育児・介護と仕事・フリーランスを両立するための個力の高め方

育児・介護と仕事・フリーランスを両立するための個力の高め方

育児、介護をしながら働き続けたいあなたが、強みを生かして自分の看板で自由に自分らしくフリーランスで働く方法


2018年3月12日発売
『この一冊で面白いほど人が集まるSNS文章術』


(前田めぐる著・青春出版社刊 850円/税別)








『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』


(前田めぐる著・日本経済新聞出版社刊 1300円/税別)


応援していただきありがとうございます! ↓


掲載していただいたメディア様、応援していただいた皆様、書店様



こんな方にオススメです!


・フリーランスで働きたいけれど、どこから何を始めて、誰にアドバイスしてもらうのがいいか、わからない人


・フリーランスで始めたけれど、情報が多すぎて、ブレブレで迷っている人


・育児や介護とフリーランスを両立させたい人


・会社員だけれど、個力を磨いて、フリーランスと両立したい人


・ずっとフリーランスだけれど、次のステージに行きたい人


・何もしなくても過ぎていく日常をなんとかしたいと考えている人


独立・起業ブームのなか「情報がありすぎて何をどう考えて、何から始めればいいのか?」迷いを持つ人も多い。


本書は、フリーランス歴28年の著者が伝える、スゴくなくても、資格がなくても何歳からでも始められる働き方。


どんな仕事がフリーでできるのかといった入門から、自分の強みの見つけ方、強みを売れる商品に変える方法、オファーを呼び込む情報発信の仕方、商品が売れないときの対処法まで、今日から取り組める方法が満載。


また、育児・介護など人生の「ハードル」を「価値」に換え、「今ある能力」「できる範囲」で長く働き続けるための考え方・ノウハウをお届けします。



育児・介護・仕事を両立する ワークライフ・バリュー化の仕事術/


目次 介護と仕事 介護を楽しむ 介護の手続き 在宅介護とデイサービス 在宅介護~仕事との両立は? 介護される側の視点 介護のアイデア 未病と予防 心筋肥大 骨粗しょう症 認知症 ドイツのビオ(介護食&サプリなど)


育児と仕事 ママもフリーで働ける? キャリアは再形成できるのか? ハードルがあっても働ける? 頼まれるプロになるには? 人脈ネットワーク 仕事はどうやって見つける? フリーに必要な個力とは? それでもあなたにと頼まれるには 働き続ける人に役立つサイトや本 つぶやき お知らせ



MESSAGE


「子どもが病気がちなので、在宅で仕事を続けたい」


「会社の業績が芳しくない。リストラされたらと思うと、不安で眠れない」


「会社勤めをしながら親の介護を続けるのも限界。退職しても働けるか、心配」


「育児で仕事をやめたものの、また働きたいと思っている」


今もしもあなたが、そんな風に何らかの「働きにくさ」を抱えているとしたら、このブログをお読みください。


これから述べる「環境に左右されず、属さないで働き続ける方法」をぜひ知ってほしいと思います。


私は、28年間フリーランスで続けているコピーライターです。


大学を出た後、企画制作会社に四年間勤め、結婚を機に26歳で独立。


33と37のとき、二人の子どもを産みました。 出産や子どもの持病でそれまでの仕事を中断。働き方を変えて続けながらも、再び「企画して、書く」という本業に復帰しました。


現在は、京都を中心に他府県の企業からもご依頼を受け、企画制作・販促支援、事業アイデア支援の仕事をしています。


フリーランスになってから25年。


大変だったのは、やはり二人の子どもが小さかったときです。仕事をする時間をつくること自体にむずかしさがありました。


1人目のときは、睡眠時間が圧倒的に足りず、仕事どころではありませんでした。2人目のときは、子どもの持病で2年間通院に明け暮れました。 子どもに恵まれたことはどんなに感謝しても足りないほどですが、体力的なことはまた別の問題。


振り返れば懐かしいだけの赤ちゃん期。けれど、その最中にいるときは 「一体いつこのトンネルから抜けられるのだろう」 と思っていました。  


育児期に限らず、そうした働きにくさを感じる時期が、人生には少なからず訪れます。


出産・育児、介護、離婚、リストラ、家族の病気……ライフイベントは言うに及ばず、それ以外にも思いがけないハードルが、目の前に現れるものです。 そして、立ちすくみます。



「今までの方法で働くことができない」


「せっかく積み上げてきたものが、無駄になってしまう」



空しさやあせりさえ感じる人もいるでしょう。


これまでと違う働き方、違う仕事をしなくてはいけないこともあるかもしれません。


でも、マイナスばかりではありません。


「新しい体験もできる。これから得ることを新しい価値に変えよう」


考え方を変えれば、景色が変わります。


目の前にハードルがあることを嘆き、辛さしか感じずに越えるのか。


それとも、そのハードルを、新たな体験になるとみて越えるのか。


ハードルを価値と考えれば、見える景色も、出会う人も変わります。


越えた後の居場所までも違ってきます。


大変さもありますが、楽しさのほうが大きい。 いろんなことが待ち受けていると思います。


けれど、自分で引き受けると決めたこと。 周囲の助けも借りながら、楽しみながら、家族と一緒に歩いて行きたい。


男女を問わず、全ての働く人が、家族を大切にしながら仕事も続けていけたら理想です。 また、それを可能にする社会であればと願ってもいます。


それについて、私の体験値がわずかでも役に立つなら、どのようにでも尽力したいと思っています。

Amebaでブログを始めよう!

「お元気でしたか?」

 

自粛期間が明けて、いろんなところで聞かれた一言。

あなたは、どんなふうに答えていましたか?

 

「元気ですよ!」

「まあまあです」

「なんだかねえ」

「テンション上がりません」

 

人間だもの。

いつも同じテンションで元気をキープしている人は稀かもしれませんね。

 

それでも、元気は健康のバロメーター。

元気でいられたら、それに越したことはないと思うんです。

仕事だってはかどるし、第一印象もアップしますもんね。

 

よく「元気をもらう」と言う言葉も聞かれますが

せっかくなら元気を自家発電できたらいいなあって思います。

 

そこで!

この本。

 

『元気の作法ーあなたの明日が輝き出す! 』

 

オレンジの表紙を見るだけでもなんだけ元気が湧いてきますが、読めばもっと!です。

 

 

『元気の作法ーあなたの明日が輝き出す! 』

(臼井由妃著:方丈社)

 

臼井由妃さんは「煩悩の数、108歳までは現役で仕事をする」とおっしゃる元気の達人。

この本には、その元気の作法、38の習慣が詰まっています。

 

●孤独は元気の原点

「元気な人」と聞くと、いつも周囲に人がいて笑っている人というイメージを持つかもしれません。

けれど、本書が提案するのは「一人でいること」を恐れることなく、さらに俯瞰しながら楽しもうということ。

 

「元気の作法」の具体的方法をお話しする前に、「孤独こそ元気の原点」。

「ひとり時間を楽しめないと、元気を維持するのは難しい……そう理解してくださいね。

(23-27P、「ひとりでいること(孤独)」は好きで選ぶ決断)

 

元気は人に会ってもらうものじゃなくて、湧いてくるもの。

それに、フリーランスはそもそも孤独なのです。

まず孤独を楽しめない人は、人と組んでも大変でしょう?

この点、「元気を自家発電」したい私には、待望の書です!

 

●たちまち元気になるには?

 

そうは言っても、すぐに元気になる処方箋がほしい……という方にはこんなページも。

 

なぜそうなってしまったかを考えるのでなく、むしろ、とにかく身体を動かす。

(82-85P 、たちまち元気になる!1秒ストレッチ)

 

 

●落ち込んでいるとき

 

もちろん、人は涙に暮れたい時もあるし、落ち込んでいる時もあります。

仕事に行き詰まる時もあります。

 

そんな時もこの本がそっと対処法を教えてくれます。

 

「こうしてあげたかった」

「あのときなぜできなかったのか」

……略……号泣しました。

ただし、時間を決めて。(107-110P、「涙活でいつでも元気!」

 

 

「元気の押し付け」ではないところが、温かく、優しい。

全編にわたり、どんな人でも「自分にあった元気のレシピが手に入る本です。

 

 

他にも、元気スイッチの仕掛けがいたるところにあって書ききれません!

ぜひ、本屋さんで手に取ってみてください。

 

どのページからめくってもOK。

できるところから試せば、いつの間にか元気になれていることに気づけます。

 ↓

『元気の作法ーあなたの明日が輝き出す! 』

(臼井由妃著:方丈社)

 

 

 

 

 

■前田めぐるのサイト

Value Promotion

危機管理広報365〜防災から縮災へ 危機に備えるリスクコミュニケーション