クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!

このブログで書いている事、目指す事


デンタルクレンリネスプロジェクト小林です。


歯科クリニックが365日きれいに維持される方法を書いています。


多くのクリニック様が、よりよい環境を作る参考になればうれしいです。


このブログを書く理由


清掃のノウハウを公開して行く理由、私の思いを書きました。


仕事への思い


私の仕事に対する考えや、今迄の経緯を公開しています。


テーマ:
かなり以前から、ワタシは『アポなし抜き打ちチェック』を実施しています^^。

診療中に突然お伺いして、クレンリネスの進捗状況を拝見したり、現状のお困り事があればお聞きし、解決して帰る、と言うものです。

始まりは、出張中に時間が余った時、親しくして下さっている医院様になんとなく訪問した事だったと思います^^。

それが、思いの外面白がって頂けたので、スケッチブックに
『クレンリネス抜き打ちチェッ~ク! by DCP』
と書いて受付で見せてみたらさらにウケた(笑)

さらに、その場面の写真を撮らせて頂き、フェイスブックに投稿したら、行く先々で話題にして頂き、中には先生から
「今度抜き打ちチェックして下さい。」
と言って頂けたりするようになった。

完全に面白がって頂いている!

歯科医院さんはどちらも本当にお忙しい。
医療の場に部外者が連絡なしでいきなり入って行っていいのか、と言う気持ちは今でもあります(^o^)

ただ、伺うとクレンリネスリーダーさんが対応して下さり、一緒に院内をチェックしてまわったり、日頃の悩みを相談して頂いたりします。

突然ではあるが、役に立ってはいる。

日時を約束せず、日頃のありのままを見て、改善点を伝えて欲しいと言って頂けたら、やりがいがあります。

ワタシはいつか、北から南まで『アポなし抜き打ちチェック』をして全国の歯科医院をまわって行きたいと冗談で言いますが、本当は内心本気で思ってます^^。

やはり、『院内クレンリネス講座』を実施したり、『クレンリネススペシャリスト講習会』に参加して下さったりの医院様は、その後の状況が気になります。

講座の目的は
「デンタルクレンリネスを知って頂き、医院に導入時、工夫し、医院独自のカタチを作って楽しくラクラクきれいにし続けてもらいたい。」
と言う事。

講座をして終わり、じゃない。

ネットで見つけて連絡を下さったり、親しい方から聞いてご連絡下さったり、積極的に行動して下さった医院様は、医院をきれいにする方法を探しておられます。

そこを解決したいと思って
デンタルクレンリネスプロジェクト
を始めましたから、探して連絡下さった方に喜んで頂きたいですよね!

そんな事で、今日もやって来ました‼

以下、フェイスブックの文章です
(手抜きで申し訳ありません(ToT))

受付に立ち、『クレンリネス抜き打ちチェック』と書いたノートを広げる。

一瞬、二人の受け付けスタッフさんがキョトンとし、次の瞬間手で口を押さえて吹き出される、二人同時に・・・(笑)

『院内クレンリネス講座』から半年、なかなか伺えなくて今になってしまったのですが、『そろそろ来るかな⁉』と言う雰囲気がなくなった今だから逆によかったと言って頂けました(^o^)

クレンリネスは、時間をうまく使われ、診療中にかなり進められていて、さすがチーム力のある医院さんだと思いました。

これから1ヶ月取り組んで頂きたい事と、仕組み化する方向性をリーダーさんと先生にお伝えしてオジャマしました。

忘れた頃にやって来る、『アポなし抜き打ちチェック』でした(^o^)v





箕面市 ヴィソラデンタルクリニック様

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝、到着すると、副院長先生とクレンリネスリーダーさんが待っていて下さった。

医院のクレンリネスに関する質問をワタシにする事と、現状の問題点を確認する為でした。

リーダーさんは昨年11月、大阪のいちき歯科様で開催した第5回クレンリネススペシャリスト講習会参加し、実技とテキスト試験に合格、スペシャリスト認定を受けられた方です。

休診日の朝、その為に自転車で医院に来られるクレンリネスリーダーさんに頭が下がりますm(__)m

クレンリネスを医院のしくみにする為、ガンバっておられます(⌒∇⌒)ノ"

フロアーは、クレンリネスが行き届き、大変良好です!
今日のメンテナンスでは、耐久性を上げるため2種類のワックスを合わせました。

洗浄も十分にしたつもりですので透明感があるのではないかな~と思います\(^o^)/











大阪府茨木市 上原歯科医院
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3ヶ月おきのフロアーメンテナンスも、クレンリネスをお伝えする事と共に大切なミッションです。

医院のキレイを大切にされている先生からは、それが信念、信条であると言うお話しをお聞きする事があります。

今日、定期メンテナンスだった、姫路市の関口歯科医院様は、2年前の移転オープン前の『院内クレンリネス講座』で、クレンリネスを御理解頂き、日々実行して下さっています。

あるフロアーメンテナンスの時、ワタシは冷蔵庫を動かしてその下も清掃するのですが、どこの医院でも冷蔵庫の下に必ずあるホコリがなく、きれいでした。

それを翌日に先生に言うと、ごく普通の様子でこうおっしゃいました。

『小林さん、私たちは清潔を売ってるんですよ(^o^)』

もう、背筋が伸びました(*^^*)

ホコリがない事に驚いている私を見て、スタッフさんもキョトンとしている(笑)

先生のその一言は、その後の『院内クレンリネス講座』で、よく話題にしています。

聞いた方々も感動しておられます^^。

今日のメンテナンスでも、その状態は以前と同じ。


ホコリがある場合が多い、便器後ろも完璧にきれい。


フロアーは、ワックスが磨耗してはいますが、それも最少、しかも汚れがない!











先生が昼に来られて、『一緒に昼食べましょう』とおっしゃって下さり、先生、奥様と私と家内の4人で昼食をごちそうになってしまいました。

家族の話や仕事の話しなどを楽しくさせて頂きました。

先生は、姫路市で子供向けの、少林寺拳法の監督をされています。

話しの中で、決定的なキーワードをお聞きできました。

『少林寺拳法は禅宗なんですよ。その修行の一番基本が作務すから、掃除と言う事は大事にしますよ。』

ああ、やっぱりそう言う深いところに培って来られた信念がある、と実感しました。

ただ単にキレイにしておられると言う事ではなく、医療とか生活とか言う事も超えた部分から違う。

きれいにする、その意味の深さを改めて学ばせて頂きました。
キリッとします(`◇´)ゞ

フロアーメンテナンスのアフター
















そして、コレ\(^o^)/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
多くの歯科医院の清掃に関わらせて頂く中で、様々な状況を見て来ていますが、時々出会うのが、状態がよい方に激変する場面です。

3ヶ月おきフロアーメンテナンス時に隅々までチェックをすると、その状態がハッキリわかります。

フロアーの場合は、

ワックスが持っていないな~、とか

洗浄するといつもより汚れが出そうだな、とか

ん?いつもよりホコリが多い気がするな、とか

おー!パラフィンが床に伸びてる(T_T)、とか

その状態を見て、作業の仕様を決めて始めるのです( ̄▽ ̄)ゞ

今回はどのクリーナー?
洗浄パッドはどれを使う?
フロアーワックスはどれ?何回?

そんな感じです。

フロアーの状態を見れば、院内全体の日々のクレンリネス状況は想像ができます。

それを元に、リーダーさんや院長先生とミーティングをする事もあります。

フロアーの状況から、院内全体のクレンリネスに割く時間や方法、またはスタッフさんの現状が見えるからです。

いつも感じるのは、
クレンリネスを理解して取り組んでおられる医院と、〝お掃除〟をしておられる所では明確な違いがあるなあ、と言う事。

クレンリネスを実行すると言う事は、まず院内全体の現状把握をする事から始まります。

ですので、
医院をキレイに保つために大切な事が何なのか、その優先順位が理解されています。

と言う事は、もしお忙しい時期があったとしても、最低限これはしておく、と言う事が決められ、実行されるのです。

だから大きく崩れません。

〝お掃除〟ではそれができません。

飲食業界や、ホテル業界でクレンリネスが長年キーワードとして大切にされているのは、その一言に、やるべき事が込められていて、それは〝汚れを落とす〟事ではなく、〝汚れを予防する〟事だからです。

ですから、チェックをしてできていないところを見つけて対処するのではなく、院内すべての箇所、部分が網羅されているスケジュールを作り上げ、それに沿って粛々と、また軽~く作業をし続ける事が大切です。

汚れていないところも、スケジュール通りに作業する。

それができれば、
院内に汚れがたまる事がなくなるのです。

それが、
The Cleanliness
なんです(^o^)

ただ、それはすぐにできる事ではありません。
ひとつの箇所をしっかりクレンリネスにしていき、そんな箇所を増やして行く、それが最後に院内すべてに行き渡る。

一度出来上がった仕組みはカンタンにはくずれません。

なぜなら、スケジュール組みとクレンリネスマニュアルを整備し活用する事で、その状態が医院の〝あたりまえ〟になっているからです。

昨日フロアーメンテナンスをさせて頂いた医院は、前回のチェックでホコリの多さを指摘させて頂きました。

この3ヶ月、それをなくす為の作業を心掛けられたと思います。

また、ホコリと同時に、フロアーの粉塵除去は重要です。
ホコリの除去、粉塵除去はセットで考え行うと効果的です。

乾拭き徹底強化の時期

慣れてくる頃には院内の状態がハッキリ変わって来る

少しずつ軽くして行き、〝強化〟を〝通常〟にする

ルーティンになり、ラクラクキープ

この手順を追えれば確実に仕組み化して行けます。


昨日の医院様はホコリの除去とフロアーの粉塵除去を徹底された3ヶ月だったと思います。

フロアーを洗浄した時にクレンリネスの効果を実感しました。

汚れがほとんど出ません。

それは、土足の汚れをキチンと取り去れていると同時に、フロアーワックス表面が荒れていないと言う事です。

質のいいフロアー状態がキープされています。

ですから、洗浄&ワックスをすると、透明感があるフロアー状態になります。

しかも、ワックスは薄く仕上げられます。

ワックスが厚くなるマイナス面は大きいです。

ともあれ、そのメンテナンスのアフター状態を見て下さい(^o^)v












クレンリネス&メンテナンスの相乗効果です\(^o^)/

(宝塚市 たるみ歯科クリニック様)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツアー最後は名古屋市の久野歯科医院様。

なんと、80年の歴史の医院様!

副院長先生からお問い合わせを頂き、実現しました(^o^)


院内の内装に使われている資材が、院長先生のこだわりのもので、それがこちらの医院のとても落ち着く安心感のある雰囲気を作り出しています。

その独特の資材ですが、一般的に使用される物とは異なり、汚れを落とす為のしっかりしたノウハウと、キープする為の方針が必要です。

そこを大切に考えられて、わざわざ遠方の私共にご相談を下さいました。

講座をいつもの通り進める中で、皆さんの雰囲気をつかみ、シメるところはシメながら(笑)、この医院に必要な事を考え、それを確実に伝えるようにします。




10年以上勤められている方もおられます。
長年慣れた方法があるのは確実で、それは尊重した上で話していきます。

大切な事は、
1、その汚れは何なのかを考えてみる事。

そこからしか始まりません。

そして、
2、その汚れの性質は?
を考えると、対処法がわかって来ます。

『清掃』は、それだけができれば大丈夫。

あとはキープする事です。

そう言ったノウハウは必要ですが、それが全てではないですね。

最も大切な事は、
『医療の場として、患者さんに提供すべき環境とはどう言うものか』

1、考え
2、決め
3、実現し
4、医院の〝当たり前〟にする

そう言う事です。

テクニックは後からでも、いくらでも身に付けられますし、ツールで解決できる事もあります。
そこの所は、医院の方針に従って、最もやりやすいカタチを作られたらいいと思います。

方法論の決め方の土台は
継続できる事が最も大切
と言う事。

ぜひ、しっかりしたカタチを作り上げ、楽しく継続して頂きたいです。

⬇まずは〝現状把握〟から。


⬇足元からキレイにo(^o^)o


⬇どこをどうすれば、医院の〝こうありたい〟にマッチするでしょうか。


⬇落ちる汚れは見逃さずにしっかり仕留めましょう。


⬇盲点をなくす!
院長先生もしっかりご確認下さいました。


皆さんお疲れ様でした‼
大切な診療を切って取り組まれたこの時間を、必ず活かして行きましょう!


以前の年賀状。
『カッコいいですね!』
と言っていたら、1枚下さいましたm(__)m


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)