えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:

先週の4連休三日目10/9に、友人と一緒に
約13年ぶりに新宮ダムに行って来ました。

ここは、かつての日本記録を出したことでも有名ですが
バスプロ達が雑誌や番組の取材でも訪れていることでも有名でしょう。

家からだと、高速使うと1.5時間で行けるんですが
なかなか、あまり行ったことのないダムですね。
四国のほぼ中央に位置していて、山深くて、水がきれいです。

水面へのアプローチは、小さなスロープを利用します。
なので、トレーラーはちょっと厳しいでしょうね。
アルミジョンの独壇場のような場所です。

入口の場所は、たぶん初めての人には分からないと思います。
どっからどう見ても、人の家の庭に入っていく感じの場所なんですが
一応、水資源機構の看板がありますので、それが唯一の目印ですね。

ほんとうに、人の家の庭先から入っていく感じなので
早朝のランチングは「お静かに」お願いします。

8:00AM
$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

当日は、貯水率が90%ということで、大体こんな感じです。
下が土なので、大雨が降ると泥まみれになりそうですね。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

スロープ近くの排水路です。
むかし、たしか田辺師範だったと思いますが、あれ下野さんだったっけ?
ここで、真冬にデカイのを釣ってましたね。
見るからに釣れそうですが、釣れませんでした。真夏に期待。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

逆に、取水塔まわり
全然吸い込んでなくって、水が流れてませんでした。
この水が動いてくれると、かなりの一級ポイントになるはずですが
取水にもお休みがあるんでしょうか?


とうとう、何もないまま最下流まで来てしまいましたが
最後の大カーブ、岬の先端、水深8-10m付近、立木密集のポイントで
サタンワームのダウンショットでやっと一匹。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

といっても、35くらいなんですが良く引きます。
背中が真っ黒で、カッコイイです。
それまでシャローを中心に、テキサスや、巻物で流していましたが
まさか、そんなに深場で釣れるとは・・・

$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

それにしても、もうお昼前です。眠くって眠くってちょっと仮眠取ります。
日差しがぽかぽかで気持ち良いですね。

zzz

目覚めると、お昼過ぎ。
飯食って、一気に最上流までポイント移動してみます。

そうそう、前に20kmしか出てなかったのは
やっぱりキャビリが大きな原因だったようで。

前回トランサムを嵩上げして、
キャビプレを船底とツラツラにしていましたので
今回は嵩上げをやめて、-3cmにしてみました。

結果は、キャビテーションがあまりなくなったため
フル装備、1人乗で最高25kmでました。

うーん、それでもチャリより遅いじゃねーか(`Δ´)
せめて30kmはほしいな。

改造なしで、セッティングだけでいけるかな?

トルクにはまだ余裕がありそうなので
ペラのピッチを後2つくらい上げれば何とかなりそうだけど。
そこまでの価値があるのか?

次回、セットバック+ツラツラセッティングに挑戦してみます。


上流のワンド。
たぶんワンドというワンドは、ココ1箇所しかないですね。
水に沈んだ、旧「バス停」
(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
なのに、バスは来ない。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
左が旧橋げた。
右が旧旧橋げた。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
旧道の橋の親柱、昭和20年だとか
下にコンクリートの基礎があっていかにもポイントなんですが
オレのテンポが早すぎるのか、アプローチがダメなのか
そもそも上流はダメなのか?とにかく釣れない。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
小さな沢、夏なら釣れそうなんだけど・・・

結局、上流は生命感がなく釣れる気がしない。
もう一度最下流まで下ります。

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
ダムサイト

周辺の小さな岬。
水中なので肉眼では確認できませんが、岬周りの立木密集地帯
立木のてっぺんに、スモラバをフォールさせる方法で
たて続けに3匹でました。えー、こんなんでいいの?

(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

最高で、39cmでした。
意外と釣れんかったな、もう少し早く立木攻めに気づいていれば?

http://www.fishing-v.jp/movie/?mv=bbit_0705_8407800_01
BIG BITE
story-62 『新宮ダムに潜む巨大バスを攻略せよ!!』
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週くらいから、急に涼しくなりましたよね。
朝方なんか、寒いくらいです。

先週末は、自宅から15分で行ける超近いフィールドに行ってきました。
ココ石手川ダムは、約40年前のダムの運用開始直後に
西日本で最初にバスが入った場所。

言うなれば、「四国バス発祥の地」である。

近い近い言いながら、ココにきたのは、たぶん5年ぶり。
まず、上流スロープへ向かったのですが、見事に山が崩壊状態。
スロープなんてどこにも存在してませんでした。コワー叫び

仕方なく、中流スロープから出船します。

この時すでに、10時を過ぎてました。

魚タンはめんどくさいので持ってきてませんが
水温はおそらく、22度前後だと思います。

まずは、下流のオイルフェンス(流木止め)へ向かって
様子を見ていきます。

メインレイクをショアラインに沿って流していきますが
ワンド状の部分では、何の反応もなく
岬状の部分でしかアタリがありませんでした。


$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

まずは、一発目38cm

ちなみに、ここでの40UPって
100匹に一匹くらいの割合でしか釣れないと言われています。
とにかく、ぎょえーが濃いぃのですが、サイズが出ないので有名。
その代わり、35-38のサイズなら飽きるほど釣れます。

$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

これも同じサイズ。


$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

これも同じサイズ。


(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。

どれもこれも、ほとんど、同じくらいのサイズ。

10:30-14:00までで、二桁以上は釣れました。
パターン的には、出っ張り部分に、ジグ・テキサスを投げて落とすだけ。
アタリがなければ回収して、次の出っ張りへ、という感じです。

あとは、オイルフェンスをウロウロしているバスを5匹くらい釣ったかな?
フェンスの網に藻が生えてて、漁礁みたいになってる。
それにベイトが溜まってて、それを食いに来るバスを
得意のジグヘッドワームのスイミングで、えっとなんだっけ?
ミドストってか。

まあ、ちょろっと行っても結構釣れちゃうから
野池でがんばるより全然良いと思うな。何より近いからね。


そうそう、中流にも新しいフェンスができてましたよ。
すごくきれいだったから今年できたんじゃないかな?

$(仮称)えひめの大爆釣のきろく。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。