あ~どうしたものか

問題の核心は、皆、PTSD。パキシルは
「無意識に抑圧された中核トラウマと向き合う」ために飲む
http://bit.ly/trauma-juyou
「サイコドクターSの臨床理論」を理解しない限り「治らない」…
http://amba.to/1ILz1Qc


テーマ:
他所さまのブログ・コメントNo.11
http://ameblo.jp/minshushugi/entry-12107237687.html#c12802858254
に以下のコメントを投稿したところ、承認待ちにならずに消えるので記録。

コメントタイトル:
11. Re:Re:日常生活にも、山ほどいるよ…
コメント内容:
傍から失礼します。

第一次アベ内閣のとき、教育基本法「改悪」がなされました。
Wikiにある当時の反対運動に関する情報:
http://bit.ly/1OapccQ

追記:Wikiだと中身が分からないので別のウェブページを検索して貼り付けておくことにします。この教育基本法「改悪」は、かつて東京教育大学を潰したときから狙っていたのではないかと思われます。
http://www.jcp.or.jp/tokusyu-06/09-kyouiku/
憲法の保障する内心の自由教育の自由に反するのではないか」──法案の根幹にかかわる重大問題で、政府は答弁不能におちいったままだったではありませんか。
いじめ問題など、国民が切実に解決を願っている教育の問題を解決できるのか、反対にこれをいっそうひどくするのではないか」──政府はいじめ問題についても、それをどう克服していくのか見識のかけらも示せなかったではありませんか。


http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12107333232.html#c12802677835
2 ■教育基本法
前の教育基本法は、憲法違反のクソな法律ではなかったので良かったのですが、日本は三流国なので、憲法違反の立法をあれこれやらかしてしまい、息子が意地クソ悪い大人から心理操作でいたぶられた原因も憲法違反の法律があれこれあった所為でした。

前の教育基本法に戻していただきたいと思います。
あ* 2015-12-17 17:50:44
と教育評論家の先生のブログにコメントしました。普通の公立学校が変になり、先生いじめが始まりました。それについては、
http://ameblo.jp/raingreen/entry-12107344736.html#c12802687154
1. スクールカウンセラーは何をしていたのでしょう?
にコメントしました。我が家の元夫の異常性もどんどん凄くなり、私は2007年の秋に精神科へ行きました。
第二次アベ内閣でも、どんどん憲法違反の立法をやっています。
http://bit.ly/third-rate_US

我が家の不幸を生み出したのは、全部、アベ内閣の立法がいけないと言えます。なので、もう初めから息子と二人で話し合うと、結局は、憲法に依拠して生存権と人格権の侵害に抵抗するしかないという結論になるのです。もう小学校の低学年から、ずっとですよ。


皆さまも、お大事に。



2015年12月26日追記:
http://now.ameba.jp/aya-quae/2002929264/
エリート=選良。「すぐれた人を選び出すこと。また、その選ばれた人。特に代議士(©広辞苑)」=国会議員…ですね、辞書的には。要するに、[国会議員]が[エリート]でないなら、[選挙]が間違っていたんですよ!←[不正選挙]。

http://now.ameba.jp/aya-quae/2002929427/
伝統的には、日本人は子どもを大事にしてきました。万葉集の山上憶良「しろがねも くがねもたまも なにせむに まされるたから こにしかめやも」ということで http://franoma.jugem.jp/?eid=8 を書きました。「日本人の人格権を蹂躙する態度」=「反日」です。
AD
コメント(7)  |  リブログ(0)

あ*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。