1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-09 08:24:49

大きなミスをおかした後。藤春選手のプレーについて思うこと

テーマ:キャリア形成
五輪代表のコロンビア戦をテレビ観戦しました。
守備での大きな2つのミスにより、2失点。ミスミス勝てる試合を逃したことは残念ですが、あの状態から追いついた五輪代表は本当にいいチームだなと思います。

藤春選手については、どフリーでのヘディングシュートミス、そしてありえない形でのオウンゴールがありました。責められてもしょうがないですが、ここでみんなが感情的に叩くのではなく、藤春選手がここからこの大会の中でどのように立て直してくるか、そしてこの大会の後どのような成長をするか見守って欲しいなと思います。

選手人生の中では怪我だったり、監督と合わなくて干されたり、単に調子が良くない期間が続いたりと、ある一定のスパンであがったり、下がったりします。(株式のチャートのようなものです。)

また、調子がいい時期にも、一つのミスでリズムを崩し、他のプレーに大きく影響する場合もあります。

全体的には藤春選手は調子がよくなかったわけではなかったと思いますが、実際には大きなミスをおかしました。

ただ、今回のミスをきっかけに今後藤春選手が大きく成長をするのか、このまま自信をなくしたプレーを続けてしまうのか、大きな岐路に立っていると思います。僕は、藤春選手と知り合いでもないし、会ったこともないですが、ここから気持ちを立て直して、飛躍的な成長を遂げらることを期待してます!




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-08-02 00:09:06

ドリブルがうまくなるために気をつけるべきこと

テーマ:選手育成について


子供たちにドリブルがうまくなるにはどうしたらいい?と聞くと、「ドリブルの練習をする」と返ってきます。確かに間違ってはいません。では、コーンドリブルをしたらうまくなるのでしょうか?

ドリブルがうまくなるためには、まずドリブルがうまくなるためには何をしなければならないのか?そしてそれをどのようにトレーニングするかを指導者もしくは保護者が理解する必要があると思っています。


私はコーンドリブルをありだと思っていますが、それは試合で本当にいきるドリブルのシチュエーションが再現されている場合に限ると思っています。


では、何をしなければならないのか。多くのことがありますが、イニエスタの素晴らしい例を見つけました。


拙著(世界で通じる子供の育て方:サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス) のP80にも書きましたが、例えば左から敵がきているときは右足でドリブルをし、右からきたら左足にもちかえます。このプレーができる選手は100人に1人いるかいないかと書きました。(もしかしたら1000人に1人かもしれません)


以下の映像の3分48秒ではイニエスタは右足でドリブルをしていますが、右から敵がきた3分51秒の場面では左足にもちかえます。(その後リプレーが流れるのでよく見てください)こういった場面のみを切り取り、その部分のみをコーンドリブルなどで再現することはできるかもしれません。



また、5分27秒からのイニエスタのドリブル。顔があがり、スペースを見つけた瞬間にいっきにスピードアップする。それだけです。
でも、できる選手がどれほどいるでしょうか? この場面もこの部分だけを切り取ってトレーニングできるでしょうか。コーンドリブルでは難しいかと思います。では、どういうトレーニングだと再現できるでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=hgaEJ_CB_h8


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-17 14:52:37

今年もバルサキャンプがはじまりましたー

テーマ:FCバルセロナの話

今年もこの季節がやってきました。
1年たつのは早いもんですね。
今年は長野→千葉→東京→静岡→熊本(チャリティ)→広島→奈良→石川
と8か所をぐるっとまわります。

最初は長野クール。
富士見高原ということだけあって、涼しい!
朝なんかはご覧のように一面霧でした。

fcb

fcb2

fcb1

まだ石川は空き枠があるので興味ある方はぜひ!

バルサキャンプ石川の詳細はこちら

http://juniorcamp.pl.shopserve.jp/2016/ishikawa.html

能登島マリンパーク海族公園

http://www.spo-camp.com/facility/


和倉温泉はまづる(宿泊ホテル)
http://www.hamaduru.jp/


↓ バルサキャンプとは何ぞや?はこちらからご確認下さい。↓
https://www.facebook.com/fcbcampjp/videos/617642378365453/


「バルサキャンプMVP獲得のための5つの哲学」
http://www.sakaiku.jp/column/knowledge/2016/011805.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17 14:49:46

FCバルセロナ 熊本震災復興チャリティキャンプ

テーマ:FCバルセロナキャンプ

FCバルセロナ 熊本震災復興チャリティキャンプの当選者及び非当選者への方全員へメールを差し上げましたが、au、docomoのアドレスで迷惑メール設定をされている方のメールが戻ってきてしまいます。

来週以降、当選者の方でメールが届かなかった方へは個別で連絡をいたします!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-08 18:44:05

久々に本を出版します! サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス

テーマ:本の紹介

徳間書店さんから本を出版することになりました。


世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス


どういった意図でこの本を書いたか、たぶんプロローグに書いたことを読んでもらったほうがわかりやすいので、一部抜粋します。



「私は、世界で、つまり欧州トップリーグで活躍できるレベルのサッカー選手になるためには、強いメンタル(良い時も悪いときも自分をコントロールできる)をベースとして、才能 × 正しい努力 × 運のすべてが必要であり、いずれか一つでも欠けてしまった場合は、トップまでたどり着くことは難しいと考えています。その中でも特に重要なのが「正しい努力」をすることです。僕が見てきた日本の指導現場では、「努力」することは求めますが、その「努力」の質については全く気にしていない、もしくは何が正しいか、正しい可能性が高いかを理解しようとすらしていないということが多々あります。


 指導者や保護者はいずれも子供たちを成長させるために一生懸命です。しかし、その方法が間違っていたとすれば、一生懸命やればやるほど子供たちの成長は間違った方に進んでいきます。そして何年ものときがすぎ、間違いに気付いた時には、正しいと信じて一生懸命取り組み、身につけてきたたことが、後戻りできないほどの大きな負荷となってしまいます・・・・」
―――――ここまで抜粋。


つまり、後戻りできなくなる前に今、自分がやっていること、やろうとしていることをもっと精査しましょうよということと、その精査をどうやってするのかということにフォーカスして書いています。


現在、予約受付中なんで、興味がある方はぜひ!
世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-06-21 14:24:03

天才少年とか呼ぶ風潮について思うこと。

テーマ:現在の仕事
才能のある小学生を“天才少年”とか呼ぶ風潮はなんとかならんものかなあ。 現時点でいい選手、才能のある選手はいる。それ以上でもそれ以下でもない。上にあがっていくにつれて待ち受ける困難で過酷な戦いや、世界に溢れてる才能のある選手たちの数を見ると、今、”天才”という枕詞をつけてしまうのはどうかと思う。 スペインには今日本で天才と呼ばれてる選手クラスの上を行く、“神様少年”がたぶん数百人ぐらいはいると思う。 ほんとに才能のある子は、自分自身、保護者も含めて、決して自分たちでは天才だなんて、思ってもないと思うし、逆にそう思ってたら、間違いなく上まであげれないと思う。。
2016-06-08 21:00:52

野望。

テーマ:現在の仕事
2016年にはいって仕事が劇的に忙しくなっています・・・

忙しくなった理由はもう明らかで、今までは春、夏、冬しかイベントをいれてなかったのですが、最近は5月とか6月とか間にイベントが入り、そのイベントの準備が入ってるためですね。。

今年は3年かかることを1年でやってしまおうと考えて、全部まきまきでやってます。
自分の中での将来の構想があるのですが、その糸口が見えたので、いっきに形にしてしまおうと思ってるんです。

簡単にいうと、これまでのテーマは日本の指導者の質をあげようといろいろ取組をしてきたのですが、これやってたら、日本サッカー強くなる前に自分が死んでしまうなと。そして、今の子供たちには、指導者レベルの向上を待ってたら、おじさんになってしまうなと。

自分の考えでは、日本サッカーを強くするには、同時期の代表(前後10年以内)に欧州のビッグクラブで主力になれるような選手が70%~100%ぐらいはいないとだめだと思っているのですが、それを実現するには・・・・、才能を発掘すること、正しい努力をしてもらうこと、運が訪れる環境を整えることだと思っています。

ま、これをどうやって実現するかは、まだ公開しないですが、感のいい人だともうわかるとは思います。後はどう実現するか。

僕も気が付いたら40歳。会社を立ち上げてすでに12年ですが、このペースでやってるとちょっと遅いなあと。 あとは過労死とかには気つけないと。自分に保険だけはかけたんで、会社は立ち行くし。ま、ぽっくりいったら、それはそれでまあ楽しい人生だったからいいとする。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-18 18:17:26

FCバルセロナ “熊本震災復興支援マッチ及びチャリティキャンプ” 開催が決定

テーマ:FCバルセロナの話

この度、弊社ではFCバルセロナ “熊本震災復興支援マッチ及びチャリティキャンプ”を開催することになりました。

キャンプ

福岡


昨年、ワールドチャレンジに街クラブ抽選枠として参加したブレイズ熊本さんと大会後も情報交換していたこともあって、地震当日から定期的に連絡を取り合っている中で、何か力になりたいと思ってはいたものの、実際に何ができるかということについては、やはり現地に行かなければわからないと感じ、5月の頭に熊本を訪問しました。



現地で伺った話では、もちろん避難生活を強いられている状況にある人が最も辛いということは前提としても、そうでない人も学校にはいけず、またサッカー場は使えなくなったところがほとんどで県内ではサッカーをすることすらできず、精神的に辛い状況であるとのことでした。



その状況をFCバルセロナとの会話の中でに伝えたところ、被災地の子供たちに少しでも勇気と元気を取り戻してもらいたいとのことで、復興支援をやろうということになりました。



具体的には、今週末になりますが、熊本県内のサッカーチーム「ブレイズ熊本」と「FCバルセロナ福岡校」との親善試合及び復興イベント。


また、夏休みには、熊本県の子供たち336名を招待し、 FCバルセロナ 熊本震災復興支援チャリティキャンプを開催することになりました。


復興支援チャリティキャンプの申し込み(熊本県在住の小学生限定)
http://juniorcamp.pl.shopserve.jp/2016/kumamoto/


熊本震災復興支援マッチ
http://fcbescola-fukuoka.jp/home/news/?p=6923

僕はサッカー界の人間で、サッカーに支えられて生きているんで、サッカーで熊本県の子供たちに何かできるんだろうというところからはじまった復興支援です。昨今、こういったことに偽善だとか言う人もいますが、やらない偽善よりやる偽善てことで、がつんとやります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-04-29 23:35:50

新たな取組はじめます。

テーマ:ケリなびカップ

今年に入ってから、潜在意識を意識的に活用する勉強をしています。

元々、トップマーケッターである神田昌典さんの本はほとんど読んでいたのですが、その本の中で「全能思考」という本があり、この本はなかなか手ごわく、読み切れてなかったのです。

その本はお蔵入りしていたのですが、神田さんの活動はちょこちょこチェックしていたところ、今年のはじめに神田さんが「フューチャーマッピング」というセミナーをやるということで、受けてきました。フューチャーマッピングが何か全く知らずに受けたのですが、実は全能思考≒フューチャーマッピングだったんです。

簡単にいうと、自分の潜在意識化にあるものを、他人の物語をベースに引き出していくというものです。

例えば、映画を見た後、主人公に感情移入したり、何かしらの気付きがあり、そこから自分の行動にいかされることってありますよね?ああいったことを映画ではなく、自分が作り上げた他人がハッピーになるストーリーから導き出すという感じです。

ま、説明してもなかなか理解するのは難しいかと思いますが・・・。
僕は、セミナーを受けて取組はじめてから、これって潜在意識を活用できてるんじゃないかと思えることがかなり増えました。過去の分析などではなく、イメージだけで未来をとらえる感じです。

そんな感じで思いついたのが、子供たちがプロサッカー選手になりきれるサッカー大会です。他にもいろいろ思いついてるんでちょこちょこ新しい取組をはじめていきたいと思います。

以下、ケリなびカップリリース抜粋。

U-6キッズがプロサッカー選手になりきれる大会「ケリなびカップ」の第1回大会を、5月22日(日)に海浜幕張のZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAにて開催いたします!


「汗まみれで家に帰ってきた我が子が『きょうのサッカーすっごくたのしかった!』と心から笑顔を見せてくれるサッカー大会って、いったいどんなものだろう?」


「一人ひとりが『自分が主役だった』って感じられたら、きっと楽しいんじゃない?」



そんな発想から生まれたのが、この「ケリなびカップ」です。



参加チームは、FCバルセロナスクール葛飾、ACミランサッカースクール千葉・佐倉、レアルマドリード・ファンデーション・フットボール・アカデミー、アーセナルサッカースクール市川、SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL、MASAKI FOOTBALL ACADEMYなど。


オリジナル選手証や入場アンセム、プロの実況アナウンス、バックボード前でのヒーローインタビューなど、まるでプロサッカー選手になったかのような夢あふれる体験をプロデュースいたします!

http://aslj.net/kerinavi-cup/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-15 17:35:14

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016Jリーグ予選開催決定のお知らせ

テーマ:U-12ジュニアサッカーワールドチャレン


本日、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016のJクラブ予選の概要をリリースしました。

jswc
http://u12-juniorsoccer-wc.com/2015/j_qualifying/


これまでJクラブは招待だったのですが、多くのJクラブさんからうちも出たいんですが・・・という要望をいただき、すべてのJクラブさんにフェアにチャンスを提供する方法はないかと模索してきました。


運営する方としては、参加チームを招待で集めた方が単純に楽なんです。というのも、予選を開催することになると、遅くても5月とか6月には予選を終わっていないといけないわけで、そうするとすべてが前倒しになること、あと運営費用にしても、基本持ち出しなんで、やらないならやらないで問題ないし・・・というわけなんです。


ま、そんな中なぜやることになったかというと、理由は2つあって、1つ目は、「やると決めた」からです。 なぜやると決めたかというと、目指しているものがあり、そこから逆算すると今やらなければ1年遅れるためです。2つめは、要望があったからです。当然、日本全国の子供たちに等しくチャンスを提供できたほうがいいに決まってますが、そんなに簡単にJクラブ全部呼んで大会できないわけで、でも、何チームからも要望があれば、「大変なんです」とか、「運営費がとか」そんなん理由になりません。やるしかないんです。てことでJリーグに直談判に行きました。

何がどうなったかとは細かく書きませんけど、協力していただくことができ、大会をやれることが決定しました。まあ、むちゃなタイミング(2月末)だったんですけどね。むりくり成立させました。

2月末にやれることが決定して、ばったばたと調整して、本日やっとリリースです。これで日本中のJクラブ所属の子供たちに等しくチャンスが訪れる形になりました。

次は日本全国の街クラブの子供たちにどういった仕掛けがあるか、楽しみにしててください!街クラブ予選はしませんが・・・。

http://u12-juniorsoccer-wc.com/2015/j_qualifying/

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。