フリーランスでいこう!自分の看板で生きよう

フリーランスでいこう!自分の看板で生きよう

結婚、出産、育児、介護、病気……自分や家族のライフイベントに左右されず、自分らしく自由に生きる方法


2018年3月12日発売
『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』


(前田めぐる著・青春出版社刊 850円/税別)








『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』


(前田めぐる著・日本経済新聞出版社刊 1300円/税別)


応援していただきありがとうございます! ↓


掲載していただいたメディア様、応援していただいた皆様、書店様



こんな方にオススメです!


・フリーランスで働きたいけれど、どこから何を始めて、誰にアドバイスしてもらうのがいいか、わからない人


・フリーランスで始めたけれど、情報が多すぎて、ブレブレで迷っている人


・育児や介護とフリーランスを両立させたい人


・会社員だけれど、個力を磨いて、フリーランスと両立したい人


・ずっとフリーランスだけれど、次のステージに行きたい人


・何もしなくても過ぎていく日常をなんとかしたいと考えている人


独立・起業ブームのなか「情報がありすぎて何をどう考えて、何から始めればいいのか?」迷いを持つ人も多い。


本書は、フリーランス歴28年の著者が伝える、スゴくなくても、資格がなくても何歳からでも始められる働き方。


どんな仕事がフリーでできるのかといった入門から、自分の強みの見つけ方、強みを売れる商品に変える方法、オファーを呼び込む情報発信の仕方、商品が売れないときの対処法まで、今日から取り組める方法が満載。


また、育児・介護など人生の「ハードル」を「価値」に換え、「今ある能力」「できる範囲」で長く働き続けるための考え方・ノウハウをお届けします。



育児・介護・仕事を両立する ワークライフ・バリュー化の仕事術/


目次 介護と仕事 介護を楽しむ 介護の手続き 在宅介護とデイサービス 在宅介護~仕事との両立は? 介護される側の視点 介護のアイデア 未病と予防 心筋肥大 骨粗しょう症 認知症 ドイツのビオ(介護食&サプリなど)


育児と仕事 ママもフリーで働ける? キャリアは再形成できるのか? ハードルがあっても働ける? 頼まれるプロになるには? 人脈ネットワーク 仕事はどうやって見つける? フリーに必要な個力とは? それでもあなたにと頼まれるには 働き続ける人に役立つサイトや本 つぶやき お知らせ



MESSAGE


「子どもが病気がちなので、在宅で仕事を続けたい」


「会社の業績が芳しくない。リストラされたらと思うと、不安で眠れない」


「会社勤めをしながら親の介護を続けるのも限界。退職しても働けるか、心配」


「育児で仕事をやめたものの、また働きたいと思っている」


今もしもあなたが、そんな風に何らかの「働きにくさ」を抱えているとしたら、このブログをお読みください。


これから述べる「環境に左右されず、属さないで働き続ける方法」をぜひ知ってほしいと思います。


私は、28年間フリーランスで続けているコピーライターです。


大学を出た後、企画制作会社に四年間勤め、結婚を機に26歳で独立。


33と37のとき、二人の子どもを産みました。 出産や子どもの持病でそれまでの仕事を中断。働き方を変えて続けながらも、再び「企画して、書く」という本業に復帰しました。


現在は、京都を中心に他府県の企業からもご依頼を受け、企画制作・販促支援、事業アイデア支援の仕事をしています。


フリーランスになってから25年。


大変だったのは、やはり二人の子どもが小さかったときです。仕事をする時間をつくること自体にむずかしさがありました。


1人目のときは、睡眠時間が圧倒的に足りず、仕事どころではありませんでした。2人目のときは、子どもの持病で2年間通院に明け暮れました。 子どもに恵まれたことはどんなに感謝しても足りないほどですが、体力的なことはまた別の問題。


振り返れば懐かしいだけの赤ちゃん期。けれど、その最中にいるときは 「一体いつこのトンネルから抜けられるのだろう」 と思っていました。  


育児期に限らず、そうした働きにくさを感じる時期が、人生には少なからず訪れます。


出産・育児、介護、離婚、リストラ、家族の病気……ライフイベントは言うに及ばず、それ以外にも思いがけないハードルが、目の前に現れるものです。 そして、立ちすくみます。



「今までの方法で働くことができない」


「せっかく積み上げてきたものが、無駄になってしまう」



空しさやあせりさえ感じる人もいるでしょう。


これまでと違う働き方、違う仕事をしなくてはいけないこともあるかもしれません。


でも、マイナスばかりではありません。


「新しい体験もできる。これから得ることを新しい価値に変えよう」


考え方を変えれば、景色が変わります。


目の前にハードルがあることを嘆き、辛さしか感じずに越えるのか。


それとも、そのハードルを、新たな体験になるとみて越えるのか。


ハードルを価値と考えれば、見える景色も、出会う人も変わります。


越えた後の居場所までも違ってきます。


大変さもありますが、楽しさのほうが大きい。 いろんなことが待ち受けていると思います。


けれど、自分で引き受けると決めたこと。 周囲の助けも借りながら、楽しみながら、家族と一緒に歩いて行きたい。


男女を問わず、全ての働く人が、家族を大切にしながら仕事も続けていけたら理想です。 また、それを可能にする社会であればと願ってもいます。


それについて、私の体験値がわずかでも役に立つなら、どのようにでも尽力したいと思っています。

決める力

決めるのは得意ですか?

カフェのメニューやその日着る服、作る料理、行きたい場所、見たい映画。

決めるのが得意な人は独立・起業が向いています。 なぜなら、決めることの連続だから。

この記事では、決めることの自由と責任について記します。

 

フリーランスが最初にすべき「決めること」

独立すると決めたとたんにふりかかってくるのは、さまざまな「決めること」です。
会社勤めをしているときは、自分で決められなくても誰かが決めてくれました。
また、自分で決めたいと思ってもそれがかなわず、上司の決裁を仰がなくてはいけないこともあったでしょう。
 
でも、独立したら、全てを自分で決めていいし、決めなくてはいけないのです。
 

決めることには責任が伴う

さあ、ここです。
「全部自分で決めていいんだよ」と言われて「やったー!!自由だ」と思うか。
それとも「えー、自分で決めなくちゃいけないの?」と不安に思うか。
 
「やったー!!自由だ」と思う人は、自由の素晴らしさを知っている人。
「自分で決めなくちゃいけないの?」と不安に思う人は、自分で決めることの責任を知っている人。
 
そもそも、会社で上司が決裁していたのはなぜだと思いますか?
それは、決めることに責任が伴うからです。
決裁を求めても
「根拠が薄い!こんなんじゃ決められないからやり直し」と上司から突き返されたこともあったでしょう。
当然です。
Aでも、Bでも、何らかの結果につながる。
どんな結果につながるか、それを想定できるに足る根拠がなければ決めることなどできない。
単に気分で決められることではないわけです。
上司が慎重になるのも無理はありません。
 

自分で自分に責任を持つ

でも、フリーランスになったからには、自分が自分の上司です。自分以外の誰にも迷惑をかけない。
(あ、ここでは家族への責任とか、養わなくちゃいけないからいうことは棚に置いておきます。)
もちろん、クライアントや仕入先はあるでしょう。
影響を考えるのは、そこだけです。
あとは自由裁量!
 
例えば「いつ働くか」も自由です。
「明日休んでもいいですか」とか「早朝出勤したいのですが」とか許可を求める必要もない。
「〇〇さんが休んだから、私に仕事振られたじゃないですか」と不満に思う同僚もいない。
 
早起きして、午前中に仕事を片付けて、午後は遊んでもいい。
週の半分だけ働いてもいい。
自由です。限りなく自由です。
自分が自分の上司です。自分で決めればいいのです。
 
 

あなたとXでつながりたい ↓ 

前田めぐるのX(旧Twitter)

 

管理人 前田めぐるの著書