1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-25 19:52:14

インド5日間・U-16日本代表

テーマ:現在の仕事

インドを出発したのが21日、インドは感染症の宝庫だとか、腸チフスになって2ヵ月帰れなかった知人の話などを聞いて、びびりまくってました。

 

インドについてからはアグレッシブに攻めることをやめ、基本的にバックパス一辺倒で、自陣に引きこもってブロックを作ってました。

 

最初の夜についたボグマロビーチリゾートホテルってところはビーチリゾートホテルなんていうから、トロピカルな海を想像してたら、なんてことはない、漁港並みの悪臭を放ち、ゴミは散乱、野良牛、野良犬、野良豚が闊歩。 いやー。心が折れたね、まじで。

 

 

ま、でも人間慣れるもんで、本日インド5日目、全然余裕で過ごしております。白タクの運ちゃんはまじめで丁寧、ご飯もまあまあいける。(カレーはもういいけど)

 

そんなわけでU-16日本代表の3戦目を観戦し、あとは練習見学x2。

それ以外は全然観光してないね。。そういえば。

 

スタジアムにいた見返りリアルゴリ。めっちゃ愛嬌あった。

 

あ、観光したか。唯一、地図上で気になったサイババテンプル。

行ってみたら、これ???サイババ??

 

さてさて、肝心のU-16日本代表。チームのことはメディアでたくさんでてるんで書かないけど、

あと数時間で日本の運命がきまると思うとドキドキですわ。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-08 13:29:06

Amazing Sports Lab Japan設立12周年。コーポレートロゴ刷新。

テーマ:経営

本日で、Amazing Sports Lab Japanを設立して12年が経ちました。13年めに突入します。

それに伴い、会社ロゴを刷新しました。

 

カタルーニャの会社に依頼し、制作してもらいました。「チーム、グループ、一体感+リズム、パッション、エナジー+ムーブメント、未来」でロゴの動きをイメージしました。

 

 

 

そして、赤⇒日本、オレンジ⇒振動、きらめき、親近感、黄色⇒エネルギー、ポジティブさを表現しています。

 

 


 

僕は、口だけとか、惰性とか、横並びとかが大嫌いです。文句言う前にまず実行。

 

ここから10年、日本の選手育成改革にどれだけ貢献できるか、徹底的に拘っていきたいと思います。日本サッカーの制度を変えたら、日本サッカーがよくなるというのは幻想です。本質的な改善にはならない。 8人制だろうが、11人制だろうが大差はありません。 そして、トーナメントだろうが、リーグ戦だろうが大きな差はでてこないと思います。

 

指導者の意識がかわることはとても大切ですが、何年もかけて自分の指導スタイルを作り上げた人は簡単には変われません。 将来の日本サッカーを発展させることができる人を生み出すには今の子供たちの意識に働きかけるしか難しいだろうと僕は思っています。その上で20年後、30年後大きくかわるのかどうか。だから、今の子供たちに、意識に変革をもたらす働きかけを徹底的に行っていこうと思っています。

 

これまで弊社と関わりのあったみなさん、ありがとうございます。
今後関わることになるかもしれないみなさん、よろしくお願いします。

 

あと、サッカー経験者でサッカースペイン語ができる方及び、広報担当(最低限英語はできる人)は社員募集しています。以下の会社HPの問い合わせ欄から問い合わせてください。

そのうち公に募集はしますが、たぶん、11月頃なんで、今、うちで働きたいという方は今連絡ください。 http://aslj.net

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-04 11:02:54

イヨハ 理 ヘンリー君サンフレッチェ広島トップチーム昇格!

テーマ:夢をつかんだ人の話

先日、めちゃくちゃ嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

イヨハ理ヘンリー選手(サンフレッチェ広島ユース)プロ契約締結のお知らせ

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=9915

 

ヘンリー君は、2011年のミランキャンプでMVPとなり、ミラノへ招待されました。13歳のヘンリー君の初海外に僕が同行したのですが、ほんとに礼儀正しく、人間性が素晴らしい少年でした。

http://ameblo.jp/aslj/entry-11074507161.html

http://ameblo.jp/aslj/entry-11082475967.html

 

その後、2年前にバルサスクールが小牧の大会に出場した際には、ホテルまで挨拶に来てくれたりしていたのですが、なかなかヘンリーの試合が見られずにいましたが、今年プレミアの東福岡戦を観戦することができ、成長ぶりを見て嬉しくなった矢先のプロ昇格のニュース。嬉しかったです。

 

ここからがスタート。プロの世界は甘くないけど、がんばれ、ヘンリー。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-04 10:47:42

出口問題

テーマ:現在の仕事

 

7月16日のバルサキャンプ長野からはじまり、千葉キャンプ、東京キャンプ、中西塾、個別エリートトレーニング、フロンターレカップ、熊本チャリティーキャンプ、広島キャンプ、奈良キャンプ、一条高校クリニック、興國高校コンサル、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジと、怒涛の1ヵ月半が終わりました。

 

予定が重なったりして、残念ながら静岡と石川は行けなかったのですが、この夏はたくさんの人と再会、新しい出会いがあり、最高に楽しかったです!みなさんありがとうございました!

 

また、本を出版したことで、「読みました」と言ってくださる方も非常に多く、嬉しく思います。

感謝しています。

 

ワールドチャレンジの件についてはゆっくりと書いていきたいなと思いますが、最近取り組んでいることについて少し。

 

これまで弊社で取り組んできていたことは「今」の選手たちのレベルをいかにあげるかということがメインでした。 その結果、選手としてのレベルが飛躍的にあがるような事例が多く発生してきました。 そして、その次に起こってきた問題が「出口問題」です。

 

多くの選手にとっての目標は、J下部に入るということですが、では「いつJ下部に入ればいいのか」そして、「どのJ下部に入ればいいのか」 もしくは、「本当にJ下部にいく必要があるのか」 こういったことについては所属クラブでは相談できないし、またチームメイトはライバルであったりするし、クラブ内で漏れるのは困るし、ということでみなさん大きな悩みを抱えていらっしゃいます。

 

実際、出口問題については、これまでも日本の選手たちには常にあったけど、うちがフォーカスしてなかっただけなので、新しい課題というわけではないのですが、これまで僕は選手のレベルをいかにあげるかに力を入れていたため、あまり気にしていませんでした。

 

ただ、キャンプに参加した子がジュニアユース、ユースにあがっていく過程でさまざまな問題に直面していますし、先日の街クラブ選抜に参加した選手たちの中には、間違いなく質の高い選手がまだどこも決まっていないというようなことが多々ありました。いい選手が評価されていないという現状をなんとか変えていきたいなということで、今後力を入れて取り組んでいければと思います。ちなみに入口問題についての解決方法だとか考え方については拙著に記載しています。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-08-09 08:24:49

大きなミスをおかした後。藤春選手のプレーについて思うこと

テーマ:キャリア形成
五輪代表のコロンビア戦をテレビ観戦しました。
守備での大きな2つのミスにより、2失点。ミスミス勝てる試合を逃したことは残念ですが、あの状態から追いついた五輪代表は本当にいいチームだなと思います。

藤春選手については、どフリーでのヘディングシュートミス、そしてありえない形でのオウンゴールがありました。責められてもしょうがないですが、ここでみんなが感情的に叩くのではなく、藤春選手がここからこの大会の中でどのように立て直してくるか、そしてこの大会の後どのような成長をするか見守って欲しいなと思います。

選手人生の中では怪我だったり、監督と合わなくて干されたり、単に調子が良くない期間が続いたりと、ある一定のスパンであがったり、下がったりします。(株式のチャートのようなものです。)

また、調子がいい時期にも、一つのミスでリズムを崩し、他のプレーに大きく影響する場合もあります。

全体的には藤春選手は調子がよくなかったわけではなかったと思いますが、実際には大きなミスをおかしました。

ただ、今回のミスをきっかけに今後藤春選手が大きく成長をするのか、このまま自信をなくしたプレーを続けてしまうのか、大きな岐路に立っていると思います。僕は、藤春選手と知り合いでもないし、会ったこともないですが、ここから気持ちを立て直して、飛躍的な成長を遂げらることを期待してます!




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-02 00:09:06

ドリブルがうまくなるために気をつけるべきこと

テーマ:選手育成について


子供たちにドリブルがうまくなるにはどうしたらいい?と聞くと、「ドリブルの練習をする」と返ってきます。確かに間違ってはいません。では、コーンドリブルをしたらうまくなるのでしょうか?

ドリブルがうまくなるためには、まずドリブルがうまくなるためには何をしなければならないのか?そしてそれをどのようにトレーニングするかを指導者もしくは保護者が理解する必要があると思っています。


私はコーンドリブルをありだと思っていますが、それは試合で本当にいきるドリブルのシチュエーションが再現されている場合に限ると思っています。


では、何をしなければならないのか。多くのことがありますが、イニエスタの素晴らしい例を見つけました。


拙著(世界で通じる子供の育て方:サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス) のP80にも書きましたが、例えば左から敵がきているときは右足でドリブルをし、右からきたら左足にもちかえます。このプレーができる選手は100人に1人いるかいないかと書きました。(もしかしたら1000人に1人かもしれません)


以下の映像の3分48秒ではイニエスタは右足でドリブルをしていますが、右から敵がきた3分51秒の場面では左足にもちかえます。(その後リプレーが流れるのでよく見てください)こういった場面のみを切り取り、その部分のみをコーンドリブルなどで再現することはできるかもしれません。



また、5分27秒からのイニエスタのドリブル。顔があがり、スペースを見つけた瞬間にいっきにスピードアップする。それだけです。
でも、できる選手がどれほどいるでしょうか? この場面もこの部分だけを切り取ってトレーニングできるでしょうか。コーンドリブルでは難しいかと思います。では、どういうトレーニングだと再現できるでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=hgaEJ_CB_h8


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-17 14:52:37

今年もバルサキャンプがはじまりましたー

テーマ:FCバルセロナの話

今年もこの季節がやってきました。
1年たつのは早いもんですね。
今年は長野→千葉→東京→静岡→熊本(チャリティ)→広島→奈良→石川
と8か所をぐるっとまわります。

最初は長野クール。
富士見高原ということだけあって、涼しい!
朝なんかはご覧のように一面霧でした。

fcb

fcb2

fcb1

まだ石川は空き枠があるので興味ある方はぜひ!

バルサキャンプ石川の詳細はこちら

http://juniorcamp.pl.shopserve.jp/2016/ishikawa.html

能登島マリンパーク海族公園

http://www.spo-camp.com/facility/


和倉温泉はまづる(宿泊ホテル)
http://www.hamaduru.jp/


↓ バルサキャンプとは何ぞや?はこちらからご確認下さい。↓
https://www.facebook.com/fcbcampjp/videos/617642378365453/


「バルサキャンプMVP獲得のための5つの哲学」
http://www.sakaiku.jp/column/knowledge/2016/011805.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-17 14:49:46

FCバルセロナ 熊本震災復興チャリティキャンプ

テーマ:FCバルセロナキャンプ

FCバルセロナ 熊本震災復興チャリティキャンプの当選者及び非当選者への方全員へメールを差し上げましたが、au、docomoのアドレスで迷惑メール設定をされている方のメールが戻ってきてしまいます。

来週以降、当選者の方でメールが届かなかった方へは個別で連絡をいたします!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-08 18:44:05

久々に本を出版します! サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス

テーマ:本の紹介

徳間書店さんから本を出版することになりました。


世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス


どういった意図でこの本を書いたか、たぶんプロローグに書いたことを読んでもらったほうがわかりやすいので、一部抜粋します。



「私は、世界で、つまり欧州トップリーグで活躍できるレベルのサッカー選手になるためには、強いメンタル(良い時も悪いときも自分をコントロールできる)をベースとして、才能 × 正しい努力 × 運のすべてが必要であり、いずれか一つでも欠けてしまった場合は、トップまでたどり着くことは難しいと考えています。その中でも特に重要なのが「正しい努力」をすることです。僕が見てきた日本の指導現場では、「努力」することは求めますが、その「努力」の質については全く気にしていない、もしくは何が正しいか、正しい可能性が高いかを理解しようとすらしていないということが多々あります。


 指導者や保護者はいずれも子供たちを成長させるために一生懸命です。しかし、その方法が間違っていたとすれば、一生懸命やればやるほど子供たちの成長は間違った方に進んでいきます。そして何年ものときがすぎ、間違いに気付いた時には、正しいと信じて一生懸命取り組み、身につけてきたたことが、後戻りできないほどの大きな負荷となってしまいます・・・・」
―――――ここまで抜粋。


つまり、後戻りできなくなる前に今、自分がやっていること、やろうとしていることをもっと精査しましょうよということと、その精査をどうやってするのかということにフォーカスして書いています。


現在、予約受付中なんで、興味がある方はぜひ!
世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-06-21 14:24:03

天才少年とか呼ぶ風潮について思うこと。

テーマ:現在の仕事
才能のある小学生を“天才少年”とか呼ぶ風潮はなんとかならんものかなあ。 現時点でいい選手、才能のある選手はいる。それ以上でもそれ以下でもない。上にあがっていくにつれて待ち受ける困難で過酷な戦いや、世界に溢れてる才能のある選手たちの数を見ると、今、”天才”という枕詞をつけてしまうのはどうかと思う。 スペインには今日本で天才と呼ばれてる選手クラスの上を行く、“神様少年”がたぶん数百人ぐらいはいると思う。 ほんとに才能のある子は、自分自身、保護者も含めて、決して自分たちでは天才だなんて、思ってもないと思うし、逆にそう思ってたら、間違いなく上まであげれないと思う。。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。