富永寛之 活動スケジュール




11月23日 祐天寺 poepoe(ウクレレワークショップ)

11月23日 横浜 グラスルーツ(中間派セッション)

11月25日 大手町 MARVIE(Mitch&Tommy)

11月26日 高崎 (MITCH ALL STARS)

11月27日 長野 (MITCH ALL STARS)

12月2日 北九州 (ジェット&トミー)

12月3日 宇和島 油屋(ジェット&トミー)

12月4日 松山 ワニとサイ(ジェット&トミー)

12月5日 神戸(ジェット&トミー)

12月6日 京都 bar papermoon(ジェット&トミー)

12月11日 名古屋 ばろん(ブルームーンカルテット)

12月12日 神戸 チキンジョージ(ブルームーンカルテット)

12月13日 大阪 BIGCAT(MITCH ALL STARS)

12月14日 大阪 はらいそ(ブルームーンカルテット)

12月15日 浅草 HUB (ブルームーンカルテット)

12月17日 渋谷 クアトロ(Okawa & the Roolers)

12月19日 大阪 マダムピサ(ブルームーンカルテット)

12月20日 松山 MONK(ブルームーンカルテット)

12月21日 高知 中町バー(ブルームーンカルテット)

12月22日 大阪 ニューサントリー5(ブルームーンカルテット)

12月23日 児島 ナッシュサーフアメリカン(ブルームーンカルテット)

12月24日 高松 黒船屋(ブルームーンカルテット)

12月25日 兵庫県 和田山町(ブルームーンカルテット)

12月31日 大阪 マダムピサ カウントダウンパーティー2016

2016年

1月13日 古河(チャイチーシスターズ)

1月14日 秋田 カフェブルージュ(チャイチーシスターズ)

1月15日 仙台 (チャイチーシスターズ)

1月26日 札幌 (ウクレレワークショップ)

1月27日 札幌 (MITCH ALL STARS)

1月28日 札幌 private party

1月29日 札幌 (MITCH ALL STARS)

1月31日 仙台 buddy buddy(MITCH ALL STARS)

2月1日 郡山 the LAST WALTZ(MITCH ALL STARS)

2月2日 浅草 HUB(MITCH ALL STARS)

2月3日 千葉 (チャイチーシスターズ)

2月13日 浅草HUB(ブルームーンカルテット)

2月14日 岡山 (ブルームーンカルテット)

2月15日 北九州(ブルームーンカルテット)

2月17日 佐賀 佐賀城下ジャズフェスティバル(ブルームーンカルテット)

2月18日 佐賀 佐賀城下ジャズフェスティバル(akiko)

2月20日 広島 (ブルームーンカルテット)

2月21日 神戸 (ブルームーンカルテット)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-29 12:43:39

ソロウクレレ動画アップしました

テーマ:ブログ

2016年12月10日発売のウクレレマガジンvol.16、冬号恒例の人気企画になっている「富永寛之のソロウクレレ」の紙面連動動画を先行アップしました。

今回は以下の8曲。

 

ミュージックフェアのテーマ

スターダスト

想い出の渚

オールオブミー

黄昏のビギン

ラブイスオーバー

初めてのチュー

THE GALAXY EXPRESS 999

 

そう、昭和のテレビをキーワードになじみ深い曲をアレンジしてみました。簡単で楽しいものから本人も苦労したものまで全てアップしています。

紙面に掲載されるTAB譜では、この動画から譜面おこしをしたのですが、省略や、譜面用のアレンジは一切行わないガチ譜となっています。

また、メロディ部分をボールド(太字)表記にする富永式記譜法を今回も採用しているので、コードネームとメロディで分担してセッションも出来るようになっているのも大きな特徴です。

動画見て楽しいなぁと感じた人は是非ウクレレマガジンご覧いただきたいですね!

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/um/16212002.html

 

脱力ミュージックフェア

 

スターダスト

 

想い出の渚

オールオブミー

黄昏のビギン

ラブイズオーバー

初めてのチュー

 

銀河鉄道999

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-29 16:12:39

夜長の聴き比べ

テーマ:ブログ

 

 10月はゆっくりしようと決めて夏をアリのように忙しくしていたがwhyなぜに飛び回る1カ月になりました。

 

まずは自分の誕生日をマンドリンの井上太郎とDUETもとい富太郎をやる。

武蔵小山のアトリエ的スペースhanareで完全生音でギターとマンドリン、大まかにいえばジャズとブルーグラスのクロスオーバーを楽しんだわけです。2ステージのほとんどをトークで埋めるさだまさし式を採用しましたが聴かせられるような内容が寸分もなく、全てカットして音楽部分のみのダイジェストの動画がこれです。

慣れないガットギターでホセフェリシアーノのように弾ければよいなと淡いイメージを持って会場に行ったもののホセでも長谷川きよしでもなくいつもどうりの座頭市でした。

言葉のように楽器で会話できる日本では数少ない音楽家の井上太郎、顔見知りでたまに一緒にセッションすることはあったけど、夏に神戸の路上で呑みながら楽器を弾くという宴で盛り上がってしまい、ワタクシと太郎の2人会をリクエストしてくれる人が挙手してくれたおかげで東京でやることができました。

 

 食欲の秋に余念がありません。

富永飲食組合、今年の「アホのひとつおぼえ」はマーボー豆腐です。

三宮の知り合いのママ(男性)の店「CORAZON」でライブの時に振る舞いました。

 

もちろん演奏もして、知り合いのママ(女性)からのバースデーケーキのプレゼントをウェディングケーキと勘違いしてMITCHと初めての共同作業となりました。代理母募集中。

 

 そんなことをしているうちに東京の自宅の味噌が出来上がりました。

2月に東北で手に入れた黒豆で仕込んでたのですが、濃厚な田舎味噌の味に我ながら感激してしまい、今から来年の味噌仕込みに期待しまくって千昌夫の「味噌汁の歌」のセリフ部分をぶつぶつ呟いています。正確にはそのものまねをするコロッケが面白いんですが余談ですね。

 

 正直こんなに簡単に味噌が作れるなんて、そしてこんなに美味しいだなんて、マッコリを自作したときの感動に通じるものがありました。

行程としては豆を水に2晩漬けてから煮込んで潰して塩と米こうじを混ぜて容器に入れて酒粕で蓋をしてビニール袋で堅く縛って冷暗所で保管。晩秋から冬にかけて完成。ね、簡単でしょ?来シーズンはもう少し細かくレシピを書くので皆さんも是非味噌作りに挑戦してみてはいかが??地方、素材、環境、そして自分の手のダシで味が大きく変わるので楽しいですよ。

これらの味噌作りは、味噌に興味を持つワタクシのためにファンの女の子「ゆうこちゃん」が丁寧に教えてくださいました。コマスミダ!

 寒くなってきたら、関東煮だろ、ということでうちでも作っています。

出汁は、いりこを焼いて、水入れて干椎茸、昆布を加えて沸騰したら昆布を抜いて残りを弱火で10分ほど煮だして、最後にカツオ節をくぐらせて濾します。

全部出汁と呼んでいるこの出汁は、これと塩だけでも十分に美味しい濃い出汁なんですが、

これに「富つゆ」を少量入れます。

 

 富つゆは、瓶に、濃口醤油5 日本酒3 純粋蜂蜜2(だいぶ適当です、規定はありません)

を入れて冷蔵庫で寝かせたもの。西の人なら純粋蜂蜜を増やして、北の人なら日本酒と醤油を増やして、各地方用に調整すると良いでしょう。

 

 これを使うようになってから、さまざまな料理の時にまずはコレをベースにして必要な塩気または甘みを足してゆくので台所がちらからないし、寝かせているので味が馴染んでいて角が取れているので味に気品が出るし、蜂蜜の照りが素晴らしく、一切味醂を使わなくなりました。 瓶の中に「いりこ」や「昆布」を漬けこんで「めんつゆ」を作るのも良いチューニングです。

とにかく味が良いのでお薦めです。

 

 醤油の産地や、オーガニックな砂糖を使うというのにこだわる人もいますが、富つゆは馴染む旨さなので高級品など一切使わず、何なら格安なスーパーで一番安い醤油で作ります。

日本酒もコンビニの出口でセンパイがストローで吸いこむ紙パックの鬼ころしクラスの合成清酒で構いません。そして砂糖より蜂蜜の緩やかな甘さがワタクシは好みです。

 

おでん、かんとだき、いろんな名称がありますね。でもええねん、旨かったら。薄い透き通ったやつも、黒い静岡みたいなのも、極端に甘い西日本の田舎スタイルも、それぞれ大好きです!

 

関西出身なのではんぺんを食べる習慣が無かったのですがここんとこ「はんぺん」の旨さにノックアウトされています。あんまし煮込んだらダメですね、浅煮のはんぺんが好きです。

 

 

 

最近、小田にはまっています。

 

小田とは前出の三宮CORAZONのママ(男性)の小田くんが付き出しで出すうずら卵のカレー味ピクルスのことです。使い方としては「ママー、小田頂戴!」とか「そういえば小田そろそろ無くなるんちゃうの?」とか「今日は小田日和だぜ(ブギーボーイ・イクトの今夜はブギ日和だぜ風に)」とか、「小田だよ、あーん」みたいな感じです。

作り方としては、容器にうずら卵を入れておきます。鍋で酢、砂糖(ワタクシは蜂蜜)、塩、ローレルで一般的なピクルスのたれを作って、インデアンカレーパウダー(これでないと小田になりません)を入れて少し沸かしたら容器に「ジャッ」と入れます。冷めたら蓋して冷蔵庫。翌日から食べれます。

ワインには、絶対的に小田が必要な体になってしまいました。どないしてくれるねんママ(男性)。チーズも良く合いますが高級品は晩酌には採用できないランクの人間なので十勝チーズのパルメザン(緑色のパッケージ)で楽しんでいます。

 

ちなみに生ハムは、プロシュートとそれ以外にあまりにも格差がありすぎて、高価ですがプロシュートです。今後の課題は「プロシュートの自作」であることは間違いありません。

 

小田を食し、ワインを飲む。こんな秋の夜長は文明の利器、youtubeです。

 

高校生のころ巷で流行していたガンズアンドローゼス。当時女の子はビートパンク、男の子は初期パン、ハードコアパンク、そして主流LAメタルというかガンズを聞いている人が多かったように思います。オーティスレディングやウィルソンピケットに代表されるアメリカ南部のスタックス系リズム&ブルースに傾倒していたワタクシもガンズはギターのスラッシュさんが黒人だったただそれだけで好きになって、レスポールを歪ませて弾く楽しみを覚えました。

 

まずガンズを聴いてみる。

かっこいいハードなロックンロールですね。セックス、ドラッグ、ロックンロールが似合います。

エアロスミスがさらに進化した感じで、1stアルバムが大好きでした。もちろん彼らのオリジナルソングなんですが、これのカヴァーを聴いてぶっ飛びました。

 

 

そう、ブルーグラスではないか! 何が凄いって、ガンズが原曲なのに、このIronHorseのブルーグラスバージョンこそがオリジナルに聴こえてしまう自然さ。

元ネタ知らない人に聴かせたらこっちが元ネタに思うでしょうね、間違いなく。

そもそもハードロック、ヘビメタにブルースなどの黒人音楽の影響があるのはイギリスのブリティッシュハードロックであって、アメリカのロック、ハードロック、ヘビメタなどは白人音楽であるカントリー&ウエスタン、そして早弾きの数学的な音列は明らかにブルーグラスの直接的影響なのが露呈した例ですね。

 

以前、バンバンバザールに参加していたころにアレンジを頼まれて、ロックの名曲、エリッククラプトンの「愛しのレイラ」をカントリーアレンジしたことがあったんですが、マイナーコードを全てメジャー解釈し(C♯マイナーキーをEメジャーキーとする)疾走する2ビートに乗せてハンクウィリアムス風の甲高い声のコーラスを入れて演奏すると、中には「レイラってもとはこんな感じだったんですね!」と素晴らしき勘違いをする人もいました。

 

ついでにもう1曲比べてみましょう。

 

オジー・オズボーンの名曲クレイジートレイン。

言わずと知れた、孤高のギタリスト、ランディー・ローズ在籍時の最高傑作ではないでしょうか。

 

そしてまたブルーグラスになっています。

個人的にはフィドルのオネエチャンが超カワイイです。

 

こうなるとどちらが元なのかわからなくなってきますが、それでいいんだなと思うんですよね。

どちらもゴキゲンな音楽。人種や文化が交錯して更に時代も超えてしまった感じがただただ笑える秋の夜長を過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-21 16:51:49

2016年 年末までのスケジュール

テーマ:ブログ

あっという間に~♪という名曲を思い出すくらい2016年もあと超後半戦になってきました。

これが年末までのスケジュールです、結構まだまだいろんなところに行くので是非ご覧くださいませ。(ブログはスケジュールの下段に書きました、そちらもどうぞ。)

 

10月23日 昼:祐天寺 poepoe(ウクレレワークショップ)

http://nofofon.com/workshop-live/ws-tokyo/13067/

10月23日 夜:仙台 buddybuddy(MITCH&TOMMY)

JR 仙台駅西口ペデストリアンデッキ直結

START 19:00~
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g)
info 022-748-4852


10月26日 大手町 MAVIE(MITCH&TOMMY)
START 19:00~
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g)
info 03-6206-8831

10月30日 高円寺 中通りミュージックストリート
14:30~ ひもの屋前: 坂本愛江、黄啓傑、富永寛之、工藤精

16:30~ ヒロセ前 :黄啓傑、富永寛之、工藤精

http://nakadori.jp/


11月4日 豊橋 ハウスオブクレイジー(MITCH ALL Stars)

open/start 19:30/20:00

ADM ¥3.500- DOOR ¥4.000-
MITCH(tp.vo) 武井努(sax) 小林創(p) 富永寛之(g) 清水興(b) 永田充康(ds)

Pコード:309-413

info http://www.h-of-c.com/index.htm

11月5~6日 岡崎ジャズストリート(mitch all stars)
MITCH(tp.vo) 武井努(sax) 小林創(p) 富永寛之(g) 清水興(b) 永田充康(ds)
11/5 岡崎城 二の丸能楽堂
14:30~ 17:30~
11/6 岡崎市図書館交流プラザ Libraホール
13:00~ 16:00~
info http://www.okazakijazzstreet.com


11月9日 心斎橋 MadamPISA
START 20:00~
MITCH(tp.vo) 小林創(p) 富永寛之(g)
info http://madampisa.com

11月10日 private party

11月11日 大阪 
MITCH(tp.vo) 小林創(p) 富永寛之(g)

11月12日 新宿トラッドジャズフェスティバル(ブルームーンカルテット)

http://www.jazz-nagaya.com/16aki/2016aki-jazzfes.htm

11月13日 相模原 (ブルームーンカルテット)

t.b.a

11月14日 横浜 ドルフィー (ブルームーンカルテット)
横浜市中区宮川町2-17-4 2F
open/start  18:30/19:30
ADM ¥3,000/DOOR ¥3,300
問:045-261-4542


11月20日 銀座 SWING (チャイチーシスターズ)

start 17:30/19:00

charge ¥3,000+Order

◆Member◆
Chai-Chee Sisters[SARI&YUKA](vo) 
竹田麻里絵(pf) 
富永寛之(gt,ukulele) 
新谷健介(cl)

◆Reserve◆
03-3563-3757

 

11月23日 祐天寺 poepoe(ウクレレワークショップ)
http://nofofon.com/workshop-live/ws-tokyo/13067/


11月23日 横浜 グラスルーツ(中間派セッション)
神奈川区鶴屋町2丁目13-3

Tel: 045-312-0180

 

11月25日 大手町 MARVIE(Mitch&Tommy)
START 19:00~
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g)
info 03-6206-8831


11月26日 高崎 ソラオバー(MITCH ALL STARS)
群馬県高崎市中紺屋町23

tel:027-387-0880

open/start 19:30/20:00

charge: ¥3.000-


11月27日 長野 (MITCH ALL STARS)

「2016ジャズイン長野~What is Jazz?~・秋編」

START 11:00~
MITCH ALL STARS
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 力武誠(ds)
金澤英明~武井弘明 Two Bass Hit 
and more

info http://www.back-drop.jp/index.html

 

12月2日 北九州APPARTMENT401(ジェットとトミー)
北九州市八幡西区黒崎1丁目13-16
マルエイビル4F)
TEL093-622-0401
18:30/20:00
チャージ3.000円

 

12月3日 宇和島 bar油屋(ジェットとトミー)
宇和島市新町2-10-6 
TEL:090-5714-1263
20:00
¥3.000-
富永飲食組合謹製フリー麻婆豆腐つき

 

12月4日 松山 ワニとサイ(ジェットとトミー)
松山市道後湯之町1-397
TEL0803-319-2765
19:00/20:30
2.500円

 

12月5日 須磨ボナルーカフェ(ジェットとトミー)
神戸市須磨区須磨浦通4-6-16
TEL078-737-2480
18:30/20:00
2.500円

 

12月6日 京都 bar paper moon(ジェットとトミー

中京区木屋町通三条下がる材木町178-1 第8橋会館1階
TEL: 090-4282-5384
開演20:00
チップ制

 

12月11日 名古屋 ばろん(ブルームーンカルテット)
名古屋市中村区太閤4-1-4
tel:052-451-5032
open/start 18:00/19:00
charge: ADM¥3.000- DOOR¥3.500-


12月12日 神戸 チキンジョージ(ブルームーンカルテット)
神戸市中央区下山手通2-17-2
tel:078-332-0146
open/start 17:30/18:00
charge: ADM¥3.000- DOOR¥3.500-
special guests: 
polychrome
Tesong Lee
矢野絢子
坂本愛江
info: webmaster@chicken-george.co.jp

 

12月13日 大阪 BIGCAT

祝!還暦ライブ《清水興祭》​

http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002205857P


12月14日 大阪 はらいそ(ブルームーンカルテット)
中央区南船場4丁目4-17 HS南船場ビル2F
t.b.a

12月15日 浅草 HUB(ブルームーンカルテット)
台東区浅草1-12-2
tel: 03-3843-1254
open/start 18:00/19:20
charge:¥1,600
info:http://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/6

12月19日 心斎橋 MadamPISA(ブルームーンカルテット)
大阪市中央区東心斎橋1ー13ー32 宝ビル1F
tel: 06-6241-9089
open/start 19:00/20:00
charge:¥3.300-
info:http://madampisa.com/
12月20日 松山Monk(ブルームーンカルテット)
愛媛県松山市三番町1丁目10-16
tel:089-945-9512
open/start 19:00/19:30
charge:¥3000
info:http://www.monk-matsuyama.com/
12月21日 高知 中町バー(ブルームーンカルテット)
高知市はりまや町2丁目3-7
tel:088-884-1134
open/start 19:00/20:00
charge: ADM¥3000- DOOR ¥3500- 
special guest:矢野絢子
12月22日 大阪 ニューサントリー5(ブルームーンカルテット)
北区曽根崎2-10-15 曽根崎センタービル5階
tel:06-6312-8912
open/start 17:30/19:30~(3 stages)
charge:¥1800-
info:http://www.newsuntory5.jp/
12月23日 児島 ナッシュサーフアメリカン(ブルームーンカルテット)
倉敷市児島駅前1丁目40−1
tel:086-470-0150
charge:¥3,500
60名限定ライブ
open/start17:30/19:00
info:http://www.naish-curry.com/shop.html
12月24日 高松 黒船屋(ブルームーンカルテット)
香川県高松市 北浜町3-2 北浜alley
tel:087-826-3636
open/start 19:00/20:00 
charge:ADM ¥3000- DOOR ¥3500- 
【チケット取扱店】 
DELTA MARKET 087-823-0375 
Kitchen cafe 087-835-6664 
Room to Grow 087-866-7551 
Peeka-Booyah 087-822-8512 
Circus 087-862-1301 
Pixie 087-813-1177 
thumbing 087-831-6002 
スターぎょうざ 087-841-7669 
イハラ食堂 087-802-2983 
FOUR ROOMS 087-873-2573
http://r.goope.jp/kurofuneya

12月25日 和田山 旧木村酒造場 EN(エン)(ブルームーンカルテット)
兵庫県朝来市 和田山町竹田上町西側363番
open/start 13:00/14:00
charge:ADM ¥3.500 DOOR ¥4.000
http://www.takedacastle.jp/
info: covaco.live@gmail.com
facebook:「コバコライブ(www.facebook.com/covaco.live)」

----------------------------------------------------------------------------

 

今年も例年通り明るく楽しく過ごしているなぁと思うんですが、良く考えてみたら、それはワタクシの性質なのかなぁと思うわけです。

音楽を演奏している時の「ナウをアップロードし続けていく」感覚が、てっきり音楽だけだと思っていたのですが、実はワタクシの生き方そのものが「ナウをアップロードし続けている」のかもね、と知人に指摘されました。どういうことかというと、、、

 

極東アジア独特の、過去をベースに物事を考えるという部分がワタクシの場合あまりにも希薄なんじゃないかなという嬉しいのか嬉しくないのかよくわからない結論になり、たとえしんどいことや嫌なことがあっても過ぎればそのほとんどが記憶から消えてしまうもしくは一種の「ネタ」になってしまうようです。

 

だいぶ良いように書いていますが、一般的には「懲りない奴」ですね。しかし、あえて言います、これがジャズです。譜面持ってきて「OOさ~ん、このイントロでキーはEフラットでお願いします、ウッフン♡」というジャズじゃなくてね。

 

もうすこし経験を持って勉強しようかとも思わないわけではないのですが、経験をもとに持論を固めてゆくと将来頑固な「クソジジイ」と呼ばれる老害に発展しかねないわけで、それは避けたいし、常に毎日新鮮に感じるままに過ごすという方向に自然と向いてゆきます。

 

それを邪魔されると、なーんとなく距離をとったり、時には怒ったり、むかつきすぎて笑ったりが人の常。あるとしたら、そのむかつきすぎたときの笑いこそ、ワタクシにとって唯一経験できるブルースフィーリングなのかなと思いますが、まぁそんなむかつくことすら年に1度くらいしか無い、または完全に見落としているというお気楽極まりない人間に生まれてほんとよかったなぁ、幸せだなぁ、ボカァ。と思っている2016年の秋なのです、若大将より青大将が好きですが。 ていうか東宝より圧倒的に日活と東映が好きで、フィクションなのに見ている間に妙に実話感が出てくる云々、、、まぁそれは余談だが、そういう邪魔をされるようなことがない平穏な仲間との音楽活動ばかりで幸せこの上ないのです。

そう、何をこんなにツラツラ書いているかというと10月、まぁまぁめでたく44歳になったわけでバースデイを迎えたおっさんの訓辞みたいなやつなのです。ちなみに誕生日に、昔使っていたギター、ギブソンES335が戻ってきました。そしてやっぱり音が良かった!

これを使ってた頃の記憶はもうだいぶ薄らいでしまいましたが、そのぶんこれからたくさんいい思い出を作ろうと思います。

 

毎日音楽を演奏するということをかれこれ数えられないくらい続けているのですが、飽きるどころか楽しくてしかなくて新鮮、しかしそれが日常なのです。これからまた一年、楽しく過ごせてゆけますように、神様お願い!とショーケンばりに声をグルグルに裏返しながら祈念して、音楽と、お料理に励んでゆきたいと思います。ちなみにテンプターズよりアンドレマルローバンド期が断然好きで、ギターの切れ味が刃物のようで、その中でクラゲのように漂うショーケンが・・・次回に続く。

英雄ショーケン

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。