漢方を使っても

あまり効果がないと感じています。

 

気虚、気滞体質だった私が

変化する土台となった事を

お話させてください。

 

 

 

 

気虚、気滞、気陥、気逆

といった

 

気の不調を作って

大元の原因となっていることが

 

体質や冷え以前に

 

 

感情の抑圧です。

 

感情を抑えることですね。

 

東洋医学では

 

「精神的な抑圧は、「気滞」

となって神経性胃炎から

胃潰瘍を起こす。

 

神経牲胃炎を

東洋医学的にみると、

肝の火が胃に飛び火した状態と言える。」

 

という事が言われていたり、

(美容面で言うと胃はたるみ

肝臓はシミに関係します。)

 

tms(緊張性筋炎症候群)理論や

精神神経免疫学などでも

 

同じように感情の抑圧が痛みや

免疫疾患、内臓疾患、

 

かゆみ、皮膚のトラブル

などを引き起こすことが

言われています。

 

「身体がノーというとき」

という医師が書いた本もありますので

興味のある方は見てみてください。

 

つまり、

自分が持っている感情を

感じてはいけないと思って

 

蓋をすることが

感情の抑圧ですが、

 

人は子供の頃に

泣いたり、怒ったり、

笑ったり、はしゃいだり

 

その時にそのまま出た感情を

 

時に「泣くな」と叱られたり

時に叩かれて咎められたり、

 

怒ったら、怒鳴られたり

怒ることは良くないことだと

否定されたり、

 

はしゃいでいることを

「そんな恥ずかしいことはやめなさい。」

 

などと言われたり、

 

成長する中で、

主に親からですが

 

自分がそのまま感じた感情を

否定されることがあります。

 

それが色々な場面で何度か

繰り返されながら

そのまま大人になるので

 

多かれ少なかれ

 

出てきた自分の感情を

見てみないふりをして、

抑える癖がついていることがあります。

 

感情はエネルギーなので

いいも悪いもないんですが、

 

そのエネルギーを

抑えようとするには

また同量のエネルギーが必要で、

 

感じた感情を100とすると

抑える力も100以上使います。

 

その抑える力は

自分の生命エネルギー(気)

から使うんです。

 

なので、必然的に「気」

が減るので、

 

気虚だったり、気滞だったりの

 

上記の私のような

体質に傾きますし、

 

「気」はたるみと肌のハリと

くすみなどにダイレクトに影響がるので

 

しぼんだ感じになってきます。

 

そりゃ疲れるし、

やつれもします。

 

私の場合はその感情の抑圧が

超強かったんですが

 

そこに気がついてから、

始めたことは

 

どんなネガティブだろうが

汚い感情だろうが、

 

自分が感じたことは、

絶対に見ないふりをしない

否定をしないということです。

 

ただ、

始めそれが出来なくてですね滝汗

 

私、この頃、

誰も見ていないノートにさえ

 

自分の本音を書くことができなくて、

 

誰もいないし、誰も見ていないのに

自分の本音をノートに書くのに

抵抗があったんです。

 

嫌われないように

人に合わせて

 

怒ったり、ネガティブな部分は

なかったことにして、

 

明るくふるまって

 

ってやってたのでゲロー

 

良い子ぶって

自分に嘘をついて蓋をして

生きてきたので

 

自分と向き合ってあげたことが

なかったんです。

 

だから本音を見ることに

抵抗があったんですね

 

いったい誰の人生なんだと思いましたガクリ

 

なので、

 

そうやって生きてきた

自分も含めて

自分を抱きしめるように受け止めて

 

そうかって

ジャッジしないで、

そのまま認めていきました。

 

感じちゃいけない

って思うから蓋をする

 

(本当は思っているのに、

なかったことにする、

またはその思いを否定する)

 

蓋をするから、その思いは

ずっとお腹の中にいるので

すっと抑えている状態で

 

エンドレスで

自分のエネルギーを使って

抑えなくてはならない

 

だから、抑えないで

ただ感じて、否定しないで

認めてあげたらいいんです。

 

それで、

その感情は落ち着くんです。

 

自分が感じたことは

どんなに汚いことでも

 

あいつ消えろムキー

とか

えげつないことでも

 

あーえげつないこと思ってるな

って自分だけは許可して

認めてあげたらいいんです。

 

自分が自分に

寄り添ってあげるんです。

 

自分が自分の

安心して何でも見せれられる

場所になってあげるんです。

 

これは

自分への愛情です。

自分を大切にするセルフケアです。

 

私は、そこから本当に

色々なことが変化していきました。

 

上記の写真から12年たった今です↓

環境も、肌も顔つきも変わりました。

 

感情のデトックスのやり方は

カウンセリングで必要な方に

お話していますが、

 

またご要望があったら

記事にしようかと思います。

文章にするのは難しいかな

 

否定から始めて

好転することはないです。

 

まず、どんな自分の感情も

そのまま認めることが

一番大きな変化を起こす力になります。

 

今すぐできる、「気」

を守るつまり、若さを守るセルフケアです。

 

顔つきも肌も、老化の速度も変わります。

 

あぁ

やっぱり長くなりましたが

話したかったので

 

最後までお付き合い頂いて

ありがとうございますぺこり

 

藤田千春(^-^)

 

はな。藤田千春プロデュース
コラーゲンを育てる石鹸の詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/uruhada/

 

はな。あなたの若さを保ちながら、自分だけのキレイを自分で作る
 人生を変えるセルフケアを伝授する
藤田千春の個人カウンセリングの詳細はこちらから
はな。

http://cspring-official.com/counseling

 

応援よろしくお願いいたしますぺこり

にほんブログ村 美容ブログへ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

Facebookやってます facebook

お友達申請して頂くと、とても喜びますデレデレ

https://www.facebook.com/cspring0223

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>