ブログ閲覧 月間107,427PV、ありがとうございます。[2014.4.3~5.2]

目次を作りました。頻繁ではありませんが、随時更新していますので、ご参照ください。

ほどよい敬語の使い方 目次

【敬語の使い方/基礎編】
5種類の敬語
尊敬語「いらっしゃる・おっしゃる」型
尊敬語の作り方
よく使われる特定形(尊敬語)
「ご返事?お返事?」「お」と「ご」どちらを付ける?
「おやりになる?」
「やる」を尊敬語にしてもなじまない
「ご覧になられていただけましたか」~二重敬語
例外的用法:習慣として定着している二重敬語「お見えになる」他
「尊敬していらっしゃる」は二重敬語??それとも

謙譲語I「伺う、申し上げる」型
謙譲語Iの作り方
よく使われる特定形(謙譲語I)
「さ入れ言葉」に注意
例外的用法:習慣として定着している二重敬語「おうかがい申し上げます」他
例外:相手の動作に謙譲語を使っても失礼にならない場合

謙譲語 II(丁重語)「参る・申す」型
謙譲語IIの作り方
よく使われる特定形(謙譲語II)

丁寧語「です・ます」型
丁寧語の作り方

美化語「お酒・お料理」型
美化語
「お」や「ご」をつけない場合
美化語はほどほどに
美化語と尊敬語、謙譲語の違い

【敬語の使い方/実践編】
●ビジネス用語
┗挨拶
先に帰る上司への「お疲れさまでした」
いつもお世話になっております
「自分をほめてあげたい気持です」
┗了解・承諾
「承りました。◯月◯日までにご用意申し上げます。」
「結構です」
┗社内と社外(聞き手で変わる)
上司の行動
「いらっしゃる」に2つの意味
「社長に見ていただいてください」
「ご挨拶をいただきます」
┗受付で
「お名刺を頂戴できますか」
アポイントの確認
┗案内
「受付で伺ってくださいませ?」
「こっちでは分かりませんのであっちでうかがってください」?
「◯◯様をお連れしました?」
敬語の連結用法「お見えになっていらっしゃいます」
「お客様がお見えになられました」過剰な敬語~二重敬語
┗返事
「ご返事?お返事?」
「これでよろしいでしょうか」への答え
質問(目上の方に)
┗依頼
……いただけますか
┗確認
資料の確認
「資料をご覧になられていかがでしたか」
「拝見いたしました」
「分かられましたか」に見る「お~になる」の用法
「~おつもりですか」
「係長もお飲みになりたいですか」~誤解を受ける聞き方
「課長、会議室にお茶をお持ちになりますか」?
「結構」は誰が使う?
社外の人に「結構」を使えるか?
┗認知
存じ上げる
┗禁止
遠慮するのは誰?「ご遠慮させていただいております」
「無理な駆け込み乗車はお止めいただきます」
┗お断り
「無理です」のやわらかな言い方
┗辞退
私では役不足でございますが
┗連絡
休みをいただきます
進展を期待させる連絡
意思「~したいと思います」か、連絡「~いたします」か
二人の上司に対する敬意
自分から相手へ「お手紙(お電話)を差し上げます」
進まさせていただきます」?~さ入れ言葉
┗謝罪
名刺を忘れたとき
┗謝辞
多くの方がお越しいただき
お世話様でございます
「お声を頂戴する」
遠来の客に対する言葉
「ご参加賜りました皆様に~」
┗電話で
不在を伝える1
不在を伝える2
相手の都合を尋ねる
休んでいることを伝える
電話番号をたずねる
かけなおすことを伝える
相手の声が小さい場合
~じゃないですか(営業の電話)
┗お見舞い
上司への見舞い
案じる言葉
┗説明
TVショッピングの言葉の誤用
会社説明会で
「お仕事は?」
「ヤツ」
┗指示
こっち・あっち
「お申し付けください」
あいまいな指示「~してもらえるといいかなと思います」
┗陳述
自分の意見をへりくだる(私見・私意・愚見・卑見・管見など)
┗贈答
「差し上げてください」
著書を贈るとき「ご恵存」
献本・恵贈
┗役職
「様」の使い方「部長様?」
社長の伝言を自分の部下へ「そのように申し伝えておきます」
┗フォーマルではない表現
……とか
……、みたいな
わたくし的には

●敬語の使い方/接客用語(ファミレス・コンビニ・駅・病院 他)
┗サービス
注文を受ける場面
こちらがAランチになります
さっきも申し上げましたが
「コーヒーのほうをお持ちしました」
入り口はこちらになります
「お連れ様がお待ちになっております」
「おビールをお持ちしました」
私どもの「お店」
お見立て「~的にはいいと思います」
「ヤツ」
商品の有無を尋ねられて
過去形で確認する「~してよろしかったでしょうか」
「時間になりましたら、お声をおかけいたします」は?
長時間座席を占有するお客さまに「声かけをさせていただきます」は?
┗お客さまをお待たせする場合
「日に何件もお問い合わせがありますので」
「少々お待ちいただけますか」
担当者が見える?
お座りになって?
何がいいか聞く場合
「本日の料理」が何かを尋ねられて
入られますか~「られる」が生む誤解
┗病院で
ポジ語で話す
治療の言葉
患者様?
「やってもらっていいですか」選択の余地がない場合の許可の言い回し
お口を開けていただけますか
┗駅で
「ご乗車できません」「ご乗車いただけません」
「ご乗車はできません」
お足元にご注意ください
◯◯が見えてまいります
┗公共の場や役所で
貼り紙で敬語不要な場合

┗ご予約
予約を聞いている場合
配車
「揃ってございます」~敬語の正誤を判断するには
┗精算
「カードのほうからで」
「○○円からお預かりします」は「気になる言葉」の2位
カートン売りは自粛させていただきます
┗その他
「お客様もあの店をご利用されますか」
どなたでもご利用してください

●敬語の使い方/オンライン用語(ネットショップ)
┗メールで
サイトに説明がございますように
機械的にならない冒頭文
問い合わせへの回答で「お分かりになりやすい」
……いただけますか
取扱説明
「……となります」
「発送したいと思います?」
┗~「ご返信にて承る形もあります」
┗サイトでの表現
発送はクール便(冷蔵)になります
「役立たせていただきます」「役立てさせていただきます」
「ご笑覧ください」に気をつけて
「詳しい内容をご覧になれます」
「リボ払いがご利用いただけます」
「~になります」
「~させていただきます」
「ご便利です」
「お求めやすい価格になりました」
「ご利用できます」?

●敬語の使い方/手紙の言葉
「御中」の使い方
「見る」の尊敬・謙譲語
各位様
「愚見」「小社」
部長や社長の宛名
「様」と「殿」
手紙の敬語「相手と私」
結婚式などの出欠はがきの書き方


【敬語の使い方/資料編】
敬語の分類
例外的な用法 1 (場面や相手により正しくも間違いにもなる)
例外的な用法 2(習慣として定着している二重敬語)
「粗品」「粗菓」つまらないものですが
身内の呼び方
相手が来る場合のいろいろな言い方
手紙の敬語「相手と私」
「こっち」「あっち」の丁寧な言い方
「人称代名詞」を示す尊敬語・謙譲語・丁寧語
「動作、存在」を示す尊敬語・謙譲語・丁寧語
縦書きの表記
手紙や書類「縦書き文中での数字表記2」(洋数字)
手紙や書類「縦書き文中での数字表記1(洋数字)

【敬語の使い方/レッスン編】
敬語検定初級「目指せ!ベテランウェイトレス」
敬語検定上級「これであなたも新人研修担当者」
言葉のクイズ

【揺れる日本語(微妙な表現)】
「皆様へのお裾分けです」
「全然、大丈夫」~「全然」に否定を伴わない言い方
とんでもございません 1
とんでもございません 1
「させていただく」
「ご返事?お返事?」「お」と「ご」どちらを付ける?
「いただく」と「くださる」
「参ります」の変則的な事例(誰に敬意を表するか)
漢字とひらがなの使い分け
「帰ったら犬に餌をあげます」
「~して行きます」

【言葉のコラム】
セミナーの案内文に気をつけて
こんな場合には、失礼とは思わない
「読者登録させていただきます」
「させていただきます」対策委員会書記から「言い換え」のご案内
目線を下げる?合わせる?~易しさは優しさ
今からお話させていただきます
よろしくお願いしま~す
敬語で示す「尊敬の程度」について
赤ちゃんに敬語?「赤ちゃんが泣いてはる」
「素晴らしい生き様でしたね」は使える?
「ないです」
文法的に間違いではないけれど・・・
口癖としての「逆に言えば」
「正直に言えば」の効果的な使い方
「極端に言えば」
「ちなみに」と「ついでに」
マニュアルを否定するわけではありません
お客様にご負担いただくかたちとなっております
文字の統一
報道の言葉
自分をほめてあげたい気持?
TVショッピングの言葉
お店と顧客である前に
ごちそうをされて「Aコースで」
文末の「が」
子供もきれいな日本語を話したい
確かに二重敬語ではないけれど
「結構です」はどっち?
ら抜き言葉と、言葉の品格
「お父さん、お母さんにありがとうと言いたいです」
言葉は生き物
クレームには「貴重なご意見を本当にありがとうございます」
断りにくい場合の断り方
ささやかな金額ですが
「そろそろ水着が売っている頃だ」の「売る」のは誰か
誤用を批判するのではなく…
言葉のヒゲ「え~っと、あのお、その~」
春から社会人
断りにくい場合の断り方

【間違いやすい日本語(番外編)】
「下」は「した」か「もと」か?
さがしものはどちら?「探す」「捜す」
●悪口雑言 ●隘路に入り込む 相槌を打つ ●足まめに通う ●当たり年 ●あわや ●唯唯諾諾 異形の者たち ●異口同音 ●怒り心頭に発する●上を下への大騒ぎ ●蘊蓄(うんちく)を傾ける ●おあいそ ●押しも押されもせぬ 会心の作 ●垣間見る ●蛙の子は蛙 ●間髪(かんはつ)を容れず ●気がおけない ●黒白をつける ●檄を飛ばす ●逆鱗(げきりん)に触れる ●言葉を濁す ●鎬(しのぎ)を削る 始末 ●上位下達 ●寸暇を惜しむ ●手をこまぬく ●独擅場(どくせんじょう●悲喜こもごも ●的を射た ●三日に上げず ●目に物見せる ●夭折/夭逝



■前田めぐる■
AD
京都駅地下などあちこちで見られる、気になって仕方のない表示。



読めますか?
拡大してみましょう。

どなたでもご利用してください



× どなたでもご利用してください。
→○ どなたでもご利用ください。


比較的新しく、複数箇所に見られます。
リニューアルされた箇所はほぼこうなっているようです。

意外と間違いやすいのです。

×「お送りしてください」→○ 「お送りください」
×「ご出席してください」→○ 「ご出席ください」
×「ご活用してください」→○ 「ご活用ください」
×「ご注意してください」→○ 「ご注意ください」


う~ん、気になる。
京の玄関口だけに、ね。
AD
読み聞かせと手相鑑定の國本ひろみさん

絵本の読み聞かせや絵本de手相心理カウンセラーとしてご活躍の 國本ひろみさんが、ブログでご紹介くださいました。
うれしい! ありがとうございます。

国内ばかりか海外からも手相鑑定の依頼がある、"絵本de手相心理カウンセラー 國本ひろみさんの人気ブログです。
↓ ↓
絵本de手相心理カウンセラー 國本ひろみさん

拙著を読む必要がないくらい、ソーシャルメディアを上手に使いこなしているひろみさん。
「読み聞かせ講座をします」とブログに書いたとたん、東京でも関西でもその枠がうまってしまうほど。
そんなSNS上級者のひろみさんが、こう言ってくださいました。
「めぐるさんの本はいっつもここいら辺(と頭の斜め上ぐらいを指で差し)に置いてあるんです。困ったときに、すぐ読めるように。辞書みたいに活用してます!」と。
光栄すぎます。

実は今回、ひろみさんにインタビューしたいことがありました。
以前から、一度ランチをご一緒できたらなあ~と思っていたこともあり、最初少し先の予定を打診したのです。
でも、ふとこの記事を読み、逆に「直近のほうがいいのかも?」とも考え、「でも実は明日あさっても空いています」って追伸したら、「明日でもいいですか?」と。

いやあ~、見習わなくっちゃ。
この、スピード感! 仕事ができる人に共通することですよね。

この記事を読んでも、濃密スケジュールが明らかにうかがえるというのに心をこめてお付き合いくださいました。

それにしても、「きゃしゃなひろみさんのどこにこんなパワーが潜んでいるんだろう?」
ずっとそう思っていたのですが、お話をうかがってナゾが解けました!

きっと、元役者さんという土台があるからだろうな~と思ったんです。

なんでも楽しんでやってみる。
失敗するかもとか考えないで、「楽しそう」「やりたい」「できそう」と思ったら、まずやっちゃう。そのことが、好循環をうんでいくのでしょうね。

この日は、読み聞かせや手相鑑定、それからこのパペットについて……いろいろお話をうかがい、次から次へとアイデアがとまらないHiromi Worldにすっかりはまっちゃいました。

ひろみさん、本当にありがとうございました。

「患者様へ」

「患者様へ」
という言い方が気になる人は29.7%。


「患者様」という表現は、医療の場で患者中心にしようという流れによっておきたものですが、患者の側から「よそよそしい」「お店ではないのだから変」という意見も多く見受けられるのでしょう。
再び「患者様」から「患者さん」に戻す医療機関が多いようです。

また、日本語では「望ましくない状態」に「様」をつけるのは不適切ともされます。
たとえば「犯人様」「被告人様」などです。
「患者」は悪いことではありませんが、「患っている人」という、「本人にしてみれば望ましくない状態」であるのに「敬ってほしくない」という見方があることも考えれば、「様」より「さん」のほうが望ましいでしょう。


参考資料文化庁「平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」
「あしたは休まさせていただきます」
という言い方が気になる人は54.5%。


「さ入れ言葉」と言われる表現ですね。
「休まさせて」の「さ」が余計です。

◯印が正しい表現です。

×「あしたは休ませていただきます」
→◯「あしたは休ませていただきます」

×「書かせていただきます」
→◯「書かせていただきます」

×「置かせていただきます」
→◯「置かせていただきます」

×「言わせていただきます」
→◯「言わせていただきます」



日常的に使っているケースを非常に良く見かけます。



参考資料文化庁「平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」
「お客様,どうぞいただいてください」
という言い方が気になる人は74.7%。

「食べる」の謙譲語「いただく」を相手の行為に使うことはできません。

×「お客様,どうぞいただいてください」
→◯「お客様,どうぞ召し上がってください」




参考資料
文化庁「平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」
「絵画展は8階で開催してございます」
という言い方が気になる人は29.7%。


「承知してございます」や「このように考えてございます」
国会の答弁でよく聞かれる言い方ですね。

「~してございます』は、「~してあります」より丁寧な形で、動詞につくと「完了して結果が出ている」状態のときに使います。
たとえば「用意してあります」などは正しい表現で、「用意が完了し、すでにある」ということです。

同様に「~しています」をより丁寧な形にした「しております」は、動詞について「まだ継続中」の意を示します。

冒頭の「開催してございます」を敬語を使わない元の形にすると「開催してあります」になり、日本語として間違った表現です。

×「絵画展は8階で開催してございます」
→◯「「絵画展は8階で開催しております」


参考資料文化庁「平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」
「先生がおっしゃられたように」
という言い方が気になる人は28.1%。


「おっしゃる」に尊敬の助動詞「れる」を加えたもので,尊敬表現を重ねた二重敬語です。

×「先生がおっしゃられたように」
→◯「先生がおっしゃったように」


参考資料文化庁「平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要」