富永寛之 活動スケジュール

1月26日 札幌 fudge
「とみやんのウクレレワークショップ at fudge」
19時~fudge(札幌市中央区南2西5、011-210-5011)
料金3,000円 定員20人でお申し込み先着順



1月27日 札幌 FAMOUS DOOR
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 豊田健(b) 永田充康(ds)
info 011-736-2002

1月31日 仙台 BUDDY BUDDY
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
info 022-748-4852

2月1日 郡山 THE LAST WALTZ
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
info 050-5280-9598

2月2日 浅草HUB
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START 19:20
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
infohttp://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/6

2月3日 千葉・谷津エルコラソン
Chai-Chee Sisters[SARI&YUKA](vo)/富永寛之gt,ukulele/寺尾陽介b

2月6日 八戸 蕎麦おきな

富永寛之ウクレレワークショップ

19:00~青森県八戸市馬場町4
tel: 0178-22-1444
参加費:3500円(蕎麦弁当つき)


2月12日 祐天寺poepoe
「富永寛之ウクレレワークショップ」
http://nofofon.com/workshop-live/ws-tokyo/13529/

2月14日 岡山 ONSAYA
「ブルームーンカルテット」
岡山市 北区奉還町2丁目9-1

2月15日 黒崎 APARTMENT401
「ブルームーンカルテット」
北九州市八幡西黒崎1-13-16 マルエイビル4F
20:00~ ¥3,500
問:APARTMENT401 093-622-0401

2月16日 門司 ブリックホール
akiko Live 2017 with Blue Moon Quartet feat.Chai-Chee Sisters
@Brick Hall
akiko, Chai-Chee Sisters(vo)
Blue Moon Quartet feat.
OPEN 19:00 START 20:00
前売 ¥4500 当日 ¥5000 (1ドリンクオーダー)
チケット受付・お問合せは ブリックホール 093-391-4411 まで

2月17日 佐賀 RAG-G
佐賀市松原3-3-4
「佐賀城下 Jazz Festival 前夜祭」
出演:BMQ/J'z Craze and more!
開場 19:00/開演 20:00前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
問:佐賀城下 Jazz Festival 0952-26-2687

2月18日 佐賀 エスプラッツホール
「佐賀城下 Jazz Festival 2017」
出演:TOKU & 秋田慎治/Shiho & 桑原あい/
akiko & Chai-Chee Sisters & BMQ/
E.Tohyama featuring Grace Mahya
15:30~前売 ¥7,000/当日 ¥7,500
info:佐賀城下 Jazz Festival 0952-26-2687


2月19日 福岡 CLUTCH
「ブルームーンカルテット」
福岡市中央区春吉2-4-14
19:30~¥3,500
info:CLUTCH 092-724-4664

2月20日 広島 Cafe & Jazz Speaklow
「ブルームーンカルテット」
広島市中区紙屋町2-3-23 ARK BLD 1F
19:30~¥3,000/ ¥3,500
info:Cafe & Jazz Speaklow 082-545-3960

2月21日 神戸 喫茶バル cache cache
「ブルームーンカルテット」
神戸市兵庫区荒田町1-16-3
20:00~¥3,500/ ¥4,000
info:喫茶バル cache cache 078-531-5333
メール予約 ticket@cendrillon-g.com

2月24日 大久保 

2月25日 大阪

2月26日 河内長野

2月27日 大阪

3月1日 埼玉・蕨


3/5(sun) 大阪 MADAM PISA

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
中央区東心斎橋1-13-32 宝ビル1F
tel:06-6241-9089
19:00/20:00 ¥3,000-

3/8(wed)高松 黒船屋

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
高松市北浜町3-2 北浜alley
tel:087-826-3636
t.b.a

3/9(thu) 宇和島 bar油屋

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
宇和島市新町1丁目10-6
tel:090-5714-1263
19:00/20:00 ¥3,500-

3/10 神戸 CORAZON

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
神戸市中央区下山手通2丁目5-1
tel:078-219-5392
19:00/19:30 ¥3,000-


3月12日 横浜 ドルフィー
「中間派セッション」

3月18日 渋谷  JZ BRAT Sound of Tokyo
akiko presents "Rockin’ Jivin’ Swingin’ vol.8"
​​​
■Live
akiko(vo)
【Chai-Chee Sisters】
SARI & YUKA(vo)
【Blue Moon Quartet + 1】
富永寛之(g)黄啓傑(tp) 工藤 精(b)
木村純士(ds)上野まこと(ts)
■DJ
TBA
​・Show Time※時間が通常と異なります。
1st Open 16:15 Start 17:30
2nd Open 19:30 Start 20:30
​・Live System入替制 各ステージ 予約¥5,000 当日¥5,500
2ステージ通し(1st&2nd)¥8,000
​・ご予約、お問い合わせ
JZ Brat SOUND OF TOKYO
TEL:03-5728-0168 (受付時間は平日15:00~21:00)

3月19日 渋谷 HOMEVANCAN presents
万感の想いをこめて Vol.12~渋谷HOME 9th ANNIVERSARY

18:00/18:30 ad/ ¥2,000 door /¥2,300
[Guest band]
Vocal:伊勢 浩和(THE SKA FLAMES/Uncaba Authentic Band)
Guitar:富永 寛之(ブルームーンカルテット)
Cornet:黄 啓傑 (ブルームーンカルテット)

TORU SHIGAKI (THE SKA FLAMES)


3月24日 浅草HUB

「ブルームーンカルテット」
台東区浅草1-12-2 1F
19:20~¥1,600
info:浅草HUB 03-3843-1254

3月26日神戸 Kobe SLOPE
神戸市中央区山本通り2-4-27
「第10回 我が麗しき音楽”大人のお花見”フェスティバル2017 」
出演:BMQ and more!
問:Kobe SLOPE 078-252-8030


the 9MILES

【Special guest】Mighty Massa

【DJ】RAS TARO(CLUB SKA)、KAWAME、VOW(a&family)

【TICKET】VANCAN web/ vancanmusicinc@gmail.com
イープラス※1/21(sat)チケット発売

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-23 16:26:33

Two for the Road

テーマ:ブログ

 

3月にギターデュエットをやります。

ここ数年、たま~に一緒にやってるギタリストTAKUとワタクシの2人。

 

TAKUといっても横浜銀蠅の人ではなくて、ヒップホップバンド「韻シスト」のギタリスト。ワタクシは旅するブルームーンカルテットのウクレレ奏者。世代もフィールドも違うはずなのに意味なくギンガムチェックでかぶせてみたり、同じ形の同じ色のギターで出くわしたり、なんか共通するものがあるのだろうか、年に2,3回、2人会をやったりするようになって3年ほど経ちます。

回を重ねるたびにどんどんしっくりいくようになってお互い「またすぐやりたいね~」とイチャイチャしはじめる(ノンホモです)始末なのでちょっと旅にでも出てみようかということになりました。

 

TAKUと最初の出会いは、トランペッターのMITCH将軍に紹介してもらった時なはずなので2012年くらいだったような気がします。ヒップホップを生演奏でやるなんていうセンスの良さに以前から気になっていたので、嬉しいと同時に言葉の遅いワタクシは「もしディスりまくり合戦になったらドモって負けるであろうし」とか、悪そうな仲間を一杯ひきつれてきてオヤジ狩りに遭ったらどうしよう」とか、若干ネガティブな心配をしたことが記憶に残っています。

しかし、そんな偏見に満ちたワタクシの心配など無用で、明るくて謙虚で、「いい奴」だったのです、まぁ当然であるが。

「僕、富永さんの音楽教室の生徒のトモヤと同級生だったんです!!」という告白も受けて、神戸の山奥の鈴蘭台という街でジョーサトリアーニマニアの高校生に毎週マジックサム(シカゴのブルースマン、すぐ死んだ)を仕込んだり、チャーリーパーカー(ビバップジャズの天才的黒人サックス奏者、あらゆる中毒患者)の譜面を渡して「弾けるようになるまで来るな」とか言っていたことを思い出しました。元気かなトモヤくん。そして、変な縁に不思議を感じたのです。

 

そんなTAKUはおそらくワタクシより10歳ほど若年のはずなんですがなかなかオールドスクールなギタリストで、ジャズやブルースをたしなむという変わり種。そう、HIPHOPのルーツをさかのぼるという意味では彼こそ正統派なのかもしれないですね♪彼の参加している韻シストのリズムセクション「韻シストBAND」のshyouやtarowとも仲良くさせてもらっているのですがプレイも人柄もいいノリしててほんとカッコいいんですよね。

 

ちなみにこれは、2人でやり始めたころの動画。今聞くとなかなか新鮮に感じますww

なんでボサノバなんてやったのか全く思い出せません!

というわけで大阪、高松、宇和島、神戸とショートツアーをやりますので、奮ってご参加ください♪

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) TAKU(gt)

3/5(sun) 大阪 MADAM PISA
中央区東心斎橋1-13-32 宝ビル1F 
tel:06-6241-9089
19:00/20:00¥3,000-


3/8(wed)高松 黒船屋
高松市北浜町3-2 北浜alley
tel:087-826-3636
t.b.a

3/9(thu) 宇和島 bar油屋
宇和島市新町1丁目10-6
tel:090-5714-1263
19:00/20:00 ¥3,500-

3/10 神戸 CORAZON
神戸市中央区下山手通2丁目5-1
tel:078-219-5392
19:00/19:30 ¥3,000-

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-23 15:19:04

2017年 富永寛之活動スケジュール(1,2,3月)

テーマ:ブログ

2017年1,2,3月の活動スケジュールです。
1月26日 札幌 fudge
「とみやんのウクレレワークショップ at fudge」
19時~fudge(札幌市中央区南2西5、011-210-5011)
料金3,000円 定員20人でお申し込み先着順


1月27日 札幌 FAMOUS DOOR
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 豊田健(b) 永田充康(ds)
info 011-736-2002

1月31日 仙台 BUDDY BUDDY
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
info 022-748-4852


2月1日 郡山 THE LAST WALTZ
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START t.b.a.
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
info 050-5280-9598


2月2日 浅草HUB
「MITCH ALL STARS LIVE!!」
START 19:20
MITCH(tp.vo) 富永寛之(g) 工藤精(b) 永田充康(ds)
infohttp://www.pub-hub.com/index.php/shop/detail/6


2月3日 千葉・谷津エルコラソン
Chai-Chee Sisters[SARI&YUKA](vo)/富永寛之gt,ukulele/寺尾陽介b

2月6日 八戸 蕎麦おきな

富永寛之ウクレレワークショップ

19:00~青森県八戸市馬場町4
tel: 0178-22-1444
参加費:3500円(蕎麦弁当つき)

 

2月12日 祐天寺poepoe
「富永寛之ウクレレワークショップ」
http://nofofon.com/workshop-live/ws-tokyo/13529/

2月14日 岡山 ONSAYA
「ブルームーンカルテット」
岡山市 北区奉還町2丁目9-1


2月15日 黒崎 APARTMENT401
「ブルームーンカルテット」
北九州市八幡西黒崎1-13-16 マルエイビル4F
20:00~ ¥3,500
問:APARTMENT401 093-622-0401


2月16日 門司 ブリックホール
akiko Live 2017 with Blue Moon Quartet feat.Chai-Chee Sisters
@Brick Hall
akiko, Chai-Chee Sisters(vo)
Blue Moon Quartet feat.
OPEN 19:00 START 20:00
前売 ¥4500 当日 ¥5000 (1ドリンクオーダー)
チケット受付・お問合せは ブリックホール 093-391-4411 まで


2月17日 佐賀 RAG-G
佐賀市松原3-3-4
「佐賀城下 Jazz Festival 前夜祭」
出演:BMQ/J'z Craze and more!
開場 19:00/開演 20:00前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
問:佐賀城下 Jazz Festival 0952-26-2687


2月18日 佐賀 エスプラッツホール
「佐賀城下 Jazz Festival 2017」
出演:TOKU & 秋田慎治/Shiho & 桑原あい/
akiko & Chai-Chee Sisters & BMQ/
E.Tohyama featuring Grace Mahya
15:30~前売 ¥7,000/当日 ¥7,500
info:佐賀城下 Jazz Festival 0952-26-2687


2月19日 福岡 CLUTCH
「ブルームーンカルテット」
福岡市中央区春吉2-4-14
19:30~¥3,500
info:CLUTCH 092-724-4664


2月20日 広島 Cafe & Jazz Speaklow
「ブルームーンカルテット」
広島市中区紙屋町2-3-23 ARK BLD 1F
19:30~¥3,000/ ¥3,500
info:Cafe & Jazz Speaklow 082-545-3960


2月21日 神戸 喫茶バル cache cache
「ブルームーンカルテット」
神戸市兵庫区荒田町1-16-3
20:00~¥3,500/ ¥4,000
info:喫茶バル cache cache 078-531-5333
メール予約 ticket@cendrillon-g.com


2月24日 大久保 soul bar stone
木幡光邦tp黄啓傑tp富永寛之gt

2月25日 大阪

2月26日 河内長野

2月27日 大阪

3月1日 埼玉・蕨

 

3/5(sun) 大阪 MADAM PISA

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
中央区東心斎橋1-13-32 宝ビル1F
tel:06-6241-9089
19:00/20:00 ¥3,000-


3/8(wed)高松 黒船屋

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
高松市北浜町3-2 北浜alley
tel:087-826-3636
t.b.a

3/9(thu) 宇和島 bar油屋

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
宇和島市新町1丁目10-6
tel:090-5714-1263
19:00/20:00 ¥3,500-

3/10 神戸 CORAZON

TAKU&TOMMY [two for the road]

富永寛之(gt) 古川卓(gt)
神戸市中央区下山手通2丁目5-1
tel:078-219-5392
19:00/19:30 ¥3,000-


3月12日 横浜 ドルフィー
「中間派セッション」

3月18日 渋谷  JZ BRAT Sound of Tokyo
akiko presents "Rockin’ Jivin’ Swingin’ vol.8"
​■Live
akiko(vo)【Chai-Chee Sisters】SARI & YUKA(vo)
【Blue Moon Quartet + 1】富永寛之(g)黄啓傑(tp) 工藤 精(b)木村純士(ds)上野まこと(ts)
■DJ
TBA
1st Open 16:15 Start 17:30
2nd Open 19:30 Start 20:30
​・Live System入替制 各ステージ 予約¥5,000 当日¥5,500
2ステージ通し(1st&2nd)¥8,000
​・ご予約、お問い合わせJZ Brat SOUND OF TOKYO
TEL:03-5728-0168 (受付時間は平日15:00~21:00)


3月19日 渋谷 HOME

VANCAN presents
万感の想いをこめて Vol.12~渋谷HOME 9th ANNIVERSARY

18:00/18:30 ad/ ¥2,000 door /¥2,300

[Guest band]
Vocal:伊勢 浩和(THE SKA FLAMES/Uncaba Authentic Band)
Guitar:富永 寛之(ブルームーンカルテット)
Cornet:黄 啓傑 (ブルームーンカルテット)

TORU SHIGAKI (THE SKA FLAMES)

the 9MILES

【Special guest】Mighty Massa

【DJ】RAS TARO(CLUB SKA)、KAWAME、VOW(a&family)

【TICKET】VANCAN web/ vancanmusicinc@gmail.com
イープラス※1/21(sat)チケット発売


3月24日 浅草HUB

「ブルームーンカルテット」
台東区浅草1-12-2 1F
19:20~¥1,600
info:浅草HUB 03-3843-1254


3月26日神戸 Kobe SLOPE
神戸市中央区山本通り2-4-27
「第10回 我が麗しき音楽”大人のお花見”フェスティバル2017 」
出演:BMQ and more!
問:Kobe SLOPE 078-252-8030

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-20 14:26:52

ソウル定点観測

テーマ:ブログ

久しぶりに韓国・ソウルに行ってきました。

 

もう何度この街にやってきたのかわからないくらい来ているんですが、年々スマートな街並みに変わりゆくのを感じながらもそろそろ定点観測スポットに行かないとと思い夜便発早朝便戻りという韓国渡航の人民列車ともいえる、村上さん的に言わせると「限りなく1泊に近い2泊」な、いつものやつです。

 

入国が異様に簡単なのも韓国のお手軽なところです。

インチョン空港入管にて。

 

ソウル市内には今時は電車が直通しているのですが、やはり昔ながらの「一般ボス」で行くのが風情があって好きです。ボスといっても、YAZAWAバンドのサックスのスネイクさんがYAZAWAに飲みにつれて行ってもらったバーで「ボス、ここで吹いてもいいですか?」と訊く、そのボスではありません。韓国訛りの「トラべリンバス」のこと。

要約すると空港から市内までバスで行きました。

 

いつもは大体中心地の旅館(モーテル)に潜伏するのですが、今回は観光や送迎のない(コレ大事)ツアーパックがお得だったので宿も付いていて、2泊3日往復で15000円みたいなやつ。しかし飛行機の会社や時間、ホテルの場所が渡航の1週間前になるとわかるというロシアンルーレットのようなシステムで、清涼里(チョンヤンニ)というソウルの東側だったので直通ボス(ボス、ここで吹いても・・・ではない)に乗り込んで70分くらいで清涼里に到着。この時点で24時超過。

 

このエリアは来たことはあるけど潜伏もしたことない上に深夜ということで静まり返った景色(編注:行くとこに行けばメンズワールドとして活気はあるはずです。)

大陸性気候独特の底冷えの中、屋台で韓国式焼き鳥「コチ」と焼酎で初日は撃沈。

 

起床とともにソウルの西側エリア、西大門(ソデムン)に向かいます。

「ハノッチ」という大好きな昼飯屋があるのです。

 

自家製の古漬けキムチをもとに、チゲ(鍋)とチム(煮込み)を出してくれます。

キムチチゲ

キムチチム

 

8か月は熟成されるというキムチのコクと豚肉の風味が食欲をそそります。

特にこのチムという煮込みはホロホロな柔らかい肉で、各種の旨味がショート寸前な感じ。

シチューとかトマト煮とかそんなヨーロッパやスペインの街並みが頭をよぎることも可能です。

チーズとかトマトとか合いそうだな、シバかれそうだけど。

 

食後、鐘路3街に行く。楽器屋街は少しづつ洗練されています。以前は、中古ピアノにハケでペンキを塗りながら海苔巻食べている店主とか、PAセットで爆音のトロット(韓国歌謡曲:日本の演歌の元ネタになっている)のカラオケがエンドレスで流れて、近所の老人が踊ったり、それを見物しながら薄い韓国ビールを飲むという楽しみがあったのですが、今はどうなんでしょう、2階しか行かなかったのですが、どうやら他のフロアはまだまだヤバいみたいです。

そして廣蔵市場(クヮンジャンシジャン)に繰り出します。

韓国はいろんな食べ物がありますが、いつも心の上位ランキングにあるのが「ピンデトク」というもの。

要はチヂミなんですが、小麦粉とかではなく小さな豆を石臼で潰して、それを生地にして白菜の細切れを混ぜて油で揚げ焼きするという、名前通り「貧しい餅」という安い屋台料理。

ここクヮンジャンシジャンの通りの真ん中を占拠する屋台の多くがピンデトク屋台なのです。

酢醤油に生タマネギという、それだけで健康オタクの常備菜みたいなタレにつけて食べるピンデトクは外はカリカリ中はホクホクで、豆と野菜の強い香りが油でブーストされて軽いオーバードライブがかかっている状態です。これにはマッコリが合います。

ペットボトルで流通するソウルのナンバーワンブランド「長寿(チャンス)マッコリ」でコレを流し込む午後のひととき、言わばカフェタイムなのです。

ピンデトク1枚4000W、マッコリ1本3000Wで二人で楽しめるくらいの音量です。

昼から照明も人も電圧220V、どうやらこの街の背景には電圧が関係しているようです。

衣服、食糧、日用品を売る有名市場、しかし食べる人、飲む先輩が多いです。

大通りの間にはたくさんの路地がありますが、それぞれ専門店通になっていて、ここはユッケ通り。

ユッケと焼酎、チェイサーにビール。ブランドはCASS(カス)、ライトビールの中でもひときわ薄めな韓国ビールは、中国サントリーやアメリカのバドライトが大好きなワタクシにはすごく口に合います。

 

ユッケ屋が並ぶ路地の中ほどの特に賑わう店で頂きましたが、綺麗な赤身肉をアジュンマ(おばさん)が軍手を真っ赤っ赤にしながら薄切りにしてゆくマニュファクチュア実演を見ながら青唐辛子を味噌につけて食べたら大当たり。

唐辛子には凄く辛いのとあまり辛くないのと2種類あるんですが、そんなに辛くないのを食べていてもたまに当たるんです「とんでもない辛いやつ」に。いわゆるピーマン系によくある「先祖がえり」という現象で、シシトウでもたまに当たるでしょ、それの強力なやつです。ルーツを大事にしなさいと言われているような気分になる深読みソウル。

そんなときには水もビールも絡みがブーストされるだけ。そう、特効薬は焼酎、すっと治まりますが治めるために2杯は飲むので(しかも韓国は基本一気、梶原一騎の最後の妻は台湾人、余談です)顔が赤らむ。そして懲りもせずまた唐辛子をかじる。の無限ループの意味は店内で真昼間から盛り上がる諸先輩方を眺めれば一目了然です。

 

 

 

盛り上がりましたが、一旦宿界隈に戻って、コーヒーでテンポを落としてトーンを絞ろうとしたら清涼里伝統市場(チョンヤンニチョントンシジャン)を発見。

手元もアンプも一気にフル天になります。

ピンデトクやユッケを食べたクヮンジャンシジャンも素晴らしいのですが、言わば築地とか黒門市場とか魚の棚とか、そういうニュアンスを含む場所なので、どこかローカルな市場ないかなぁと思っていたので嬉しくて嬉しくてとても宿に帰る気がしなくなり暗くなるまで広大な市場エリアをグルグル深呼吸しながら徘徊しました。

 

アーケード付きのエリアと青天井のエリアが混在して、道も湾曲しているので結局全貌は掴めなかったものの、生鮮食料品、屋台飲み屋、卸売生活品なんでも揃う雑多な感じは「生きる強さ」溢れる素晴らしい風景でした。

少し離れるとこういう路地も多いです。朝鮮式家屋に混じって日帝時代の日本家屋もまだいくつか残っていました。リヤカー、三輪バイク、でも美観保存しているわけではなくただの日常。

歩いているといろんな匂いが5.1chサラウンドで目の前に覆いかぶさってきます。音楽的な街、韓国。李リトナー、チックコリア、どうもフュージョンっぽいが。余談です。

 

「母さん、あの匂いはどこにいってしまったんでしょう!?」と記憶のある匂いで振り向いたら焼きアナゴの屋台飲み屋でした。

白焼きのパダチャンヲ(アナゴ)を積んであって、注文を受けたらそれにヤンニョムタレを塗って網焼きにして出してくれます。

愛川欽也似のハルモニ(おばあさん)が一人で切り盛りして、強力なセンパイ達を適当にイナしながら焼いてくれたアナゴ焼きジョナさんセット。アナゴ2匹、マッコリ1本つけて13000W。

韓国の沿岸は砂地が多いので当然アナゴが美味しく、我が地元瀬戸内海のアナゴにまったくヒケをとらない素晴らしい風味でした。

味噌つけて葉っぱで巻いてもアナゴ感が強く残る、いい体験でした!

デザートにアンコ入りホットク(韓国式ドーナッツというかホットケーキというか)

この直後に「うんこ」が大量に出ました。余談です。

この後、少し休んでから再び鐘路3街へ。

 

久しぶりにピマッコルという路地にあるマッコリ屋さん「コカルビチプ」へ。

鐘路とインサドンの間にあるこの店の界隈、再開発でもういつ無くなるかわからないような状態と聞いていたので不安になりながらやってきましたが、他の店が閉まっている暗い路地の中、ここは営業していました。

 

どう考えても平屋のバラックを無理矢理2階建てにして1階を店舗、2階をマッコリ酒蔵にしている非常に天井の低い造りはそのままに、名物ハルモニが迎えてくれます。

注文は不要で、人数を言って案内してもらって座ったら自動的にこのセットが出てきます。

金タライに入って出てくるハルモニ自家製の生マッコリは、清涼感とコクが同居する甘酸っぱい味で、カルピスソーダにヨーグルトを足したような自家製ならではの美味しさ。

アルコール度数は体感せいぜい5~6パーセントくらいで飲みやすく、セットのホッケ焼を粗塩で食べながらマッコリを飲んで、、、、、また無限ループです。

閉店時間間際で、最後はお客はワタクシだけになりましたが、ハルモニが話しかけてくれました。「あんた!!前にしょっちゅう来てた日本人でしょ?今回は久しぶりだね~、相変わらず美味しいでしょ?ゆっくりしていきなさい」と言っている。

学生、若いサラリーマンや軍人が街で安く飲める店として長い間愛されてきたお店だけあって、さっきまで隣に居たそれなりに身分のある中年男性団体たちも若いころを懐かしんでハルモニに会いに来てました。

、マッコリの量すごく多くてセットで1人前8000W程度という破格を貫いてくれている心意気がついつい贔屓にしてしまいます。

 

朝4:30にはホテルを出ないと始発に間に合わないので、チョンヤンニに帰って駅からホテルに戻るところで裏路地を通ったがためについ立ち寄ってしまった鍋屋。

 

タラ鍋で打ち上げてしまいました。

旨いが辛い、だから焼酎で治める。そして旨い、が、辛い。 無限ループ民国。

タラ、白子、セリ、冬の韓国に来て鍋を食べるのはほんと何よりも旨いと感じます。

 

そして結局30分だけ横になって、そのまま一般トラべリンボス(ボス、ここで吹いてもいいですか?ではない)に乗り込んでルイジアナではなく成田を目指しました。

 

チョンヤンニチョントンシジャンでいくつか買っておいたアタッチメント類を眺めながら、ニヤニヤ。 生ゴマ油をついにゲットしたので食卓の様相がすこし変わりそうです。

 

 

上海行ったり、ニューオリンズ行ったりしててソウルが手薄になってしまっていましたがワタクシの大事な定点観測スポットなので今年は何度か遊びに行けるといいなぁと思っています。

ディープコリアの世界はもう消えたのか?なんて案ずるなかれ、まだまだ探せるなぁと思いました。

チャルモゴスミダ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。