Twitter

テーマ:

Twitter、登録後2年を経て、ようやくちゃんと使ってみました。

1週間弱の利用での感想。

□利用状況
・ネット業界のお知り合い、その他面白そうな著名人をフォロー
・PC(会社、家)、携帯での利用
・投稿は様子見レベル


■受け取り視点
・ひまつぶしのネタとしてはかなり面白い
・携帯でも参照できるので、便利
・文字数的に、すぐ読みきれるので楽
・流れが速いので、飽きない
・知らない人の引用とかもドンドン流れてくるので
 良く分からない部分もあるが、気にならない(しない)
・誰かの会話を盗み聞きしているような感覚に陥る
・雑誌、テレビ、ブログなどでは見れない著名人の一面が


■発信視点
・ハードルが低いのは間違いないが、独特の世界観があり、
 気になる感じもある
・携帯でもかなり投稿がしやすい
・メッセンジャーと同等のやり取りのしやすさ
・著名人、企業の情報発信者にはまたとない便利ツール


■ビジネス視点
・Mixiやアメブロの機能とは位置づけが異なりますが、
 この勢いは止められなさそう
・ただし、本当に普通の人がどこまで利用するようになるのか未知数
・ビジネスモデル? 広告が挿入されるとかですかね。
 発言やフォロー者の属性に沿った・・・
・たまにサーバーダウンしているようなのと、増資したりしてて、
 インフラの積み上げが大変そう


一度、体感してみると良いと思います。

@codeblue



AD
キャラメルダンセン(Caramelldansen)

キャラメルダンセン(Caramelldansen)とは、ユーロビート系ダンス・ミュージックで、スウェーデンの音楽グループキャラメル(Caramell)が2001年に発表したアルバム「Supergott」の1曲目である。
キャラメルダンセン(Caramelldansen)は、「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」(由来は後述)の邦題もある。YouTubeやニコニコ動画を中心にして、本楽曲が中毒性があると人気を集め、多数のMADムービーが作られた。2009年3月時点でYouTubeで約700、ニコニコ動画で約2000の関連動画がアップされている。ニコニコ動画でブームになったのは2008年になってからだがYouTubeでは2005、2006年ごろからアップされていた。 また、動画にアップされるときはキャラメルダンセン(Caramelldansen)や「~~でウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」という動画名でアップされることが多い。


横山光輝 三国志版 キャラメルダンセン(Caramelldansen)



英語+ドイツ語版 キャラメルダンセン(Caramelldansen)



メタルバンド版 キャラメルダンセン(Caramelldansen) ※3ビデオ統合



ブラック&デスメタル版 キャラメルダンセン(Caramelldansen)




おまけ 横山三国志コラ集



また三国志を読みたくなってきた。


AD

■衆議院議員選挙、30日の投票前にチェックしたい7サイト


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20398427,00.htm

■マスコミが隠してきた日本の真実を暴露するまとめサイト


http://www35.atwiki.jp/kolia/





膨大な情報の中でどう取捨選択するか。



投票には、もちろん行きましょうね。



すれちがい通信

テーマ:

詳しい人から、ニンテンドーDSのドラクエ9の「すれちがい通信」の醍醐味についてレクチャーを受けました。

◇参考
すれちがい通信  (wikipedia)
すれちがい通信とは  (Trackword)

すれちがい通信でキャラクターを交換  (ITメディア)
まさゆき地図(みえざる魔神の地図Lv.87)  (私さがし)


要は、同じゲーム機でソフトを立ち上げたまま、電車などに乗ると、

他のユーザーと自動的に通信が行われるという機能。

大量のダンジョンマップが流通しているようで、

ゲームの本筋以外のところのハマリ要素が凄い。

満員電車なんか、まさにうってつけですね。

毎朝、車両変えたりして。


いかに長く遊ばせるかがゲームの肝だと思いますが、

モンスターハンター もかなり凄そうですね。


ポータブルゲーム機と言えば、僕の原点はゲームウォッチ

今からすれば本当に単純なゲームですが、小学校低学年だった

当時はハマりましたね。(その後、ファミコンが登場)


すれちがい通信に戻りますが、ポータブルと言えば、携帯電話の圧勝になるのかと

思っていましたが、手軽な通信という点で、こうしたゲーム機は侮れないですね。


ゲーム機に、WEBのSNSや口コミサービスみたいなものを乗っけたら面白そう。


お札の渡し方

テーマ:

※永らく気になっていたけど、結論、どうでもいいことです。


お店などで、お釣りをもらうときの話です。


CODE BLUE-お札

ほとんどの場合、この向きで手渡しされますよね。

財布の中のお札の向きを揃えている人だと、ちょっと困ります。


左手に財布を持って、右手でお札を受け取ると、水平にお札を渡されますから

普通は下の縁を持つことになります。

このポジションから財布に順向き(頭が上)に入れるとなると、

ひっくり返さないと入りません。

小銭が後追いしてくる時、更に煩雑に感じます。




CODE BLUE-逆向きお札


じゃあ、逆さに渡してもらえばいいのかというと、

ほとんど多勢を占めるであろう、気にしない方からすると

感じが悪い気がしますね。


お札の渡し方について検索してみると、同じトピックがチラホラ。

お札の渡し方について考えてみる

お釣りの渡し方

レジでお札をおつりにもらう際


別な議論としては、お札が先か、コインが先か、というのもあるようです。

レシートの是非についても、同様な「もわもわ」がある気がします。


そう考えると、お札は揃えるんだけど、上下逆に入れれば問題は解決しますね。

このパターンで入れている人は、相当レアでしょうし、やりませんけど。

やはりお札の渡し方には、まだまだ悩まされそうです。


最近では、上記のような問題を解消できる優れた解決策があります。

スイカ(SUICA)です。

コンビニ、タクシー、自販機などで使えるとかなり手間が省けて良いですね。

※オートチャージ機能が付いたものをおススメします。


現金のオートチャージ機能が付いた財布があったら便利だなぁ。


ネイル

テーマ:

ネイル、ネイルアート 、と言えば、いわゆる女性の爪の装飾のことですが、

男性と女性とで、かなりの温度差がある気がします。


これだけ世の中に一般化したネイルですが、

個人的には、未だに男性が女性のネイルが好きで好きでたまらない

という話を聞いたことがありません。

逆に、女性はネイルに傾倒し、自分のスタイルを求め続けるのかと。


何事もほどほどがちょうど良いものですが、

いろんなモノが爪に付いていたりすると

ちょっとギョッとしちゃうんですよね。


デコ電 、もネイルに通じるものがありますね。



追記:自分、磨き過ぎにご用心

更に追記:男性の約8割は女性のネイルに無関心