クリニック キレイ大作戦

クリニックは、腕が命!
でも、それだけでは患者さんから本当の信頼は得られません!
〝清潔〟〝キレイ〟は〝上手〟の次に来る、人気クリニックの条件です。
クリニックをキレイにする職人の〝キレイ〟に関する情報です!

このブログで書いている事、目指す事


デンタルクレンリネスプロジェクト小林です。


歯科クリニックが365日きれいに維持される方法を書いています。


多くのクリニック様が、よりよい環境を作る参考になればうれしいです。


このブログを書く理由


清掃のノウハウを公開して行く理由、私の思いを書きました。


仕事への思い


私の仕事に対する考えや、今迄の経緯を公開しています。


テーマ:
土足、スリッパ履き替え。
クレンリネス面から考えたメリットとデメリットがあります。

土足の場合、
1、外部からの土砂や水分の持ち込みでの汚れ。
2、かかとの固い靴でフロアー(ワックス)が傷付く。
3、ユニットの周辺、特に前面の壁が汚れる。
4、フットレストが汚れる。

患者さんや医院側にとって、もちろん、メリットもたくさんあります。

クレンリネス面では気を付けるべき事がいくつかあります。

その中のひとつ、
外部からの汚れ原因の持ち込み。

『院内クレンリネス講座』では毎回お伝えしている事ですが、靴裏に付いている様々な汚れ原因になる物は、マット上を6歩の歩行でほとんどなくなります。

完全になくなっている訳ではありませんので、待合室のクレンリネスはスリッパ履き替えの場合より頻度を上げる必要はあります。

それをしっかり理解して対策を実行されている、長崎県平戸市生月島のナチュラルティース様の例を紹介します。

昨年4月に新築移転され、まだピッカピカの医院ですo(^o^)o



マットの件をしっかり実行されているNATURAL TEETH様の、前回メンテナンスから3ヶ月後の状態を見てください⬇






ワタシがビックリです(笑)

こちらでは、1日1~2回のフロアーの拭き清掃をされているとの事です。

スリッパと比べてワックスのすり減りが少ないとは言え、これはお見事ですねo(^o^)o

拭き清掃で持ち込み汚れを迎撃しておられますが、では、敵の侵入の防御はどうでしょう?



( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!


メンテナンス後は













フロアーだけでなく、院内全体のクレンリネスも仕組みにして確実に行われています。

院内外すべての箇所がもれなくキレイに保たれれるよう、スケジュール、担当、方法が一目でわかる表にし、誰でもすぐに確認できる場所に置いておられます。


NATURAL TEETHさんオリジナルの方法、ウエンズデークレンリネス。
患者さんに、『クレンリネスタイムを取り、院内をキレイに維持しています』とわかるよう、クレンリネスを医院イメージアップに積極的に活用されています。


この2つを見ても、医療施設として、環境のキレイさを大切にされている事がわかります。

クレンリネスの意義を明確にし、そのノウハウを得たら全員で工夫し、着実に実行。

医院の大きな目的に沿うよう、クレンリネスを活用されています‼

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本年の初仕事は鹿児島から‼

昨年8月の『クレンリネスミーティング2016』で発表のトリを務めて下さった
祁答院(けどういん)歯科クリニック様。


クレンリネスに取り組み始められてから完璧な状態をサラリとキープされ、キープのための様々な工夫もまた素晴らしい医院様です!

作業前のフロアーです。
前のメンテナンスから3ヶ月経っているとは思えない美しさ。


スリッパ履き替えの場合、スリッパでワックスの表面を擦りますのでツヤはなくなりやすいのですが、3ヶ月経ってこのツヤをキープされています。

毎日の的確な除塵の効果ですo(^o^)o

カーペットも、見た目全く汚れていませんし、埃なども見当たりません。


クレンリネスに取り組まれる前から、院内に様々な工夫をされ、
・効率性
・清潔
を追求されています。
・早くきれいにできる工夫
・汚れない工夫

きれいにして行く中で、それらも同時に作り上げて行かれていますので、状態が安定し、毎日のクレンリネスもラクなようです。

クレンリネス=キレイな状態をキープする事

ですが、
いかに負担を減らして行くかもとても重要です。

いつも、私が〝見たい〟と思うのがシンク。

美しさに、毎度見とれてしまいます!( ̄- ̄)ゞ









的を射たクレンリネスを行うと、13年使っているシンクもこんなにきれいなんですねと、以前先生と話した事があります。

もちろん、ここにも、キレイをキープしやすい工夫を繰り返し、改善を継続されています。

さて、メンテナンス後のフロアーは





ホームページには、『デンタルクレンリネス』のページがあります
うれしいです\(^o^)/
祁答院歯科クリニック デンタルクレンリネスのページ

(鹿児島県姶良市 祁答院歯科クリニック様)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
例年は初詣と墓参りで、あとは家で過ごすぐらいの正月なんですが、今年は家族でしっかり楽しむ事にしました。

まずは小僧の憧れの場所、福井恐竜博物館

















ここはかなり見応えありです!
さすがフクイザウルスのホームo(^o^)o
思った以上に広く、展示物の数も多い。

季節が違ったので、発掘体験ができず、それを楽しみにしていた小僧はちょっとテンションダウンしかけるところ、大量の買い物で気を取り直しました(笑)

いつもならこれで終了、ゴーホームのところですが、最近、ワタクシがあまり家にいない事もあり、家族といられる時はできる限り楽しむと決めていますので、今回はそのまま泊まりです‼

福井はあわら温泉があります。

11月から予約していた温泉旅館にゴーです!







小僧は初めての料理に「???」の連続(^-^)

浴衣にハンテンも初めて(*^^*)




温泉旅館の定番行動は全てクリア(笑)

ワタシがいられる時はできるだけ家族と楽しみます( ̄▽ ̄)b
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
謹んで初春のお慶びを申し上げます。

小林家は例年通り最上稲荷山妙教寺にお詣り、ご祈祷を頂き、新年の誓いを立てて来ました。

元旦にこちらにお詣りするのも24回目。
心を新たにさせて頂きました。

皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。












おみくじが凶!
これは、「調子に乗らず、足元を見ながら着実に、マジメにやれば、心願成就」と言う事だと超ポジティブ受け止めています(^o^)v

さて、昨年は仕事にプライベートに多くの方々にお世話になりました。

仕事面ではとにかく未経験のご依頼や新たなチャレンジが続き、常に〝追われている〟一年でしたが、

・『院内クレンリネス講座』通算100回達成

・『クレンリネスミーティング2016』の決行

・DHstyleの連載

など、地道ではありますが、結果を残せ、将来の大目標に向けてのスタート台に何とかたどり着いたかなと感じています。

新年からもコツコツと積み重ねて行きます。

プライベート面では、地元にいられるのが一年の1/3と、旅芸人生活が継続していますが(笑)、なんとか仕事と家族のバランスも取れた一年にできたように思います。

関わらせて頂いた方々、お世話になった方々、本当にありがとうございました。
新しい一年もご指導の程よろしくお願い致します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

クレンにネスに取り組んで行く上で、まずハッキリしておいた方がいい事があります。

 

それは、『クレンリネスを採り入れる事を医院運営にどうプラスにするのか』と言う事です。

 

そこを院内の皆さんで話し合い、明確にする事が最も大切だと思います。

 

クレンリネスは〝お掃除〟とは違います。

〝お掃除〟では理想の状態を作っていく事はできません。
そのため、『クレンリネス』に取り組んで行くのです。


「取り組む=医院の仕組みにする」

と言う事であり、そのメリットは少なくありません。

常に一定の状態をキープできるようになる事しかり、時短になることしかり、清潔キープの負担軽減しかり、です。

気を付けて頂きたい事は、私共が提案している『デンタルクレンリネス』は〝お掃除方法をお伝えしている〟のではないと言う事を理解して頂きたいと言う事です。

 

クレンリネスは、予防清掃です。
汚れに先手を打ち、取れにくくなる前にごく簡単な一手間できれいな状態をキープすると言う事が目的です。

その事を全員が明確に理解して行動に移す事がクレンリネスをモノにする最大の条件です。

 

それができていないと、スケジュール化をしても、例えばこんな事になります。
「パソコンに溜まったホコリを月1回、時間をかけて除去する。」

それは〝おそうじ〟です(笑)

汚れるとわかっている部分は、汚れていない時に繰り返し作業をする事で〝汚れないようにする〟

もっとわかりやすく表現すると
ごく微量の汚れのうちに除去し続ける事で、汚れが溜まらない。
それがクレンリネス。

それを実行する事ですべての作業に時短が可能になり、すべての場所で〝いつもきれい〟が実現できるのです。

それが『クレンリネス』です。

 

クレンリネスをしっかり理解して実行されている医院では、年末の大掃除が時短できたり、なくなったりしています。

汚れを溜める事がないから当然ですよね。

次の記事では、『クレンリネス』をしっかり理解し、医院の考え方に落とし込み、「意味のある感染対策は、クレンリネスが整った環境でなければ実現しません。」とおっしゃる、ある衛生士さんの考え方と、医院にどのように最適化されたかをご紹介します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)