2005年08月11日(木)

#T045 ナイス トーン その3

テーマ:テクニカル・ノート
ナイス トーン その3
 
 
  Aadd9
○1|----i----i----i---- 
◎2|----i--●i----i---- 
○3|----i----i----i---- 
◎4|----i----i----i--● 
○5|----i----i----i---- 
×6|----i----i----i---- 
 
 
  E9(11)
◎1|----i----i----i--●
◎2|----i--●i----i----
○3|----i----i----i----
◎4|----i----i--●i----
×5|----i----i----i----
○6|----i----i----i----
 
 
この2つのコードを1小節ずつゆったりの8ビートで
弾いてみて下さい。
16ビートでもやってみてください。
 
アルペジオで自分流に弾いてかまいせん。
ストロークはあわないかなぁ。
 
ナイスでしょう。(古い~)
 
渡辺香津美さんのある曲のイントロのコードだと思うですが、
なんの曲かいまだに不明です。
 
コード名は僕がつけてます、定かではありません。
(どうでしょうか?)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年08月10日(水)

#T044 ナイス トーン その2

テーマ:テクニカル・ノート

ナイス トーン その2
 
 
  Aadd9
○1|----i----i----i---- 
○2|----i----i----i---- 
◎3|----i--●i----i---- 
◎4|----i----i--●i---- 
○5|----i----i----i---- 
×6|----i----i----i---- 
        6フレット
 
 
  Dadd9
○1|----i----i----i----
○2|----i----i----i----
◎3|----i----i--●i----
◎4|----i----i--●i----
○5|----i----i----i----
×6|----i----i----i----
        6フレット
 
この2つのコードを1小節ずつゆったりの8ビートで
弾いてみて下さい。
16ビートでもやってみてください。
 
アルペジオでもストロークでも
自分流に弾いてかまいせん。
 
ナイスでしょう。(古い~)
 
じつはこれはTHE SQUAREの
「カピオラニの通り雨」という曲のイントロなのです。


―<追記>―

Am9になってましたがAadd9の誤りです
 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005年08月09日(火)

#T043 ナイス トーン その1

テーマ:テクニカル・ノート

ナイス トーン その1

 

 

  Eadd9        
○1|----i----i----i---- 
○2|----i----i----i---- 
◎3|--●i----i----i---- 
◎4|----i----i----i--● 
◎5|----i--●i----i---- 
○6|----i----i----i---- 

(左手1、2、4)

 
 
  Am6
○1|----i----i----i----
○2|----i----i----i----
◎3|----i--●i----i----
◎4|----i----i----i--●
◎5|----i----i--●i----
○6|----i----i----i----

(左手1、2、4)

 
 
この2つのコードを1小節ずつゆったりの8ビートで
弾いてみて下さい。
16ビートでもやってみてください。
 
アルペジオでもストロークでも
自分流に弾いてかまいせん。
 
ナイスでしょう。(古い~)
 
じつはこれはCHARさんの
「SONG IN MY HEART」という曲のイントロなのです。
 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年07月27日(水)

#T042 ジャズ・セオリー その2の回答

テーマ:テクニカル・ノート

はい、前回の回答です。
残念ながら完璧に答えてくれるかたはいませんでした。
面白いものではないしね。
 
五度圏


マイナーも4度進行させればよいのだけれど
メジャーのAからの4度進行をそのままマイナーにして、

はめればよいのですね。
回答してくれた右に3つずれせばいいっていうのはナイスです。
 
マイナーも調合はメジャーと同じになるので
平行調は覚えたほうが良いです。

さらに転調する場合、同主調への転調、平行調の転調などが出てきますので
平行調、覚えたほうが良いです。


――<追 記>――

マイナーのサブドミナントとドミナントの関係はですね

Amだと右のDmがサブドミナント

左のEmをE7に変えてドミナントセブンスになります。


CからAmに転調したとしてE7が現れたならば、

E7はCのダイアトニックコードでは

ないのでAmに転調したとわかるのです。

 

ダイアトニックコードってなんだろう。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年07月26日(火)

#T041 ジャズ・セオリー その2

テーマ:テクニカル・ノート

ダイアトニックコードに行く前に平行調をやっておきましょう。
これも覚えておくと便利です。

 

前回、メジャースケール(長音階)をやりましたが、
たとえば、キーをCメージャーとして、その音階を6番目のラからはじめると
 

ラ → シ → ド → レ → ミ → ファ → ソ → ラ
  全   半   全   全   半    全   全

 

となります。

 

この音階はイ短調(Am)です。
自然短音階(ナチュラルマイナースケール)といいます。
呼び方が一杯あってまとめきれてないですが。

 

長音階にはメジャースケールとマイナースケールが共存していたのですね。
この関係を平行調といいます。

 

それではまたまた5度圏さんの登場。

 

5度圏(平行調)

 

記入されていないところを考えてください。
これが今日の問題です。

 

 


ジャズ・セオリー その2の回答へ つづく


いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005年07月23日(土)

#T040 ジャズ・セオリー その1の回答

テーマ:テクニカル・ノート

回答コメントを書いてくれたお二人。
こんな問題につきあってくれてありがとう。
 
まずはこれだけはやっておこうと。
楽しい記事ではないですが・・・
 
5度圏を覚えてますよね~
これこれ。

 

サークルオブ5TH

 

 
問題で出たシャープ系のDはCから左周りで2番目。
なのでシャープは2個付きます。
シャープの付く順序は「F、C、G、D、E、A」
 
フラット系のB♭はCから右周りで2番目
なのでフラットは2個付きます。
フラットのつく順番は「B、E、A、D、G、C」
 
じゃEをやってみよう。
Cから数えて4番目だから4個のシャープが付くと、
よって「F、C、G、D」にシャープが付く。
 
こうなるわけね
 
E→F♯→G♯→A→B→C♯→D♯→E
 
ねぇ
5度圏を使うと簡単にわかるでしょう。


 

 
ジャズ・セオリー その2へ つづく
 
次回はダイアトニックコードについてです。
 

よい週末を。
 

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年07月23日(土)

#T039 ジャズ・セオリー その1

テーマ:テクニカル・ノート

ジャズセオリーをやってみたいと思います。
まぁそれなりのものですよ~
 
 
ジャズセオリー、最初のお題
「ダイアトニック」
面白いものではありません。

ダイアトニックスケールとはなんでしょう。
なんのことはありません。
ドレミファソラシドのことです。
長音階ですね。(メジャースケール)
 
全・全・半・全・全・全・半の音の並びのことです。
 
もっとわかりやすく書こうかな

ド → レ → ミ → ファ → ソ → ラ → シ → ド
  全   全   半    全   全   全   半
 
わかりにくいですか?
大丈夫ですね。
 
それではキーDのダイアトニックスケールを書いて見てください。
 
レ → ○ → ○ → ○ → ○ → ○ → ○ → レ
  全   全   半   全   全   全   半
 
できましたか。
宿題にしときます。
 
わかる人にはわかる簡単な問題に唖然としないでね。
 
次回に回答のせます~
 
それでは
 
 
 
 
ジャズ・セオリー その1の回答へ つづく
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年07月18日(月)

#T038 練習について その4

テーマ:テクニカル・ノート

非常に役立つのは後で聞きなおせるように自分の演奏を録音することだろう。
こうすれば、演奏中に意識に上らなかった多くのことに気づくだろうし、
何よりもピッチやフレージングをやりすぎた、
強調しすぎたと思っても、聴き直してみると、それは最初に意図したとおりで、
別にそこだけが演奏の中で目立っている訳ではないことがわかる。
私は聴き返す時に、まずいところを書き留めることを勧めている。
そして、どうしてまずいのか、
どうすれば正しく弾けるようになるかを根気良く研究するのである。
 
「大バイオリニストが貴方に伝えたいこと~100のレッスン」より抜粋
 

録音して自分の演奏を聴き、そしてそこからなにが悪いかをさぐるのは
上達にはかかせないことだと思います。
上記のあるように、強調しすぎたと思っても、聴き直してみると、
案外そうでもないなぁと思うことがあります。
クラシックギターをやって変わったことは、
棒弾きしないように気をつかうようになったことが挙げられるんですが
そのへんは録音して気づいた点でもあります。
 
演奏中の意識も音源を聴いているレベルに近いものにすれば
演奏はもっとよくなるんじゃないか、と考えることがあるんですが
それはなかなか難しいですね。
それでも、演奏時に音を聴くことを意識すれば、演奏は変わってきます。
これも訓練なのでしょうね。
 
昨日から録音作業をしてます。
その楽曲は録音しようと思った瞬間に今までより弾けるようになるんですね。
そういうことでも録音は上達にかかせないものだと思います。


いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年07月17日(日)

#T037 練習について その3

テーマ:テクニカル・ノート

最良のアドバイスはゆっくりと注意深く練習するということです。
それから毎日、一日中バイオリンと共に暮らすということです。
午前中あるいは午後に沢山の時間を練習にあてるというのは、
私が考えている練習の方法では有りません。
一日中でなければいけません。
私の意味するのは、午前中に練習を始める。
そしてバイオリンをおく。
午後に練習を始める。
そしてまたバイオリンを置く。
夜に練習して、バイオリンを置く。
そして就寝前に練習する。
この練習方式がもっとも重要です。
そうです、練習は一日を通して、一定の間隔を置いてすべきものです。
午前中に4時間も練習して、
午後や夜には練習しないというのは最良の方法とは言えません。
短い練習中にも心に緊張感を失わないようにすることが、

より重要であることに気づかなければいけません。
 
「大バイオリニストが貴方に伝えたいこと~100のレッスン」より抜粋
 
 
cguitarはこの文章から冒頭の文に注目しました。
それは、ゆっくり練習するということ、

弾けないフレーズはゆっくり弾くということ。
弾けないのにテンポ通り弾こうとする、
それはヘタになるための練習になってしまいます。
 
弾けないフレーズはスローテンポからあらゆるチェックをしながら
指に覚えこませます。
そのほうが近道だと思います。
 
たまに弾けないフレーズを限界以上のスピードでやるときもあるんですが。
 
兎に角、「弾けないフレーズはゆっくり弾くいうこと」
これ、大事です。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年07月16日(土)

#T036 練習について その2

テーマ:テクニカル・ノート

練習は1回に45分以上集中してやることは無理である
 
3時間、練習時間があるのであれば、それを4回に分け、

その間に休息の時間を取るといい。
休息の時間には文字通り休むことが必要で、
例えば読書とか、音楽には全く関係がないのがよい。
それがエネルギーの転換を図ってくれるからです。
 
「大バイオリニストが貴方に伝えたいこと~100のレッスン」より抜粋
 
 
ちなみにcguitarの現在の練習時間は90分くらい。
(朝:45分、夜:45分)
 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。