2016-12-11 18:09:57

興國高校スペイン遠征に帯同しました。

テーマ:現在の仕事
11月25日から16日間のスペイン出張から帰ってきました。

興國高校とジュニアサッカーワールドチャレンジの街クラブ選抜のスペイン遠征に帯同しました。

今回、最初に帯同した興國高校の遠征では、AチームがレバンテユースA(17-18歳)、ビジャレアルユースB(16-17歳)、カステジョンユースA(17-18歳)、レバンテインターナショナルユース(年齢不明)と対戦しました。

{B807EBFC-7368-47D9-BFAE-CEA77BD7A54B}

{1D4284A6-7D81-4B53-90C2-90701AE21F09}


実は昨年もレバンテインターナショナル以外は対戦していて、興國はどのチームとも互角にわたりあったのですが、今年の対戦では全敗で、バイタルエリアに入ることすらなかなかできませんでした。


実はどのチームも昨年の対戦から興國のやり方を研究してきていたのです。さらに試合中にもフォーメーションをいじってきたり、エースの大垣君にマンマークをつけてきたりと、勝つための戦いをしてきました。とにかく中をしめられ、外に追いやられ、トップへの斜めのパスが入れられない。選手たちはパスコースが全然できない、どうしたらいいですか?と質問してくるほどでした。
このように戦術的な部分で悩み、解決策を見いだして行くことが、サッカーがうまくなるための本当のトレーニングなんだと思います。

今回の遠征で感じたのは、スペインのチームは初めて対戦するチーム相手には基本的に舐めてかかってきますが、一旦実力を認めると猛烈に本気モードでやってきます。その本気というのがインテンシティがあがるというより、戦術的に本気なのです。そういった意味では、スペインのチームとは1回ではなく、対戦する回数を重ねていくのがベターなような気がします。

このチームとはもう試合したから別のチームとやるよりも、対策を練ってきた同じチームと対戦することの方が本物のトレーニングになり得ると思います。

興國高校の内野監督は毎月レバンテとビジャレアルとやりたいぐらいやわと言ってはりました。

{042B938A-4440-42B2-8034-BAC7387E91D9}

{F24B3134-91DE-408C-AFFA-6C5062BBFE04}

{B1400430-D5E2-4E2E-90C3-6D30F08A0B44}

{93E6C85A-ACC7-42A3-9B5D-0BCAD2D2E8D5}

レバンテには初戦の後、興國のプレーを映像分析した座学をしていただき、またGKクリニックも開催していただきました。ビジャレアルにも昨年同様クリニックを開催していただきました。

今回、出てきた課題に興國の新チームがどうやって取り組んで行くか、今後が楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

浜田満さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。