テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


黒呂色仕上げの小柄の鞘を製作しました。

本来であれば、拵えの裏にある小柄櫃に差し込むか、桐箱に保管したりします。ご先祖伝来の形見を常に身に付けておきたいとの事で、鞘師さんにこの小柄に合わせた小さな鞘を製作して貰いました。


小柄を送って頂く時に、とてもご丁寧な、ご先祖様を大切にされている気持ちが本当に伝わるお手紙が添えてありました。一般的には若くない私ではありますが、漆の業界ではまだまだな人間であり、同じ藩士の子孫との繋がりを感じ、信頼をして依頼して頂けた事が嬉しかったです。

このお客様だけではなく、鞘塗りのお客様は矢張り、刀に対しての気持ちがとても強く、その気持ちを汲み取ってこれからも答えられるように、常に腕を磨いて行かないといけないと感じます。
この度も有り難うございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


北区にお住まいのA様の拵えに、潤み色の乾漆粉仕上げの太刀拵えの塗り直しをしました。




下げ緒の金具に島津家の家紋に合わせ、鞘にも島津紋を入れました。

こちらの拵え、元々は古い拵えをとあるお店で白鞘から作り直し、金蒔絵で仕上げたそうです。漆仕上げとの事でしたが、なんと良く分からないラッカー仕上げだったそうです。余りにも安っぽい艶感がきにいらなく、研ぎ潰してしまった物を持って来られました。
以前も漆仕上げを注文したのにも関わらず、出来上がりがスプレー仕上げのものを塗り直ししたことがあります。
最初から値段に応じて、スプレー仕上げのものとキチンとお客様に説明をして、納得されてスプレー仕上げにすれば良いものを、何で漆仕上げと言うのですかね。販売している所も分かってないのでしょうか。
鞘を今後何処かで製作することがあれば、皆さまもお気を付け下さい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:










凄い短刀拵えの修理をしました。小柄櫃の所の裏瓦の金具は取れてしまったとの事で、接着をして、欠けた所を漆で直しました。

この短刀拵えは大聖寺藩前田家のお殿様の短刀拵えだそうで、重要刀剣なのだそうです。
前にも書いたと思いますが、家の先祖が津軽藩に召し抱えられる前は大聖寺藩前田家に支えていて、去年の秋に初めて大聖寺で前田家のお墓参りをしました。
年明けたらこの拵えが手元に来ました。なんだか不思議な縁ですね。

お殿様の拵えってやっぱり凄いですよね。この梅鉢の家紋の金が見事!そしてその周りの魚魚子打ち(ななこうち)なんて出来る職人はもういませんからね。
呂色仕上げの漆もしっとりと素晴らしいです。金蒔絵ではなくて、さりげなく同じ黒呂色で仕上げてる梅鉢の家紋の漆絵も良いですね。

簡単な修理でしたけど、またお殿様のお役に立てた気がして嬉しかったお仕事でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


小柄櫃、笄櫃付きの刻み印籠の鞘の塗りをしました。







今回は燻炭を使う紋紗塗りではなくて、木炭のパウダー状の物を蒔いた石目地仕上げにした、虫喰い塗りにしました。これは昔の拵えに良く見られる塗りです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




広島県のY様ご依頼の居合刀の鞘を塗らせて頂きました。
Y様には以前もご注文頂き、その時からメールやFacebookのやり取りで、いつも応援して下さったり、本当に感謝をしています。
今回は定年退職の記念との事で、松皮塗りに家紋を施しました。定年なさっても居合に空手に励んで下さいね!この度も有り難うございました。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:




割りと小さい合口短刀拵えです。竹と桜の皮で出来ていました。素朴で可愛らしいですね。



手入れも出来ないし、長期保存するために、これ以上錆びが広がらないように、漆で錆止めをしました。日本刀はきちんと手入れをしないとあっと言う間に錆びてしまいます。しまいっぱなしの刀があったら、たまに出して点検した方が良いですよ~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




山口県のN様ご依頼の天正拵えの鞘を製作しました。
N様には以前も黒の唐模様に石目地仕上げ(紋紗塗り)の物を製作しました。いつもはどのお客様がどんな物をご依頼下さったかの記録の為にも写真を撮っておくのですが、何故か撮影しておらずでした。
気に入って下さって、またご依頼頂けた事、本当に嬉しいです。

こちらの鞘は天正拵えなので、簡素な仕上げでとの事で、基本は石目地仕上げだけれども、4月に刀身が出来上がって来たので、さりげなくこじりの辺りに桜の花びらをとの事で、段差のある桜の花びらを散らしてあります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



鞘製作のリピーターの所沢のS様ご依頼の拵えです。束製作、鞘下地製作、鞘塗り製作のご依頼でした。


#拵え#潤み色の鞘#urushi#鍔#牧門堂

A photo posted by 漆工房 牧門堂 (@bokumondoh) on






束製作、鞘下地、切羽まで伊勢の山下さん製作です。鮫革は黒漆が塗ってあります。山下さんは塗り以外大体出来るので、本当に助かります。長生きして欲しいです。
塗りは黒に近い焦げ茶の潤み色です。鯉口、栗型、こじりは黒にして、呂色仕上げにしてあります。
写真では分かりにくいですが、縁(ふち)、縁頭(ふちかしら)、目抜き、鍔の模様は桜模様で統一されていました。
S様、この度もご注文ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。