富永寛之 活動スケジュール



9月15日 赤坂赤坂 Bar GRANVIA前路上(港区赤坂6-13-3)
木村おうじセッション
菅野淳史(tp)富永寛之(g)鳥山穣(b)おうじ(ds)
開演 18:30から2セット
※入場無料
問:Bar GRANVIA 03-3505-3123


9月16日 札幌 Dexie Roux (Mitch all stars)
MITCH(tp.vo)富永寛之(gt)辻'Z2'佳孝(p) 豊田健(b) 永田充康(ds)
info http://www.dixie-roux.com

9月18日 水戸千波湖畔野外特設ステージ(茨城県水戸市)
出演:BMQ/石塚隆充/FRIED PRIDE/小沼ようすけ/SHANTI/森田真奈美トリオ feat.市川愛/
丈青TRIO
開演 11:00-21:00
前売 ¥5,000/当日 ¥6,000
問:GIRL TALK 029-225-0050
チケットぴあ 0570-22-9999 P-コード 302-900

9月25日 祐天寺 poepoe (富永寛之ウクレレワークショップ)


9月28日 高円寺 ムーンストンプ (中間派セッション)

10月2日 武蔵小山 hanare (TARO&TOMMY)

10月4日 高円寺 ムーンストンプ(大橋諭セッション)

10月6日 飛騨古川 リトルビレッジjr(ブルームーンカルテット)

10月7日 金沢 もっきりや(mitch all stars)

10月8日 氷見

10月9日 富山 

10月13日 神戸 CORAZON (MITCH&TOMMY)

10月20日 浅草 HUB (ブルームーンカルテット)

10月27日 東京 (MITCH&TOMMY)

10月30日 高円寺 

11月4日 豊橋 ハウスオブクレイジー(MITCH ALL Stars)

11月5~6日 岡崎ジャズストリート(mitch all stars)

11月12~13日 新宿トラッドジャズフェスティバル(ブルームーンカルテット)

11月14日 横浜 ドルフィー (ブルームーンカルテット)

11月20日 銀座 SWING (チャイチーシスターズ)

11月26日 高崎 (MITCH ALL STARS)

11月27日 長野 (MITCH ALL STARS)

12月12日 神戸 チキンジョージ(ブルームーンカルテット)

12月13日 福井(ブルームーンカルテット)

12月15日 浅草 HUB (ブルームーンカルテット)

12月20日 松山 MONK(ブルームーンカルテット)

12月22日 大阪 ニューサントリー5(ブルームーンカルテット)

12月23日 児島 ナッシュサーフアメリカン(ブルームーンカルテット)



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-19 19:31:31

夏のおもいで

テーマ:ブログ

2016年夏のおもいでを写真で綴ってみました。行った場所、会った人、時系列はバラバラ、ハートは赤いバラ。

にこやかに演奏するブルームーンカルテット

5月から9月頭まで全国を旅していたBMQ、まぁ各地にそれぞれの思いがあるわけで、基本好きな場所にしか行かない、というか、好きなことしかしないをモットーにしているワタクシが活動しているバンドなんだから当然全て楽しいわけです♪

これはオホーツクにある興部(オコッペ)という街のイカしたスナック「さくら」が会場ですね!

北海道の地方部ではスナックといってもかなりの大きな空間なことが多くて、ここのチーママをやってるふきちゃんが我々を招へいしてくれるわけですが、バンドは全くノーストレスでひたすら演奏するだけってことで自然にこんな笑ってしまいます。 酒飲みの多い会場なので、ひたすらワタクシとコちゃんの会話に参加してくるお客様の血の染みた一言一言にこちらが笑わせてもらいましたww

 

 

 

 

 海の景色

夏はワタクシの季節です。なぜならそこに海があるから。

綺麗な海といっても人それぞれに好みがあるのでしょうかね、ワタクシは岩場、磯、日本海。

サザエは角が生えてるものが良し、イシダイの居るポイントは大当たり、空を舞うトンビの声を聞きながら海の森の上を低空飛行と見立ててひたすらフィンをこぎ続けます。

 

スカフレイムスの伊勢さんと

 

二人とも笑顔でしょ。これは墨田区だったか、調理室付きの施設で料理を作って呑むというイベントにライター宮内健くん(ex, bounce編集長)が誘ってくれて、ワタクシはアホの一つ覚えでチキン南蛮とか作って振る舞い、伊勢さんは「イセリアン」と称してカルボナーラを作ってくれました。音楽と料理、この共通項をこよなく愛する同志ですね。

 

 ブルームーンカルテットの黄啓傑くんと

津山のケーキ屋さんcake walkerの地職夫妻とライブ翌日、cake walkerの横で恒例のバーベキュー。津山は牛肉の産地なので肉やホルモンで火災寸前に焼いて焼いて焼きまくりました。なぜワタクシが裸かというと、暑かったからです。暑くても乳首は立つんだということを立証したあとの一枚なのですが、完全にチーチ&チョンですね。ちなみにコちゃんの髭とタレサンが沖縄コザのロックの先輩「古堅タカシさん」にそっくりであります。

 

 

マルオ

チーチ&チョンと同じ日、津山のマルオと。

顔は怖いが心は優しい男。

マルオは17年くらい前から知ってて、当時は極度の不良でハコスカに乗ったり、人生劇場というバンドをやったりで、ライブにもよく来ては会場の最前列にゴザを敷いて一升瓶をラッパ飲みしながらツイストを踊るというスタイルで良く記憶にありましたね。

ある日、彼は公園でバーベキューの時にガスボンベの爆発事故に遭い、九死に一生を得て奇跡的に復活、今ではBMQの津山公演のときはいつもYAZAWAを歌ってくれるのが恒例になっています。 動物が好きで、好きすぎてネットのかわいい動物とかを見て泣いたりしていると聞きます。彼とジャムったり翌日に一緒にバーベキューしたりするのがいつも楽しみです。

 

 もっきりやで歓談

金沢のフリーコンサート「ウクレレパイナ」に呼んでもらって、前夜祭で古巣もっきりやに行くと

「あ!キヨシさんやん!、あ!校長先生やん!」となりました。

左、日本で一番好きなウクレレ奏者キヨシ小林さん、真中は、ワタクシがウクレレ教室を唯一レギュラーでやっているハワイアンショップ&スクールの校長先生、関口さん。皆さんにはサザンオールスターズのベース奏者と言ったらわかりやすいかもしれませんね。

右は最近「ミスターオモニ」というa.k.aが流行し始めたワタクシ富永寛之。確かに、彼らとは15歳以上年が離れているのですが、差を感じません。。。。老けてますね。

 

 

キヨシ&トミー

音楽家なんて、会話していたらすぐもどかしい気持ちになります。てことですぐジャムです。キヨシさんはギタリストでもあるしバンジョーも上手だし、まぁ引き出しの多い達人なんですが小さな体に大きな心、こんな素敵な豆おじさんは彼しか居ません。楽しすぎて翌日も深夜までジャムセッションをやってしまいました。

 

 幽体離脱

年を重ねるたびにどんどん似てくる工藤精とワタクシ。これは天満の昼呑みの際の1コマ。

もう長らく彼とタッグを組んでいますが、こうやって休みの日でも一緒に飲めるという気さくな人がワタクシは大好きです!このあと六反の河内音頭を見に行って、本場のディープなビートに圧倒されて二人して泥酔しましたww

 

 

 久しぶりの友

中洲ジャズで隣のステージだったので見に行ったバンバンバザール。ワタクシが卒業してからもう4年か、その間2人とは一度も会わなかったので懐かしかったです。

バンバンバザールは変わらないバンドでした、これぞブランドなんだなぁと感心して鑑賞、当時そのままやってて、そのほとんどは僭越ながらワタクシがアレンジさせてもらったものなのですごく嬉しかったです!黒川にも福ちゃんにも挨拶できたし、打ち上げでは黒川とザブケン君の伴奏でセッションしたし、お互いこうやってまた現場で会えたのが良かったです。

黒川は福岡でラジオパーソナリティーをしているとのこと、これは是非応援しないとね!ていうか番組に出演させろww

 

 MITCH ALL STARS

ミッチとツアーもしたのですが、名残惜しくて、メンバークレジットされていない札幌のライブにふらっと遊びに行ってきました。いつも彼との演奏に刺激をもらっていましてね、この夜も当然刺激鳥塚なワイルドワンな時間でした。

 

 YAMの絵

 

八戸の大好きな友人一派があります。ソールブランチカフェと蕎麦おきな。ここの人たちの感性が素晴らしくて、YAMの個展に行きました。

普段から、服とか絵とか、なんかそういうアート的なものに関して、良さがわからないことのおいワタクシ、絵など見て、しかも友達の絵だし、見て良くわからなかったら感想も言えねぇなぁ、困ったなぁなんて思いながら拝見していくうち彼の世界に引き込まれていました。言葉の少ない彼は、絵や太鼓や写真で表現している、そう、実は彼は多弁な人だったのだと作品を見て感じました。

この深海のような群青色のおじさん4人はブルームーンカルテットだそうです。

何を感じてこの不気味なカラーリングなのかは彼にしかわかりません。もうすこし明るく彼に感じてもらう努力をしようと思いました。

 

ウクレレ

 

見た目と、明らかにスペック高そうで、それでいて安いという3拍子で、ついついアマゾンでぽちってしまったゴダンのウクレレ。生音はなんか変わった音がするのですが、ラインにアウトプットすると綺麗な音色で、しかも太い音がするので気に入ってちょくちょく使い始めています。

独立PUなのでウクレレでよく起きる問題「各弦の音量が合わない問題」が起こりにくいという利点だけでも、ワタクシのようにリズムセクションを従えて演奏する人間としては非常に魅力的であります。

 

老人と海

 

父智久院のブログ初登場ショットは、淡路島での潜水前の1枚。

思い起こせばまだ幼稚園に入るか入らないかな時に彼に海に連れて行ってもらって潜水を覚えたので、ワタクシの先生なのです。

昭和13年な高齢な上に体が元気なので、いまだに大声でどなり散らすクソジジイなんですが、海を見ると優しくなります。海っていいですね。

昨日と正反対のことを主張したり、思ったことを誰にでも100パーセント口に出したり、医者を絶対に信用しないとか、パンの耳は絶対に食べなかったり、自民党のバッジを付けているのに新聞は赤旗が届いたり、週1くらいはだれかと喧嘩してたり、とにかく嫌なことを絶対に我慢しないスタイルな故に突っ込みどころが満載のレジェンドに少しづつワタクシも近づいているように思っています。

 

 

そんな2016年夏でした。おかげさまでブルームーンカルテットのアルバム「リクエスト」が予想を大幅に上回る好評いただいています、あらためて有難うございます。

「あ、どこかで聴いたことあるメロディ♪」とか

「唄が入っていないから会話の邪魔にならないわ♪」

「亡くなった母が大好きだった曲が入っていました」

「工藤さんの低音で官能的な気分になっています、、」

とか、いろんなご意見いただいています。

特に流通もしているわけでもなく、入手経路の限られた作品ではありますが、ここはひとつ我々の静かなメッセージに気付いてもらえたら幸いです♪

 

お問い合わせ、購入希望の方は

bluemoonquartet2009@yahoo.co.jpまでメッセージお待ちしていますね!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-24 10:30:02

リリース情報など♪

テーマ:ブログ

2016年も上半期を終えようとしていますが、ただいまブルームーンカルテットの夏ツアーの束の間の休息でようやく3分の1終えたあたりかなといった感じ。知らず知らずのうちに活動の中心が夏になって、ポストTUBEを自称して久しいのですが、春の間にコツコツ録音に参加していた2枚のアルバムがリリースされましたのでお知らせ。



まずは、チャイチーシスターズのアルバム「ガールトーク」


近年、ジャズシンガーのakikoと活動することの多かったことから彼女のプロデュース作である本作にも参加させていただきました。


チャイチーシスターズというのはSARIちゃんとYUKAちゃんの二人組のガールポップ色の強いジャズグループで、akikoのバックコーラスをしたり、各それぞれにソロシンガーをしているんですが、以前から美しいハーモニーやファッションがどこか懐かしい感じがして個人的にも大好きだったんです。


ピアノは納豆を愛してやまない小林創、ドラムは菅井きんに似ている大沢きみのり(bloodest saxophone)、ベースはライブの休憩時間に見たらたいがいカワイイ女の子と親密に話していることで有名な寺尾陽介、我が主席の黄啓傑も数曲吹いてくれています。

好きな仲間ばかりが関係して出来上がったアルバムなので素晴らしくないはずはないですね。元来のチャイチーの持つ魅力をakikoがあますとこなくハイセンスに引き出した作品になったのではないでしょうか?JAZZがポップミュージックとして流行していたころの空気が詰め込まれながらも現代の音楽になっています。


ガールのトークを覗き見するような携わり方でワタクシ本作には沢山のトラックでギターやウクレレを弾いています。選曲なんて、偶然か必然か大好物だらけでニヤニヤしてしまいます。是非聴いてほしいですね♪

http://store.universal-music.co.jp/product/pocs1456/




そして同発リリースのakikoのデビュー15周年のコンプリートアルバムは5枚組全50曲のBOXセット。

新録のものに数曲参加しています。

ツアーしたり、船に乗ったり、録音したり、イベントやったりと、いろんな環境で彼女と演奏してみて思うのですが、自然体の名人なような気がするのです。個性は強いがエゴのない、そして自分をプロデュースすることができる、、そんなシンガーってなかなかいないと思うなぁ。これからも大好きです!

http://store.universal-music.co.jp/product/pocs9134/?sci_refl=1




さて夏仕度ということでアロハシャツが先日到着しました。

沖縄のキヨサク(MONGOL800)が手掛けてるブランド aloha brossom。

今や体型がワタクシとほぼ一緒で、しかも近年はウクレレの弾き語りもやっていたり、同じプリアンプ使ってたりと、何かと共通項の多いデブ友の彼が着ている時点で、「これならサイズがある!」と変な着目の仕方をして早速ゲット。ちなみにピンクのアトミック柄はキヨサクの見立て。暑い夏を楽しく過ごせそうです♪

アロハ柄のワンピースやサンダルなど、女性も気になるアイテム一杯なのでお勧めですよ~

http://alohablossom.com/




さてこれからのスケジュールです。


6月25日(土) 尾道 ら・ ぽると (広島県尾道市土堂2-9-19)
開場 18:40/開演 19:30
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500(ドリンク別)
問:細谷 090-6439-1053

6月26日(日) 西条 HOTEL GRAN CASA(広島県東広島市西条本町17-13)
franc's 17th anniversary festa
BLUE MOON QUARTET in HOTEL GRAN CASA new album release party 2016

開場 15:00/開演 15:30
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500(ドリンク別)
問:franc's 082-421-5896
メール予約 ticket@francs.jp


6月28日(火)
加東市
PINK HOUSE(兵庫県加東市藤田307)
開場 18:30/開演 19:30
前売 ¥3,500/当日 ¥4,000(ドリンク付)
問:PINK HOUSE 0795-42-6776

6月29日(水) 梅田 NEW SUNTORY 5(大阪市北区曽根崎2-10-15)
開場 17:30/開演 19:30
料金 ¥1,800(要ドリンク&フード オーダー)
問:
NEW SUNTORY 5 06-6312-8912

7月5日(火)
浜松
エスケリータ68(静岡県浜松市西区大平台2-48-30)
開場 18:00/開演 19:00
料金:¥3,000(ドリンク別)
問:
エスケリータ68 053-485-9968

7月7日(木) 大阪 Madam PISA(大阪市中央区東心斎橋1-13-32 宝ビル1F)
開演 20:30
料金 ¥3,000(ドリンク別)
問:
Madam PISA 06-6241-9089


7月8日(金)
松江
MUSIC BAR Birthday(島根県松江市寺町203-1)
開演 20:00
料金 ¥3,000(ドリンク別)
問:
MUSIC BAR Birthday 0852-21-0120

7月9日(土) 境港
喫茶クロ(鳥取県境港市中町26)
開演 19:00
料金 ¥3,000(ドリンク別)
問:
喫茶クロ 0859-44-2086


7月10日(日)
津山
地味庵(岡山県津山市伏見14-1)
開場 19:00/開演 19:30
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500(ドリンク別)
問:
地味庵 0868-24-6266
CAKE WALKER 0868-25-2551

7月11日(月) 岡山 hair attic(岡山市問屋町7-102 Booth BLD South Wind 201)
開場 19:00/開演 19:30
料金 ¥3,000(1ドリンク付)
問:
hair attic 0120-113-931

7月15日(金) 京都 West Harlem(京都市中京区紙屋町366 レイホウ会館 B1F)
問:
West Harlem 050-1016-0099

7月17日(日) 大紀町 ひのき家(三重県度会郡大紀町滝原870-34)
開場 18:00/開演 18:30
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500(ドリンク別)
※小学生以下無料
問:ひのき家 0598-86-3709

7月19日(火) 弘前 専求院(青森県弘前市新町249)
問:専求院 0172-32-7777

FREE LIVE!!





7月21日(木)函館 ブルーポイントアネックス (北海道函館市本町4-26 4番街グリーンビル)
開場 19:00/開演 20:00
前売 ¥3,500/当日 ¥4,000(1ドリンク付)
問:yurry.antoyanet@ezweb.ne.jp (ゆめこ)

7月22日(金) 札幌 公演決定!!

7月23日(土) 増毛 千石蔵 (北海道増毛町稲葉海岸町53)
開場 17:30/開演 18:00
前売 ¥3,000/当日 ¥3,500(1ドリンク付)
問:080-9610-6434(長井)
メール予約 betterdaysgen@gmail.com

7月24日(日) 興部町 スナック さくら(北海道紋別郡興部町本町)
問:スナック さくら 0158-82-3318


その後も続きますが、追ってアップします!


そしてブルームーンカルテットオリジナル本染めてぬぐいの2016年バージョンが間もなく発売です!


昨年は紺色でしたが今年は新色、「ターコイズ」です。良質の生地を伝統の染技術で丁寧に作られたお値打な一品、1本1500円のファンサービス的なお値段で提供させていただきますね。

6/26の広島県西条の公演より売り始めですが、限定200本ですのでどうしてもお求めになりたい方は代金引換通販も承りますのでブルーフィルムプロダクション通販 bluemoonquartet2009@yahoo.co.jp  に住所氏名連絡先電話番号を明記の上お送りくださいね。(代引送料手数料は一律500円で承っています。)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-06 11:21:03

酔って酔わせて神戸

テーマ:ブログ

春から夏へ、ワタクシの好きな季節です。だいたいにおいて夏から秋、秋から冬、ボーダーな、潮目とも言うべき領域が好きな趣向は音楽でも同じで、人種や文化が交錯するポイント、例えば、上海、マカオ、ニューオリンズ、東京、そして神戸など。好んでいると似たような感じの人が集まってきます。


先日テソンリーと行く神戸下町探訪と称して湊川新開地をめぐってきました。


テソンリーとKちゃん(キングブラザーズ)と、ワタクシ。


 ドレスコードはアロハシャツで白昼に集合した3人はバンドマンなのに音楽の話はあまりしません。

いすず117クーペの錆びるポイントについて、倒壊寸前の奇跡のうどん屋「伊勢屋」のおっさんの指のダシについて、ついて各語り口で展開するだけです。という意味では音楽的かもしれないですね。


 中島らも級の超低速語りのKちゃん、元パンクのくせに妙に文化的なテソン、ワタクシは1つの話題に30秒以上かけないスタイルでジャムっています。
湊川新開地に魅了されたのは最近なんですが、子供のころはよく湊川公園でギターを弾いたりしていて、そのころから変わらないのが囲碁や将棋に勤しむ先輩達。


 写真の風合いで妙に「木漏れ陽感」になっていますが、言うとこれはレンズに着いたワタクシの皮脂そのもの、ありのままのワタクシの結果そうなっただけで、実際はもっと「気迫」があります。何なら握ってる感すらあります。



公園を抜けて山側に広がる今時珍しい賑わう商店街「東山商店街」のはずれにある串カツ「稲田」 を目指します。


 1本90円、串の数でお会計、お酒は近所の酒屋で買って持ち込みです。腰は曲がっているがスピード感のあるおばあさん、ホンコンに似た大将が揚げる串カツは卵を使わないあっさりめの衣ですごく美味しいのです。

 ホンコンはワタクシ達が帰るときに持ち込んだビールの空き缶を貰ってくれる優しさ。持ち込んでるのに申し訳ないので聞くと「カンカン集めとうルンペンがおるから取っといたんねん」と流ちょうな神戸弁で更なるホンコンの優しさに包まれて胃の内壁の油コーティングも完了、坂を下ります。




そしてのり巻を食べに「ひかり」 へ。


 お好み焼き屋で、一風変わったのり巻を出してくれる店なんだけど、マシン化したおばあさんが手を止め、一旦退席。赤いベレー帽をかぶって再登場「おにいちゃんら帽子かぶっとうからわたしもな。」と仕上がったお好み焼きを綺麗にのりで巻いてくれました。おそろいやがな。


 チューハイをグビグビやりながら先日のライブお疲れ様的な話になりかけるもやはり余談に流れていすず117クーペの三角窓について、倒壊寸前の奇跡のうどん屋「伊勢屋」のおっさんの汁をこぼす回数について談話しているうちに遂に酔ってくるわけです。


 3人集まればやはり源八で寿司をつまもうということになり、ハマチ、マグロ、イカ、カタカナで書ける肴を中心に楽しみます。1貫70円とか100円くらいの安いお寿司なのにネタが異様に大きくていつも満足ですが

熟年アベックの痴話喧嘩、先輩の武勇伝、ネタの宝庫でもあるおやつ時間の源八は食事よりも余談をインプットされて満腹トリオです。



 かつては神戸の中心地だった湊川新開地、しばらくは三宮にその座を譲り、閑散としているかと思いきや、ローカルタウンとして生き続けて熟成も進み、今ちょうと旬なんじゃないでしょうか?

中華屋で謎の酒を飲んで沈没したり、この前行ったハンバーガー屋さんは想像を絶する美味しさだったり、友達の喫茶店でライブやらせてもらったりと、まだまだ面白いことがたくさんなのでさらに探検したいと思います。


探検ばかりしていたわけではなく、開発をしていました。

これが開発の成果です。

 2016年ワタクシモデルのウクレレのオプションのハードケースなんですが、生涯大切にしているギリギリアウト感を今回も表現してみました。これを持って全国のTOMMYに入店して店員の視線を感じることができるおまけつきです。これは売っても全く儲からないから、儲かるものを作ったらいいのにバカだな~と自分でも思うんですが、面白い事って商売と関係ないところにしか存在しないような気がしています。。。

だって、稲田の串カツのホンコンなんか何千本売ってもあんなもん儲かるわけないでしょ、だから面白いんだよね。





 中身はコレ。いつもワタクシのウクレレ作ってもらってるTruthの富永寛之モデルの最新作、トラ目のメイプルボディ、コンサートサイズに少しだけネックを延ばして弾きやくすなってます。完全ハンドメイドで時間かけて製作してますがやりくりして129800円というありえない低価格に出来た結果、ぜんぜん儲からないですww

詳しくはこちら

既に多数のご注文やお問い合わせを頂いてまして嬉しすぎてこの夏はウクレレばっかり弾こうと決めました。


写真に写っているピュアウクレレは付属していませんが、絶対入手した方が身のためですね、弾けばわかります。ワタクシは、コレ無しではもう演奏できません。


5月28日発行のウクレレフリーマガジン「ローリングココナッツ」 にワタクシのインタビュー、新作、そしてこのウクレレのことなど掲載されているので是非チェックしてみて下さいね。


そして、やけに好評なブルームーンカルテットの新譜「リクエスト」持ってツアーが始まってます!

全国のYAZAWA好き、ウクレレ好き、ファッションセンターしまむら好き、Wヤング好きは集合。

公演スケジュールはブルームーンカルテットブログ「サランヘヨ神戸」 でどうぞ~。



それにしても旅な日常で、最近ではワタクシの少し残っている関西弁から想像するのか、「富永さん関西にすんでいるんですか?」という一連の噂が飛んでいますが、これは昨年出た「北海道移住説」、10年ほど前に出た「ソウルに愛人説」などとともに特に肯定も否定もしないスタイルで今年も行こうと思っています。


恋は大人のだまされごっ~こ~♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。