ちゃぬの裏韓国日記

統一教会と世界支配層との関係の検証・・・
(統一教会=世界平和統一家庭連合)


テーマ:
■日韓の統一教会が共同で日韓の大学生40人を中国大連市旅順にある安重根記念館を見学させる

ちなみのこの旅順にある安重根記念館は1993年に統一教会の文教祖が指示して開設させたもので、これを運営している統一教会の組織「旅順殉国先烈記念財団」の理事に朴普煕氏がいます。
(この旅順の安重根記念館は2014年1月中国ハルビン駅にオープンした安重根記念館より20年も前に作られた)

<旅順殉国先烈記念財団HP>
http://yeosoonfoundation.or.kr/introduce/introduce.asp



(参照:反日活動家 文鮮明教祖の日本乗っ取り計画(2)

日本人の統一信者二世もこのように統一教会の反日洗脳工作がほどこされるというわけです。

******************************
http://www.segye.com/content/html/2014/06/30/20140630005237.html?OutUrl=daum
韓国世界日報2014-06-30 21:29:34


韓日大学生、中国の抗日遺跡で「北東アジアの平和」を叫ぶ
安重根義士収監旅順監獄訪問
「過去史の反省が平和の最初のスイッチ」と認識


韓国と日本の大学生40人が、北東アジアの平和を祈願する歴史巡礼に出た。

韓国の天宙平和連合(UPF)と日本の平和統一連合が共同で準備した「日韓青年学生指導者、平和統一祈願、白頭山大長征」だ。この大学生たちは、去る6月28日から来る7月3日までの5泊6日の日程で、安重根義士の平和思想が込められた、中国の旅順監獄一帯と韓民族の聖山である白頭山天池を踏査し、抗日独立烈士たちの足跡がある北満州一帯を見て回る予定だ。日帝侵略史についての反省とともに未来の北東アジアの平和のための新たな決意を固めるためだ。

両国の大学生は、去る29日、安義士が144日間収監生活をした大連市旅順の「旅順日露刑務所旧跡」で、彼が残した獄中遺墨(遺稿)などを通じて「東洋平和論」を胸に感じた。安義士の遺墨(遺稿)は「東洋を保護するための政略(侵略戦争)を変えなければならない」と戒めている。日本の軍国主義の戦犯たちとアジア侵略史を反省するどころか、極右の歩みを強化する安倍晋三首相の厚顔無恥を見通すフレーズだ。参加者は、(※日本が)誤った過去に対する徹底した反省だけが韓日両国が平和と繁栄の未来にいくことができるということで認識を同じくする機会であった。

30日には、白頭山天池に登って韓半島の統一と東北アジアの平和を祈願した。1日には、金佐鎮将軍記念事業会が主催するソン·イルグクと同行する青山里歴史大長征チームと合流し、白夜金佐鎮将軍の青山里戦闘シーンと抗日遺跡を見て回る予定だ。また、鴨緑江を起点に、北朝鮮を最も間近で眺めることができるイルボグァ(一步跨)まで自転車で縦走する「2014ピースバイク」の日程にも参加する。このイベントには、金佐鎮将軍のひ孫である俳優ソン·イルグクが参加する。天宙平和連合は、国連経済社会理事会の特別諮問機関として、文鮮明·韓鶴子総裁によって2005年に創設された非政府組織(NGO)として、国家や民族、宗教、イデオロギーを越えて全地球的な人的ネットワークを介して平和運動を展開行っている。



統一教会による「2014ピースバイク」には、いつものように日本と韓国の「祖国統一」の旗を使用。恐ろしくも韓国の「南北統一」が祖国統一ではなく、「日本が韓国化(日韓統一)」されることを祖国統一だとする。


反日活動家で独立運動家だった金佐鎮のひ孫の俳優・ソンイルグクと統一教会の日韓二世たち。
ソンイルグクは自分の三人の息子にそれぞれ「大韓、民国、万歳」と名付けた。




******************************


日韓の大学生40人を統一教会が作った中国遼寧省旅順にある安重根記念館を見学し帰国した翌日、統一教会の在日組織である「平和統一連合10周年」記念行事が東京で行われた。


******************************
http://www.segye.com/content/html/2014/07/04/20140704003773.html?OutUrl=daum
韓国世界日報2014-07-04 20:01:28

平和統一連合創立10周年..."朝鮮半島の統一、北東アジアの平和祈願"
東京記念行事3500人参加


小雨が降るなか4日午後、東京日比谷公園野外音楽堂。ここでは、世界平和統一家庭連合(家庭連合)の海外統一組織である「平和統一連合」の創立10周年記念大会が開かれた。イベントには、在日同胞など約3500人の市民が参加して韓半島の統一と東北アジアの平和と安定を祈願した。

大塚克己平和統一連合中央本部会長は挨拶で、「2年前に聖和した文鮮明総裁は、自分の生涯を通して分かれたものを統一し、戦いがあるところには平和を持ってきて、対立関係を愛で克服しようという運動を展開してきた」とし「韓国と日本も時代の変化によって左右されず、真の愛で結ばれしっかりした関係を構築しなければならない」と強調した。

徳野英治家庭連合日本会長も祝辞で、「2002年韓日ワールドカップを互いに応援して成功につながったように、来たる2018年、平昌冬季オリンピックと2020年の東京夏季オリンピックの時にもお互いに応援して成功に導き、これを通して韓日関係を改善しなければならない」と強調した。

比較文化研究であり、評論家である金ヤンギ氏はこの日の基調講演で、「朝鮮と徳川家康幕府間の朝鮮通信使が往来していた200年以上にわたり平和な時代だった」とし、「歴史意識を持って、朝鮮通信使の世界記録遺産登録を韓国と日本が一緒に推進していこう」と主張した。

イベントには柳本卓治自民党現役参議院議員と青山丘(たかし)前文部科学副大臣、韓オクス平和統一連合副会長などたくさんの来賓が参席し、記念大会を祝賀した。



統一教会の在日組織「平和統一連合創立」でも祖国統一は「日韓統一」のマークを使用している。教祖から反日思想であるにも関わらず「韓日関係を改善」とはチャンチャラ可笑しい。
******************************

統一教会が行っている日韓交流は主に「反日洗脳」「自虐史洗脳」のために行われていると見ないと、先を見誤ります。
統一教会の名を語らないダミー団体を多数活動させていますので、本当に気をつけなければいけません。

統一教会の創始者である文鮮明教祖は日本の国会内に「統一教会を作れ」と指示した男です。
勝共連合は日本の国会議員に秘書を送り、国会議員の弱みを握り、そして国会議員をコントロール下に置くことを目的に日本に設立された、日本にとってはエセ保守愛国団体、売国団体なのです。

統一教会の在日組織「平和統一連合創立」の現在の中央会長は小山田秀生氏の後任として、大塚克己氏が就任しましたが、大塚克己氏は以前、愛国保守と自称する「勝共連合」の会長と日本統一教会会を勤めた人物です。
つまり統一教会は愛国(日本のため)ではなく、韓国や在日のための組織だと言うことがわかると思います。

エセ右翼の統一教会・勝共連合に気をつけましょう!!!




にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

ちゃぬさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。