あ~どうしたものか

問題の核心は、皆、PTSD。パキシルは
「無意識に抑圧された中核トラウマと向き合う」ために飲む
http://bit.ly/trauma-juyou
「サイコドクターSの臨床理論」を理解しない限り「治らない」…
http://amba.to/1ILz1Qc

「心身景」(© http://ameblo.jp/kmomoji1010/)に(人的・物的な影響を介して)衝撃を受けた後は、人は「茫然自失」という状態になることがあり、それを和語では「うつけ」ていると言ったでしょう(http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12065989200.html)。衝撃を受けたのが胎児期や出生時、または乳児期であっても、それは「PTSD発症リスク」であり、衝撃を受けた側は、何らかの自衛が必要になります。自衛の反応を「自閉」とか「発達障害」とか「アスペ」とかラベリングして、心理操作を加えて、いたぶってきたのが「発達障害」論者たちと言えるでしょう。

胎児期や出生時または乳児期に受ける人的・物的な影響を介しての衝撃(=強いストレス)は、複合汚染の時代においては、予防注射の防腐剤や製造過程で混入する重金属や異物、農薬、食品添加物、電磁波、低周波、妊婦に対する暴力や妊婦を酷使することによる臍帯への血流低下による間接的な虐待、あるいは妊婦自身による胎児の虐待やネグレクト…
こうしたことが皆、お子さまにとって「PTSD発症リスク」になっています。

そもそも病気や障害とは何かというと…
「生体が外部からの影響を受けとめて、生体が何らかの機能変化をきたし(=ストレス反応を起こし)、回復して、また問題なく社会生活を送れるようになるまでの間、
生体が経過を体験する機能変化の過程」
と言えます。生前、父は結構、野口整体が好きで、その話をしていたもので、その流れを汲む考え方です。
例:
http://www.ac.auone-net.jp/~youhaku/
「自分の力で病気の経過を
スムーズにまっとうさせ、
その病気を踏み台に
より元気なからだを創りだす」
という思想です。

こう考えると、「うつ病」「発達障害」「アスペルガー症候群」「産後うつ」「新型うつ」「強迫性障害」「不安障害」などとという「病名」では、スティグマ(http://bit.ly/1hdwRxQ)になるだけ無駄なラベリングであり、
「生体が外部からの影響を受けとめて、生体が何らかの機能変化をきたし(=ストレス反応を起こし)、回復して、また問題なく社会生活を送れるようになるまでの間、
生体が経過を体験する機能変化の過程」を「スムーズにまっとう」できないので、
社会的に機能しない「病名」と言えます。
「生体が外部からの影響を受けとめて、生体が何らかの機能変化をきたし(=ストレス反応を起こし)、回復して、また問題なく社会生活を送れるようになるまでの間、
生体が経過を体験する機能変化の過程」を「スムーズにまっとう」できる病名は、
「PTSD」だけです。

「PTSD」による精神機能の障害(=精神障害)は、
「生体が外部からの影響を受けとめて、生体が何らかの機能変化をきたし(=ストレス反応を起こし)、回復して、また問題なく社会生活を送れるようになるまでの間、
生体が経過を体験する機能変化の過程」の精神的側面そのものであり、
この精神機能変化の過程を「スムーズにまっとう」できるように
支援するのが(本物の)精神科医(=PTSD否認ではない精神科医)の社会的なレーゾンデートルと言えましょう。

逆に言うと、PTSD否認の精神科医には、最早、社会的なレーゾンデートルはないので、関わり合いにならないようにしましょう。関わり合いになると、PTSDがこじれて治らなくなるのが関の山です。

一方、日本では、PTSDの治癒について既にブレークスルー
http://ameblo.jp/phantom-nightmare/#message
がなされ、それが今、社会的に認められるようになりつつあるので、日本人の皆さまは大丈夫です。

皆さまも、お大事に。

追記:なぜ、「うつ病」診断ではダメなのか?…それは、「再び問題なく社会生活を送れるようになるまでの間、生体が経過を体験する機能変化の過程」を「スムーズにまっとう」するために必要な「自己究明」=「良心の糾明」を不徹底にしてしまい、中核トラウマ(http://bit.ly/1Juwjue)が明らかにならず、埋め込まれたままになってしまうからです。そのときは「何とかなった」ように見えても、晩発性PTSD(http://bit.ly/PTSDinLaterLife)で「認知症」様の状態(「深層心理で寝たきりになりたい老人」)になることもあり得ます(そうなる前に生物学的な寿命が尽きることもあるものの、長寿になった上に、「ショックドクトリン」で次々にやられる「テロの時代」は、PTSD問題に対処せずして天寿を全うしての「平穏死」は極めて困難です)。
NEW !
テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:



映画『惑星ソラリス』(1972年、タルコフスキー)は、応答するシステム= “Great Mother” のなかに取り込まれて終わってしまうという救いのなさ。

あれは、システムの外部から見ると「ひきこもり」でもあります。外部との連絡を絶ってしまったことを、上述の拝読ブログのエントリでは以下のように淡々と書いています。
> このソラリスの遥か上空には有人宇宙ステーション
> があり、そこに滞在していた人たちが次々に精神に
> 異常を来たすのである。そして地球との連絡を絶っ
> てしまう。

淡々と書いても、いや~やっぱり怖いですね~。お口直しに、救いのある演奏のうち、お好きなのを選んで、どうぞ。


皆さまも、お大事に。


AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



拙ブログにかけられる検索を参考に、人物お二人についてご説明しておきます。拙ブログに無駄な検索をかけるのは、やめましょう。

人物(1)kmomoji1010氏
アンリさんや西田幾多郎の復権のために、オッサン自然科学者を批判する成果をもたらすであろうと私が勝手に予想しているのが現在、
シモンドン読解をブログでなさっている http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/ 氏であり、氏については、私は全く存じ上げません。私は、ただのブログ読者ですから。
 ひょっとするとオッサン(?)かも知れません。私は、どこかで「ブログ記事がラブリー」と書いたことはありますが、ご本人さまがラブリーだと書いたことはありません。知らない人のことは、書けませんから当然のことです。
 ブログを拝見するかぎり自然科学者でないことは誰の目からも間違いありません。しかし、それ以上、氏が如何なる人物であるかについては、私のブログをお読みになっても手掛かりになるものは一切ありませんので、ご本人のブログ
http://blog.goo.ne.jp/kmomoji1010/
をお読みになって各自、ご判断いただければと存じます。

人物(2)柴山雅俊氏
こちらの先生も、私は全然、存じ上げませんので、私のブログをお読みになっても、手掛かりになるものは一切ありませんので、各々ネット検索でもなさって、著書を読んで差し上げれば良いのではないかと思います。
 (岡田有希子さんが)「自殺した後の(1986年)五月二八日。全国ネットの歌番組の放映中に、テレビ局に全国から一斉に視聴者からの電話がかかりました。『岡田有希子さんが画面に映っている!』と。現在はインターネットでも見ることの可能なその画面は、単なる光線の加減にしか見えません。それはありふれたパレイドリア(対象に感情を付け加えることで、誤った形で知覚する現象)だったのでしょう。しかし、当時はインターネットや携帯電話など、一つの情報が瞬時に全国に広 がる手段などなかった時代です。画面に岡田さんが見えたという一人の人間の発想が全国に伝播していったものではありません。北海道から沖縄まで、テレビ画面を見ていた互いに知り合うことのない全国の少年少女の『集合的無意識』は、その瞬間に同時にテレビ画面の中に彼らの愛したユッコの姿を見たのです」( http://bit.ly/1QUt42x ©S先生)については、
翠雨先生のブログに、以前、コメント
http://bit.ly/1TBvARt
を書きました。それは、チェルノブイリ原発事故から約1か月後のことでした。福島原発事故の後も、アイドルの「後追い」とされる自殺や、「幽霊を見た」話が出たのは偶然ではないでしょう。

“No Surprises”
http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12141648807.html
 S先生は、こうしたことをご理解なさる精神科医ですが、
S先生とは対照的に柴山雅俊氏は、国際情勢=グローバルな社会PTSD現象を観察しようという姿勢がありませんので、
http://bit.ly/Ssensei
http://bit.ly/SsenseiSP
のようには、(私にとっては)興味が湧かない医療従事者&大学人です。

『Intéressant(アンテレッサン)について
― 欧語散策(1)』
http://ameblo.jp/kmomoji1010/entry-11559954999.html

進学してもしなくても、
どちら様も
常に
どこでも
主体性のある学びを目指してくださいね。
さもなければ、様々な不幸が予想されます。

•不幸(1)「カオナシ」( http://bit.ly/20nPQGP )になったり、その後「自己生産的なPTSD」( http://bit.ly/20MxwY3 ©神田橋医師)=「ゴキブリ」状態に悪化( http://bit.ly/22r12UK )したりする危険性があります。
 そうなってしまった人から強烈な光線による目くらましを照射されたら『ミラーマン』( http://bit.ly/1NTeyOc )でPTSD予防をしましょう。

•不幸(2)主体性のない知識取得の末に「カオナシ」や「ゴキブリ」状態にならなくても、バカな大学教員の餌食にされて、穴埋め問題をやらされるなど時間とエネルギーを浪費させられ、カネばかりむしり取られて借金だけ残り、年だけ食ってしまいます。
 カネばかりむしり取られて借金だけ残っても、せめて年だけ食ってしまわないように(=年を食っただけの実体験を積むため)、香山リカ氏がなさる大学の授業は受けず( http://bit.ly/22rvw8U )、解離性遁走http://bit.ly/1P5bsam )をなさって、香山リカ氏の毒牙にかからないように逃げてPTSD克服を目指す立教生もおいでのようです。
「香山リカって知ってる?」 http://ameblo.jp/raingreen/entry-11259633311.html
 立教は、私らが院生のとき、育英会の貸与奨学金を高校から利用されてきた御仁が修士卒レベルで既に借金1千万円を超えるので、返還免除職に就けなかったら文部省前の木で首をつってやる~と仰るので、そりゃ~まずいと思い、大学院だけ自治会を再建して学費値上げ反対運動をやりました。今は、どうなっているでしょう? 相変わらず、借金地獄?
 「返すアテのない借金はするな」…これ、人類史的な常識ではありませんか?

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


『ご連絡』
http://ameblo.jp/idthatid/entry-12163835447.html
に書かれたことは、確かに
http://bit.ly/1XConlj
の時点で書かれていた内容よりも「さらに話がねじ曲がって」いますね。

「今回、裁判所が期日変更を決定してくださったのは、私が提出した、相手方と加担者2名による、(1)裁判に関する誤った内容の記事、また、

(2)私、私の家族、勤務先を侮辱・中傷 する記事及びコメントからでした。書記官からお電話をいただき、期日変更の旨をきいた時は、おどろきましたが、私の思いが裁判所に通じたことを知り、本当にうれしく感じました」
と加筆されており、この部分の「侮辱・中傷」のリンク先は削除されていますが、
『許さないこと』
http://ameblo.jp/idthatid/entry-12163834677.html
には、idthatidさまが如何なることを
「許さない」
と感じられるかが書かれています。

しかし、「青信号は進め」ではないと指摘することは、
青信号だったのに交通事故で落命なさったお方の死を悼まないとか、
亡くなった方を嘲笑するとか、

ご遺族を貶めるとかは、含まれません。
http://bit.ly/1P3KfVw
にコメントしました。

このような状態になってしまわれた被告は、やはり、弁護士をおつけになることが第一です。また、
『統合失調症≒PTSDの認知機能の歪みを修正する「診察」=「お勉強」』
http://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12151090392.html
こういう診察を受けられると治療的です。

なお、idthatidさまは、幻聴に振り回されるタイプではなく、

認知機能の歪みに振り回されるタイプと言えます。

こうした症例からも、クルト・シュナイダーの一級症状には意味がないということが判るでしょう。

 


皆さまも、お大事に。

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



おや…

「自由の学府」であるはずの立教大学で教鞭を取られる香山リカ氏ではありませんか。「放埓の学府」ではないので、

アリスパパ氏がお書きの
「人に用意されたレールに必死にしがみ付く」
状態に陥ることがないように

主体性のない知識取得に陥れないようにしていただければ、

「新型うつ」( http://bit.ly/1OQEF3k )状態になったり
「カオナシ」( http://bit.ly/20nPQGP )心理職になったりしません。




皆さまも、お大事に。





コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『みんな楽して稼ぎたいのかな』
http://ameblo.jp/minshushugi/entry-12164285349.html

にコメントできないので記録。

コメントタイトル:
「ベーシックインカム」も「自動収入」ですかね?

コメント内容:
ここでいう
自動収入=「不労所得」ですか?

ところで、前の方がお書きのように
「食べる物の無い生活からは愛は消える」のではなく、
「食べる物を家族全員が力を合わせて調達しようという心意気がない」状態は初めから「愛がない」と言えます。

途中で遅発性・晩発性PTSD発症などで「食べる物を家族全員が力を合わせて調達しようという心意気」を失う人もいますので、さような病者を他の家族メンバーがどこまで支えることができるか?…は、また別問題です。

http://bit.ly/petitKairi
のケースは、まともな精神科医にかかって治りましたが。



皆さまも、お大事に。



要するに、
「魂の殺人」で「愛は消える」
ということでしょう。

参考:



コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



「なんか、昔の文献だと、多重人格でしのぐらしいわよ~。」

「ええーっ!?多重人格になって、しのいでしのいで、最後本当の自分になったらどうなるのよ~?」


「しのいで来た分だけ、苦しみが倍増なんじゃないの~?」

「凄いわぁ~。相当苦しそうよねぇ~。可哀想に…。」

…と、あります。

お書きのとおり「苦しそう」で「可哀想」ですが…
idthatidさまは、妄想が激しい所為か、自覚がないようです。

息子も「オヤジが可哀想だ」なんて素直な魂を持っていたために、
人生に甚大なる被害を受けてしまい、
今後、「お前ら殺してやる」オヤジ&仲間たちに殺害されるのが先か、
何とかサバイバルできるのかは、今のところ、目処が立っていません。


皆さまも、お大事に。






コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。