テーマ:

   
   
今の時代、
自分が本来 持ってる能力を活かして自分らしく生きること、
素直に自分らしく生きられる場所。
ソレって、本当に少ない。と思う。
俺は今まで、そういう人に直接 巡り遭う機会も あんまりなかった。
俺自身にも問題あってな。…みなさんとは違って、残念なことに

   
例えば、「ソレが可能になる」と勘違いした若者が、
当時、毒ガス事件やマイクロウェーブで人を生きたまま焼き殺したりした
あの教団に行っちまって、馬鹿を見た。
世間にカネを積んだ上層教育も、教団の教義も、どっちも騙されだけだ。
   
自分に正直に、
自分がやりたいことをやって生きて行こう!
と、前向きに決めた人のうち、
「なるべく他人の迷惑にならないように」
そう心がけてる人ってのは、ある意味、
今後どこかで、ひとつに統率されなければならない…と思う。
それは、権力でもなければ何かの宗教宗派によるものでもない。
およそ自分に見当もつかない財力におののいて従ってみたり、
ある特定の思想や洗脳教育によって束ねられるモノじゃなくって、
自然の成り行きの中で…。必ず。  (…もちろん、赤組の思想とも違うぜ
   
でもそれは、今後これから、ずっとあとの話になると思う。
俺が指揮するわけじゃないし、俺がそうしたいわけでもない。
この先、自分達の未来に、
T3のジョンやマトリックスのネロのような人物が現れるわけでもない。
現実にぶつかって直面してる問題から
誰もが目を逸らすことはできず、
今よりもっと大勢の人が、自分自身から逃げられなくなったあとで…
…堅苦しく云うと、人類の底辺の部分に大きな革命が勃るべき時。
それを見逃さずに生き残った人達が構成する社会、世の中の営みの中で
実現される。…おそらく。
それでも、魂の成長を減速させてしまうほど、今はもう…。
   
こういう俺の云い方だと、意味が通じなくなるよな。
どうすりゃいい? 
また以前のように、“誰も読みもしない童話”とかだけを
黙って書き続けてりゃいいのか? 
   
まぁ、誰に どこまで通じるか通じないか。
そんなことを考えるほど立派じゃねぇしな。
   
よし、続けさせてくれ。
   
   
今までちゃんと機能して遣えたモノが
完全に遣えなくなるように移り変わってる今の世の中の動き。
そういう自然界の激しい動き、変化の中で、
いま現実に、色々な事件、事故、災害が
頻繁に繰り返して起きている、そういう日常の中で、
誰もが不安を抱いてる。…と思う、たぶん。きっとな。
    
   どうすればいいのか? 
   
それを、今まであったやり方の幾つかと照らし合わせて
今まで通りの常識の範囲で、その方法や策を講じてみても、
単に流行り廃りの意識に流されるだけで…
例えば、何の健康法も健康器具も、
どんなに素晴らしく健康ついて考えられた食品も、衣料も、
それにまつわる自己啓発の云々も、
いつまで経っても画面の中の架空の女の子と
”仮想セックス”してるセミ・ニートな男連中とあんまり大差ない。
飽きたらまた次へ移る。
またそれに物足らなくなったら別のモノに切り替える。
まぁ、どれもこれも似たり寄ったりだ。
一部の熱心な愛好家以外にとってはな。
中には、妄想と現実がオーヴァーラップして
   『悪い子の国 』 http://ameblo.jp/badlife/entry-10005851018.html
の、歌詞のようになってしまう場合もあるけどな。
   
携帯電話でも、車でも、食事や買い物する店も工場も、
選ぶ側の自由は、必要以上な知識と妄想の上に成り立ってる。
この、経済追求 飽和状態の狭い日本の中でな。
   
だからもう、もしも隣で殺人事件が起こっても、
   
   自分は どうすればいいのか? 
   
その答えなんて誰にも出せやしない。
この先 しばらくの間は、どこの市区町村においても。
   
気象庁の最新鋭の地震探知機が
最近の幾つかの大きな地震を事前に察知していた。
その十数秒以内に、今いる場所から安全な処へ逃げるのが一番。
玄関とか。
   
それも“一つの手”だ。
生きていれば、その後の人生を自分なりに堪能できるかも知れない。
また再び今まで通りに近い意識、生活状態で、それなりに…。
その近所に、明日にも殺人鬼に成り得る存在がうろついていても、
それなりにな。
   
   自分は どうすればいいのか? 
   
それ以前に気づかなきゃならないことがたくさんある。と思う、俺は…だよ。
   
その一つに、
   
   自分が何なのか? 
   
一人一人が必要以上の知識で頭がいっぱいになっちまって、
今の自分自身に本当に必要なことさえも何なのか判らない。
そういう、ある一定の枠の中へ
みんなが押し込められて
みんなが偏っているから
全体の7割が、これが「オカシイ」とは思えないし、
そんな、“どんぐりの背比べ”状態を
正しく統率なんて
誰も出来やしない。   …今はな、まだ。
   
   
どこに間違いがあったのか…あるのか?
今まで何十年も使ってきた教育の基礎、
宗教の嘘、世間の仕来り、世の中の常識の多くが、
もう時代に合わなくなってきた。
これはハッキリしてる。
でもそれを誰も どうすることもできない。
捨てられないし、やめられないどころか、   
このまま行くと、大多数の人類の未来に待ってるのは、
集団自殺に近い世の中…かも知れない。
   
   
まだ我々人間が失ってはいないはずの、
「次の世代も その次の世代も 遣わせてもらって行くはずの、
人間一人一人の生活場所を もっと住みよい状態にしてゆこう」
とする、そういう本能というか…最初に与えられた義務みてぇなもんで、
こういうのは、あらゆる生命体…
色々な生物が この地球上に存在してきた中で
人間だけしか持ってないし、人類だけしか実行できない。と思う。
で、 ソレ。その“神聖な欲望”の一つ一つを
みんなで常に、正しい方向へ導かなきゃならない。
低レベルな人類は、何人かの私利私欲のために、
殺戮とか、くだらん戦争とかのキャンペーンをぶちあげてるけどな。
もうそんなことで一儲けにあやかろうとすることも
自分が生きるため、生き残るためには間に合わなくなってくる。
今まで通りにやっていけないはずの資源も底を尽きる寸前で、
人類を後退させる教育も、上り詰めた所で完全に行き詰まろうとしてる。
そういう現実の中で生きてることを
自分で自分が判らないようにさせてる人が大勢だ。
右を見ても左を見ても。
   
   
で、これは単に、「俺の考え方の一つ」でもなければ、
どっかのアホが言うような“危険な思想のハシクレ”でもないし、
前世紀末の「世紀末論」とか、鹿の上に馬が乗って走ってるような話とも違う。 
   
このページを読んだ人のうち、誰が どう捉えるか。
そんなことも どうでもいい。
表現の仕方や解釈が違っても、
いま世の中には必ず、これと似たようなことを思ってる人間もいる。
確実に。
全体の3割な。
   
1980年代は2割くらいだった。
人類の7割が生き残れる計算をしていた人もいる。
   
今の俺には、それが「60億人中で、3割程度になった」ってことしか判らない。
その3割が、4割、5割、6割になる可能性…確率も、もはや低い・かも知れない。
で、俺自身が、この地球上に生き残れるはずの
“全体の7割”に入れるかどうかも…不明だ。もはや。
    
なんせ、世の中、視界不良な場所が多くてな。
   
   
   
今できることは、なるべく、
今日を無駄にしない生き方ができる人間でいられるかどうか。
それを常に、一秒一秒 丁寧に確認するほどに (…性格はズボラなままで
“生きる”という義務の遂行を真剣に取り組む姿勢を崩さないこった。
いずれ、次の次の次くらいになるのか。
新しい世代が正しく統率される世の中が訪れるまではな。
   
   
だから(俺には)、
自殺なんてしてるヒマはない。 
日本国内に巣窟してる宗教の嘘に耳を傾けてる余裕もない。
自分だけ安全に生きようなんて、できるはずもない。 
   
子供同士でも殺り合う世の中で、
大人が何を教えられる? 
テレビに出てる連中や
新聞の左斜め上の方で何かを言ってる連中なんて、
ウソばっかりだ。   
逃げようにも逃げられない人のことなんて
なんとも思っちゃいない。
   
   
自分から逃げて好き勝手なことを言うのは
もう終わりにしよーぜ!
   
俺も含めてな。 
   
   
    

AD

 ばんそうこう さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。