クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!

このブログで書いている事、目指す事


デンタルクレンリネスプロジェクト小林です。


歯科クリニックが365日きれいに維持される方法を書いています。


多くのクリニック様が、よりよい環境を作る参考になればうれしいです。


このブログを書く理由


清掃のノウハウを公開して行く理由、私の思いを書きました。


仕事への思い


私の仕事に対する考えや、今迄の経緯を公開しています。


テーマ:
今年の1月にオープンされ、3月に『院内クレンリネス講座』を実施下さった、
茨城県笠間市の
 
 
メディカルクレンリネスプロジェクトとして初のクリニック様です。
 
『院内クレンリネス講座』を3月に実施して下さり
 
その3か月後から『院内クレンリネスプロジェクト』を実施して下さっています^^。
※クリニックの皆さんとワタクシとのミーティング4回でクレンリネスシステムを作り上げるメニュー。
 
ご想像通り、歯科以外の医療施設は、〝非常に汚れやすい環境〟ではありません。
 
私が歯科に絞ってやって来たのは、
 
・業務の忙しさ
・汚れの原因になる物の多さ
 
こう言う環境では、
スタッフの皆さんでの環境維持が難しい
と、わかったからです。
 
それに比べて、内科クリニックの環境は、
オフィスや物販の店舗と変わらないレベルの汚れしか発生しないに近い。
 
だったら、オフィスや店舗と同じで、
特段、クレンリネス環境にする必要はあるの?
と思う人もいるかも知れません。
 
汚れのレベルが高かろうが低かろうが、
そこが
医療の現場
である以上、
環境の清潔を第一に考えて整備されるのは当然のこと。
 
家庭レベルの考え方、ノウハウ、時間配分では、医療の環境として十分ではありません。
 
汚れが大変な環境ではない事は、患者さんにもわかる。
だからこそ、それに安心せず、医療の場として理想の環境を作りたい。
と言う信念を元に院長先生と看護師さん、スタッフさんが行動されています。
 
そうする為には、
環境維持を体系的にし、
ノウハウを確立した方がよい。
 
そこに、クレンリネス環境構築手順を作り上げる必要がある。
 
あと一ヶ月でオープンから一年、クレンリネスに取り組まれて一年になります。
 
春、夏、秋、冬と、院内環境の違いがある。 
また、内科クリニックとして、患者さんの多さやその他条件が季節で変化する。
それが一周し、環境の変化がわかった今の段階で、形作りに入って行きたいと思います。
 
進め方としては、できあがったフォーマットやシステムにクリニックを合わせるのではなく、クリニックにフィットした形をゼロから作り上げて行くやり方をします。
 
これは、私のやり方ですが、
まずはクリニックの皆さんが
 
クリニックをどんな環境にしていたいか
を明確にし、
システムとして最終的にどんな形を望まれるかを絶対的に優先したいからです。
 
毎回、皆さんと、冗談を言いながらよくよく話し合い(冗談の方が多い?(笑))、スタッフさんごとの個性もちょっと考えながら、少しでもフィットした形にしたいからです。
 
それが、皆さんが一つ一つ納得しながら作って行けて、楽しみながら進める方法だと思います。
 
こう言う取り組み、メニューを一般的に
コンサルティング
と言うのだと思います。
 
しかし、ワタシはそう言わずに
 
プロジェクト
 
と名付けます。
デンタルクレンリネスプロジェクト
と同じです。
 
プロジェクト
には、
異なった部門の専門家が寄り集まり協力し合って新しい価値を作り上げる
 
と言う意味があります(^o^)
 
クリニックの皆さんと、
清掃の世界のワタクシとの
コラボレーション
とも言えます。
 
カッコ付けて言えば(笑)
 
頑張ろう~!!\(^o^)/
 
とはいえ、オープンから11ヶ月でこの状態はスバラシイ!
 
 
 
 
 
今日は抜けるような青空でしたo(^o^)o
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オープンしたばかりの9月に『院内クレンリネス講座』を実施して下さった、

神奈川県藤沢市の花沢歯科様。
 
医院が新しく、キレイな段階からクレンリネスを取り入れ、今の状態をキープして行きたい。
 
を読んで下さり、概要がわかった上で講座のお申し込みをして下さいました。
 
 
そして、3か月後、クレンリネスプロジェクトの始まりです。
 
『クレンリネスプロジェクト』とは、3ヶ月に一度、私と医院の皆さんとで2時間のミーティングをし、それを4回で院内のクレンリネスシステムを完成させる取り組みです。
 
第1回目は、
クレンリネス方針の明文化。
スローガン決定。
クレンリネスチェック。
クレンリネス&収納アドバイス。
そんな内容です。
 
クレンリネス構築を、立てたスケジュール通りにこなして行く形でも、これまでに様々な事を計画的に行って来られた医院様では、形は出来上がるかと思います。
 
ただ、これまでにクレンリネスに取り組まれたたくさんの医院の例を考えると、やはり基本概念や目標、イメージがある方が、芯の通った進め方ができると感じています。
 
皆さんで一緒にそこを考えて頂く事から始めます。
 
一人一人、イメージを話すと
「本当に安心して心落ち着く医院」
など、4名がそれぞれの目指すところを言葉にして下さいました。
 
スローガンも決めると、
〝そこを目指して行く〟
明確な理念になり、単なる業務とはレベルの違う目標になります。
 
また、クレンリネスの取り組みを外部に発信する時にも、スローガンをまず伝えれば、
「医療の現場のプロ」
としての信念が伝わる。
 
院長先生、スタッフの皆さん、
楽しそうに一緒に考えて下さいました(^o^)
 
 
 
 
 
 
 
あとは、私がクレンリネスチェックをし、
改善アドバイスをします。
同時に、
〝クレンリネス環境〟になるモノの置き方など、ご提案もしました。
 
1年間、一緒に取り組み、
皆さんが自慢の環境を作りましょう!
 
最終的には、余裕を持ってサラリと環境キープをする皆さんになれると思います。
 
もちろん、クレンリネスに使う時間は、通常より大幅に短く(^o^)v
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4か月前にご依頼のメールを頂き、それからはプレッシャーで仕方なかった、歯科医師会様でのクレンリネス講演。

 
 
 
 
本日無事完了しました(^o^)v
 
 
デンタルクレンリネスの考え方を中心に、
クレンリネスに取り組み中の医院さんでの経験や、
 
うまく行く理由うまくいかない理由
 
と実践ノウハウなどをお話ししました。
 
 
今回は
 
〝クレンリネスをモノにするには、
ノウハウ以前に必要な事がある
 
その辺をしっかりお伝えしたい!
と思っていました。
 
なぜ『講演』は苦手だったのか・・・。
 
ユニットもシンクもない場所で、〝実践なし〟で
〝何をお伝えすればクレンリネスを初めて頂きやすいのか〟
がわかり切っていなかったから(^o^;)
 
これまでに135医院で『院内クレンリネス講座』をしてきましたが、
いくつかの医院様は、全く進んでいない状況があります。
 
それが何故なのか、いつもいつも考えて来ましたし、
進んでいない医院で、ミーティングを繰り返しても来ました。
 
しかし、やはり変化がなかったりする・・・。
 
そこが、霧が晴れたように気持ちがクリアになりました。
 
クレンリネスに真剣に取り組んでおられる医院スタッフの集まり。
 
そこで、
 
私の思いと皆さんの考え方が同じ
 
と言う事がわかり、
 
自信を持って
 
ノウハウ以前の事
 
をお伝えする事ができたのです。
 
そして、今日の為に作り上げたスライドは、
 
スムーズに理解と共感を頂き、
最後には65名の参加者の皆さんの笑顔を見る事ができました(^^)
 
 
終了後には、たくさんの質問を頂き、
それにお答えするのがとても楽しかったです。
 
皆さんが悩んでおられる事は、
やはり共通ですが、
『環境をキレイにしたい!』
と言うお気持ちも、
歯科の現場の皆さんには共通している事を実感しました\(^o^)/
 
講演終了後、何名かのスタッフさん、院長先生が質問に来て下さいましたが、
最後に来られた、あるお2人のスタッフさんのおっしゃった事がとてもうれしかったのです。
 
『私達の医院は、院長とスタッフ2人の小さな医院なのですが、そんな所でもクレンリネスはできますか?』
 
・・・・・・・
 
そんな思いが、あり得ないくらいうれしくて、こう言いました
 
『もちろん‼できますよ!』
『DCP認定講師の衛生士さんのいる、鹿児島の祁答院歯科クリニックさんは、受付さん、それに衛生士さんお二人の医院さんで、とてもお忙しい医院ですよ!
でも、クレンリネスを他の医院にお伝えできるレベルまで実行されてます(^O^)/』
 
もし、
『うちはスタッフ50人で、大変忙しいのですが、できますか?』
と聞かれても、答えは同じです。
 
ノウハウ以前の事
 
それがしっかりあれば、必ず、
皆さんが自信を持てる
自慢の環境にできます!
 
それは
 
『医療は清潔が命』
と言う理念や、
 
『医療の場として自信を持てる環境にしたい!』
 
と言う気持ち。
 
それが、クレンリネスが根付いている医院さんに共通している事なんです。
 
 
その思いを含め、5年間、歯科のクレンリネスに取り組み、蓄積してきた経験を全部出し切りましたので伝わる事がたくさんあったと思います。
 
とても充実の2時間でした。
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
特に、歴史のある医院様では
これまでの流れの中で
新しい機材などのモノが増えたり
システムが変わった事による配置の変更
そんな事が繰り返され
いつのまにか、整理整頓もムズカシイ状況になっている事をよくみかけます。

クレンリネス≒拭き清掃
と言えるので、モノが非常に多い環境では作業がしづらい。
すると、必要最低限の事しかできなくなり、それで定着してしまい、

あとは盆と年末に\(^o^)/

なんて事になる。

これはクレンリネス的には
ヒジョーにマズイ( ̄▽ ̄;)

長い間、そんな状況を変えようとされていたが、アイデアやテクニックでは、増えた〝必要な物〟をどうすることもできない。

一昨日、フロアーメンテナンスの為に伺い、クレンリネスチェックをしていて驚く。

劇的にモノが少なく、スッキリとなっている!

最新の『モノ』は以前と比べて小型で高性能化しているモノがある。
パソコンなどの電子機器が代表例ですが、家具や収納ツールも装飾を省いて簡素化&小型化されているモノがある。

これまで長い間使っていたものを、思いきってそう言うものに変えた。
それだけでかなりスペースが広くなっていました。

あとはやはり〝断捨離〟
これは思い切りだけですので、
クレンリネス環境にする為と言う事で
やり切る!

まだ試行錯誤の途中で、
それらの事を紹介できないのですが、
フロアーのアフター写真から見える範囲で感じて下さい(笑)



ちなみに、フロアーは土足です(^-^)

天草の生田歯科医院様です(^-^)

チェックして気づいたクレンリネスの改善ワンポイントを朝礼でお話ししました。

これからも、クレンリネスと環境整備を進化させて行かれるとの事です!

いつか、その全貌を公開できるといいなと思っております( ̄▽ ̄)ゞ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の『院内クレンリネス講座』は、鹿児島市の陽(はる)歯科クリニック様!


今回は何と言ってもDCP認定講師の、末重さん(祁答院歯科クリニック)の講師デビュー!!(^.^)/~~~


これまでに、ご自分の医院でクレンリネスを作り上げて来られた中でのミソの部分をしっかり伝えて下さいました!


 

スライドの後の実習では、皆さんが活き活きと取り組んで下さり、お二人の先生も楽しんで下さいました^^。

 

私がクレンリネスをやっているのとは別に、末重さんはお二人のスタッフさんに〝整理収納〟をレクチャー!!


これまた、祁答院歯科クリニックさんで積み上げられた経験知を惜しみなく伝えて下さり、受講者のスタッフさん方もとても楽しそうでした。

クレンリネスを進める中で必ず行き当たる部分だと、末重さんが実感して来られた事だから、皆さんの為に伝えたかった事だったのだと思います^^。


私がクレンリネスの考え方と基本と実例を、末重さんが実際の現場での進め方を。
今回受講して下さった医院様はかなりお得な4時間だったと思います(^^)


そして、今回デビューは先日購入したプロジェクターとスクリーンも!超短焦点プロジェクターの、スクリーンとの近さ!!
皆さんにゆったりとスライドを見て頂けます。


 

それにしても、勤務医の先生が〝スペースショット〟(クリーナーの名前)でかなりウケておられたので理由をお聞きすると
「プロレスの技みたいな名前(笑)」
と言われ、それを聞いて私たちもウケてしまいました(笑)



先生方を始め、皆さんの雰囲気がとてもいい医院様でした。
クレンリネスも進むと思います!!



これからデンタルクレンリネスに取り組まれる、陽歯科クリニック様が着実に〝地域で一番キレイな場所〟になって行かれる事を期待します!


それに加えて、末重さんのように、デンタルクレンリネスを実行し、伝え、発展させて下さる歯科のスタッフさんが増える事も期待して、これからもコツコツと進めて行きます(^^)d

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)