ちゃけさん(たいちょ〜)の心のつぶやき

『縁は、連結する』バス折返場訪問連載「折返場点描」、鉄道、音楽、演劇etc…興味の赴くままに、日々呟き語るブログ。

毎度、当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当ブログの写真の二次使用をしたい場合は、事前にお知らせください。

無断での使用はご遠慮願います


ペタは、廃止させていただきました。


テーマ:

…えっと。

一人で見に行ってきました。


{DE031C8D-8F40-468D-9CD7-EDD7B41F492C}
埼玉西武ライオンズー北海道日本ハム戦。
開催場所は、なんと東京ドーム。

{1E7EDBD2-3A6B-4C54-AEB9-A16DAFB6D6F3}
ライオンズクラシック2018の初日で、球団史上初の東京ドームでの主催試合。
そんな記念すべき日だったものだから、数日前から行きたくなってウズウズ。
仕事の段取り変更も追い風に働き、参戦を決定した由。


{4D8A2CD5-F320-4C80-9E1E-30909492D694}
2008年に日本一に輝いた当時のユニフォームが来場客全員に配布。
4サイズが用意され、申告で自分に合うサイズも無事獲得^_^

{82ACC7CA-A6F9-47CE-95CB-384A159D5783}

観戦は、外野席最後部でひっそりと。

身体の疲弊で立つのはキツいので、頑張って指定席を取りましたが。

(但し見切れ席)


記憶が正しければ、西武戦の観戦は12年ぶりくらい。

しかも東京ドームでの西武戦というくくりになると、29年ぶりとか。

その時は3塁側で応援していたら他の客に『うるさい』と言われ、意気消沈した帰りの中央線では

誰かの傘が挟まり電車が遅れた、という始末でいい記憶はなかったのですが…


今日も結局、ファイターズに終始ペースを掴まれ。

ファイターズ先発の上沢が源田に頭部死球、危険球で一発退場になり少しは巻き返しできるかと

期待したのですが、ジワジワ点を取られる展開に業を煮やし、結局7回裏に撤収を決断。


これが昔なら負けても最後まで、というところなのでしょうが…

なんか歳取ったからなのか、それとも…という複雑な観戦となりました。


それでも、まだまだ今シーズンは長い。

長いスパンで見て、これからの頑張り、ペナント奪還を期待しています。


今度はメットライフドームに久しぶりに行きたいかな。

もちろん、ちゃんと早めに計画を決めたうえでね。

他のプライベートや取材同様、グダグダはいけませんな。



この動画は、6番ライトでスタメン入りしていた外崎選手の登場場面。

TUBEファンには必見、来月からのホールツアーへの景気付けにどうぞ(笑)

てか、埼玉西武ファンの盛り上がりに負けないように!!


あと、頭部に死球を受けた源田選手。


なんとその後もフル出場してました((((;゚Д゚)))))))


こりゃあとてつもない鉄人のようで…

しかし、死球の瞬間は凍りついたし、異様な雰囲気でしたよ。


さて、明日から通常運転に戻りまーす。


テーマ:
4月14日。
前夜に買った鉄道ダイヤ情報誌を読みながら、墨田に移動中。
いつもの通り甲種輸送計画のページをめくっていたら、あることに気がつく。

この土日、八王子に甲種輸送が続々と来るじゃん。

てことで。

{B8F5369D-F0AE-467D-A830-AD40471F47B9}
4月14日夕方。
墨田を早く辞し、地元を飛び越えて八王子へ。

{1B5280C7-3047-44E8-AF82-77DE3EB81EAB}
まずは、新秋津発武蔵境行き、西武鉄道の新101系249F。

{D3DDD7F0-6575-4CF3-A784-B1D4D2C4E6E1}
先日多摩湖線に乗った時には乗れなかったリバイバルカラー。
今回多摩川線に移動し、先に移籍していた赤電カラーと共に走ることに。

{CB46E77C-114D-4D08-A9A9-9C7543698854}
今回の甲種輸送検査票類。

{F9BF5F3E-D92F-4E07-8299-B73238BC04C5}
高尾方先頭には入換用のHD300-11が連結されたまま。
この後、21時頃には再び中央線・横浜線間の着発線に移動し未明に発車したとの由。
{1222F1C1-8957-478E-9474-47728A357169}
艶やかな黄色を輝かせて、新たなステージへの旅立ちを待つ。
{ED126BCB-A8FE-432F-A8AC-FFAB9C5B0723}
またこの場所に来る時は、全ての役割を終える時だろうか。

そして昨日、4月15日。
{5C2704EC-37FB-43A2-A9C5-53B2AEDD3944}
武蔵境発の新101系の甲種輸送には先用が長引いて撮影できなかったが、早朝に到着していた
東京メトロ東西線の07系07-103Fの甲種輸送が入れ替わりで同じ留置線に。

{FA9FD0A9-4945-453B-83BF-B7088E08FD05}
昨年夏に中野から甲種輸送で搬出され、綾瀬経由で新木場CRに入場してから半年余り。
去就が注目されていたが、B修工事の施工だったとのことで無事に出場となった。
{497BB875-7E4D-4251-8085-DDC30833E26C}
東急電鉄向けの甲種輸送はここから2列車に分割されることもあって、長くても6両程度の留置に
なるため、10両編成まるまるの留置はなかなかの存在感、迫力。

{7AE1B4A7-87FE-4E61-A07C-488A7BF4E28D}
外観はそれほどの変化はなし。
但し、LEDはフルカラー化しているらしい。

{38773741-E266-4FE0-BF43-B2F435A95059}
07系の甲種輸送検査票類。

{8494B165-F31B-4964-82EF-1C9BA9F59A0C}
こちらにもHD300-11が連結されたまま。
このスタイルでE353系スーパーあずさとの並びも。

{CB8126F5-5A6A-48B1-817B-BCE2E707782C}
{2FE01D0D-0395-4F3E-9667-720B056B9723}
この形のまま、夜まで西武新101系同様留置され、終電後に中野に向かった様子。
特に昨日は未明から明け方にかけて大雨だったが、3列車とも遅滞なく輸送を完遂したそうだ。
また今年度もこの界隈は、なにかとアツいネタに溢れそうである。


テーマ:
今日13:11頃。
中央線西国分寺駅で、人身事故が発生。
中央線快速電車は、国分寺〜立川間でおよそ80分ほど運転見合わせとなりました。

この時自分は青梅線で青梅特快に乗車し、地元に向かっていましたが。
拝島あたりで第一報が入り、敢え無く電車は立川駅止まりに。
ちょうど電話着信のタイミングもあり、また3番線にE353系スーパーあずさもいたこと、更に
地元でどうしても昼ご飯を食べたい頭になっていたので、そのまま立川駅に留まりました。

と。
4番ホームには快速東京行きが抑止…のはずなのだが、どうにも様子がオカシイ。
近くに行ってみると、

{7D2FEAB4-6A6A-4300-94E9-84845B9ED835}
国立行きが爆誕している?!

{A67EC6A3-E5A7-47F2-B416-717E7B4318F0}
{90476EC2-966F-4BFC-BDA6-ECA71A149A43}
外も、

{26AF6AC1-DFAC-4885-8AD2-62FAB31D032A}
{A657D190-BEE0-402E-9C2B-FDF818342338}
{338F769B-1D9D-47FE-8821-56543204EFBC}
{E006967E-E235-425F-8510-D36D469AB0AA}
中も。
全て、国立行きになっておりました。

そして、
{39E908A1-A362-4238-A2C8-76292E4802E1}
{829FFF01-B3D5-4E84-961B-0C511A9E35D7}
{D3BB1E4E-8F0B-4BA8-9C72-0271874EB16E}
{01C52A03-82EA-4625-8EDD-DE9CB4916EC0}
本当にこのまま走りました。

自動放送も、全部きっちり対応していました。
クリステル・チアリさんの英語放送までしっかりと。

{B6A76369-F925-44BF-A1A3-3EC61A4402F5}
そして、中線(2番線)に到着。

{1B3B2EA0-81CB-4EE6-8485-59361D4E1A25}
電車は高尾行きとして折返し。

{E751101F-9B3E-4CFC-9D1D-05877715D028}
{06F64938-5F95-43EA-ACE8-03CA375A6A9D}
{F07D61D5-D715-4A69-A5EB-80F77298C509}
1番ホームで待つ客を誘導し、速やかに折返していきましたとさ。

ちなみにこの運転整理、ちょいちょい行われているようで。
うちもかなり久々に見ました。
人身事故による運転整理なので気持ち穏やかではないですが、イレギュラーな記録てことで。

その後。
{BB8C9B46-A994-4B1E-93FC-D2A5BAE11797}
後続は中央特快が豊田行き&各駅停車になっていた模様。

テーマ:
{2A224095-CD26-4E2D-8BAF-337AC861EEE9}
第177回:足立区役所(あだちくやくしょ)
所在地:東京都足立区
乗り入れ会社(担当営業所)
東京交通局(千住自動車営業所)
武バスセントラル(足立営業事務所・葛飾営業所)
立自動車交通(本社乗合バス営業所)
発着系統
1号・綾瀬01]西新井駅東口〜東綾瀬区民事務所(青井駅・綾瀬駅東口経由)※
※平日夜2本は青井駅止まり
4号・西05]鹿浜都市農業公園〜足立区役所(鹿浜十字路・西新井駅東口・梅島駅経由)
12号・綾瀬12]西新井駅東口〜亀有駅南口(五反野駅・綾瀬駅・東和病院前経由)
[足35]亀有駅北口〜足立区役所(綾瀬警察署前経由)平日1本のみ
[草43]浅草雷門※〜足立区役所(浅草公園六区・三ノ輪橋・千住車庫経由)
土曜・休日は朝のみの運行、浅草寿町にて折返し運転
[足47]竹の塚駅・足立清掃工場→北千住駅(保木間・千住車庫経由)※
平日7〜17時以外土曜・休日、竹の塚駅方面の終日『足立区役所前』バス停から発着
[王49折返]王子駅〜足立区役所(北区神谷町・鹿浜橋・西新井大師経由)
[王49折返-2]王子駅〜足立区役所(ハートアイランド・鹿浜橋・西新井大師経由)※
平日10〜16時、一日7本のみの運行
[王49出入]千住車庫〜足立区役所(都立足立高校経由)
[竹52]竹の塚駅東口〜足立区役所(中島根経由)土曜・休日1本のみ
=足立区コミュニティバスはるかぜ

今回は、東京特別区の区役所の折返場。
以前私用でも行ったことがあった、足立区役所をピックアップしました。
ただ、さんざんデータ書き起こしたり、F過去のタイムライン読んで思い出しました。

うちの地元の市役所やってねーじゃん。笑ꉂꉂ (ˊᗜˋ*)

まぁうちとは、相当に規模が違うんですがね。
しかしそこは行ってみたら、想像していたよりもかなり実情は異なるようで…?

{FAB9A39B-25C2-465A-AD7A-EF4D264BCC2E}
足立区は、東京23区の最北端に位置しています。
東は中川をはさんで葛飾区、西は隅田川をはさんで北区、荒川区、北は埼玉県川口市、草加市、
八潮市、南は葛飾区、墨田区、荒川区に接しています。

{92D375DB-33D4-4A08-95B3-624C72CFE409}
東西は11.10km、南北は8.79km。
区内の総面積は53.25㎢で東京23区の約9%にあたり、大田区、世田谷区に次ぎ第3位の広さ。
この広さは旧東京市(15区時代)の市域とほぼ同じで、面積は隣接の区や、市との境界変更に
よる変動、改変を経て、現在に至っています。
北緯35度44分から35度49分、東経139度44分から139度51分に位置しています。
(以上足立区のデータ、位置画像は足立区のホームページより引用致しました

そんな足立区の拠点である足立区役所は、多数の路線バスが発着するターミナルですが…
その発着系統数の多さの割に、掘り下げてみるとなかなか複雑な事情が垣間見えます。

{683D3485-D06F-4CC0-AA97-520C40480D9D}
さて、ロータリーを(区役所側から見て)時計回りに廻っていきましょう。
ロータリーの真ん中にポッカリ空いた穴(笑)は地下駐車場の出入口。
その周りを取り囲むようにバス停があります。
まず1・2番は東京都交通局と東武バスセントラルが共用。

{4D99040C-E406-4BA5-9640-6FB580147720}
バス停によって、バス停の形は異なります。
1・2番は屋根に作り付けられたオリジナルで、表記類のみ都営仕様。
別に1番だけでいいと思うのですが、会社ごとに分けているのか1・2番という表記。

{629BF453-6C01-457D-920E-B2986664BC41}
こちらは王子行きがメイン。
東武バスの路線図も都営仕様で書かれているのが出色です。

{6805A2E2-2CE3-434F-95D4-6FCAB2FC4C7F}
王子行きは平日・土休日問わず、終日にわたり発着。
平日の日中の一部(7本)がハートアイランドを経由しますが本数は少なく、両系統を合わせて
1時間あたり2〜3本のみ運行の系統です。

{E08ABB8A-40D6-4CCB-B1FB-BB270264BE83}
その下に、東武バスセントラルの亀有駅北口行きの時刻表がありますが…

平日15:05のみの運行!

しかも土曜・休日と8月13〜16日、12月30〜1月3日の指定期間運休となります。

{FF235FB9-AB36-423E-B6F1-38526C3D17D4}
そして3番は、東武バスセントラル。

{12A75DDA-FB78-421C-86CD-3DCFD96171A5}
こちらは、足立区コミュニティバスはるかぜの4号線が主に発着。

{2C582D36-FB39-46E2-890D-2CFB7ACF9770}
但し、運行間隔はバラバラ。
平日と土休日で全く運行ダイヤ、本数も違います。
メインは西新井駅東口から先が主のようです。

そして、竹の塚駅東口行きは土曜・休日9:48のみの運行!

こちらも免許維持路線という有様。

{5733A1F9-C26B-42F0-8556-8429AF8E54D0}
この4号線は、7m車が路線カラーのまま走っています。
今となっては貴重になりつつあるレインボー。

{B33CFA98-8664-48A3-9447-851E95F21888}
そして、4番は日立自動車交通が担当する足立区コミュニティバスはるかぜが発着。

{11AEE760-F465-4C4E-AE6F-1FFC459A546D}
東綾瀬区民事務所行きはそのままだと分かりづらいからか、綾瀬駅東口をメイン行先に表示。

{7B16864C-C052-4A74-9526-D2F7A77CD4BD}
こちらは路線によって差はありますが、4号線よりは高利便を確保。

{E66AEC0B-5559-466F-B6CC-B9FF671F6412}
そして5番、またまた東京都交通局。
こちらは北千住行きですが…

{3F20FA16-3F66-4E8F-BAF2-AF6D16BC6D99}
平日しかありませんΣ(゚∀゚)
しかも北千住駅行きのみΣ(゚∀゚;;)

竹の塚駅方面はこのロータリーに入らず、国道4号線上の『足立区役所停留所にのみ停車。
土休日の北千住駅行きもそちら(交番前)からの利用となるので要注意です。
但し、千住車庫への出入庫便は曜日問わずここから発車するので、厳密には休止ではない事に
また特段の注意が必要なことも付記しておきます。

{7C3DA49E-3AE2-4A5D-8FDE-CE5D94FCBE10}
路線自体は、国道4号線のアクセスをカバーする貴重な路線で、利用客も多いです。

{C78A810A-7414-42B2-9713-471FB04678F9}
そして6番、東京都交通局浅草行き。

{5BA693DA-688C-4653-A69A-8DE834E6760B}
千住大橋から三ノ輪に抜け、浅草に至る直通路線です。

{67E27DB6-C6BD-4D8D-820F-FED02F5C5A6D}
ただ、本数は平日だと約30分おきと減りつつあり。
土休日に至っては浅草寿町折返しになる上に、土曜3本、休日2本のみの運行になります。
浅草界隈の混雑回避もあるのかもしれないですが、なかなか厳しい状況のようです。

ひとくちに区役所と言っても、なかなか色合いが違って面白い。
この足立区役所には展望レストランがあることで有名ですが、バスもなかなか味なもの。
役所を巡るのにバスを使うのも面白そうですよ??

…今度は地元も行っておこうっと。

運賃
東京交通局・コミュニティバスはるかぜ各路線
全線210円(IC206円)均一
武バスセントラル各路線
全線220円(IC216円)均一

テーマ:
{40754076-0FE5-4091-991B-4A7383CBAFF7}
金沢文庫でも少し停車時間が。
すっかり夕方だけど、平日だから賑やかになるのは寧ろこれから。

{A79BB6A1-F864-4A78-A98C-54F14E5999EC}
{D2FF88CE-AA92-4A7D-A24C-310F7AED99CF}
撮り鉄もたくさんいたが、通りがかりの女性もカメラを向けて別れを惜しむ。

{DEBD5C98-2B8B-48F4-9CB4-FE07E2CBF684}
せっかくだから、もう少し旅を続けよう。

{85383220-2DBC-439A-8D31-58A61526C2F2}
金沢八景にて

{979DCDC6-FAC4-46C4-9CF0-B18AFD49FA54}
2000形引退後は、やはり廃車が進む800形の動向が気掛かり。
こちらも一気に数が減る前に押さえておきたい。

{C57C4298-58DA-4988-893B-D061484CA7D4}
新逗子にて

結局、ここまで足を伸ばしたのが今回の限界。

{130C87EF-E1D5-4F5B-8AE1-66069AD11207}
快特がメインだった時代は無縁だったはずのこの駅にも、すっかり馴染んでいた。

{8F04B84A-7F6F-4391-8DFB-7B55AFEA4510}
{FC998BF6-6063-453F-A167-513888B509F6}
{27BBBC19-43BA-4264-A544-BA30077AD284}
穏やかな空気のまま、見送れたのは自分にとっては幸いだったかな。
それまでのことや、普段の仕事でもだいぶ疲弊していたしね。

{175CCA21-59DF-4592-A7BE-8D8D7DA44922}
2000形は走り去るけど、未来へのレールはまだまだ続く。

{ED61D450-0F7C-4C34-8903-7B07CFD396BE}
最後の旅路に及んで、こんな広告が貼ってあったことに今更気がついた。

{F8F0B3A4-F93C-4E04-A14A-A622B34D94E4}
金沢八景にて

{57A5494C-587B-4DB5-A2DE-57234B75CC0B}
金沢文庫にて

{735C2665-0C05-4C5E-9AC3-EDEC53DCEB75}
上大岡にて

{64CFFB82-D397-4191-BCE4-3ED5DEE73FC7}
横浜にて

停まる一駅一駅に、思い留めて。

{F3935DF2-D45C-4E84-8400-C183FE8040EC}
そして、京急川崎。
ここで、自分はお別れすることにした。

{C9D7A5B0-78F0-4D9A-9273-A78560B05EDD}
感傷に浸る暇は思ったよりなく、あっという間に飛び去っていく。
これが、京急2000形との最後になりました。

そして関東のスピードスターは36年間の活躍を全うし、2日後の3月28日に運行を終了。
最後は品川発京急久里浜行きの快特運行に入り、華やかに走り抜けたそうです。
実に京急らしい、粋なお別れになりました。

…なお4月に入っても、京急久里浜工場にはその姿はまだ残っているようです。
せめて1両は、近代京急の知名度向上に貢献した車両として残して欲しいなと思います。

お疲れさま、京急2000形!

テーマ:
{2F0E9597-3ACA-4A6C-AAC4-69633F434643}
羽田空港国際線ターミナル駅、ふたたび。
期せずして、北総鉄道9100系C-Flyerとの並びが。
こんな光景も見納めになってしまった。

{7F288B71-A754-40C0-B5E2-295993CDCC29}
運転台。
デビューから36年、ずいぶん使い込まれた跡があちらこちらに。

{3A96EFF5-F3BF-492F-982B-0C2A51A084BB}
{CB4A892B-4369-4B6A-949B-568103B4F34B}
京急蒲田にて

{FE2DCFB0-7458-410B-84FE-A76EF030FFE0}
すっかり日も傾いてきた。
西日と共に、西に向かって走る。

{6F968CB0-C6F2-4624-8744-711664DEA1C4}
京急川崎にて

{60B906B9-2622-4F19-A5EC-292DA99821C2}
8両固定編成というハイスペックが、逆に優等列車への運用に生き残された。

{ECC1E306-AC98-43DB-87D6-878449B62E3C}
{48886842-FD41-4676-BFD2-2ABEE583A959}
だいぶ日も伸び、撮影できる時間も長くなってきた。
かと言って、危ない姿勢で撮っては欲しくないがね。

{B19F58DE-6C6D-4708-AE3E-9956C86E4C1E}
神奈川新町にて
またここで快特の待ち合わせ。

{5985E0F4-6CE0-46AB-9239-E9EC8C36EB60}
そう言えばこの前面デザインは、800形が計画された時の一案だったらしい。
その時は切妻と前照灯の1灯へのこだわりが強く見送られたそうだが、快特用として
採用され
ここまで長く親しまれることになるとは、当初は考えられていなかったのではなかろうか。
{60107C32-8F57-4813-AFEB-32D9157CDEFC}
いつまでも美しい京急の塗装。
引退までこの美しさを保ったのもまた、京急クオリティ。

{C0E6D66C-A078-41EF-B8C2-7A180BD52D72}
{F7CDE4C5-1C24-4BAD-99B0-D99B60B98296}
夕暮れに車体を溶け込ませて、さらに先へ。

{D0E41DA2-4771-4C9E-9E5D-3320A4EFDE4A}
金沢文庫にて

またまたここまでやって来た。
そして、そろそろ別れが近づいている。

テーマ:
{B8917C83-98AC-43C6-9DC0-70C529493860}
第176回:駒込病院(こまごめびょういん)
所在地:東京都文京区
乗り入れ会社(担当営業所):東京都交通局(北自動車営業所・千住自動車営業所)
発着系統
[東43]江北駅〜駒込病院(荒川土手操車所・小台・田端駅経由)本数少
[東43]荒川土手操車所※〜東京駅丸の内北口(荒川土手操車所・小台・田端駅・東大正門前経由)
[東43]荒川土手操車所※〜駒込病院(小台・田端駅経由)
[東43]豊島五丁目団地〜駒込病院(小台・田端駅経由)平日朝のみ
[端44]北千住駅〜駒込病院(千住桜木・熊野前・田端駅経由)
※駒込病院発着便は到着は構内、発車は正門前より(後述)
※荒川土手操車所発着便の行きは荒川土手止まり(第45回参照

さて、先月末は鉄道ネタ消化とデータ整理のためお休みした折返場点描。
その合間にリサーチや新規取材にも出かけたりしています。
データがなかなか揃わず、ちょいちょい公開順を変えたりもしていますが…

実はここは、荒川土手操車所の取材時にすでに存在には気づいていました。
ただ、通過しただけなので運用実情についてはいざ降りようとして初めて知ることとなります。
それも、終着バスに乗ってこそ気づくことが。

{B7E37A66-26AA-4A53-896B-379BD1A619FA}
え、構内って何??

みんくるガイドを漠然と眺めていただけではわからないネタ。
折返場前の『駒込病院前』バス停が終点じゃないの??

{EAFC2A32-ADDE-496D-8A67-4B1130A1AF33}
これが駒込病院前バス停。

{195D1D2E-A2FA-4F54-B081-999A67498E95}
まず、駒込病院前バス停にバスが着きます。
降車のブザーが鳴れば、ここでもちゃんと降車扱いをします。
そして、

{865674BA-DE2B-4D17-8E8A-5FECA6B8D989}
すぐに右折!

{6B5BBED6-E914-4D94-BE70-1456AEEF147F}
そう、終点のバスはちゃんと折返場内に入って、改めて乗客を降ろします。
ここまで50mもない距離。
通称『駒込病院構内』、2段階の降車扱いとなるのが特徴。

{993BFF05-9CFA-4454-AB48-C6D481B4F7FE}
バス停から一気に右折するため、右側を追い越そうとする乗用車等の流れには要警戒。

{1CB0F63A-5891-4CEC-8A85-31B41CB18A65}
{D705A075-7466-4F47-8734-B48AB6652141}
折返場内はスペースを有効活用して留置区画を最大9台分確保。
食入も行われています。

{C753DAE6-C04E-455C-A3A5-2FCFAF953EC2}
一角に誘導員の詰所。
そして、朽ち始めている降車場ポール。
実際に降りるのは構内歩道ですが。

{F8B30628-DA10-44C2-9078-5C38AA5591A9}
バスの進出は北側、左折のみ。 

{E5C47939-B4A8-4D3D-969A-60D5B764844E}
ここで乗客を拾い、田端方面へと向かうのです。

{0666BAB0-C61A-4B77-9329-87BAF3921BFB}
バス停は行灯式。

{6CDEE85B-CAB6-4615-8534-6D7D6BBC53B9}
同一系統で行き先が3つもあり、注意が必要。

{3ECBC772-F69B-48F6-8B29-FC2108C8427C}
特に[東43]は長距離路線の部類に入り、時間には余裕を持って。

{35B2E12C-BE15-42AA-A103-1402794E3FFE}
小台方面は、ほとんどが荒川土手操車所で折り返し。
江北駅行きは一日わずか4本、豊島五丁目団地行きは平日朝4本のみです。

{DA8E9964-BDAA-46EE-AEF0-23E05EE21D4F}
ほとんどの便がここで折り返すせいか、 東京駅まで行くのは1時間1〜3本。

{A430C3EA-76D1-44A9-8128-208CCFA43BC9}
構内の一角には、何故か貝塚が!(笑)
やっぱり、この2018年度も行ってみてわかる面白さなのだろうか。


路線データ
運賃:210円(IC206円)均一

テーマ:
一度、もう運用は終わったと思って逗子方面に向かい。
バス折返場取材に回ろうかなぁと思っていたが、なんか様子がおかしい。
それを察知して、また金沢文庫に戻ってきた。
そうしたら、

{BE2E5E4D-94B8-4598-9DA1-9C2A5AA92ACD}
ありゃ?

また金沢文庫ホーム側に近づいているぞ。
そしてしばらくして、

{D8548926-C727-4CE9-9198-3F88B4CC69E1}
15:13、また入ってきた!

{F5447449-54FD-426D-B8C4-1E9F19446508}
{AA29D625-1518-4FF3-B41C-ABBD66AFCE1E}
なんと再び出庫、エアポート急行新逗子行きとしてリスタート。
空港に行かないエアポート急行…(笑)

{3C0369D3-0FA2-441A-B57C-DD66BBC05B9D}
半ば諦めていた撮り鉄たちも、また撮影再開。

{AF780CC4-8747-4306-AA90-E4F8A4DF4C5C}
しかし、ここでは敢えて新逗子まで行かないパターンを選択。
とりあえず身体を休ませたい気持ちも発動し、とりあえず見送り撮影。

{452C902E-2890-47C0-8F98-E32ABF020FAD}
{3DEB57E9-C0BC-4D6B-9850-AF118F8F8062}
そして、来たのは上大岡。
毎年冬に来ているので変な感じの上に、リラックマモードで目新しい変化が。
ここで少し休んで立て直す。

{EABCD6D1-4E7B-46F8-BF31-1A4C39975095}
そして、15:54に再迎撃。

{CA3A8C71-E9E1-417C-9FA9-284754916492}
快特待ち合わせの間にゆっくり撮影。
ここから再び乗り込み、今度は北へ。

{489C5570-F86F-455D-9BE3-CB230C8F471F}
神奈川新町にて

撮影者はそれなりにいたけど、目くじらを立てるほどでもなく穏やかに進む。

{4C10B9D0-B4F8-45C6-9905-6A85D72C6877}
京急川崎にて

{16322A94-7787-4F05-9E81-BDC81110CF4E}
京急蒲田にて

そして、2回目の空港線。

{2DD6C066-BC38-4A7C-8372-41C8CDBD3C30}
大鳥居にて

{B75EA093-8A5B-49F9-A049-2095DBA9D314}
羽田空港国内線ターミナルにて

…また羽田空港に帰ってきた。
アクセス役に徹しながら、最後の走りを黙々とこなす。

テーマ:
{D27F325B-AA82-417B-A9FC-2EF85EF443E6}
京急蒲田へ到着。
またまたスイッチバックし、今度は金沢文庫を目指す。

{A569B698-8AE8-4EB5-A9CA-E744556E67B9}
名残のボックスシートは主も少なく、静かなまま。

{3D25E2B3-D4EE-433B-8D33-6D188098D1D0}
元からある窓に残るカーテンも、フラッグシップトレインだった証。
自分はギリギリ快特運用の頃を知っているので、この名残を見ると感慨深い。
品川〜横浜間で120km/h運転を開始した頃で、フルパワーで疾駆していた姿が思い浮かぶ。

{81D4D488-2CF2-4D85-B77F-CFB8145998F4}
京急川崎にて

かつての快特運用の勢いには及ばないが、近い速度を駆っては停車を繰り返す。
そして、停車するたびにカメラが向けられ、名残を惜しむ。

{1FA17DA2-E5A5-4F0F-9A4D-A33C8C13808D}
神奈川新町にて

地下鉄乗り入れと普通運用の両立を狙った1000形1800番台を追い越す。
現在4両編成が3本のみいるが、どちらかというと普通運用で遭遇する機会が多いような。

{C4544296-6405-463C-AC7E-FDF7FBB93F49}
横浜にて

{F9255FF8-3B12-492D-ADF1-24FD8AA5BEFB}
上大岡にて

{55695C6D-B9E4-45DA-8696-41EAF3EFBB64}
横浜市内に入ると、また注目度が上がる。
エアポート急行は上大岡で快特の待ち合わせで停車時間もあり、俄然撮影者も増える。

{075C924C-E68A-4B7C-9F3B-B6E2FB5B9227}
春休み、よい思い出になったかな?

{F3DA605B-954F-493B-95B1-28549D3B3530}
途中、デトとも行き違い!

…が、それよりも目についたのは、ホームで撮影する撮り鉄のマナーの悪さ。
ただでさえ狭いホーム、そんなに前に出ないと良い写真って撮れないの?
案の定こちらからは警笛が鳴らされていたけど。

{344A36F5-5793-4291-84A7-5B000FB6D6A7}
そんな悲しい風景を見つつ、列車は金沢文庫へ到着。

{BC65B8AB-3EC2-4C7B-8CAE-D538802BD4DA}
ここでこの運用は終了、入庫になるため多数の撮り鉄が集結。

{16CAC0A3-3D75-4F56-B9E1-5BFEC514EE93}
速やかに車内点検〜ドア閉め、入庫の準備が行われ。

{5D56E9E1-454F-413A-BE2A-BDCB417DED34}
2011Fは、金沢八景方に回送。
これで、2000形とは永遠にお別れ。

{6E4B847F-0687-410A-9194-38F0EA606ED0}
最後は新逗子行きの車内から、入庫した2000形を見送り。
これで自分の中で、区切りはついた…

はずだったんだけどな。

あれ?これでこの日の運用は終わりじゃなかったの??

テーマ:
3月26日。
この4月1日で供用を終了した上野原駅北口ロータリーの様子を見に行った後、ふと思い立って
以前テレビに出ていた秋葉原駅近くにあるお店にランチに赴いていた。

その移動の過程で。
何気なくTwitterを眺めていたら、あることに気がついた。

あれ、京急2000形が動いている?!

この前日。
最後の1編成となっていた京急2000形2011F8両編成は、2017年度一杯での引退が既に決まり
それを記念した特別運転・スペシャルイベントが行われていた。
しかしそれは記念乗車券を購入した人の中から抽選で当たった人だけの特典であり、もちろん
当たっていない(代理購入を依頼したが直前で売り切れた由)ので乗れるわけがなく。
もうはなから諦めて、極めて静かに見送ることにしていた。

そして、その25日で全ての運行を終わるものだと思っていた。

よくよくタイムラインなどを読み返すと、

特別運転終了後も、28日までは通常運用で走行する

と、特別運転の時のトークショーでも話していたらしい。

それならば!

ランチを頬張りながら、すぐさまプランを練る。
そのランチが長引いたのでBプランまで練っていたが、巻きに巻いて動いた結果、

{1C18F53A-A134-499B-B6C0-13DBB8444EB6}
13:33、京急蒲田駅。
上野原駅を出てから3時間半後。
本当に彼は現れた。

{3746F8B8-7100-421F-9183-13C914B0F972}
今回のさよならヘッドマークは、かつて鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した時のデザインを
リメイクしたものだったらしい。
控え目なデザインが逆に好感が持てる。

{4E6C1FC5-3C2A-4608-9711-B8B00DB3435C}
スイッチバックでエンド交換作業をする様子を眺めて、すぐ発車。

{C15A4106-8150-4C35-9C38-1A8590A1E99B}
それにしても。
空港線を走っていると、ここが最後の活躍線区のひとつになるとは想像だにできなかった。

{425A8C43-C71D-44B0-8E5C-A6EB5EA64BAD}
羽田空港国内線ターミナルにて。

{1AE0AEB1-CB90-4771-81D3-23D8AA28BC20}
ほんの僅かな折り返し時間で、久々に腰を据えて車両撮影へ。
昼間ということもあってか、割と穏やかな撮影タイム。

{DECE5F68-680D-410D-8082-F0D485F2C897}
3扉化後は窓下に白帯の一般色だった2000形。
最後まで残ったのは、リバイバル塗装。
やっぱり2000形には窓周りを白く塗ったスタイルが似合っていた。

{1B92B11D-0C1F-4811-8B8F-F233BC449637}
車内こそほぼロングシートだったが…

{01F614EE-E037-4D7C-93AE-D2EB5595CDBA}
車端部のみ旧来のボックスシートが残されていた。

{510B9D86-AD84-4B68-909F-4A20C5E5E372}
補助椅子も残っていたが…
最後まで使っていたのだろうか??
結局最後の乗車まで使っている風景には出会うことができず終わる。

{DCACF955-F676-42E8-A12F-55B405BBBA80}
蛍光灯にはカバーが。
長く快特を中心に優等運用をして来た証。

{D7D81126-53A4-49C3-BF76-1C8C771C1098}
羽田空港国際線ターミナル駅。
エアポート急行は空港線内は各駅停車で日常輸送も兼ねる。

{6867E5E6-4FA0-446A-8421-5DF182908001}
京急800形から続く右手操作ワンハンドルのを運転席。

{4434525B-EC7F-45AA-8E02-27467447D89C}
空港線内は各駅停車。
確実に乗客を拾いながら、先へ先へと走る。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。